呼び名とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 呼び名の意味・解説 

よび‐な【呼(び)名】

読み方:よびな

物や人が普通に呼ばれている名。特に、正式の前に対して平常呼ばれている名。通称通り名。「親分の―で通っている男」

平安時代宮中女官官名国名などをつけて呼んだもの。紫式部清少納言伊勢などの類。


呼び名

作者中井英夫

収載図書人外境(にんがいきょう)通信
出版社講談社
刊行年月1986.3
シリーズ名講談社文庫

収載図書薔薇への供物
出版社河出書房新社
刊行年月1990.5
シリーズ名河出文庫


呼び名

作者久間千恵子

収載図書こんな母子
出版社近代文芸社
刊行年月1991.12


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 00:43 UTC 版)

坂田銀時」の記事における「呼び名」の解説

通称基本的には「銀さん」「銀ちゃん」などであるが、「旦那」「万事屋」「銀の字」などさまざまである女装した場合パー子名乗りツインテール巨乳になる。一人称基本的に「俺」だが、たまに「僕」「てめー」「銀さん」と称する名前の由来金太郎こと坂田金時だが、「金時と呼ぶ憤慨する。これはタイトル恐ろしいことになり、「ジャンプ回収騒ぎになる」(アニメ版では「番組表載せられなくなる」)からだという。

※この「呼び名」の解説は、「坂田銀時」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「坂田銀時」の記事については、「坂田銀時」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/12 15:46 UTC 版)

シアターΧ」の記事における「呼び名」の解説

Χ(カイ)は英語アルファベットのXではなくギリシア文字である。

※この「呼び名」の解説は、「シアターΧ」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「シアターΧ」の記事については、「シアターΧ」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/19 03:17 UTC 版)

宗岡閘門」の記事における「呼び名」の解説

宗岡閘門(むねおかこうもん)…完成当時の名称。 いろは水門いろはすいもん)…新河岸川の舟運廃止され時に下二つの名前になったと思われる宗岡水門(むねおかすいもん

※この「呼び名」の解説は、「宗岡閘門」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「宗岡閘門」の記事については、「宗岡閘門」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 07:00 UTC 版)

マンサ・ムーサ」の記事における「呼び名」の解説

ヨーロッパ中東文献では、歴史的にマンサ・ムーサ」という名前で呼ばれる。「マンサ」はマリンケ語皇帝あるいは王の中の王意味する。「ムーサ」は旧約聖書預言者モーセムーサー)と同じ、セム人風の名前である。他に、「カンガ・ムーサ」「カンク・ムーサ」「カンカン・ムーサ」などの呼び名が伝わる。「カンガ・ムーサ」とは、「カンク息子ムーサ」を意味しカンク母親の名前である。これは当時マンディンカ族母系制社会構築していたことを反映する他の呼び名としては、マリ=コイ・カンカン・ムーサ、ゴンガ・ムーサ、「マリライオン」などが存在する

※この「呼び名」の解説は、「マンサ・ムーサ」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「マンサ・ムーサ」の記事については、「マンサ・ムーサ」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/08 14:26 UTC 版)

スブフ・バシュクンジーヤ」の記事における「呼び名」の解説

スブフ(Ṣubḥ)は、アラビア語で「曙の光」を意味するキリスト教徒側の史料では、Aurora という翻訳した名前で言及されることがある(なお、アラビア語のṢubḥには極光の意味はない)。スブフが語形変化した「サビーハ」を用いてコルドバ女王サビーハ(サビーハ・マリカ・クルトゥバ)とも呼ばれるアルファベット表記その他バリエーションとしては、Sobeya, Sobha, Sabiha 等がある。

※この「呼び名」の解説は、「スブフ・バシュクンジーヤ」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「スブフ・バシュクンジーヤ」の記事については、「スブフ・バシュクンジーヤ」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 01:35 UTC 版)

アーリヤバタ」の記事における「呼び名」の解説

10世紀同名数学者区別する必要がある場合ローマ数字のIを付加してアーリヤバタI(Aryabhata I)と表記するまた、出身国とされる国の名前を取って、アーシュマキーヤとも呼ばれる現代ラテン文字による文献においては、"Ārya-" に "-bhaṭṭa" の接尾辞繋げて、"Āryabhaṭṭa" と綴る例があり、インド共和国最初の人工衛星の名称もその綴りとされた。サンスクリット接尾辞 "-bhaṭa" は「金で雇われた人、傭兵」などの意味である一方で、"-bhaṭṭa" には「教養のある人、学者」などの意味がある:vii-viii。したがって、"Āryabhaṭṭa" の方尊敬の意味合い込められているのであるが:vii-viii、ヴァラーハミヒラバースカラI、ブラフマグプタその他、前近代文献においては一貫して Āryabhaṭa である:vii-viii。したがって、"Āryabhaṭṭa" の綴り妥当性疑わしい。なお、日本語文献においてはアールヤバタカナ表記する場合もある。

※この「呼び名」の解説は、「アーリヤバタ」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「アーリヤバタ」の記事については、「アーリヤバタ」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 08:04 UTC 版)

ポンド (質量)」の記事における「呼び名」の解説

代表的な言語での呼び名は以下のとおりである。 英語: poundパウンドオランダ語: pondポンドドイツ語: Pfund(プフント) ロシア語: Фунт funtフントフランス語: livreリーヴルスペイン語: libraリーブライタリア語: libbra(リッブラ) ロマンス語派各言語における名称は、ラテン語libraリーブラ天秤の意味)に由来する

※この「呼び名」の解説は、「ポンド (質量)」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「ポンド (質量)」の記事については、「ポンド (質量)」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 06:40 UTC 版)

天火明命」の記事における「呼び名」の解説

天火明命の別名は次の通り天照国照彦天火饒速日尊あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやひのみこと、『先代旧事本紀』) 天照国照彦天火明櫛玉饒速日命あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやひのみこと真清田神社由緒記) 天照国照彦天火明尊あまてるくにてるひこあめのほあかりのみこと天照国照彦火明命あまてるくにてるひこほあかりのみこと『日本書紀』真清田神社由緒記) 天火明命(あめのほあかりのみこと『古事記』真清田神社由緒記) 彦火明命 火明命ほあかりのみこと『日本書紀』) 膽磯丹穂命(いきしにほのみこと) 天照御魂神あまてるみたまのかみ、『神社志料』)

※この「呼び名」の解説は、「天火明命」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「天火明命」の記事については、「天火明命」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/19 01:33 UTC 版)

関帝」の記事における「呼び名」の解説

関聖帝君かんせいていくん)と呼称される事が多い。関帝聖君関帝翁、山西夫子、関夫子古仏、協天大帝、伏魔大帝関帝菩薩関聖大帝菩薩伽藍神伽藍菩薩、世護法など、多くの呼び名を持つ。

※この「呼び名」の解説は、「関帝」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「関帝」の記事については、「関帝」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 09:25 UTC 版)

画鋲」の記事における「呼び名」の解説

「画鋲」と「押しピン」画鋲」という呼称全国的に使われるに対し、「押しピン」という呼称中部地方およびそれより東ではあまり使われないこれらの地域で使う場合には上記の金属製画鋲を「画鋲」、プラスチック製画鋲を「押しピン」と呼んで区別することが多い。 「二重画鋲」 「二重画鋲」という製品名については、戦時期の非金属材料使った画鋲製造方法由来するとした次のような説が存在した戦時期に本来の画鋲材料である金属不足したため、レコード盤から取った2枚画鋲用円盤一方貫通穴をあけて、その間に釘を通してその上にもう一枚貼り合わせる方式画鋲製造した。この画鋲見た目にも二重になっている様子がよくわかったため、「二重画鋲」という名称で発売された。これは爆発的に売れて当時画鋲代名詞となるほど、広く一般に知れ渡った。 しかし最近の研究により、「二重画鋲」という製品名戦前から存在すること、戦時期のレコード盤画鋲実物資料は、2枚貼り合わせるではなく材料熱して直接釘を埋め込む方式製造されていたことが明らかにされている

※この「呼び名」の解説は、「画鋲」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「画鋲」の記事については、「画鋲」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 17:24 UTC 版)

キヌア」の記事における「呼び名」の解説

生産地がいわば辺境の地であり、生産規模小さく、ほぼ自家消費地産地消)で広域流通して来なかったため、各地様々な名で呼ばれている。以下各言語での名称括弧内が産地ケチュア語ペルーボリビアエクアドル) - kinúwa、kínua、 kiuna、kitaqañiwa、kuchikinwa アイマラ語ペルーボリビア) - tupapa、supha、jopa、jupha、juira、ära、qallapi、vocal、linquiñique チブチャ語コロンビア) - ・suba、pasca マプチェ語チリ) - dawe、sawe、chichiconwa スペイン語ではよりケチュア語に近いquinuaと、学名となったquinoa使われている。他の言語では学名quinoa使われている。 紅色キヌア 乾燥したキヌア 食用キヌアの袋 キヌアシリアル食品

※この「呼び名」の解説は、「キヌア」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「キヌア」の記事については、「キヌア」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 00:29 UTC 版)

前原圭一」の記事における「呼び名」の解説

ある事件亀田説得し自身の名前を聞かれた際に「K」名乗った以降亀田からは「K」呼ばれることが多い。 主な呼び名は「口先魔術師」「萌え伝道師」など様々な種類があり、本人自分から名乗るくらい好んで使用している

※この「呼び名」の解説は、「前原圭一」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「前原圭一」の記事については、「前原圭一」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 07:54 UTC 版)

石英」の記事における「呼び名」の解説

火成岩ができるとき石英結晶は、他の鉱物結晶ができた後でその隙間成長するため本来の結晶の形になれず(他形結晶)、特有の結晶面発達していないため塊状に見えるものを石英肉眼確認できる大きさ六角柱状の結晶自形結晶)のものを水晶呼んでいるが、昔はそれとは逆に塊状のものを水晶六角柱状の結晶のものを石英呼んでいたのが、いつしか今日のような逆の呼び方変わってしまいそれが定着してしまったといわれている。それは、江戸時代中期貝原益軒書いた大和本草で、水晶と石英の定義を取り違えたからだともいわれていて、その誤り平賀源内自著物類品隲指摘していた。 ただ正倉院目録では、自然のままの無加工のものを白石英加工品水精という使い分けしており江戸時代以前の様々な文献等でも、石英水晶水精区別明確ではなく、その使い分け基準様々で且つあいまいでもあり、必ずしも江戸時代中期以降にその呼び方逆になって定着してしまったとまではいいきれないようである

※この「呼び名」の解説は、「石英」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「石英」の記事については、「石英」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 10:29 UTC 版)

インチ」の記事における「呼び名」の解説

インチ長さは、東アジア用いられる寸(約3 cm)に近い。そこで、中国ではインチのことを「英寸」と呼んでおり、日本では明治時代に「吋」という国字作られた現在の日本では計量法規定によりインチそのもの取引証明使えないので、インチ規格を「型」と呼ぶ。たとえば「30テレビ」など。

※この「呼び名」の解説は、「インチ」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「インチ」の記事については、「インチ」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/12 02:26 UTC 版)

卑弥呼」の記事における「呼び名」の解説

『三国志』魏書東夷伝『後漢書』通称倭伝(『後漢書』東夷傳)、『隋書』通称倭国伝(『隋書』八十一 列第四十六 東夷 倭國)、『梁書』諸夷伝では「卑彌呼」、『三国史記』新羅本紀では「卑彌乎」、『三国志』魏書 帝紀では「俾彌呼」と表記されている。 一説には、中華思想により、他国地名人名には蔑字を使っている為にこの様な表記となっている。 また、他の一説には古代日本語聞いた当時の者が、それに最も近い自国語発音当てた為に、また(中国から見て)単に外来語であることを表す目印として先頭の文字特別なものとしているというものがある。これは現代日本語でのカタカナ使用や英語での固有名詞表記ドイツ語での名詞表記似た方法である。 現代日本語では一般に「ひみこ」と呼称されているが、当時正確な発音不明である。 ひみこ(日巫女日御子) - 「日巫女」は太陽仕え巫女の意。「日御子」は太陽神御子の意。 ひめこ(日女子、姫子) - 駒澤大学教授三木太郎の説。男性敬称ヒコ日子)」に対する女性の敬称。 ひめこ(比咩子、比売子) - 古事記における音読み表現ひめみこ日女御子姫御子女王) ひみか・ひむか(日向) - 松本清張唱えた日向日向国)と関係するとの説。 ひみか・ひむか(日向) - 原田大六古田武彦唱えた糸島平原遺跡福岡の奴の国を結ぶ日向峠に由来するとの説。 ひみか(日甕) - 古田武彦唱えた筑後風土記登場する女性甕依姫該当するという説。聖なる甕という意。 ぴやこ、みやこ(宮居) - 1937年藤井尚治が「国史異論奇説新学説考」の中で唱えた説。中国学者が、「宮居」を人名誤解したとし、卑弥弓呼は「ミヤツコ(宮仕)」に、卑が「ミコ(皇子)」になるとする。 ひむか・ぴむか - 長田夏樹新稿 邪馬台国の言語弥生復元―』学生社 2010年3世紀洛陽音の復元よる。 など諸説あるが、その多く太陽信仰との関連した名前であるとする。 一方中国語発音考慮する(呼にコという発音はない)と、当時中国異民族の音を記す時、「呼」は「wo」をあらわす例があり(匈奴語記述例など)、卑弥呼は「ピミウォ」だったのではないかとする説もある。 台湾人学者によると古音では「ピェッ ミアー ハッ」であるという。

※この「呼び名」の解説は、「卑弥呼」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「卑弥呼」の記事については、「卑弥呼」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 00:38 UTC 版)

NTTコムウェア」の記事における「呼び名」の解説

NTTコムというと、別会社の「NTTコミュニケーションズ」を指す。混同しないよう注意必要であるNTTコムウェア巷で(主にインターネット上で)、「NTT米屋」と呼ばれることがある。これは、全国ネットラジオCMで「NTT米屋?」と名前を間違えられるユニークな社名啓発CM流したことが由来である。

※この「呼び名」の解説は、「NTTコムウェア」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「NTTコムウェア」の記事については、「NTTコムウェア」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 23:15 UTC 版)

しゃっくり」の記事における「呼び名」の解説

ウィクショナリー関連の辞書項目ありますhic 一般的には、「しゃっくり」が正しい呼び名となっているが、「ひゃっくり」や「さくり」などの呼び方もある。英語では、「ヒカップ」(綴りhiccup またはhiccough)のように言い日本のひゃっくり」同様、しゃっくり発生した時に出る、「ヒック」という音から連想できるものであるまた、ドイツ語では「シュルックアウフ」、スペイン語では「イポ」、フランス語では「オケ」(綴りは hoquet: 男性名詞)のように発音するフィンランド語ノルウェー語では「ヒッカ」「ヒッケ」で、日本語発音にかなり近いように思われるが、ロシア語では「イコータ」(綴りは Икота)という発音になっている

※この「呼び名」の解説は、「しゃっくり」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「しゃっくり」の記事については、「しゃっくり」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 16:01 UTC 版)

銭貨」の記事における「呼び名」の解説

四角の穴があいているために「穴あき銭あなあきせん)」「穴銭(あなせん)」、あるいは「方孔銭」「円形方孔銭」「方孔円銭」ともいう。 単に「ぜに(銭)」ともいう。江戸時代には「ちゃん」、「ちゃんころ」などとも呼ばれた

※この「呼び名」の解説は、「銭貨」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「銭貨」の記事については、「銭貨」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 00:37 UTC 版)

サンショウウオ」の記事における「呼び名」の解説

山椒魚の名は、体にサンショウ似た香りがある種がいることによるかつては食用として捕まえたサンショウウオ縦に裂いて、片半分を川に放流する自然にもう片半分再生して元のサンショウウオに戻るという伝説から「はんざき」(あるいははんさき半裂)とも呼ばれていた。 英語名の「サラマンダー (salamander)」は、イモリ仲間含めた概念であり両者はあまり区別されず、一般に陸棲であればサラマンダー水棲であればニュート (newt)と呼び分けられる 。 パラケルススの『妖精の書』および現代のファンタジー作品見られる精霊、火トカゲとしてのサラマンダー」は、ある種イモリ特徴である鮮やかな赤色の腹面から、または倒木などの中に潜り込んだ個体が火にくべられた時に這い出てくる様子火の中から生まれ出ているように見えたことに由来するとすると言われる

※この「呼び名」の解説は、「サンショウウオ」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「サンショウウオ」の記事については、「サンショウウオ」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 04:32 UTC 版)

ユン・ピョウ」の記事における「呼び名」の解説

ゴールデン・ハーベスト退社後の90年代半ば頃からは、出演作現代アクションから当時流行していたカンフー時代劇移行し、特にテレビドラマでは出演した10シリーズのうち『少林七傑』、『リアル・カンフー 佛山詠春伝』★公式サイト、『詠春』をはじめ9本までがカンフー作品となり、映画では2010年イップ・マン 誕生』で詠春拳有名なイップ・マン葉問)の師匠役、2011年『マイ・キングダム』では武芸長けた京劇師匠役、2012年『TAICHI/太極 ヒーロー』では後に楊式太極拳始祖となる楊露禅御前最終対戦するになったため、名前の前に付けられる呼称が「カンフー功夫)」や「武術(武术)」、または「武打」を冠した物が多くなってきた。そのため、國際武打巨星元彪国際カンフーアクション ビッグスター ユン・ピョウ)、功夫巨星元彪(カンフービッグスター ユン・ピョウ)、超级巨星元彪一代武术巨星一代功夫巨星、武打巨星一代打明星、一代香港動作巨星元彪 などと呼ばれるようになった

※この「呼び名」の解説は、「ユン・ピョウ」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「ユン・ピョウ」の記事については、「ユン・ピョウ」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/12 03:12 UTC 版)

オルペ」の記事における「呼び名」の解説

オルペ住民は「オルパー」と呼ばれる少なくとも2世代以上がオルペ出身であれば「エルパー」を自称する地元民とされる)。他所から転入した人は「ビュターリング」と呼ばれる

※この「呼び名」の解説は、「オルペ」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「オルペ」の記事については、「オルペ」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/22 16:11 UTC 版)

J.B.ハロルド」の記事における「呼び名」の解説

登場人物からはJ.B.と呼ばれることが多い。(敬称ハロルド刑事)「ブルーシカゴ・ブルース」でコンビ組んだシカゴ市警刑事テッド・ロッセンからは冗談半分にジェリービーンズ呼ばれたファーストネームの「J」及びセカンドネームの「B」の正式名称明らかになっていない

※この「呼び名」の解説は、「J.B.ハロルド」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「J.B.ハロルド」の記事については、「J.B.ハロルド」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 15:42 UTC 版)

ニホンザル」の記事における「呼び名」の解説

日本語(さる)」は、元来ニホンザル指して使われた呼び名であった異称は「ましら」で、和歌などでは盛んに使われる南方熊楠によればこれは梵語由来するものかという。 わびしらに ましらな鳴きそ あしびきの 山のかひある 今日にやはあらぬ (凡河内躬恒古今和歌集 雑体 #1067) また俗にエテ公」などとも言うが、これは一種の忌み言葉で、が「去る」に通じるのを避けて得手」と呼んだことが起源とされる南方がかつて熊野川を船で下ったとき、船頭を「野猿(やえん)」「エテ吉」と呼び決して「」の名を口にはしなかったという。上記のように「が去るに通じる」のを避けるため「エテ」などの別名で呼んだとされるが、「」を忌み言葉とする文化日本以外アジア圏でも確認できるため、本来はそこに別の意味があったのではないかと考えられるいっぽうで続日本紀に見える柿本朝臣佐留、歌人猿丸大夫上杉謙信幼名猿松」、前田利常幼名お猿」など、日本人の名には「」を戴くものもあるのだが、南方によればこれは、古くトーテムとする家族多かった名残であろうという。歌人演者には「」を名前に入れる人が多く古く日本全体で必ずしもすべての人が「」を忌み言葉にしていたのではないことがうかがえる

※この「呼び名」の解説は、「ニホンザル」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「ニホンザル」の記事については、「ニホンザル」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 03:44 UTC 版)

ハーフェズ」の記事における「呼び名」の解説

詩人名前についてムスリム名は「シャムソッディーン・モハンマド(Šams-al-Din Moḥammad)」、雅号は「ハーフェズ(Ḥāfeẓ)」という。この点に関して異説はない。「ハーフェズ」には「イスラーム教聖典クルアーンの全114章をすべて暗誦できる者」の意味があり、それと同時に美声クルアーン朗誦する者」の意味もある。詩人事実としてクルアーン暗記であったのかもしれないし、あるいは、作品中にクルアーン章句想起させるフレーズ横溢しているがためにこの名前で呼ばれたのかもしれないいずれにせよこの雅号は、詩人敬虔さと、非凡な記憶力有していたことを印象付けるハーフェズ100年ほど前に生きた同郷詩人サアディーが「シェイフ」の敬称呼ばれるに対しハーフェズは「ハージャ」の敬称呼ばれるハーフェズ同時代人にも「ハージャ」と呼ばれており、また、この単語用いて自分自身言及する箇所がある作品もある。後世の人には、尊敬込めて不可思議の舌」(lesān-al-ḡayb)、「神秘の翻訳者」(tarjomān al-asrār)とも呼ばれた

※この「呼び名」の解説は、「ハーフェズ」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「ハーフェズ」の記事については、「ハーフェズ」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 00:25 UTC 版)

模造紙」の記事における「呼び名」の解説

大判用紙 山形県では大判用紙おおばんようし)と呼ぶ自由研究発表などで「大判用紙」として指定される事がある。「模造紙」という言い方はほとんど通じない大洋紙 新潟県では大洋紙たいようし)と呼ぶ。「大」きな「洋紙」に由来するとされる。「模造紙」という言い方は、やはりほとんど通じない雁皮 富山県(主に県東部の地域)では雁皮(がんぴ)と呼ぶ画用紙などの比率元であることから元比という説、雁皮由来するという説がある。また、地域によって雁皮模造紙とが混在している。 B紙 愛知県・岐阜県では、B紙ビーし)と呼ぶ紙のサイズB1判728×1030mm)に近いことに由来するという説があるが、788×1091mmは前述の通り四六判であり、B列ではない。一般向けの艶のない模造紙をB模造紙艶のある模造紙をA模造紙呼んだことに由来するとする説もある。単に「模造紙」では意味が通じないことがある鳥の子洋紙 愛媛県香川県沖縄県では、地域によって鳥の子洋紙模造紙とが混在している。襖などに使われる鳥の子紙由来する広用紙 九州方面で広用紙(ひろようし)と呼ぶことが多い。広い用紙であることに由来する広幅用紙 鹿児島県では広幅用紙ひろはばようし)と呼ぶことが多い。広い幅の用紙であることに由来する

※この「呼び名」の解説は、「模造紙」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「模造紙」の記事については、「模造紙」の概要を参照ください。


呼び名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 23:21 UTC 版)

パワーストーン」の記事における「呼び名」の解説

水晶においては特定の産地形状のものに独自の呼び名をつけ、商品として商標登録されているものもある。これらはあくまでもパワーストーンとしての呼び名であり、鉱物としての呼び名ではない。

※この「呼び名」の解説は、「パワーストーン」の解説の一部です。
「呼び名」を含む「パワーストーン」の記事については、「パワーストーン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「呼び名」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「呼び名」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「呼び名」の関連用語

呼び名のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



呼び名のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの坂田銀時 (改訂履歴)、シアターΧ (改訂履歴)、宗岡閘門 (改訂履歴)、マンサ・ムーサ (改訂履歴)、スブフ・バシュクンジーヤ (改訂履歴)、アーリヤバタ (改訂履歴)、ポンド (質量) (改訂履歴)、天火明命 (改訂履歴)、関帝 (改訂履歴)、画鋲 (改訂履歴)、キヌア (改訂履歴)、前原圭一 (改訂履歴)、石英 (改訂履歴)、インチ (改訂履歴)、卑弥呼 (改訂履歴)、NTTコムウェア (改訂履歴)、しゃっくり (改訂履歴)、銭貨 (改訂履歴)、サンショウウオ (改訂履歴)、ユン・ピョウ (改訂履歴)、オルペ (改訂履歴)、J.B.ハロルド (改訂履歴)、ニホンザル (改訂履歴)、ハーフェズ (改訂履歴)、模造紙 (改訂履歴)、パワーストーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS