静岡茶とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 静岡茶の意味・解説 

静岡茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 03:13 UTC 版)

静岡茶(しずおかちゃ)は、静岡県で生産されているお茶緑茶)及び、そのブランド名である。牧之原台地とその周辺地域が最大の生産地であり、生産量は日本国内第1位であるが、年々第2位の鹿児島茶との差が縮まっている(2020年の統計では1,300トン差)[1][2]。産出額においては2019年に鹿児島茶に抜かれ、1970年から49年間続いた首位の座から陥落した[3][4]


  1. ^ a b c d “作物統計調査 令和2年産茶の摘採面積、生葉収穫量及び荒茶生産量 -全国の荒茶生産量は、前年産に比べ15%減少-” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 農林水産省大臣官房統計部, (2021年2月19日), オリジナルの2021年3月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210313061934/https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-9.pdf 2021年3月14日閲覧。 
  2. ^ a b c “静岡県 茶生産量、薄氷の日本一 鹿児島、1300トン差に迫る”. 静岡新聞. (2021年2月20日). オリジナルの2021年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210314175839/https://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/863289.html 2021年3月14日閲覧。 
  3. ^ “静岡県 茶産出額1位陥落 史上初、鹿児島県に譲る”. 静岡新聞. (2021年3月13日). オリジナルの2021年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210314174013/https://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/870204.html 2021年3月14日閲覧。 
  4. ^ “鹿児島、茶産出額全国1位に 19年252億円、初めて静岡抜く”. 南日本新聞. (2021年3月16日). オリジナルの2021年3月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210317055414/https://373news.com/_news/?storyid=134233 2021年3月17日閲覧。 
  5. ^ お茶のまち静岡市・聖一国師生誕碑(2018年4月21日閲覧)
  6. ^ 大石貞男著作集2 静岡県茶産地史  農山漁村文化協会 ISBN 4-540-03163-5 p.410-411
  7. ^ 大石貞男著作集2 静岡県茶産地史  農山漁村文化協会 ISBN 4-540-03163-5 p.21-36
  8. ^ 大石貞男著作集2 静岡県茶産地史  農山漁村文化協会 ISBN 4-540-03163-5 p.36-37
  9. ^ 大石貞男著作集2 静岡県茶産地史  農山漁村文化協会 ISBN 4-540-03163-5 p.60-77
  10. ^ 牧之原お茶物語牧之原市ホームページ(2018年4月21日閲覧)
  11. ^ 牧之原台地開発の歴史関東農政局(2018年4月21日閲覧)
  12. ^ “静岡茶首位陥落の危機 秋冬番も大幅減産、2位鹿児島肉薄”. 静岡新聞. (2021年3月13日). オリジナルの2021年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210315055526/https://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/829431.html?news=872784 2021年3月15日閲覧。 
  13. ^ “お茶王国・静岡、土俵際 鹿児島が猛追”. 朝日新聞. (2021年2月28日). オリジナルの2021年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210315062245/https://www.asahi.com/articles/ASP2W71VQP2RUTPB002.html 2021年3月15日閲覧。 
  14. ^ “本県 茶産出額1位陥落 リーフ消費拡大急務 19年生葉 逆転許す”. 静岡新聞. (2021年3月13日). オリジナルの2021年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210315053417/https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/872718.html?news=872784 2021年3月15日閲覧。 
  15. ^ 静岡知事兼世界緑茶協会会長川勝平太の発言より。
  16. ^ 緑茶(仕上茶)の出荷量、出荷額日本一” (日本語). 静岡県 (2020年11月5日). 2021年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月15日閲覧。
  17. ^ “令和元年 農業産出額及び生産農業所得(都道府県別)” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 農林水産省大臣官房統計部, (2021年3月12日), オリジナルの2021年3月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210313022741/https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/nougyou_sansyutu/attach/pdf/index-2.pdf 2021年3月15日閲覧。 
  18. ^ 静岡茶発祥の地(足久保奥組)オクシズHP 2014年10月21日閲覧
  19. ^ お茶体験施設静岡県ホームページ(2018年4月21日閲覧)
  20. ^ a b c “「お茶愛飲条例」可決 小中学校に努力促す 静岡県議会”. 静岡新聞. (2016年12月22日). http://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/313002.html 2016年12月22日閲覧。 


「静岡茶」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

静岡茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



静岡茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの静岡茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS