エンドツーエンド暗号化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > エンドツーエンド暗号化の意味・解説 

エンドツーエンド‐あんごうか〔‐アンガウクワ〕【エンドツーエンド暗号化】


E2EE

フルスペル:end-to-end encryption
読み方イーツーイーイー
別名:エンドツーエンド暗号化,終端間暗号化

E2EEとは、通信暗号化の方式のうち、終端デバイスにある以外のデータ暗号化する方式総称である。特定のアルゴリズムを指す呼び名ではない。

E2EEを使用した通信では、ネットワーク通じてやりとりされるメッセージ等のデータは、発信者と受信者双方端末でのみ正しく閲覧できる。それ以外の(通信中の)データ全て暗号化された状態で扱われるため、あらゆるタイミング第三者による傍聴窃視阻止できる。当該サービス運用する正規サーバー暗号化されたデータ中継する。

E2EEの方そのものは特に新し技術というわけではない。たとえば電子メールクライアント多く対応しているS/MIMEも、端末暗号化されるE2EEの一種である。2010年代半ば現在ではスマートフォン利用されるメッセンジャーアプリ多くがE2EEの導入を進めており改め注目されている

セキュリティのほかの用語一覧
暗号化方式:  CNG  Diffie-Hellman鍵交換  DES  E2EE  Freenet  ハッシュ関数  パブリックキー

エンドツーエンド暗号化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 15:09 UTC 版)

エンドツーエンド暗号化英語: End-to-end encryption, E2EE、E2E暗号化)とは、利用者のみが鍵を持つことで、サービスの管理者、インターネットサービスプロバイダ、その他第三者が勝手にデータを復号することを防ぐ暗号化方式である。これにより、インターネットを経由して送受信しているデータを途中で傍受されたり、サーバに保存中のデータを盗まれても、復号が事実上不可能になり、プライバシーセキュリティが保護できる[1][2][3][4]。エンドツーエンドとは「端から端まで」を意味する英語であり、エンドツーエンド暗号化とは「端から端までを暗号化する」という意味である[5]


  1. ^ What is End-to-End Encryption?”. standardnotes.org. 2020年2月4日閲覧。
  2. ^ エンドツーエンド暗号化とは何か:長所と短所 | カスペルスキー公式ブログ” (2020年9月18日). 2020年9月25日閲覧。
  3. ^ a b Admin (2018年3月7日). “What is end-to-end encryption and how does it work?” (英語). ProtonMail Blog. 2020年9月25日閲覧。
  4. ^ エンド・ツー・エンド暗号化とは何か、なぜそれが重要なのか。” (日本語). Tutanota. 2022年1月24日閲覧。
  5. ^ Smart Data Platformサービス 用語集(エンドツーエンド) | NTTコミュニケーションズ 法人のお客さま” (日本語). www.ntt.com. 2022年1月24日閲覧。
  6. ^ a b WhatsApp's Signal Protocol integration is now complete”. signal.org. 2018年12月8日閲覧。
  7. ^ a b Lomas, Natasha (2014年4月6日). “WhatsApp、全てのプラットフォームのエンドツーエンド暗号化を完了”. TechCrunch Japan. 2018年12月8日閲覧。
  8. ^ a b 最も安全なメッセンジャーアプリ「Signal」がアメリカ上院議員間の連絡ツールとして公式に認可される”. GIGAZINE (2017年5月27日). 2018年12月8日閲覧。
  9. ^ a b Signal partners with Microsoft to bring end-to-end encryption to Skype”. signal.org. 2018年12月8日閲覧。
  10. ^ a b Skypeがついにエンドツーエンドの暗号化に対応”. GIGAZINE (2018年1月12日). 2018年12月8日閲覧。
  11. ^ MicrosoftのOneDriveに児童ポルノを保存していたら通報されて逮捕”. GIGAZINE (2014年8月8日). 2018年12月8日閲覧。
  12. ^ Ha, Anthony (2014年10月13日). “スノーデンのプライバシーに関する助言:Dropboxは捨てろ、FacebookとGoogleには近づくな”. TechCrunch Japan. 2018年12月8日閲覧。
  13. ^ 「Googleドライブのエロ画像が消された」ネットで話題 削除の基準は? 誰が判断? Googleに聞く” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年4月26日閲覧。
  14. ^ 安全な電子メール: ProtonMail は暗号化された無料の電子メールです。” (日本語). ProtonMail. 2020年3月30日閲覧。
  15. ^ よくあるご質問” (日本語). Tutanota. 2020年3月30日閲覧。
  16. ^ Signal >> Home”. signal.org. 2018年12月8日閲覧。
  17. ^ Security & Privacy · Wire” (英語). wire.com. 2019年4月30日閲覧。
  18. ^ Delisting Wire from PrivacyTools.io” (英語). PrivacyTools (2019年11月19日). 2020年3月30日閲覧。
  19. ^ Facebookの5000万人の個人情報、トランプ陣営が不正利用か” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年4月26日閲覧。
  20. ^ Facebook、「CAが集めた個人情報は5000万人ではなく8700万人」 下院もCEOを公聴会に招請” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年4月26日閲覧。
  21. ^ Perez, Sarah. “5000万人が影響を受けたFacebookのデータ漏洩について知っておくべきこと” (日本語). TechCrunch Japan. 2020年4月26日閲覧。
  22. ^ Riot Web 1.6, RiotX Android 0.19 & Riot iOS 0.11 — E2E Encryption by Default & Cross-signing is here!!” (英語). The Riot.im Blog (2020年5月6日). 2020年7月8日閲覧。
  23. ^ a b c 暗号化でプライバシーも守ってくれるベストなクラウドストレージサービス4選”. ライフハッカー (2013年9月6日). 2018年12月8日閲覧。
  24. ^ Cloud + Encryption | End-to-End Encrypted Cloud Storage”. tresorit.com. 2018年12月16日閲覧。
  25. ^ Why your privacy matters | Sync”. sync.com. 2018年12月16日閲覧。
  26. ^ a b Facebookメッセンジャーの新しい暗号化機能がたったひとつの理由で台無しになっている”. GIZMODO (2016年7月13日). 2018年12月8日閲覧。
  27. ^ Open Whisper Systems partners with Google on end-to-end encryption for Allo”. signal.org. 2018年12月8日閲覧。
  28. ^ Facebook Messenger deploys Signal Protocol for end-to-end encryption”. signal.org. 2018年12月8日閲覧。
  29. ^ 安全を売りにしているメッセージアプリ「Telegram」のセキュリティが、かなり怪しい”. GIZMODO (2016年7月4日). 2018年12月8日閲覧。
  30. ^ Letter Sealingとは”. LINE. 2018年12月16日閲覧。
  31. ^ pCloud Crypto - Best Secure Encrypted Cloud Storage” (英語). www.pcloud.com. 2019年9月10日閲覧。
  32. ^ Nextcloud. “End-to-end Encryption” (英語). Nextcloud. 2020年7月8日閲覧。


「エンドツーエンド暗号化」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エンドツーエンド暗号化」の関連用語

エンドツーエンド暗号化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エンドツーエンド暗号化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリE2EEの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエンドツーエンド暗号化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS