国名とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 名称 > 国名の意味・解説 

くに‐な【国名】

読み方:くにな

平安時代宮中女官僧侶などの呼び名に国の名を付けたもの。女官は父や兄・夫の任国にちなんで、また僧侶はその生国にちなんつけられた。和泉式部(いずみしきぶ)・讃岐典侍(さぬきのすけ)の類。


こく‐めい【国名】

読み方:こくめい

国の名称。

国家の名称。各政府統治下にある国土の名。

日本における、古代から近世まで行政区画土地の名。→旧国名

[補説] よく使用される国家略称
米 アメリカ亜米利加
英 イギリス英吉利
伊 イタリア伊太利
印 インド印度
豪 オーストラリア豪太剌利
墺 オーストリア墺太利
 オランダ和蘭
加 カナダ加奈陀
希 ギリシャ希臘
瑞 スイス瑞西)/スウェーデン瑞典
西 スペイン西班牙
泰 タイ(泰)
独 ドイツ独逸
土 トルコ土耳古
洪 ハンガリー洪牙利
比 フィリピン比律賓
伯 ブラジル伯剌西爾
仏 フランス仏蘭西
越 ベトナム越南
葡 ポルトガル葡萄牙
墨 メキシコ墨西哥
露 ロシア露西亜


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 08:26 UTC 版)

国名(こくめい)は、国家名前をいう。


  1. ^ 中村元『古代インド史上』p5-6
  2. ^ 佐藤次高『イスラームの王権と国家』p31-32
  3. ^ 本村凌二「帝国と支配-古代の遺産」『岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産』p9-10
  4. ^ 小笠原弘幸『オスマン帝国』p4
  5. ^ 間宮林蔵述村上貞助編『東韃紀行』国立公文書館デシタルアーカイブ 東韃地方紀行 中巻(文化八年(1811年)筆原本画像)の中ほどに間宮林蔵を接見した清朝役人が差し出した名刺の内容が記載されており、「大清国」と書かれている


「国名」の続きの解説一覧

国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/22 08:13 UTC 版)

身代わり伯爵シリーズ」の記事における「国名」の解説

リゼランド王国 ミレーユが住む国。開放的な女王統治する国。首都サンジェルヴェは文化と芸術秀でた街で女王率い宮廷劇団もある。ミレーユ故郷・シジスモンは商人の町として名高い象徴スミレアルテマリス王国 物語の中心となる国。首都はグリンヒルデ。西大陸最大の国で、リゼランド北側位置しベルンハルト公爵領国境に近い首都の一角にあるルーヴェルンはいわゆる夜の街」で娼館多く立ち並ぶ。 王の住まう城の名前はシャンデルフィール城。薔薇国花とし、貴色は赤象徴コンフィールド公国 森林多くおとぎの国とも呼ばれる国。アルテマリスの南、シアランとの間に位置する。アルテマリスと縁戚関係ある国で前国主はアルテマリス現国王の弟であったそのため現在の国主・シルフレイアはアルテマリスより公爵地位授かっている。貴色は緑。 シアラン公国 神殿があるなど、信心深い一面をもつ国。公都はサフィーニア。これは青い宝石妖精の名に由来する。湖を囲むように宮殿がある。前大公正妃はアルテマリス現国王の姉で、アルテマリスと姻戚関係にあったが、大公死後起きた跡目争い騒乱で、その子らのほとんどは消息不明となる。 神殿神官たちは何らかの異能を持つが、それを殺人等に利用しない誓い立てている。ランスロット・アスリム時代確執により、アルテマリスを蔑視する者達が存在する女性髪の毛短くすることは禁忌とされているパンなどの食文化技術大陸一。また、大公妃生前陶芸趣味としていたことで、陶器有名になった。国花百合。貴色は青で象徴獅子サヴィアー シャロン故郷である、北部にある小国守り神かたどった人形を殴ると、自身についた悪運災い引き受けてくれるという信仰がある。この国の女性、サヴィアーナの美しさは「雪の妖精」と称賛され他国にも知れ渡るほどに有名。 ダラステア帝国 南大陸軍事力豊かな国。前王統治下ではシアラン軍事同盟結んでおり、西大陸諸国からシアラン並んで恐れられていた。現在はアルテマリス寄り政策変えたが、未だに地下ではシアランと強い繋がりがあり、武器密輸行っているシュヴァイツ公国 シアランと同様8年前の政変大公一家殺された国。アルテマリスとは前大公家姻戚関係にあった。現在は前大公家遠縁にあたる家が大公家となっているが、現大公身体弱く公女ユーディア公子ラスリッドはそれぞれに問題があるため、未だに王太子決まっていない。現大公シアランのように前大公家嫡子誰かが生き残っていてくれれば願っている国花水仙象徴ユニコーン

※この「国名」の解説は、「身代わり伯爵シリーズ」の解説の一部です。
「国名」を含む「身代わり伯爵シリーズ」の記事については、「身代わり伯爵シリーズ」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 15:06 UTC 版)

コーチシナ共和国」の記事における「国名」の解説

フランス語による正式名称コーチシナ自治共和国フランス語: République autonome de Cochinchine)で、ベトナム語による正式名称はナムキ自治共和国ベトナム語:Cộng hòa Tự trNam Kỳ / 共和自治南圻)。 略称はナムキ共和国ベトナム語:Cộng hòa Nam Kỳ; Nam Kỳ Cộng hòa quốc / 共和南圻; 南圻共和國)、またはナムキ国(ベトナム語Nam Kỳ quốc / 南圻國)。日本ではフランス植民地時代ベトナムの地名フランス式呼称するため、日本語での略称はコーチシナ共和国一般的に用いられる。 なお、政府名称は暫定政府時期含めて2回変わっている。 ナムキ臨時政府ベトナム語Chính phủ lâm thời ở Nam Kỳ / 政府臨時南圻):1946年3月26日 - 1946年5月31日 自治ナムキ共和政府(ベトナム語Chính phủ Cộng hòa Nam Kỳ tự trị / 政府共和南圻自治):1946年6月1日 - 1947年10月7日 ベトナム南分共和政府(ベトナム語Chính phủ Cộng hòa Nam Phn Việt Nam / 政府共和南份越南):1947年10月8日 - 1948年5月27日

※この「国名」の解説は、「コーチシナ共和国」の解説の一部です。
「国名」を含む「コーチシナ共和国」の記事については、「コーチシナ共和国」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/03 15:13 UTC 版)

メキシコ (曖昧さ回避)」の記事における「国名」の解説

メキシコ合衆国 - 北米大陸の国。

※この「国名」の解説は、「メキシコ (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「国名」を含む「メキシコ (曖昧さ回避)」の記事については、「メキシコ (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 22:54 UTC 版)

讃岐国」の記事における「国名」の解説

古事記に見る神代呼称は「飯依比古」と云い、伊予之二名島の顔の一つとされた。国名の表記として、「讃岐」のほか「讃伎」「賛支」とも表記されたことが木簡から分かっている高松藩藩儒中山城山によってまとめられ地誌である『全讃史』(1828年文政11年)に成立)には「四国内の他の国よりも緯が狭いために『狭緯(さぬき)』と称した」とされ、この名称と文字時を経る転じて讃岐となった記されている。 現在でも香川県地域区分として「東讃」「中讃」「西讃」という名称が使用されている

※この「国名」の解説は、「讃岐国」の解説の一部です。
「国名」を含む「讃岐国」の記事については、「讃岐国」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/13 04:11 UTC 版)

蜀 (曖昧さ回避)」の記事における「国名」の解説

古蜀 - 紀元前316年、秦の将軍司馬錯滅ぼされた国。 蜀漢季漢) - 三国時代劉備建てた国(221年 - 263年)。単に「蜀」と言った場合蜀漢を指すことが多い。 成漢後蜀) - 五胡十六国時代李雄建てた国(304年 - 347年)。 張蜀 - 五胡十六国時代張育建てた国(374年)。十六国数えられない後蜀 (五胡十六国)(譙蜀) - 五胡十六国時代譙縦建てた国(405年 - 413年)。十六国数えられない。 程蜀 - 南北朝時代に程道養が建てた国(432年 - 437年)。 前蜀 - 五代十国時代王建建てた国(907年 - 925年)。 後蜀 (十国) - 五代十国時代孟知祥建てた国(934年 - 965年)。 蜀 - 北宋時代順が建てた国(994年)。 大蜀(王蜀) - 北宋時代に王均が建てた国(1000年)。 呉蜀 - 南宋時代呉曦中国語版)が建てた国(1207年)。

※この「国名」の解説は、「蜀 (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「国名」を含む「蜀 (曖昧さ回避)」の記事については、「蜀 (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 09:29 UTC 版)

国家平和発展評議会」の記事における「国名」の解説

詳細は「ミャンマー#国名」を参照 軍事政権発足直後に国名をビルマ連邦社会主義共和国からビルマ連邦(英語:Union of Burma)へ変更し1989年6月18日には対外的な国名をミャンマー連邦(英語:Union of Myanmar)へ再度改称した。だが、軍事政権否定的に見る国々では引き続きビルマ」の名称が使用され国ごとミャンマーの国名表記別れる事態となった。 なお、国内におけるビルマ語の国名は軍事政権終了するまで変更されることが無かった

※この「国名」の解説は、「国家平和発展評議会」の解説の一部です。
「国名」を含む「国家平和発展評議会」の記事については、「国家平和発展評議会」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/19 14:54 UTC 版)

アフガニスタン・イスラム共和国」の記事における「国名」の解説

公式の英語表記は、Islamic Republic of Afghanistan通称Afghanistan日本語の表記は、アフガニスタン・イスラム共和国通称アフガニスタン漢字表記は阿富汗斯坦または亜富汗斯坦

※この「国名」の解説は、「アフガニスタン・イスラム共和国」の解説の一部です。
「国名」を含む「アフガニスタン・イスラム共和国」の記事については、「アフガニスタン・イスラム共和国」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 14:21 UTC 版)

ダゲスタン共和国」の記事における「国名」の解説

国名はトルコ語で山を意味する"dağ"にペルシャ語地名接尾辞である"-stān"(スターン)が付いて「山が多い場所」を意味する山岳地帯人々自由な行き来妨げたため、非常に多様な民族混在し今でも部族的な生活を送っている。それぞれの正式名称以下の通りロシア語: Респу́блика Дагеста́н (Respublika Dagestan) アヴァル語: Дагъистаналъул Жумгьурият (Daġistanałul Jumhuriyat) ダルギン語: Дагъистан Республика (Daġistanes Respublika) クムク語: Дагъыстан Жумгьурият (Dağıstan Cumhuriyat) レズギ語: Республика Дагъустан (Respublika Daġustan) ラク語: Дагъусттаннал Республика (Daġusttannal Respublika) タバサラン語: Дагъустан Республика (Daġustan Respublika) ルトゥル語: Республика Дагъустан (Respublika Daġustan) アグール語: Республика Дагъустан (Respublika Daġustan) ノガイ語: Дагыстан Республикасы (Dağıstan Respublikası) チェチェン語: Дегӏестан Республика (Deġestan Respublika) アゼルバイジャン語: Дағыстан Республикасы/Dağıstan Respublikası/داغیستان رئسپوبلیکاسی タート語: Республикей Догъисту (Respublikei Doġistu)

※この「国名」の解説は、「ダゲスタン共和国」の解説の一部です。
「国名」を含む「ダゲスタン共和国」の記事については、「ダゲスタン共和国」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 20:47 UTC 版)

江南」の記事における「国名」の解説

中国の国名五代十国南唐が、後周敗北して服属した後に称した国号

※この「国名」の解説は、「江南」の解説の一部です。
「国名」を含む「江南」の記事については、「江南」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 04:35 UTC 版)

ユーゴスラビア」の記事における「国名」の解説

ユーゴスラビアスロベニア語、およびセルビア・クロアチア語ラテン文字表記でJugoslavija、キリル文字表記でЈУГОСЛАВИЈА(スロベニア語: [juɡɔˈslàːʋija]、セルビア・クロアチア語: [juɡǒslaːʋija, juɡoslâʋija])。 日本語での表記ユーゴスラビアもしくはユーゴスラヴィアである。しばしばユーゴ略される過去にはユーゴースラヴィアという表記使われていた。 ユーゴスラビアは「南スラヴ人土地」を意味し南スラヴ人独立統一求めるユーゴスラヴ運動由来している。国家名称としては、1918年セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国成立の頃より通称として用いられていたが、アレクサンダル1世統治時代1929年に、これを正式な国名としてユーゴスラビア王国改称された。

※この「国名」の解説は、「ユーゴスラビア」の解説の一部です。
「国名」を含む「ユーゴスラビア」の記事については、「ユーゴスラビア」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 23:59 UTC 版)

サハラ・アラブ民主共和国」の記事における「国名」の解説

正式名称アラビア語で、الجمهورية العربية الصحراوية الديمقراطية الوهمية(ラテン文字転写 : Al-Jumhūrīyya al-`Arabīyya aṣ-Ṣaḥrāwīyya ad-Dīmuqrāṭīyya)、スペイン語República Árabe Saharaui Democráticaで、RASDと略す。英語では英語: Sahrawi Arab Democratic Republicとなり、SADRと略す。 日本語ではサハラ・アラブ民主共和国訳される英語名音訳したサハラウィ・アラブ民主共和国ともいう。日本国家承認していないため公式の略称は存在せず西サハラ通称として用いられている。2019年開催され第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に参加した代表団にはSahrawi Republic(訳例はサハラ共和国、サハラウィ共和国)という国名プレート置かれたサハラ・アラブ民主共和国承認していない国家では西サハラアラビア語: الصحراء الغربية ‎ ラテン文字転写:Aṣ-Ṣaḥrā’ al-Gharbīyahスペイン語: Sahara Occidental、英語: Western Saharaフランス語: Sahara Occidental)が地域名として使用されている。またサハラ・アラブ民主共和国政府指導部を指す際はポリサリオ戦線」、領土は「ポリサリオ戦線支配地域」や「砂の壁以東」と説明されることがある

※この「国名」の解説は、「サハラ・アラブ民主共和国」の解説の一部です。
「国名」を含む「サハラ・アラブ民主共和国」の記事については、「サハラ・アラブ民主共和国」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 16:44 UTC 版)

金 (曖昧さ回避)」の記事における「国名」の解説

中国の王朝名 (きん、Jīn)金 (王朝)1213世紀中国北部にあった女真族の国の名前。 後金17世紀ヌルハチ興した女真族王朝後金王朝後の清。

※この「国名」の解説は、「金 (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「国名」を含む「金 (曖昧さ回避)」の記事については、「金 (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/14 03:48 UTC 版)

ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦」の記事における「国名」の解説

クロアチア語ボスニア語でFederacija Bosne i Hercegovine、セルビア語でФедерација Босне и Херцеговине。 また、英語ではThe Federation of Bosnia and Herzegovina

※この「国名」の解説は、「ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦」の解説の一部です。
「国名」を含む「ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦」の記事については、「ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/30 08:18 UTC 版)

イエメン王国」の記事における「国名」の解説

正式名称アラビア語で、アル・マムラカ・アル・ムタワッキリーヤ・アル・ヤマニーヤ(المملكة ‏المتوكلية اليمنية‎、al-Mamlakah al-Mutawakkilīyah al-Yamanīyah)。 英語表記は、Mutawakkilite Kingdom of Yemen或いはMutawakelite Kingdom of Yemen通称Kingdom of Yemen日本語の表記は、イエメン・ムタワッキリテ王国通称イエメン王国1947年9月30日国際連合加盟した際、イエメン王国イエメンYemen)を代表する国家として加入した。これは、当時イエメン王国イエメン名乗る唯一の国家として存在していた為である。ただし、王国崩壊後成立したイエメン・アラブ共和国は、南イエメンイエメン名乗る別個の国家として独立したことで、相対的に北イエメン通称されるようになったその影響から、今日ではイエメン王国を、イエメン・アラブ共和国から歴史的に遡及して北イエメン称することもある。

※この「国名」の解説は、「イエメン王国」の解説の一部です。
「国名」を含む「イエメン王国」の記事については、「イエメン王国」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/25 13:37 UTC 版)

ルーシ」の記事における「国名」の解説

ルーシ中世時代におけるキエフ大公国正式な国号キエフ・ルーシとも。 ルーシキエフ大公国のもとで誕生したキエフ大公国チェルニーヒウ公国ペレヤースラウ公国中心とするリューリク朝三国広義ハールィチ・ヴォルィーニ大公国ヴラジーミル大公国ノヴゴロド共和国などの東欧諸国を含むことがあるルーシ・カガン国8世紀後半から9世紀半ばにかけて現在のロシア北西部にあったとされる国家または都市国家群(仮説)。 ロシア帝国ロシア連邦通称

※この「国名」の解説は、「ルーシ」の解説の一部です。
「国名」を含む「ルーシ」の記事については、「ルーシ」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 14:11 UTC 版)

百済」の記事における「国名」の解説

百済国名の由来わかっていない。『三国史記』「百済本紀」に記載される神話では初代王である温祚王夫余の地から遷って建国した際、10人の家臣助力得たことから国号を十済とし、その後温祚王兄の沸流に従っていた人々温祚王の国に合流した際に百姓楽し従ったことから国号百済改めたという。朝鮮史研究者の井秀雄は、『三国史記』の訳注にて、これを事実とは認めがたいとしている。詳細は「建国神話節」を参照また、『隋書』百済伝」は、移動際に百家で海を済ったので、それに因んで百済という国名となった伝えている。 日本語における慣用呼称クダラ」の起源について長く議論があり、古く鮎貝房之進白鳥庫吉文献史学発音等の観点から推論行っているが、今も正確なところは不明である

※この「国名」の解説は、「百済」の解説の一部です。
「国名」を含む「百済」の記事については、「百済」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 09:51 UTC 版)

中華民国 (1912年-1949年)」の記事における「国名」の解説

正式名称は「中華民国」だが、その存在を通じてさまざまな名前知られている1912年中華民国建国され直後政府は「中国」という短縮形使用して、周の下でその王室のデメスネに関連して発展した用語そしてその名前はその後洛陽現在の洛陽周辺の地域適用された周東部、そして中国中央平原行き清時代の国家時折同義語として使用された。 「中華民国」と「共和国時代」は、「北京政府」(1912年から1928年)と「国民政府」(1928年から1949年)を指す。

※この「国名」の解説は、「中華民国 (1912年-1949年)」の解説の一部です。
「国名」を含む「中華民国 (1912年-1949年)」の記事については、「中華民国 (1912年-1949年)」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/28 05:36 UTC 版)

コルドバ」の記事における「国名」の解説

コルドバ・ウマイヤ朝 - 後ウマイヤ朝の別名。 コルドバ王国 - 後ウマイヤ朝分裂後出来た小国家(タイファ)の一つ

※この「国名」の解説は、「コルドバ」の解説の一部です。
「国名」を含む「コルドバ」の記事については、「コルドバ」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/12 20:19 UTC 版)

キャンディ王国」の記事における「国名」の解説

キャンディ王国長い年月間に様々な呼称呼ばれており、以下のような多くの名前が知られている。 Kanda Uda Pasrata Senkadagala Kingdom Kanda Udarata - 山の上の国の意味 Mahanuwara Kingdom Wardhanapura Sinhalé Thun Sinhalaya or Tri Sinhala

※この「国名」の解説は、「キャンディ王国」の解説の一部です。
「国名」を含む「キャンディ王国」の記事については、「キャンディ王国」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 01:49 UTC 版)

セルビア・モンテネグロ」の記事における「国名」の解説

正式名称セルビア語で、Србија и Црна Гора(Srbija i Crna Gora; スルビヤ・イ・ツルナ・ゴーラ)。スルビヤがセルビアツルナ・ゴーラモンテネグロセルビア語名で「黒い山」を意味しているモンテネグロイタリア語ヴェネツィア方言ヴェネト語))。イはセルビア語で英語の and にあたる接続詞また、 Државна Заједница Србија и Црна Гора / Državna Zajednica Srbija i Crna Goraと呼ぶこともある。 公式の英語表記は、Serbia and Montenegro日本語の表記は、セルビア・モンテネグロ誤ってセルビア・モンテネグロ連邦呼ばれることもある(連邦制ではあるが名称に「連邦」とはつかない)。

※この「国名」の解説は、「セルビア・モンテネグロ」の解説の一部です。
「国名」を含む「セルビア・モンテネグロ」の記事については、「セルビア・モンテネグロ」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 08:26 UTC 版)

プロイセン王国」の記事における「国名」の解説

バルト海沿岸地域ドイツ語プロイセンPreußen)と呼んだことから、これが国になったプロイセン地名は、バルト海沿岸先住民族で自らをプルーサ名乗っていたプルーセン人由来するプロイセン英語ではPrussiaフランス語ではPrusse、プロシア語ではPruqsasとなる。 日本語での表記は、ドイツ語由来するプロイセン」のほか、英語に由来するプロシア」や「プロシャ」がある。漢字による表記では、普魯西表記され、「普」と略される。なお、明治時代には孛漏生の字当てられた。「孛」と略されて、江藤新平漢詩にこの字用いている。

※この「国名」の解説は、「プロイセン王国」の解説の一部です。
「国名」を含む「プロイセン王国」の記事については、「プロイセン王国」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 09:42 UTC 版)

北オセチア共和国」の記事における「国名」の解説

正式名称は、Республика Северная Осетия - Алания (ラテン文字転写: Respublika Severnaja Osetija - Alanija, レスプブリカ・セヴェルナヤ・オセチヤ・アラニヤ)といい、北オセチア・アラニヤ共和国日本語訳される。1996年1月9日に、北オセチア共和国から改称した。 アラニヤは、オセット人先祖とされるアラン人」の名に由来するオセチア雅称である。 日本では北オセチア共和国表記されるのが一般的である。まれに北オセット共和国という表記見かける

※この「国名」の解説は、「北オセチア共和国」の解説の一部です。
「国名」を含む「北オセチア共和国」の記事については、「北オセチア共和国」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 14:59 UTC 版)

衛氏朝鮮」の記事における「国名」の解説

衛氏朝鮮」という名は後世箕子朝鮮李氏朝鮮区別するための便宜上の名である。『史記』は単に「朝鮮」とよぶが、この名も当時すでに国名が不明になっていたので司馬遷地名借りて表現したまでで、彼らが自称した国名ではない。

※この「国名」の解説は、「衛氏朝鮮」の解説の一部です。
「国名」を含む「衛氏朝鮮」の記事については、「衛氏朝鮮」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 10:14 UTC 版)

大韓帝国」の記事における「国名」の解説

国号大韓は、三韓統一達す名称として出た原文 奉天承運皇帝詔曰:「朕惟、箕以來疆土分張、各據一隅、互相爭雄、及高麗時、呑竝馬韓辰韓弁韓、是謂統合三韓。及我太祖龍興之初、輿圖以外、拓地益廣。(以下省略)」 現代語による大意 奉天承運皇帝高宗)は次のように詔を下された。「朕が思うに檀君箕子以来、(朝鮮は)領土分離され各々(の勢力)が各地占めて互いに覇権争ってきたが、高麗時代馬韓辰韓弁韓いわゆる三韓統合した。そして我の太祖(李成桂)が王位に就いた初期のうちに(従来の)国土以外にも領土広げた。(以下省略)」 — 高宗実録36巻、高宗34年10月13日陽暦2番目の記事より。全文は、国史編纂委員会公式ホームページ設けて公開している。 高宗実録によると、清から冊封体制離脱に当たり朝鮮王宮では明から下賜され国号朝鮮」を変更する提案家臣から高宗なされたその際高宗朝鮮を「三韓の地」と認識しており、かつ「韓」を含む名称が歴代統一朝鮮王朝国号として使われていなかった。そのため、国号としての格が従来より上がる漢字一文字の「韓」に、修飾語の「大」を加えた大韓」が新し国号定められたという。 原文 上曰:「我邦乃三韓之地、而國初受命統合爲一。今定有天下之號曰『大韓』、未爲不可。(以下省略)」 舜澤曰:「自三代以來、有天下之號、未有承襲前者矣。而朝鮮箕子舊封之號也、堂堂帝國、不宜因仍其號矣。且大韓之號、稽之帝統之國、無襲舊者矣。聖旨切當、無敢贊辭矣。」 現代語による大意 お上高宗)が言うには我が国三韓の地であるが、国の初め李成桂李朝樹立時)に天命を受けて一つの国に統合された。今、国号を『大韓』に定めては為らぬことは無い。...」 舜澤(沈舜澤(朝鮮語版))言うには三代以来国号以前のもの踏襲した例がありません。ところで、朝鮮箕子がかつて(周の武王から)封じられ時の称号であるので、堂々とした皇帝の国として、その称号朝鮮)をそのまま使うのは正しくありません。『大韓』の称号は、皇帝系統継いでいる国で考えますと、古き者から踏襲したものではありません聖上高宗)の仰られることは極めて当然のことで、あえて付け加えるような言葉ございません。」 — 高宗実録36巻、高宗34年10月11日陽暦3番目の記事より。 また、国名を「帝国」としたのは、冊封からの離脱に際し国王称号を「皇帝」へと変更したからである小島毅は、「清という皇帝がいる国の庇護下にある王国だったのが、日本後押しして清から自立した帝国になり、大韓帝国正式な国号とします」と評している。

※この「国名」の解説は、「大韓帝国」の解説の一部です。
「国名」を含む「大韓帝国」の記事については、「大韓帝国」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/12 23:08 UTC 版)

中華民国」の記事における「国名」の解説

台湾の名称の一覧」も参照 中国語北京語正体字表記)での正式名称は、中華民國拼音: Zhōnghuá Mínguó、ウェード式:Chung-hua Min-kuo、注音符号:ㄓㄨㄥ ㄏㄨㄚˊ ㄇㄧㄣˊㄍㄨㄛˊ)であり、国内では中華民國のことを中華表記することもある。公式の英語表記は、英語: Republic of Chinaリパブリック・オブ・チャイナ)で、略称は R.O.C. である。 「中華」は、世界の中心にある、最も華やかな文明という意味であり、元々は黄河文明発祥の地とされる河南省のあたりを指したちなみに中華はもともと世界の中心の夏(古代王朝という意味中夏だった。

※この「国名」の解説は、「中華民国」の解説の一部です。
「国名」を含む「中華民国」の記事については、「中華民国」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 14:18 UTC 版)

リヒテンシュタイン」の記事における「国名」の解説

正式名称公用語ドイツ語で Fürstentum Liechtensteinドイツ語発音: [ˈfʏʁʃtn̩tuːm ˈlɪçtn̩ʃtaɪn] フュルシュテントゥーム・リヒテンシュタイン)、Liechtenstein表記する公式の英語表記Principality of Liechtenstein(プリンシパリティ・オヴ・リクテンスタイン)、略称、Liechtenstein日本政府外務省)による日本語表記リヒテンシュタイン公国(略称:リヒテンシュタインリヒテンスタイン))後述のように「リヒテンシュタイン侯国」を正し訳語とする説もある。リヒテンシュタイン公国がある現地アレマン語リヒテンシュタイン方言)では、Förschtatum Liachtaschta(フェアシュタツーム・リアハタシュタ)と表記される英語表記で国名・形容詞とも Liechtenstein国民は Liechtensteiner。 元首であるリヒテンシュタイン家当主称号ドイツ語で"Fürst"であり、"Herzog"(公爵。英語の"duke")より一段下爵位あるため、「公爵ではなく侯爵」と訳すべきとの主張もある。 なお、英語においてはprinceプリンス)」とされ、国家体制は「Principality」と訳される。「Principality」は日本語において通例公国」と訳される。英語における「プリンス」は広義的に多義的であり、公爵位のみを指すものではなく王侯貴族である領主全般的に指す言葉である。リヒテンシュタイン家当主親族男子)の称号は"Prinz"であり、「プリンス」と同義であるが、これは日本語においては公子」と訳されるのが通例である。

※この「国名」の解説は、「リヒテンシュタイン」の解説の一部です。
「国名」を含む「リヒテンシュタイン」の記事については、「リヒテンシュタイン」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 08:32 UTC 版)

満洲国」の記事における「国名」の解説

ウィキソース国号満洲国トナスヲ佈告ノ件の原文ありますウィキソース本国国名英文制定件の原文あります1932年大同元年3月1日満洲国佈告1により、国号は「滿洲國」と定められている。この国号は、1934年康徳元年3月1日溥儀皇帝即位して変更されなかった。ただし、法令公文書では「満洲国」と「満洲帝国」が併用された。帝制実施後英称正称が「Manchoutikuo」または「The Empire of Manchou」、略称が「Manchoukuo」または「The Manchou Empire」と定められた

※この「国名」の解説は、「満洲国」の解説の一部です。
「国名」を含む「満洲国」の記事については、「満洲国」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 14:17 UTC 版)

北マケドニア」の記事における「国名」の解説

憲法上正式名称は、Република Северна Македонија (マケドニア語ラテン文字転写は、Republika Severna Makedonija。通称は、Северна Македонија(Severna Makedonija)。準公用語アルバニア語での表記はRepublika e Maqedonisë së Veriut、通称Maqedonia e Veriutである。 公式の英語表記名は、Republic of North Macedonia。略称、North Macedonia日本語での表記は、北マケドニアもしくは北マケドニア共和国2019年2月まではマケドニアもしくはマケドニア共和国であったが、前者では地域としてのマケドニア区別がつかない。また日本国連と同様マケドニア旧ユーゴスラビア共和国国家承認行っており、行政公文書等における日本語の表記は「マケドニア旧ユーゴスラビア共和国となっていたが、2020年4月1日に「北マケドニア」に変更された。かつて、日本国外務省では単に「マケドニア」あるいは「マケドニア共和国」と簡略化して表記する部分部分的に見られた。この他日本語でのリリース発表する機関として欧州連合在日欧州委員会代表部)があるが、欧州連合EU)の加盟国であるギリシャマケドニア共和国の正式呼称認めていないため、通常マケドニア旧ユーゴスラビア共和国」で言及された。

※この「国名」の解説は、「北マケドニア」の解説の一部です。
「国名」を含む「北マケドニア」の記事については、「北マケドニア」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 02:14 UTC 版)

レソト」の記事における「国名」の解説

レソト」とは、「ソト語話す人々」という意味である。イギリス保護領時代バストランド保護領呼ばれていたが、独立と同時にレソトへと改称した

※この「国名」の解説は、「レソト」の解説の一部です。
「国名」を含む「レソト」の記事については、「レソト」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 09:48 UTC 版)

イングーシ共和国」の記事における「国名」の解説

正式名称は、Республика Ингушетияラテン文字転写: Respublika Ingushetiya , レスプブリカ イングシェチア)。日本語訳は、イングシェチア共和国1996年1月9日改称日本ではイングーシ共和国表記するのが一般的である。 漢字表記は「印古什」。

※この「国名」の解説は、「イングーシ共和国」の解説の一部です。
「国名」を含む「イングーシ共和国」の記事については、「イングーシ共和国」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 02:28 UTC 版)

ベトナム」の記事における「国名」の解説

正式名称ベトナム語で "Cộng Hoà Xã Hội ChNghĩa Việt Nam" ( 聞く)。略称は "Việt Nam" (ベトナム語発音: [viət˨ næm˧] ( 音声ファイル))である。ベトナム語漢字チュハン)では「共和社會主義越南」「越南」となる。 1802年現代とほぼ変わらない領土統一した人物は、阮朝創始者阮福暎嘉隆帝)である。1804年には清の嘉慶帝から越南国王に封ぜられ、「越南」を正式の国号とした、阮朝最初清に南越」の号を求めたが、嘉慶帝は「越南」という国号与えた。「南越」という国号阮朝領土的野心警戒したという見方もある。 ロシア語で「Вьетнам」と書きラテン文字表記法の学術表記で「V'etnam」になり、日本語表記は「ベトナム」となる。しかし「i」があるベトナム語による「Việt」の正し発音は「ベトではなく「ヴィエッ」であることから、一部文献等では「ヴィエトナム」「ヴィエットナム」等の表記みられる漢字文化圏国家なので漢字で「越南」(えつなん)の表記もあり、越(えつ)と略す。「越南」の表記用いながら「ベトナムと呼ぶこともある。現在の日本国外務省ではカタカナで「ベトナム」「ベトナム社会主義共和国」の表記用いるが、かつてはベトナム語発音に近い「ヴィェトナム社会主義共和国」の表記となっていた。 公式の英語表記は "Socialist Republic of Vietnam" 、略称は "Vietnam"、または "SRV"。1976年6月24日ベトナム戦争後初の南北統一国会第6期国会第1回会議)が招集され7月2日国会決議により現在の国名が決定された。2013年憲法改正時に、「ベトナム社会主義共和国」の国名を、1945年ベトナム八月革命によって独立した時の国名「ベトナム民主共和国」に改め動き報じられた が、改正案から国名変更部分除外され変更はされなかった。

※この「国名」の解説は、「ベトナム」の解説の一部です。
「国名」を含む「ベトナム」の記事については、「ベトナム」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 16:17 UTC 版)

チェコスロバキア」の記事における「国名」の解説

当初国名は、1918年第一共和国建国当初ハイフンのない「チェコスロバキア」(Československo)と、ハイフン入ったチェコ=スロバキア」(Česko-Slovensko)の両方表記混在して使われ1920年憲法制定時にハイフンのない"Československo"に統一された(国名「チェコスロバキア共和国」:Československá republika)。 スロバキア自治認めたミュンヘン協定1938年)からナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体1939年)までの第二共和国では、ハイフン入った「Česko-Slovensko」が正式表となった(国名「チェコ=スロバキア共和国」:Česko-Slovenská republika)。 しかし第二次世界大戦後1945年チェコスロバキア共和国復活すると、再びハイフンなしの"Československo"に改められ1960年社会主義共和国への改称チェコスロバキア社会主義共和国:Československá socialistická republika)や1969年連邦制移行(国名変更なし)後も長く用いられた。 ビロード革命後1990年に連議会繰り広げられ政治論争ハイフン戦争」の結果、国名は「チェコ及びスロバキア連邦共和国」(チェコ語: Česká a Slovenská Federativní Republika、スロバキア語: Česká a Slovenská Federatívna Republika)に改められ1993年1月1日解体まで使用された。 地域名称としてのチェコスロバキア」については、チェコ語では従来どおり"Československo"が用いられているが、スロバキア語ではスロバキア科学アカデミー1990年提唱した新し正書法に基づき"Česko-Slovensko"が用いられている。

※この「国名」の解説は、「チェコスロバキア」の解説の一部です。
「国名」を含む「チェコスロバキア」の記事については、「チェコスロバキア」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 20:27 UTC 版)

ラオス」の記事における「国名」の解説

正式名称ラーオ語でສາທາລະນະລັດ ປະຊາທິປະໄຕ ປະຊາຊົນລາວ,(ラテン文字転写: Sathalanalat Paxathipatai Paxaxon Lao 発音 [sǎː.tʰáː.laʔ.naʔ.lat páʔ.sáː.tʰiʔ.páʔ.tàj páʔ.sáː.són.láːw] 読み: サーターラナラット・パサーティパタイ・パサーソン・ラーオ)。サーターラナラットが「共和国」、パサーティパタイが「民主主義」、パサーソンが「人民」、ラーオが「ラーオ族」を意味する公式の英語表記Lao People's Democratic Republic(ラウ・ピープルズ・デモクラティック・リパブリック)。ビザなどでは「Lao P.D.R」と略される通称Laosラウス、または、ラオス)。 日本語表記ラオス人民民主共和国通称ラオス日本での漢字表記は羅宇老檛一方中国国内では「老撾(簡体字: 老挝, 拼音: Lǎowō)」と表記し「老」と省略するが、台湾香港マレーシアシンガポールでは「寮國(簡体字: 寮国, 拼音: Liáoguó)」と称し、「寮」と省略するラオス華人の間では「寮」が広く使われており、ヴィエンチャン市内に中国語学校の名門「寮都学校」がある。また、日寮や寮などの略称を冠する団体・企業は、ラオス国内外を問わず多数存在する

※この「国名」の解説は、「ラオス」の解説の一部です。
「国名」を含む「ラオス」の記事については、「ラオス」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 15:58 UTC 版)

ソマリランド (曖昧さ回避)」の記事における「国名」の解説

ソマリランド国(英語版) - イギリス領ソマリランド1960年6月26日独立して成立した国家同年7月1日イタリア信託統治領ソマリア合併しソマリア共和国となる。 ソマリランド共和国 - 1991年ソマリアから事実上独立した国家国際的な承認得られていないソマリランド国が再独立したもの自称している。

※この「国名」の解説は、「ソマリランド (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「国名」を含む「ソマリランド (曖昧さ回避)」の記事については、「ソマリランド (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 14:49 UTC 版)

中華人民共和国」の記事における「国名」の解説

現在の公式国名は中華人民共和国 (簡体字中国語: 中华人民共和国; 拼音: Zhōnghuá nmín Gònghéguó) 発音[ヘルプ/ファイル]である。一般に中国 (簡体字中国語: 中国; 拼音: Zhōngguó) 、あるいは中華 (簡体字中国語: 中华; 拼音: Zhōnghuá) と呼称される。 「中国」という言葉は、紀元前6世紀書経詩経で既に記述されており、中華帝国以前時代には華夏族四夷区別するため、文化的概念として頻繁に用いられた。その後中華帝国変遷と共に様々な古文書用いられる中国の意味変化して行ったが、近代的な主権国家全体名称として用いられるようになった19世紀半ばからである詳細は「中国」の項目参照のこと)。 中国同義用いられる支那は、帝国主義イメージ結びついて中華人民共和国では侮蔑的な呼称認識されているが、その原型が古くから印欧語族諸国用いられてきたために派生形多く残っている。たとえば英名の"China"は、サンスクリット語のCīna (चीन) を由来とするペルシア語Chīn (چین)が由来と考えられる。"China"という言葉は、ポルトガル探検家Duarte Barbosa日誌において1516年初め記録された1555年同日誌はイングランドにおいて翻訳及び出版された17世紀マルティノ・マルティニにより提唱され伝統的理論では、Cīnaは周において中国最西の国である"Qin" (秦) が由来である。また、naマハーバーラタ (紀元前5世紀) 及びマヌ法典 (紀元前2世紀) を含む初期のヒンドゥー教聖典において用いられていた。 「中国」の国名を巡っては、中華人民共和国前に中国大陸統治した中華民国との間で軋轢がある。1971年10月アルバニア決議以降中華人民共和国が「中国」の議席および関連する地位獲得し、「中国」は徐々に国際社会において中華人民共和国を指すようになったこの他、「日中関係」「駐華大使」のように「中」も「」も中華人民共和国略称として用いられている現状がある。台湾海峡挟んで「二つの中国」分断する現況から、中華人民共和国台湾地区対応する場合は「中国大陸」 と呼ばれることがある中華人民共和国政府台湾地区からは「大陸当局」「北京当局」、「北京」または「中共」 とも呼ばれる中華民国憲法では「大陸地区とされる

※この「国名」の解説は、「中華人民共和国」の解説の一部です。
「国名」を含む「中華人民共和国」の記事については、「中華人民共和国」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 02:13 UTC 版)

モンゴル国」の記事における「国名」の解説

正式名称は、モンゴル語キリル文字表記で Монгол Улс(モンゴル・オルス)、ラテン文字転写Mongol Uls。 日本語の表記モンゴル国通称モンゴル英語ではモンゴリア呼ばれるモンゴル語名「モンゴル・オルス(Монгол Улс)」の「モンゴル」は民族名で、「オルスウルス(Улс)」は「国」を意味する

※この「国名」の解説は、「モンゴル国」の解説の一部です。
「国名」を含む「モンゴル国」の記事については、「モンゴル国」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 07:27 UTC 版)

左右」の記事における「国名」の解説

イエメンアラビア語国名「アル・ヤマン」は「右」を意味するヤマン」に定冠詞冠するものであるメッカカアバ向かって立つと、顔は東を向き右手砂漠この地方が広がるしたがっメッカ以南の地は、すべて「右側」と呼ばれた。やがて時代経て、アル・ヤマンはイエメンだけ指すようになった

※この「国名」の解説は、「左右」の解説の一部です。
「国名」を含む「左右」の記事については、「左右」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 15:19 UTC 版)

渤海 (国)」の記事における「国名」の解説

金毓黻中国語版)は、「渤海」は「靺鞨」の近変音であると指摘している。また、武則天乞乞仲象を「震国公」に、乞四比羽を「許国公」に冊封した称号とを合わせて考えるべきという指摘があり、音韻学的には「許」「震」が「靺鞨の別称である「粛慎」の諧音中国語版)、すなわち、許震=粛慎同音異義語である可能性指摘されている。

※この「国名」の解説は、「渤海 (国)」の解説の一部です。
「国名」を含む「渤海 (国)」の記事については、「渤海 (国)」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 04:11 UTC 版)

キューバ」の記事における「国名」の解説

正式名称スペイン語República de Cuba通称Cubaクーバ)。 公式の英語表記Republic of Cuba通称Cubaキューバ)。 日本語の表記は、キューバ共和国通称キューバスペイン語原音に近い「クーバと呼ぶ人もいる。漢字による当て字は、玖馬、玖瑪、久場、古巴など。中華人民共和国においては「古巴(Gǔbā)」と表記している。 国名は、カリブ海最大の島であるキューバ島からきており、「中心地という意味インディオタイノ族)の言葉であるクバナカン が由来であるとされている

※この「国名」の解説は、「キューバ」の解説の一部です。
「国名」を含む「キューバ」の記事については、「キューバ」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 08:18 UTC 版)

スロベニア」の記事における「国名」の解説

正式な国号スロベニア語で Republika Slovenija (レプブリカ・スロヴェニヤ)。通称は Slovenija 。公式の英語表記Republic of Slovenia通称 Sloveniaスロベニア共和国政府による日本語の公式表記は「スロヴェニア共和国」。ただし日本の外務省による日本語の公式表記は、「スロベニア共和国」。通称スロベニア」。古くは斯洛文尼亜という漢字表記が用いられ事もあった。 語源について諸説ある。一つに、スロバキア同じくスラブ」(Slav)と同源であるとする説があり、両国名の類似の原因をこれに求め意見がある。「スラブ」は古スラブ語で「栄光」や「名声」を意味する sláva由来している。一方、「言葉」や「会話」を意味する slovo由来するとの説もある。9世紀頃のスラブ民族は、自らを「スロヴェーネ」(slověne:同じ言葉を話す=意思疎通出来人々)と呼んでいたとされる現代英語スロベニア人に対する総称デモニム)は Slovenian と Slovene であるが、後者上述の slověne由来する

※この「国名」の解説は、「スロベニア」の解説の一部です。
「国名」を含む「スロベニア」の記事については、「スロベニア」の概要を参照ください。


国名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 06:15 UTC 版)

スロベニア人・クロアチア人・セルビア人国」の記事における「国名」の解説

国名はセルビア語ではДржава Словенаца, Хрвата и Срба / Država Slovenaca, Hrvata i Srbaクロアチア語ではDržava Slovenaca, Hrvata i Srba国際音声記号は[dr̩ˈʒaʋa sloˈʋenaʦa xr̩ˈʋataɪ ˈsr̩ba])、スロベニア語ではDržava Slovencev, Hrvatov in Srbovである。 国名にあるセルビア人ボスニア・ヘルツェゴビナクロアチアスラヴォニアスレムを含む)、ダルマチアコトル湾バル付近モンテネグロ海岸までを含む)の住民指しセルビア王国今日マケドニア共和国領を含む)、モンテネグロ王国、バナト・バチュカおよびバラニャ英語版)(歴史的ヴォイヴォディナのうちバナトバチュカバラニャ英語版)を含む。スレムスロベニア人・クロアチア人・セルビア人国一部となった)の住民指さなかった。

※この「国名」の解説は、「スロベニア人・クロアチア人・セルビア人国」の解説の一部です。
「国名」を含む「スロベニア人・クロアチア人・セルビア人国」の記事については、「スロベニア人・クロアチア人・セルビア人国」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「国名」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

国名

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 11:53 UTC 版)

名詞

こくめい

  1. 名前

関連語




国名と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「国名」に関係したコラム

  • FXのJPYやUSDの意味は

    FX(外国為替証拠金取引)の通貨ペアで使われているJPYやUSDには次のような意味があります。例えばJPYの場合は「JP」が日本の国名コードでISO 3166-1-alpha-2によって定められていま...

  • CFDの取引で配当金を受け取るには

    CFDの取引で配当金を受け取るには、株式取引で買い建てをした場合です。もちろん、保有銘柄が株主配当を行っている場合に限ります。配当金は、権利確定日の取引終了日に買い建玉を保有していることが条件になりま...

  • 海外のFX業者一覧

    海外のFX業者とは、日本に現地法人を設立していないFX業者のことです。海外のFX業者と日本国内のFX業者との大きな違いは、日本国内の法律が適用されるかどうかです。日本国内のFX業者の場合は「金融商品取...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のダウンロードとインストールの方法

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)は、口座を開設したFX業者、あるいは、MT4の開発元のMetaQuotesSoftwareのWebサイトからダウンロー...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国名」の関連用語

1
98% |||||

2
98% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国名のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの身代わり伯爵シリーズ (改訂履歴)、コーチシナ共和国 (改訂履歴)、メキシコ (曖昧さ回避) (改訂履歴)、讃岐国 (改訂履歴)、蜀 (曖昧さ回避) (改訂履歴)、国家平和発展評議会 (改訂履歴)、アフガニスタン・イスラム共和国 (改訂履歴)、ダゲスタン共和国 (改訂履歴)、江南 (改訂履歴)、ユーゴスラビア (改訂履歴)、サハラ・アラブ民主共和国 (改訂履歴)、金 (曖昧さ回避) (改訂履歴)、ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦 (改訂履歴)、イエメン王国 (改訂履歴)、ルーシ (改訂履歴)、百済 (改訂履歴)、中華民国 (1912年-1949年) (改訂履歴)、コルドバ (改訂履歴)、キャンディ王国 (改訂履歴)、セルビア・モンテネグロ (改訂履歴)、プロイセン王国 (改訂履歴)、北オセチア共和国 (改訂履歴)、衛氏朝鮮 (改訂履歴)、大韓帝国 (改訂履歴)、中華民国 (改訂履歴)、リヒテンシュタイン (改訂履歴)、満洲国 (改訂履歴)、北マケドニア (改訂履歴)、レソト (改訂履歴)、イングーシ共和国 (改訂履歴)、ベトナム (改訂履歴)、チェコスロバキア (改訂履歴)、ラオス (改訂履歴)、ソマリランド (曖昧さ回避) (改訂履歴)、中華人民共和国 (改訂履歴)、モンゴル国 (改訂履歴)、左右 (改訂履歴)、渤海 (国) (改訂履歴)、キューバ (改訂履歴)、スロベニア (改訂履歴)、スロベニア人・クロアチア人・セルビア人国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの国名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS