岸本加世子とは?

岸本 加世子

岸本加世子の画像 岸本加世子の画像
芸名岸本 加世子
芸名フリガナきしもと かよこ
性別女性
生年月日1960/12/29
星座やぎ座
干支子年
血液型B
出身静岡県
デビュー年1977
プロフィール1960年12月29日生まれ静岡県出身女優TBSムー』で女優デビューし、テレビドラマや映画のほか、CMなど幅広い分野活躍する一方小説ハチ顛末』などの執筆活動も行う。その他、主な出演作は、映画『HANA-BI』『菊次郎の夏』『監督・ばんざい!』『秘密』、TBS美空ひばり物語フジテレビニューヨーク恋物語NHK『あ・うん』など多数
デビュー作TBSムー
代表作品1年1998
代表作品1映画『HANA-BI
代表作品2年1999
代表作品2映画『菊次郎の夏
代表作品3年1989
代表作品3TBS美空ひばり物語
職種タレント俳優女優
趣味・特技読書

» タレントデータバンクはこちら

岸本加世子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/02 14:10 UTC 版)

岸本 加世子(きしもと かよこ、1960年12月29日 - )は、日本女優アン・ヌフ所属。




  1. ^ a b c d e f g h 山下勝利「早過ぎる自叙伝 20代のまぶしい女たち(23) 岸本加世子」『週刊朝日』、朝日新聞社、1983年12月9日、 pp. 138-142。(岸本本人への取材に基づく記事)。
  2. ^ 2014年1月19日放送『ホムカミ〜ニッポン大好き外国人 世界の村に里帰り〜』で岸本本人が告白した
  3. ^ 岸本加世子さん(@kayokokishimoto)のInstagramアカウント: 「新年より一徳さんの事務所アンヌフに移籍させて頂くことになりました。本当に感謝です。六平ちゃんと一徳さんと。」
  4. ^ 山本リンダ、久本雅美らが大幹部 創価学会芸術部の存在意義” (日本語). NEWSポストセブン. 2019年8月29日閲覧。
  5. ^ 橋田賞 作品・受賞者を発表”. 毎日新聞 (2016年4月1日). 2016年4月23日閲覧。
  6. ^ 放送後の2008年7月30日、内藤大助役の伊藤淳史と共に、内藤のWBC世界フライ級タイトル防衛戦を観戦。
  7. ^ 向井理、“ムコ入り”榮倉奈々と夫婦役 遺産相続題材にテレ朝連ドラ初主演”. ORICON (2015年8月21日). 2015年8月21日閲覧。
  8. ^ 「赤めだか」二宮和也らが故・立川談志師匠に撮了報告”. ニュースウォーカー (2015年11月21日). 2015年12月7日閲覧。
  9. ^ “黒柳徹子役は満島ひかり ドラマ「トットてれび」出演者決定”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年2月26日). オリジナルの2016年2月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160229090602/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/26/kiji/K20160226012110850.html 2016年2月26日閲覧。 
  10. ^ “二階堂ふみ、教師役でドラマ初主演「ずっとやってみたいと思っていた」”. ORICON STYLE. (2016年9月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2078006/full/ 2016年9月7日閲覧。 
  11. ^ 2009年にCD化。


「岸本加世子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「岸本加世子」の関連用語

岸本加世子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



岸本加世子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岸本加世子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS