姻戚関係とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 人口統計学辞書 > 姻戚関係の意味・解説 

姻戚関係

血統 1を通じて同じ祖先 2共有する人々血族 3あるいは遺伝学的親族 3という。親族 3そして集団的意味での血族関係集団 3という表現行われている。親等 4とは、一般に各々共通の祖先までの世代数を合計して算出する親族関係親疎の程度を測る単位であるが、しかしほかにも測り方については多くの方法がある。これらの続柄関係の中で基本的関係は子から親への関係 5(112-6*と112-7*を参照)であり、これは親から子への関係 6(112-2*参照)の対比語である。別の言葉でいえば、両親、そして父あるいは母の子 7あるいは子孫 7に対する関係である。血縁関係は姻戚関係 8、すなわち結婚によって相手配偶者属している別の親族との間に生じ新しい関係とは区別する必要がある


姻戚関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 20:00 UTC 版)

保阪潤治」の記事における「姻戚関係」の解説

上述たように、保阪家は高田藩榊原家藩政上でしばしば関係を築いていたが、それに加えて潤治の母・サクは、直江津廻船問屋の娘として生まれ当初は最後の高田藩主・榊原政敬側室であったところ、榊原家東京移住時に室孝次郎養女となり改め貞吉嫁いだ経緯がある。そのため榊原家と保阪家は親戚とされることがある。 潤治の妻は、新潟県内最大の地主市島徳治郎三女ツマで、前島密結婚仲人務めている。 潤治の三男・隣三郎の妻は、秋田県馬主衆議院議員務めた土田荘助長女ハルである。

※この「姻戚関係」の解説は、「保阪潤治」の解説の一部です。
「姻戚関係」を含む「保阪潤治」の記事については、「保阪潤治」の概要を参照ください。


姻戚関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 07:54 UTC 版)

大原総一郎」の記事における「姻戚関係」の解説

夫人侯爵野津鎮之助末弘ヒロ子次女・真佐子(旧薩摩藩士・侯爵野津道貫福岡県小倉市長・末弘直方孫娘)。長女麗子大原れいこ)はテレビプロデューサーで、犬養健長男犬養毅の孫)犬養康彦嫁ぐ次女泰子正田英三郎次男上皇后美智子の弟)正田修嫁ぐ

※この「姻戚関係」の解説は、「大原総一郎」の解説の一部です。
「姻戚関係」を含む「大原総一郎」の記事については、「大原総一郎」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「姻戚関係」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「姻戚関係」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「姻戚関係」の関連用語

姻戚関係のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



姻戚関係のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの保阪潤治 (改訂履歴)、大原総一郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS