LINE (アプリケーション)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > LINE (アプリケーション)の意味・解説 

LINE (アプリケーション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/19 01:53 UTC 版)

LINEは、ソフトバンクグループLINEヤフー株式会社が運営・開発する、日本モバイルメッセンジャーアプリケーション[1][2]。特に日本、台湾タイでシェアを持つ[3][4]


注釈

  1. ^ スマートフォン(Android・iOS)版以外での新規登録は不可[5]
  2. ^ 対応言語:日本語英語韓国語簡体字中国語繁体字中国語タイ語ベトナム語フランス語ドイツ語イタリア語スペイン語ポルトガル語ロシア語インドネシア語マレー語アラビア語トルコ語
  3. ^ macOS版:日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語、インドネシア語、スペイン語、タイ語、トルコ語、ロシア語のみ。
    Chrome版:日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語、タイ語のみ。
  4. ^ 同期(読み込み)はオフにすることも可能。
  5. ^ すでにアカウントの存在する電話番号を使って、新たに新規登録をした場合、新規登録前に使われていたアカウントは削除される。
  6. ^ 事前にバックアップが必要。
  7. ^ アニメーションスタンプ第1号は「ウキウキ♪LINEキャラクターズ」、ボイス入りスタンプ第1号は「しゃべるよしもと芸人」である。
  8. ^ 登録者数1億人到達はFacebook54か月、Twitter49か月。
  9. ^ 主にLINEが配信を行い、別会社が開発・運営を行ってるもの。
  10. ^ 単行本では名前が削除されているが、第1作最終回で本物のジェームズが2コマのみ登場した。

出典

  1. ^ LINE|いつもあなたのそばに。”. line.me. 2021年12月6日閲覧。
  2. ^ 主なグループ会社”. Zホールディングス株式会社. 2021年12月6日閲覧。
  3. ^ 編集部, ABEMA TIMES. “ヤフー×LINE経営統合 孫正義氏の実情「日本のヤフーには世界に出ていけない弱み」 | 経済・IT”. ABEMA TIMES. 2021年12月13日閲覧。
  4. ^ 編集部, ABEMA TIMES. “「実質的にはLINEの買収」「公取委に向けたメッセージ」堀江貴文氏が語った、ソフトバンクがGAFAに肩を並べるための壮大なストーリー | 国内”. ABEMA TIMES. 2021年12月13日閲覧。
  5. ^ a b LINEの推奨環境を教えてください - ヘルプセンター
  6. ^ a b LINE株式会社 (2012年5月23日). “LINE非公認のサービスにご注意ください”. LINE公式ブログ (LINE株式会社). https://line-ja.officialblog.jp/archives/7351266.html 2013年7月2日閲覧。 
  7. ^ a b c 青少年保護を目的とした18歳未満ユーザーのLINE ID検索利用停止”. LINE株式会社 (2013年9月25日). 2020年6月16日閲覧。
  8. ^ 『LINE』でスマートフォン世界ナンバーワンへ”. BLOGOS (2013年1月1日). 2013年1月25日閲覧。
  9. ^ 携帯電話版LINEのサービス終了のお知らせ : LINE公式ブログ
  10. ^ 2020年12月、LINEがNew Designでユーザーと再会しました! - LINE CREATIVE
  11. ^ 「LINEの色、変わった?」その理由はコチラで語られています - LINEクリエイティブセンター
  12. ^ [社説]日米で同時上場の「ライン」、成功の秘訣は革新を打ち出した海外進出
  13. ^ 「LINE の歩き方」
  14. ^ 韓国ネットサービスのNHN 「ネイバー」に社名変更”. wowKorea(ワウコリア) (2013年8月1日). 2022年7月1日閲覧。
  15. ^ “「日本大地震で家族を探す被災者を見て開発」…急成長する“ネイバーライン”=韓国”. 中央日報(日本語版) (Joongang Ilbo). (2012年3月16日). https://web.archive.org/web/20200616153249/https://japanese.joins.com/JArticle/149227 2013年1月16日閲覧。 
  16. ^ “NHNのモバイルメッセンジャー「LINE」 日本の“国民アプリ”に”. 中央日報(日本語版) (Joongang Ilbo). (2012年9月26日). https://web.archive.org/web/20200616152728/https://japanese.joins.com/JArticle/160267 2014年7月6日閲覧。 
  17. ^ a b c “「日本大地震で家族を探す被災者を見て開発」…急成長する“ネイバーライン”=韓国”. 中央日報(日本語版) (Joongang Ilbo). (2012年3月16日). https://web.archive.org/web/20200616153249/https://japanese.joins.com/JArticle/149227 2013年1月16日閲覧。 
  18. ^ 「LINE」は日本製?韓国製?”. 日本経済新聞 (2013年1月23日). 2021年3月18日閲覧。
  19. ^ “ネットも「韓流」 韓国開発のLINEが世界で旋風”. 聯合ニュース(日本語版) (Yonhap News Agency). (2013年7月31日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20130728000700882 2014年7月6日閲覧。 
  20. ^ “(けいざい新話)LINE物語:1「つながる」追求、3・11契機”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年4月17日). https://digital.asahi.com/articles/TKY201304160615.html 2013年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  21. ^ “スタンプが男性にも使われたのがLINE普及のカギ りょかち×LINE企画者・稲垣あゆみさん対談”. 朝日新聞. (2019年3月22日) 
  22. ^ ライブドア事件から10年。元ライブドア・現LINE社長が明かすLINE誕生秘話”. PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2016年11月28日). 2021年4月25日閲覧。
  23. ^ 라인스티커의 '뽀인트'는 ‘글로벌 바디 랭귀지’라구요?”. NAVER 다이어리 : 네이버 블로그: (2012年3月30日). 2015年7月6日閲覧。
  24. ^ ボツキャラや初期案も公開!LINEスタンプ誕生ものがたり”. LINE公式ブログ (2012年4月13日). 2013年4月17日閲覧。
  25. ^ LINEカンファレンス「Hello, Friends in Tokyo 2013」にいってきたぞ!AppBank.netAppBank)、2013年8月21日 18:34。
  26. ^ “スマホが拓く世界市場 和製「LINE」ヒットの裏側”. 日経電子版 (日本経済新聞社). (2012年2月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1200E_S2A210C1000000/ 2014年7月6日閲覧。 
  27. ^ a b 渡部一実 (2013年1月30日). “利用者1億人“和製SNS”LINE 急成長も収益につながらず 有料拡充が課題”. MSN産経ニュース (産経新聞社). https://www.sankei.com/economy/news/130130/ecn1301300036-n1.html 2020年6月16日閲覧。 
  28. ^ ““真の脅威”は韓国産アプリ ネット近未来を予言…日本の勝機は? (4/6ページ)”. SankeiBiz (産経デジタル). (2013年1月20日). オリジナルの2013年2月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130209121836/http://www.sankeibiz.jp/business/news/130120/bsj1301201825002-n4.htm 
  29. ^ ERIC PFANNER (2014年4月22日). “日本のLINE、海外で人気に―米国市場進出が試金石に”. ウォール・ストリート・ジャーナル (ダウ・ジョーンズ社). オリジナルの2015年12月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151208075524/http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303595604579516722390929450 2020年6月16日閲覧。 
  30. ^ “韓国アプリ「LINE」 中国と米国市場に進出へ”. 聯合ニュース(日本語版) (Yonhap News Agency). (2012年10月22日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20121022001000882 2020年6月16日閲覧。 
  31. ^ “「LINE」は日本製?韓国製?”. 日経電子版 (日本経済新聞社). (2013年1月23日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2203C_S3A120C1000000/ 2014年7月6日閲覧。 
  32. ^ “「無料通話&メールで沸騰!"LINE"秘めた実力」”. 日経スペシャル 未来世紀ジパング 〜沸騰現場の経済学〜 (テレビ東京). (2013年4月15日). https://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/backnumber/20130415/ 2014年7月6日閲覧。 
  33. ^ “LINE大躍進の陰で複雑化する「親子関係」 日本発のサービスだが、韓国親会社の関与が強まる”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). (2014年2月3日). https://toyokeizai.net/articles/-/29719 2014年4月28日閲覧。 
  34. ^ echo-news – LINE開発プロジェクトのリーダー 李海珍氏 素性はネイバー創業者で韓国諜報部の検索システム開発者”. echo-news. 2021年12月6日閲覧。
  35. ^ LINE株式会社 代表取締役社長 森川 亮” (jp). ニッポンの社長 (2015年4月16日). 2021年3月18日閲覧。
  36. ^ LINE代表の慎ジュンホ氏が表舞台に出ることにした理由--素顔に迫る独占インタビュー
  37. ^ ZホールディングスとLINEの経営統合が完了”. Zホールディングス株式会社 (2021年3月1日). 2021年12月6日閲覧。
  38. ^ a b “「韓国を輝かせた科学技術」に暁星のTACフィルムなど”. 朝鮮日報(日本語版) (Joseon Ilbo). (2013年4月19日). https://www.chosunonline.com/svc/auth/index_login.html?contid=2013041900982&code=news 2013年4月24日閲覧。 
  39. ^ “LINE、グッドデザイン賞「金賞」を受賞”. NHN JAPAN. (2012年11月26日). https://linecorp.com/press/2012/1126498 2020年6月16日閲覧。 
  40. ^ Facebookログインによる新規登録サービス終了のお知らせ - LINEみんなの使い方ガイド
  41. ^ Facebookアカウントを利用したLINEの新規登録機能の提供終了について - ヘルプセンター
  42. ^ PC版LINEの「新規登録ボタンがない」 - ウェブ活用
  43. ^ 新規登録するには? - ヘルプセンター
  44. ^ 電話番号認証ができない電話番号はありますか? - ヘルプセンター
  45. ^ LINE 利用規約 - 4.4
  46. ^ 複数の端末から同じアカウントを使うことはできますか? - ヘルプセンター
  47. ^ LINEからログアウトするには? - ヘルプセンター
  48. ^ PC版LINEからログアウトするには? - ヘルプセンター
  49. ^ トーク履歴のバックアップ方法 - LINEみんなの使い方ガイド
  50. ^ Inc, Natasha. “ももクロ×LINEキャラのコラボスタンプ登場、実在の人物では初”. 音楽ナタリー. 2022年12月31日閲覧。
  51. ^ “スタ連(すたれん)とは?(意味)~用語集”. numan. (2019年4月12日). https://numan.tokyo/words/K2UO1/ 2021年2月27日閲覧。 
  52. ^ “「LINE用語」あなたはいくつ知ってる?”. AppBank (APPBANK株式会社). (2016年12月9日). https://www.appbank.net/2016/12/10/iphone-application/1285658.php?utm_source=AMP&utm_medium=AMP 2021年2月27日閲覧。 
  53. ^ a b c 世界のメッセージングアプリ事情”. モビルス. 2020年8月23日閲覧。
  54. ^ “LINE大躍進の陰で複雑化する「親子関係」 日本発のサービスだが、韓国親会社の関与が強まる”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). (2014年2月3日). https://toyokeizai.net/articles/-/29719 2014年4月28日閲覧。 
  55. ^ “신중호 대표 "올 연말 라인 가입자수 3억명 목표"” (韓国語). Media It. (2014年2月3日). http://it.chosun.com/site/data/html_dir/2013/05/03/2013050385030.html 2013年3月14日閲覧。 
  56. ^ a b “LINE1億人突破、次の標的”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). (2013年1月18日). https://toyokeizai.net/articles/-/12564 2013年1月18日閲覧。 
  57. ^ “無料通話アプリ「LINE」のユーザー数が1億人突破、開始19カ月で大台に”. ITpro (日経BP社). (2013年1月18日). https://xtech.nikkei.com/it/article/NEWS/20130118/450502/ 2013年1月18日閲覧。 
  58. ^ “LINE登録者、1億5000万人突破”. 日経電子版 (日本経済新聞社). (2013年5月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDD010HA_R00C13A5TJ1000/ 2013年5月2日閲覧。 
  59. ^ “モバイルメッセンジャー「ライン」、加入者が全世界3億人突破”. 東亜日報(日本語版) (Dong-a Ilbo). (2013年11月26日). https://www.donga.com/jp/List/article/all/20131126/423285/1/%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%80%8C%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%80%8D%E3%80%81%E5%8A%A0%E5%85%A5%E8%80%85%E3%81%8C%E5%85%A8%E4%B8%96%E7%95%8C%EF%BC%93%E5%84%84%E4%BA%BA%E7%AA%81%E7%A0%B4 2013年11月26日閲覧。 
  60. ^ 藤井涼 (2014年2月6日). “LINE、2013年度の売上額は343億円--ゲーム課金が6割”. CNET Japan (朝日インタラクティブ). https://japan.cnet.com/article/35043539/ 2014年2月8日閲覧。 
  61. ^ “NHN「LINE、売上高の80%は日本」”. 中央日報(日本語版) (Joongang Ilbo). (2013年5月9日). https://web.archive.org/web/20200616144145/https://japanese.joins.com/JArticle/171394 2014年2月8日閲覧。 
  62. ^ “LINE登録ユーザー数、5.6億人突破 実際利用は1.7億人”. 日本経済新聞 (日本経済新聞). (2014年10月9日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ09H5D_Z01C14A0000000/ 2014年10月11日閲覧。 
  63. ^ The largest messaging app in Japan, LINE's user trends 2020 | TAMLO | Japanese Content Marketing Agency”. 2021年1月15日閲覧。
  64. ^ LINEが日本、台湾、タイでシェアを獲得できている3つの理由”. CNET Japan (2022年11月21日). 2022年11月22日閲覧。
  65. ^ 増田覚 (2012年10月5日). “【LINEに「首相官邸」公式アカウント、行政機関で初の取り組み”. INTERNET Watch (Impress Watch). https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/564430.html 2013年4月18日閲覧。 
  66. ^ コグレマサト、まつもとあつし『LINE なぜ若者たちは無料通話&メールに飛びついたのか?マイナビ〈マイナビ新書〉、2012年11月、69頁。ISBN 978-4-8399-4488-9https://books.google.co.jp/books?id=-3W8-UiiIFoC&pg=PA66&lpg=PA66&dq=%EF%BC%AC%EF%BC%A9%EF%BC%AE%EF%BC%A5%E3%80%80%E5%AE%98%E9%82%B8%E3%80%80%E3%80%80%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%AB%E3%81%BE%E3%81%95%E3%81%8D&source=bl&ots=gxHzv2RMLw&sig=-AsMLKhtxLx8E19vXmv-H4-ztnE&hl=ja&sa=X&ei=pUpvUcjODoXNkwWwp4C4CA#v=onepage&q=%EF%BC%AC%EF%BC%A9%EF%BC%AE%EF%BC%A5%E3%80%80%E5%AE%98%E9%82%B8%E3%80%80%E3%80%80%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%AB%E3%81%BE%E3%81%95%E3%81%8D&f=false 
  67. ^ “【ニュースリリース】 「LINE(ライン)」の首相官邸公式アカウント、本日開設!”. 内閣官房内閣広報室. (2013年10月5日). https://www.kantei.go.jp/jp/headline/news_line.html 2013年4月18日閲覧。 
  68. ^ “「少々緊張しています(笑)」――安倍首相、LINEに初投稿”. ITmedia ニュース (ITmedia). (2013年1月15日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1301/15/news074.html 2013年4月18日閲覧。 
  69. ^ “「LINE」にアカウント=ネット法案受け発信強化―公明”. 時事ドットコム (時事通信社). (2013年4月16日). オリジナルの2013年4月26日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/Gu2GG 2013年4月16日閲覧。 
  70. ^ “なぜ? LINEからも逃げ出し始めた若者たち”. 読売新聞 (読売新聞). (2018年1月18日). https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/20180117-OYT8T50016/ 2020年3月17日閲覧。 
  71. ^ 若者のLINE離れは本当? 実際に使わなくなった年代が調査で判明”. Sirabee (2020年7月4日). 2021年12月13日閲覧。
  72. ^ a b The largest messaging app - TAMLO
  73. ^ “タイ警察、秘策はLINE 日本発アプリ、捜査に活用”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年2月22日). http://www.asahi.com/special/news/articles/TKY201302210078.html 2013年3月14日閲覧。 
  74. ^ 「タイは譲らない」 生活にLINE浸透、スーパーアプリに”. 日本経済新聞 (2021年7月29日). 2021年10月3日閲覧。
  75. ^ “韩国:中方证实已屏蔽“连我”(LINE)”. BBC (BBC). (2014年8月7日). https://www.bbc.com/zhongwen/simp/china/2014/08/140807_china_line_kakaotalk_blocked.shtml 2016年7月6日閲覧。 
  76. ^ 当局がLINE禁止!! 通信情報提供せず処分” (2017年5月6日). 2020年10月15日閲覧。
  77. ^ 「LINE」が急に使えなくなったロシアの事情” (2017年5月8日). 2022年8月4日閲覧。
  78. ^ “LINEがNYで上場、IT企業で今年最大”. cnn. (2016年7月15日). https://www.cnn.co.jp/tech/35085947.html 2020年8月23日閲覧。 
  79. ^ 【重要なお知らせ】LINE MALLアプリの終了について LINE 2016年2月29日
  80. ^ 迷路のような建物内でも迷わない!商業施設内のナビゲーションに特化した「LINE Maps for Indoor」リリース LINE 2016年2月29日
  81. ^ 【2017年5月31日サービス終了】日常生活がちょこっと便利になるミニツールアプリ「LINE Tools」 LINE
  82. ^ 【サービス終了】LINEキャラが天気をお知らせする天気予報・災害情報アプリ「LINE 天気」を公開! LINE 2017年10月2日
  83. ^ LINE Greeting Card - Androidアプリ APPLION
  84. ^ LINE SnapMovie - Androidアプリ APPLION
  85. ^ 【サービス終了】"私も知りたい"から広がる!LINEのつながりで疑問を解決するQ&Aサービス「LINE Q」誕生 LINE 2017年10月6日
  86. ^ a b c 佐藤和也 (2014年10月9日). “次の新サービスに決済、タクシー、デリバリー、音楽--LINE CONFERENCE TOKYO 2014”. CNET Japan (朝日インタラクティブ). https://japan.cnet.com/article/35054956/ 2014年10月9日閲覧。 
  87. ^ 【12/9より】LINE Payに銀行振込サービスが登場しました!”. LINE Pay 公式ブログ. 2020年5月22日閲覧。
  88. ^ 「LINE、タクシー配車サービス「LINE TAXI」を終了 8月31日で TRAICY 2018年8月3日
  89. ^ 【続報】LINEがgumiと資本業務提携、100億円規模のファンドでゲーム会社の世界進出支援も”. 2014年8月10日閲覧。
  90. ^ a b 新会社LINE発足 会社分割に隠された深謀遠慮 日経新聞 2013年3月31日
  91. ^ a b c d e NHN PlayArt・加藤雅樹社長に話を聞く 会社設立、そして社名変更から100日とこれから Impress 2013年12月9日
  92. ^ 라인, 게임 퍼블리싱 자회사 '라인게임즈' 한국 설립 聯合ニュース 2017年7月10日
  93. ^ a b 라인게임즈-넥스트플로어 행방 묘연···신작은 언제 게임플 2017年12月20日
  94. ^ * LINE GAME - ルビーやダイヤをお得に購入しよう”. LINE株式会社. 2021年2月25日閲覧。
  95. ^ 6角形パズルゲーム「LINE POP2」、大型アップデート実施! CNET Japan 2016年5月2日
  96. ^ 「LINE バブル2」,50ルビーと3000コインがもらえる事前登録の受付が本日スタート。配信は2015年春を予定 4Gamer.net 2015年3月30日
  97. ^ LINE、新作防衛ゲーム『LINE レンジャー』をリリース…ムーン・ブラウン・コニーら人気キャラが登場! Social Game Info 2014年2月28日
  98. ^ 事前登録者数50万人突破!農場ゲーム「LINE ブラウンファーム」を公開 CNET Japan 2015年12月10日
  99. ^ LINEキャラクターと壮大な冒険を楽しもう!戦略バトルRPG「LINE ブラウンストーリーズ」が、本日より世界同時配信 CNET Japan 2019年2月18日
  100. ^ パンケーキやオムライス、ハンバーガー等様々な料理にチャレンジ!クッキングゲーム「LINE シェフ」が、本日より世界同時配信! CNET Japan 2019年5月21日
  101. ^ 「LINE ハローBT21」,事前登録の受付が本日よりスタート 4Gamer.net 2019年6月3日
  102. ^ 新作3マッチパズル「LINE ポコポコ」の配信が本日スタート。「LINE ポコパン」のキャラクター達が多数登場 4Gamer.net 2014年9月3日
  103. ^ ポコパンの新作アプリ「LINE ポコパンタウン」,事前登録受付が本日開始予定 4Gamer.net 2017年11月27日
  104. ^ カフェ経営シミュレーションゲーム「LINE アイラブコーヒー」が配信に 4Gamer.net 2013年4月25日
  105. ^ 2角取りパズルゲーム「LINE パズルタンタン」のiOS&Android版が配信開始 4Gamer.net 2014年10月28日
  106. ^ 【LINE GAME】「大富豪」を超えた新世代のカードゲーム「LINE 超大富豪」本日より事前登録スタート! | ニュース LINE株式会社 2021年8月16日
  107. ^ 『LINE: ガンダム ウォーズ』は全MSを最高レアリティまで育成可能。やり込み要素が充実 電撃オンライン 2016年7月8日
  108. ^ a b c プレイして「LINEポイント」がたまるゲームサービス「LINEポイントゲーム」、本日よりサービス開始! PR TIMES 2021年9月27日
  109. ^ LINE GamesのバトロワMOBA「Royal Crown」(ロイヤルクラウン)が本日グランドローンチ。Steam版とスマホ版とのクロスプレイに対応”. www.4gamer.net. 2021年2月26日閲覧。
  110. ^ 「SMASH LEGENDS:スマッシュレジェンド」が日本を含むグローバルにてリリース。キャラクター“ピーター”がもらえるログインイベントを開催 4Gamer.net 2021年4月14日
  111. ^ PC/スマホ向け新作タワーディフェンス「Guardian Chronicle」の事前予約が韓国で開始 4Gamer.net 2021年3月16日
  112. ^ LINE GAMES、今夏リリース予定の『デュエルオブダイス』を開発中止 6月10日の事前登録開始から2週間で Social Game Info 2019年6月25日
  113. ^ 16人 vs 16人のはちゃめちゃチームバトルで勝利を掴め!多人数対戦アクションゲーム「LINE ゴッタマゼイヤー」本日より配信開始 PR TIMES 2019年9月20日
  114. ^ 【LINE ゴッタマゼイヤー】運営会社変更のお知らせ LINE Corporation 2020年3月19日
  115. ^ LINE GAME、 LINE GAME、一部ゲームタイトル終了と払戻しのお知らせ 金融庁
  116. ^ スマホ向けアクションRPG「LINE 聖犬バトル」が配信。120種のステージを収録 4Gamer.net 2012年12月7日
  117. ^ スマホ向け絵合わせパズルゲーム「LINE タッチ タッチ」が配信に 4Gamer.net 2013年6月11日
  118. ^ 「LINE GAME」、本格オンラインRPG 『LINE エルガード』が正式にサービスの提供を開始 CNET Japan 2013年7月9日
  119. ^ ネコを操作し障害物を避けて進む「LINE Neko Jump」のサービスが開始 4Gamer.net 2013年6月11日
  120. ^ a b LINE GAMEで「LINE バブル」など新たなカジュアルゲーム3作品が配信中 4Gamer.net 2012年12月26日
  121. ^ a b 「LINE」との連携アプリ「LINE Birzzle」の配信が本日スタート 4Gamer.net 2012年7月4日
  122. ^ LINE Birzzle Friends 4Gamer.net 2013年4月9日
  123. ^ アクションゲーム「エアペンギンフレンズ」がLINE GAMEで配信に 4Gamer.net 2013年4月4日
  124. ^ 「LINE スライムコゼニト~ル」のサービスが「LINE GAME」で5月27日にスタート。コインを集めてハイスコアの獲得を目指そう 4Gamer.net 2013年5月28日
  125. ^ LINE GAMEでカプコンの『LINE DROP スピリットキャッチャーレイレイ』が開始 ASCII 2013年7月11日
  126. ^ LINEとコムシード、Danal Games、ランアクションゲーム『LINE ダッシュガール』をリリース Social Game Info 2013年12月24日
  127. ^ LINE、シューティング RPG『LINE 飛べ!どうぶつ』を配信開始 『LINE ウィンドランナー』のWeMadeが開発 Social Game Info 2013年10月29日
  128. ^ 「メイプルストーリー」のモンスターたちと村作りをするSLG「LINE MapleStory Village」が配信開始 4Gamer.net 2013年9月12日
  129. ^ 「LINE らんらん勇者」が配信開始。テンポよく敵を倒して姫を救出しよう 4Gamer.net 2013年11月29日
  130. ^ ダイビングゲーム「LINE フラッフィー」がApp StoreとGoogle Playで配信 4Gamer.net 2013年7月10日
  131. ^ カジュアルゴルフゲーム「LINE レッツ!ゴルフ」がiOS/Android向けに配信中 4Gamer.net 2013年12月26日
  132. ^ a b 「LINE POP」、サービス公開1日で世界累計300万ダウンロードを突破 CNET Japan 2012年11月21日
  133. ^ 「LINE」で展開するゲームサービス「LINE GAME」が本格始動―「LINE POP」「LINE カートゥーンウォーズ」など新作ゲームを5タイトル連続リリース ixll 2012年11月19日
  134. ^ LINE、「LINE GAME」15タイトルを11月28日付でサービス終了…成長が加速しているタイトルへの資源集中のため Social Game Info 2014年12月1日
  135. ^ STG「LINE ドラゴンフライト」が配信中。べビードラゴンの育成も楽しめる 4Gamer.net 2013年3月5日
  136. ^ LINE、冒険パズルRPG『LINE ツアーズ』をリリース Social Game Info 2013年5月31日
  137. ^ ボクシングアクションゲーム「パンチヒーロー」がLINE GAMEに登場 4Gamer.net 2013年4月16日
  138. ^ NHN Japanとグラスホッパー、スマートフォン向け海底散策ゲーム『イージーダイバー』を発表 ASCII 2012年4月13日
  139. ^ 「LINE パズル de イナズマイレブン」が配信中。公開を記念したキャンペーンも 4Gamer.net 2013年12月24日
  140. ^ 「LINE GAME」でアクショントリックゲーム「LINE ドングリっス」公開 ITmedia 2013年10月28日
  141. ^ かわいい猫と遊べるミニゲームコレクションがLINEに登場!iOS/Android「LINE ぽんぽんぽん」がLINE GAMEにてサービス開始 ixll 2013年8月19日
  142. ^ LINE GAME、ランニングアクションゲーム「LINE ソニックダッシュS」を公開 LINE 2014年1月27日
  143. ^ レーシングアクション「LINE GO!GO!GO!」がApp Store/Google Playで配信中 4Gamer.net 2014年1月17日
  144. ^ NHN Japan、初の牧場SLG『LINE ほのぼの牧場ライフ』をリリース Social Game Info 2013年3月21日
  145. ^ LINE GAMEの新作パズルゲーム『LINE でろーん』がサービス開始 ASCII 2013年5月29日
  146. ^ LINE「デジタルコンテンツ用前払いポイント【払い戻し】」 国民生活センター 2015年5月14日
  147. ^ 「LINE GAME」、簡単操作の落ちものゲーム「LINE ぱくぱくの森」を公開 CNET Japan 2013年12月12日
  148. ^ LINE GAME初の3DアクションRPG「LINE タッチモンスター」が配信中 4Gamer.net 2014年1月29日
  149. ^ リアルタイム対戦を楽しめるスマホ向け「LINE シェイク・スピア」が配信に 4Gamer.net 2014年5月2日
  150. ^ LINE、『LINE ステージ』『LINE スイーツ』『LINE シアタータウン』のサービスを7月31日15時に終了 Social Game Info 2015年8月5日
  151. ^ LINE、「LINE GAME」初のリズムゲーム『LINE ステージ』をリリース Social Game Info 2014年9月18日
  152. ^ LINE、マップ型の新作パズルゲーム『LINE スイーツ』の事前登録を開始! 特典はアイテムやガチャなどで使用可能なダイヤのセット2000円相当分 Social Game Info 2014年9月1日
  153. ^ a b 「LINEのようなヒット作を生み出す」--NHN PlayArt加藤社長インタビュー CNET Japan 2013年09月26日
  154. ^ LINE「デジタルコンテンツ用前払いポイント【払い戻し】」 国民生活センター 2015年12月10日
  155. ^ 懐かしのアーケードゲームがLINE GAMEに登場!iOS/Android「LINE ワニワニパニック ラインハンターズ」配信開始 ixll 2014年3月27日
  156. ^ LINE GAME初の本格シミュレーションRPG「LINE アルビオン戦記」を先行体験 Impress 2014年10月23日
  157. ^ 「LINE 童話のパティスリー」が配信開始。童話の世界で洋菓子店を開こう 4Gamer.net 2014年2月21日
  158. ^ 西遊記をモチーフにしたカードRPG「LINE 西遊物語」スマホ向けに配信開始 4Gamer.net 2014年10月24日
  159. ^ iOS/Android「LINE まちがい探し」配信 Impress 2013年2月6日
  160. ^ スマホ向けアクション「LINE ペーパーダッシュワールド」が配信中。ボタンをタップするだけの簡単な操作で全ステージのクリアを目指そう 4Gamer.net 2015年3月2日
  161. ^ 探偵アドベンチャー「LINE トリオ」,iOS/Android向けに配信スタート 4Gamer.net 2014年11月21日
  162. ^ LINE「デジタルコンテンツ用前払いポイント【払い戻し】」 国民生活センター 2016年7月11日
  163. ^ LINE、ヒーロー収集型リアルタイムアクションRPG『LINE ファンタジーヒーローズ』の事前登録を開始! 開発はNHNエンターテインメント Social Game Info 2015年11月20日
  164. ^ ネクソン、「LINE GAME」初のMMORPG『LINE クロスレギオン』を遂に配信開始! 事前登録者数32万人を突破、参加声優に池田秀一や田村ゆかりら Social Game Info 2015年6月11日
  165. ^ LINE GAME、キューブ型パズルゲーム「LINE キューブヒーローズ」を公開 CNET Japan 2015年10月29日
  166. ^ LINE GAME、”流鏑馬”を題材とした新感覚シューティングアクションゲーム「LINE ヤブサメ決戦クロニクル」の事前登録を本日より開始 ZDNet Japan 2015年6月4日
  167. ^ LINE「デジタルコンテンツ用前払いポイント【払い戻し】」 国民生活センター 2016年12月15日
  168. ^ 「LINE GAME」、リアルな釣り体験が楽しめる釣りアクションゲーム『LINE 釣り★マス』サービス開始 CNET Japan 2013年3月14日
  169. ^ GMOAppStudio:GMOAppStudioの「LINE ドリームガーデン」が世界20カ国向けに配信開始 CNET Japan 2014年7月17日
  170. ^ パズルゲーム『LINE リラックマころろんパズル』、本日公開 CNET Japan 2015年5月25日
  171. ^ a b NHN Studio629、「アングリーバード」のRovioとパートナーシップを締結―新作ゲームの制作を発表 ixll 2016年1月5日
  172. ^ 事前登録者数43万人突破!LINE、グリーの共同出資による新会社「Epic Voyage株式会社」第1弾タイトルダンジョンRPG「LINE タワーライジング」を公開 CNET Japan 2015年6月24日
  173. ^ 事前登録者数43万人突破!LINE GAME初となる恋愛シミュレーションゲーム「LINE 悪魔と恋する10日間 Heaven's Kiss」を公開 CNET Japan 2015年7月29日
  174. ^ 世界累計2,200万ダウンロードを記録した「LINE ウィンドランナー」の制作陣による新タイトル、ド派手召喚RPG「LINE ウィンドソウル」を公開 CNET Japan 2015年10月27日
  175. ^ 「LINE 三国志ブレイブ」のサービスが日本でもスタート。ブレフロのゲームシステムをベースに,三国志の要素を取り入れたスマホ向けRPG 4Gamer.net 2015年11月9日
  176. ^ 懐かしくも新しい…これは、新感覚?あの不朽の名作ゲームが、夢の対決!『LINE アルカノイドvsインベーダー』、5月10日にサービス開始!! CNET Japan 2016年5月11日
  177. ^ LINE「デジタルコンテンツ用前払いポイント【払い戻し】」 国民生活センター 2017年7月5日
  178. ^ 思考を巡らせて、世界を救おう!ぷるぷる思考パズルゲーム「LINE タッチモンチー」、配信開始 CNET Japan 2016年9月23日
  179. ^ 「LINE 英雄乱舞」正式サービスが本日開始。4800円相当のジェムがもらえるログインイベント&「織田信長」などの排出率“大幅アップ”が実施 4Gamer.net 2015年12月15日
  180. ^ LINEとサイバーエージェント、協業第1弾『LINE 潜空のレコンキスタ』の事前登録開始! 豪華クリエイターたちが魅せる”空を潜る“RPG Social Game Info 2016年9月13日
  181. ^ LINE「デジタルコンテンツ用前払いポイント【払い戻し】」 国民生活センター 2017年9月25日
  182. ^ 俺の指が…神ってる!!挟んで、囲んで、ブッ放せ!指先タクティカルRPG「LINE グラングリッド」、本日より配信開始 CNET Japan 2016年12月13日
  183. ^ 数字を合わせてミッションクリア!爽快&頭脳プレイを楽しもう!クレイジー数字パズル「LINE チャチャ」、本日配信開始 CNET Japan 2016年10月18日
  184. ^ へんてこで可愛い「いきもの」を集めよう!新感覚放置ゲーム「へんてこプラネット」、本日より配信開始 CNET Japan 2017年5月29日
  185. ^ LINE GAME、一部ゲームタイトル終了と払戻しのお知らせ 金融庁 2017年12月4日
  186. ^ LINE人気キャラが勢揃いのパズルゲーム「LINE トイズ」が配信開始 4Gamer.net 2015年8月12日
  187. ^ LINEキャラクターが暴れ回る爽快アクション!"暴カワ"RPG「LINE ファイター」、本日より配信開始 CNET Japan 2016年9月12日
  188. ^ クルッと染める、この爽快感がやみつきに!!やみつきパズルRPG「LINE パズルフレンズ」、配信開始 CNET Japan 2016年9月12日
  189. ^ ワンタッチ爽快パズル「LINE ぷるぽん」、本日より配信スタート! CNET Japan 2017年2月24日
  190. ^ 事前登録33万人突破!カジュアルゲーム「LINE 怪盗にゃんこ」、本日、配信開始!! CNET Japan 2016年6月30日
  191. ^ LINE、『LINE クッキーラン』『LINE ウィンドランナー』『LINE アキンド星のリトル・ペソ』などのサービスを6月5日15時をもって終了 Social Game Info 2018年6月5日
  192. ^ LINE GAMEの新作アプリ「LINE ウィンドランナー」が配信スタート 4Gamer.net 2013年2月19日
  193. ^ 「LINE GAME」、スクロールランアクションゲーム「LINE クッキーラン」を公開 CNET Japan 2014年1月30日
  194. ^ 「LINE サッカーイレブン」が本日サービスイン。オリジナルのサッカーチームを編成して選手の育成や試合を楽しめる 4Gamer.net 2014年6月9日
  195. ^ 新感覚タップゲーム「LINE アキンド星のリトル・ペソ」ついに本日配信! CNET Japan 2017年4月6日
  196. ^ LINE GAME、同時対戦可能なボードゲーム「LINE ゲットリッチ」を公開 CNET Japan 2014年8月12日
  197. ^ 「LINE 大富豪」、本日配信開始! CNET Japan 2017年4月21日
  198. ^ アソビズムとLINE、初の共同タイトル『LINE トロッコウォーズ』を配信開始! 協力プレイや対戦プレイが楽しめるリアルタイム争奪バトルゲーム Social Game Info 2018年4月4日
  199. ^ LINEとタイトー、「LINE パズルボブル」をリリース…名作パズルアドベンチャーゲームがLINEについに登場! Social Game Info 2013年12月10日
  200. ^ トーセ、LINEとマーベラスの共同タイトル『千銃士』の開発をサポートしたと発表 Social Game Info 2018年4月6日
  201. ^ LINEとアイディス、新作RPG『ガーディアンズ』を発表 Amazonギフト1万円分があたるキャンペーンも Social Game Info 2018年3月15日
  202. ^ LINE、『LINE:ディズニー トイカンパニー』のサービスを12月4日をもって終了…サービス開始から約8ヶ月で Social Game Info 2019年10月28日
  203. ^ 「LINE:ディズニー トイカンパニー」が本日配信スタート。トイカンパニーの社員になって働いているディズニーキャラクターたちの仕事を手伝おう 4Gamer.net 2019年4月18日
  204. ^ NHN BIGFOOT、『LINE ウパルランド』のサービスを2020年6月11日をもって終了 Social Game Info 2020年4月2日
  205. ^ LINE、6角形パズルゲーム『LINE POPショコラ』のサービスを2021年6月10日をもって終了 gamebiz 2021年4月1日
  206. ^ 公開記念のハロウィン限定デコをゲットしよう! とろけるはじけるお菓子のパズル「LINE POP ショコラ」、配信を開始! CNET Japan 2016年11月1日
  207. ^ LINE、『LINE:ピクサー タワー ~おかいものパズル~』のサービスを2021年9月28日をもって終了 gamebiz 2021年7月21日
  208. ^ ピクサー作品のキャラ達がゆるく可愛らしい姿になって登場。「LINE:ピクサー タワー ~おかいものパズル~」が配信開始 4Gamer.net 2019年8月14日
  209. ^ LINE、『LINE:ドラえもんパーク』のサービスを2021年12月13日をもって終了 gamebiz 2021年10月4日
  210. ^ 「LINE GAME」にて「ドラえもん」を題材としたゲームアプリが発表に。韓国のKakao Gamesが開発・運営に参画し,2019年内のリリースを予定 4Gamer.net 2019年4月23日
  211. ^ 「ファーストサマナー」,日本国内向けにサービス開始。呪いで荒廃した世界に対抗する主人公・レイチェルが物語を切り拓く”. www.4gamer.net. 2021年2月26日閲覧。
  212. ^ LINE GAMES、『クロスクロニクル』のサービスを2020年9月29日をもって終了…安定したサービス提供を行うことが困難であるため Social Game Info 2020年7月29日
  213. ^ a b 라인게임즈, ‘크로스 크로니클’ 퍼블리싱 계약 체결 Gametoc 2019年7月26日
  214. ^ a b 【重要】サービス終了のお知らせ”. web.archive.org (2020年7月30日). 2021年2月26日閲覧。
  215. ^ a b c d e f g 専用アプリがなくても楽しめる「LINE QUICK GAME」が2018年夏より開始-第一弾は『たまごっち』と『ナンプレ』 インサイド 2018年6月28日
  216. ^ ジー・モード、「LINE QUICK GAME」で提供中の『ポケットオアシス』のサービスを2020年2月21日をもって終了 Social Game Info 2020年1月21日
  217. ^ LINE みんなでスケッチ LINE
  218. ^ ねこパフェ LINE
  219. ^ シューティングゲーム「にゃんこ防衛軍」が「LINE QUICK GAME」でリリース決定 4Gamer.net 2018年6月28日
  220. ^ にゃんこ防衛軍 LINE
  221. ^ 釣り★スタ QUICK LINE
  222. ^ LINEで発見!! たまごっち LINE
  223. ^ インフィニティ ダンジョン LINE
  224. ^ お買いものパンダパーク LINE
  225. ^ クッキークラッシュ LINE
  226. ^ WFSの新作「夏の終わりのパラドックス」がLINE QUICK GAMEで公開 4Gamer.net 2019年9月18日
  227. ^ ハローキティ ドリーミーテラリウム LINE
  228. ^ おねだりココア duo☆ LINE
  229. ^ うるせぇトリの超神経衰弱 LINE
  230. ^ LINE上で楽しめる「『映画 賭ケグルイ』【GAME】」が配信開始 4Gamer.net 2019年4月26日
  231. ^ 「探検ドリランド ブレイブハンターズ」の正式サービスが本日スタート。LINE QUICK GAMEを通じての配信 4Gamer.net 2018年9月3日
  232. ^ ペンギンダッシュ LINE Corporation
  233. ^ ソリティア クッキングタワー LINE Corporation
  234. ^ 【LINE QUICK GAME】ゆる可愛いキャラと楽しむ、あま〜いパズル!「スプーンズスイーツ」が登場! LINE Corporation 2019年9月17日
  235. ^ “金田一蓮十郎率いるユニットがアプリ「LINE」をマンガ化”. コミックナタリー (ナターシャ株式会社). (2013年1月4日). https://natalie.mu/comic/news/82622 2014年7月7日閲覧。 
  236. ^ ぷっちぐみで新連載! - いけだあけみの仕事部屋
  237. ^ 「LINE TOWN」最終回! - いけだあけみの仕事部屋
  238. ^ LINE、NAVERまとめはなぜ強いのか?――LINE株式会社 森川亮社長8000字インタビュー”. ITmedia ビジネスオンライン. 2021年12月6日閲覧。
  239. ^ “韓国カカオトーク「事業モデル、LINEがすべて真似て…」(1)”. 中央日報(日本語版) (Joongang Ilbo). (2013年2月8日). https://web.archive.org/web/20200616144143/https://japanese.joins.com/JArticle/168254 2014年7月6日閲覧。 
  240. ^ “네이버 '라인' 카카오톡 게임 모방 논란”. 파이낸셜뉴스. (2012年11月27日). https://www.fnnews.com/news/201211271716213054 2014年7月7日閲覧。 
  241. ^ “スマホに復活する「タイムマシン経営」”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). (2012年12月18日). https://toyokeizai.net/articles/-/12155 2014年7月7日閲覧。 
  242. ^ 島国大和 (2013年3月26日). “【島国大和】ソーシャルゲームを解体してみるよ。”. 4Gamer.net. https://www.4gamer.net/games/999/G999904/20130325030/ 2014年7月7日閲覧。 
  243. ^ a b 日本放送協会 (2021年5月19日). “LINE「ふるふる」機能 特許侵害1400万円余の賠償命令 東京地裁”. NHKニュース. 2021年5月19日閲覧。
  244. ^ a b LINEに1400万円賠償命令 「ふるふる」特許侵害認定―東京地裁”. 時事通信 (2021年5月19日). 2021年5月19日閲覧。
  245. ^ 井上トシユキ (2012年8月19日). “だから私は絶対に「LINE」を使わない”. J-CAST 会社ウォッチ. J-CAST. 2013年1月24日閲覧。
  246. ^ まさか自分が!?LINE友だちは脱法友だち - 2014年3月25日 APPREVIEW
  247. ^ ヤマト配達員、伝票電話番号でLINEナンパ ツイッターで暴露、会社謝罪 - 2017年4月14日 J-CASTニュース
  248. ^ セブンのnanacoカードが危ない!店員が女性客の登録情報をもとにナンパ - 2016年1月28日 ビジネスジャーナル
  249. ^ 高木浩光 (2012年7月3日). “LINEがこの先生きのこるには”. 高木浩光@自宅の日記. 2013年7月2日閲覧。
  250. ^ “LINEが情報管理の安全性を示す保証報告書を取得しました”. LINE公式ブログ (LINE株式会社). (2013年4月3日). https://line-ja.officialblog.jp/archives/25277984.html 2014年7月6日閲覧。 
  251. ^ SOC 2 vs SOC 3 Reports: What is the Difference?”. linfordco.com. 2021年3月24日閲覧。
  252. ^ 機構概要:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
  253. ^ “LINEに履歴「丸裸」の脆弱性”. FACTAオンライン (ファクタ出版). (2015年3月29日). https://facta.co.jp/article/201504047.html 2015年3月29日閲覧。 
  254. ^ “LINEがきっかけの事件多発…原因はスマホ利用に?”. 読売オンライン (読売新聞社). (2013年4月19日). オリジナルの2014年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/hAy4D 2013年7月2日閲覧。 
  255. ^ “少女性被害、9割スマホ経由…大半「LINE」”. 読売オンライン (読売新聞社). (2014年3月19日). オリジナルの2014年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/FriwX 2014年3月20日閲覧。 
  256. ^ LINE 利用規約” (2013年4月1日). 2020年6月16日閲覧。
  257. ^ “スマホアプリ:LINEに潜む犯罪 掲示板規制なし”. 毎日jp (毎日新聞社). (2013年5月8日). オリジナルの2013年6月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130607052051/http://mainichi.jp/select/news/20130508k0000m040087000c.html 2013年7月2日閲覧。 
  258. ^ “LINE用出会い系アプリ 業者が削除 京都府警の要請で全国初”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2013年6月28日). オリジナルの2013年12月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131216195803/http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130628/waf13062822340037-n1.htm 2013年7月2日閲覧。 
  259. ^ “中学生、LINEのトラブル続発 草津市教委、対策急ぐ”. 京都新聞 (京都新聞社). (2013年6月30日). オリジナルの2013年3月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130703115934/http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20130630000029 2014年7月6日閲覧。 
  260. ^ “「LINE」に性的犯罪対策を要請 京都府、府警”. 京都新聞 (京都新聞社). (2013年7月18日). オリジナルの2013年7月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130727064919/http://kyoto-np.co.jp/politics/article/20130718000019 2014年7月6日閲覧。 
  261. ^ “いじめ18万件余 PCや携帯使用が増加”. NHK (NHK). (2014年10月16日). https://megalodon.jp/2014-1016-1953-39/www3.nhk.or.jp/news/html/20141016/t10015455801000.html 2014年10月16日閲覧。 
  262. ^ “女子高生自殺…獰猛「LINEいじめ」、学校も親もついてゆけず”. iza (iza). (2014年11月12日). https://megalodon.jp/2014-1016-1953-39/www3.nhk.or.jp/news/html/20141016/t10015455801000.html 2014年11月12日閲覧。 
  263. ^ “"LINEいじめ"夏休みに加速する実態とは 自殺が多い9月1日に考える”. abematimes (abematimes). (2017年9月1日). https://times.abema.tv/articles/-/2883252 2017年9月5日閲覧。 
  264. ^ “どうしたら子供を「LINEいじめ」から守れるか。加害者にも被害者させないために親ができること”. tone (tone). (2017年10月18日). https://tone.ne.jp/column/education/line-bullying/ 2021年11月24日閲覧。 
  265. ^ LINE乗っ取り事件の真相 新手詐欺、どう防ぐ 日本経済新聞、2014年7月16日
  266. ^ “仲里依紗、ヒャダイン、薬丸……芸能界でもLINE乗っ取り被害者続出”. RBB TODAY (RBB TODAY). (2014年6月20日). https://www.rbbtoday.com/article/2014/07/11/121630.html 2014年7月12日閲覧。 
  267. ^ “LINEサーバーに不正接続 容疑の高校生ら書類送検”. 朝日新聞DIGITAL. (2020年6月27日). https://www.asahi.com/articles/ASN6W3R8LN6WUTIL004.html 2020年6月27日閲覧。 
  268. ^ “韓国国情院がLINE傍受”. FACTAオンライン (ファクタ出版). (2014年6月18日). https://facta.co.jp/article/201407039.html 2018年3月7日閲覧。 
  269. ^ 本日報道の一部記事について”. 森川亮 公式ブログ (2014年6月19日). 2020年6月16日閲覧。
  270. ^ “「LINEの通信内容を韓国政府が傍受」報道にLINE森川社長が反論 「そのような事実ない」”. ITmedia ニュース (ITmedia). (2014年6月19日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/19/news057.html 2014年6月19日閲覧。 
  271. ^ “LINE、改めて傍受を否定 「暗号化後データは独自形式、解読は不能」”. ITmedia ニュース (ITmedia). (2014年6月19日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/19/news133.html 2014年6月19日閲覧。 
  272. ^ LINE森川亮社長の抗議について”. 阿部重夫発行人ブログ「最後から2番目の真実」 (2014年6月20日). 2014年6月20日閲覧。
  273. ^ “LINE傍受問題に片山さつき氏が参戦 関係省庁に事実関係の究明求める考え”. J-CAST (J-CASTニュース). (2014年6月20日). https://www.j-cast.com/2014/06/20208280.html 2014年6月20日閲覧。 
  274. ^ 「LINEの通信を韓国が傍受」への反論記事をLINE前社長が削除 理由は「差し控える」”. ITmedia NEWS. 2022年7月3日閲覧。
  275. ^ 「LINEの通信を韓国が傍受」への反論記事、一転して公開に 森川氏「逆にLINEに迷惑になる可能性ある」”. ITmedia NEWS. 2022年7月3日閲覧。
  276. ^ “台湾が中国スマホの小米科技調査、セキュリティー懸念で”. ロイター (ロイター). (2014年9月25日). https://jp.reuters.com/article/taiwan-xiaomi-cybersecurity-idJPKCN0HJ0C120140924 2014年10月11日閲覧。 
  277. ^ ユーザーの個人情報に関する一部報道について - LINE株式会社(2021年3月17日)
  278. ^ LINE 「不正アクセスや情報漏えいが発生していない」海外拠点での管理体制の詳細を発表”. AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア. A. M. P. News (2021年3月17日). 2021年4月9日閲覧。
  279. ^ LINE利用「適切に対応」 加藤長官、情報管理問題で - 朝日新聞デジタル2021年3月17日
  280. ^ a b c d LINE 「不正アクセスや情報漏えいが発生していない」海外拠点での管理体制の詳細を発表”. AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア. A. M. P. News (2021年3月17日). 2021年4月8日閲覧。
  281. ^ LINE. “ヘルプセンター | LINE”. help.line.me. 2021年4月19日閲覧。 “メッセージ送信者と受信者でお互いにLetter Sealingをオンに設定してはじめて、セキュリティが強化されたメッセージを送受信することができます。 Letter Sealingはトークルームで以下の内容を暗号化します。 - テキストメッセージ(CLOVA/YouTube/音声検索⋅操作機能など、他のサービスを通したメッセージは除く) - 位置情報 - 1:1音声⋅ビデオ通話”
  282. ^ LINEが一部報道の不正アクセスや情報漏えいは発生していないと発表”. 電撃オンライン. 2021年4月8日閲覧。
  283. ^ LINEの個人情報管理に不備 中国の委託先が接続可能”. 朝日新聞 (2021年3月17日). 2021年3月19日閲覧。
  284. ^ a b 総務省、LINE使用中止へ 自治体に調査依頼 - 産経新聞
  285. ^ 福岡市 福岡市LINE公式アカウント”. 福岡市. 2021年4月11日閲覧。
  286. ^ 兵庫県. “LINEを利用したサービス提供の継続について”. 兵庫県. 2021年4月11日閲覧。
  287. ^ LINEを利用したサービスの再開について”. 大阪市. 2021年4月11日閲覧。
  288. ^ 「今日はアメリカ出張、明日は北京」の会社は潰れる。甘利明議員が描く「アフターLINE問題」の中国ビジネス”. ハフポスト (2021年4月9日). 2021年4月11日閲覧。
  289. ^ LINEデータ移転”. LINEデータ移転. 2021年6月11日閲覧。
  290. ^ 個人情報保護委員会 (2021年4月23日). “個人情報の保護に関する法律に基づく行政上の対応について(LINE株式会社・令和3年4月23日)”. 個人情報保護委員会. 2021年10月22日閲覧。
  291. ^ 総務省 (2021年4月26日). “LINE株式会社に対する指導”. 総務省. 2021年10月22日閲覧。
  292. ^ 北川研斗 (2021年4月26日). “個人情報保護委員会と総務省がLINEに行政指導、不適切な個人情報の管理問題で”. ケータイ Watch (Impress). https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1321222.html 2021年10月22日閲覧。 
  293. ^ 日経クロステック(xTECH) (2024年3月28日). “個人情報保護委員会がLINEヤフーに行政指導、個人データ52万件流出受け”. 日経クロステック(xTECH). 2024年4月1日閲覧。
  294. ^ 韓国ネイバーと26年末に接続分離=LINEヤフー、総務省に報告”. 時事通信ニュース. 2024年4月1日閲覧。
  295. ^ “LINEヤフーに再び行政指導 ネイバーとの関係見直しなど具体策求める 「対応不十分だった」と松本総務相”. https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2404/16/news199.html 
  296. ^ “LINEヤフー、異例の「2度目の行政指導」。脱NAVERを容易に選べぬソフトバンクの裏事情”. https://www.businessinsider.jp/post-285522 
  297. ^ a b 松浦立樹 (2021年10月19日). “LINEのデータ管理問題、特別委員会が最終報告書 「経済安全保障への対応が不十分だった」”. ITmedia NEWS (ITmedia). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2110/19/news194.html 2021年10月20日閲覧。 
  298. ^ a b 臼田勤哉 (2021年10月18日). “「経済安全保障へ配慮できず」 LINEの情報アクセス問題で最終報告”. Impress Watch (インプレス). https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1359368.html 2021年10月20日閲覧。 
  299. ^ a b “LINE問題で調査委 最終報告書 “経済安全保障の責任者設置を””. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2021年10月18日). https://web.archive.org/web/20211018070341/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211018/k10013312031000.html 2021年10月20日閲覧。 
  300. ^ “LINE、立ち入り検査の報道に反論。課金アイテムは「法令逃れではない」”. ハフポスト. (2016年4月6日). https://www.huffingtonpost.jp/2016/04/05/line-mainichi_n_9621282.html 
  301. ^ “LINE内ゲーム1カ月停止 Apple審査で問題か”. 日本経済新聞. (2018年11月6日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37407700W8A101C1000000/ 
  302. ^ 不適切なお客様対応に関するお詫び - LINEヘルスケア株式会社
  303. ^ 当社が提供するオンライン健康相談サービスに関するお知らせ - LINEヘルスケア株式会社
  304. ^ 医師の“暴言”で物議 医療相談サービス「LINEヘルスケア」再発防止策を発表 - ITmedia NEWS
  305. ^ LINE GAMEにおける払戻し申請ユーザーの個人情報漏洩に関するお知らせとお詫び - LINE株式会社
  306. ^ 「LINE Creators Market」における個人情報漏えいのお知らせとお詫び - LINE株式会社
  307. ^ LINE社員の“サクラ”投稿は「事実」 オープンチャットの一部を会社主導で運営 方針見直しへ”. ITmedia NEWS. 2021年5月3日閲覧。
  308. ^ 「LINE」アプリの通報機能における説明文言の誤表示に関するお詫びおよび該当の説明文言の修正について | ニュース | LINE株式会社”. LINE Corporation. 2021年6月30日閲覧。
  309. ^ a b 「LINE」アプリの通報機能における説明文言の誤表示に関するお詫びおよび該当の説明文言の修正について | ニュース | LINE株式会社”. LINE Corporation. 2021年8月8日閲覧。


「LINE (アプリケーション)」の続きの解説一覧

「LINE (アプリケーション)」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「LINE (アプリケーション)」の関連用語

LINE (アプリケーション)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



LINE (アプリケーション)のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのLINE (アプリケーション) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS