血縁とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 関係 > 血縁の意味・解説 

けち‐えん【血縁】

読み方:けちえん

けつえん(血縁)」に同じ。

なまめかしきうちしも、—に思はむぞ、あやしき心なるや」〈堤・虫めづる姫君


けつ‐えん【血縁】

読み方:けつえん

血のつながりのある間柄血すじまた、血のつながっている親族血族けちえん。「—をたどる」→地縁

[補説] 書名別項。→血縁


けつえん【血縁】

読み方:けつえん

木村荘十小説昭和7年(1932)刊。第11回サンデー毎日大衆文芸受賞


血縁

作者黒島傳治

収載図書定本黒島傳治全集 第3巻 小説 3
出版社勉誠出版
刊行年月2001.7


血縁

作者牧洋

収載図書近代朝鮮文学日本語作品集19391945 創作篇 5
出版社緑蔭書房
刊行年月2001.12


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 07:39 UTC 版)

血縁(けつえん)とは、共通の祖先を有している関係、あるいは有しているものと信じられている関係を指す。


  1. ^ 藤井(2007)
  2. ^ a b 『南アジアを知る事典』(1992)


「血縁」の続きの解説一覧

血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 06:58 UTC 版)

源静香」の記事における「血縁」の解説

両親の名前は不明だが、表札に「源義雄」と父親の名前が書かれていたことがあるアニメでは、父親の顔や形が統一されていなかった時期がある。母親原作ではやや太っていて目も小さく、あまり美人とは言い難い容姿だが、アニメではしずかをそのまま成長させたような姿をしている。外伝作品ではあるが、『ザ・ドラえもんズ スペシャル』では両親20年前のエピソード描かれている。若い頃のしずかの母はしずかと瓜二つで、さらにはバイオリン腕前は娘とは対照的にコンクール優勝するほどであった語られていた。 親戚には、美術評論家おじさんのび太一目惚れするほど美少女従姉妹鉄道ファン北海道に住むいとこがいる。アニメ版エピソードこうもりキャップでも、ユリちゃん」と呼ばれた従姉妹登場したまた、原作では「ヨっちゃん」と呼ばれた従弟登場している。 血縁関係不明だが、戦国時代領主の家に「おしず」という人物奉公していた。 野比家 源家 のび助 玉子 義雄のび太 静香 ノビスケ ゆかり のび太静香の孫 セワシの父 セワシの母 セワシ

※この「血縁」の解説は、「源静香」の解説の一部です。
「血縁」を含む「源静香」の記事については、「源静香」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 05:30 UTC 版)

エドムンド・ランドルト」の記事における「血縁」の解説

妻はValerie Hübscherである。息子2人おり、Fernand Landolt咽頭科医、Marc Landolt眼科医になっている

※この「血縁」の解説は、「エドムンド・ランドルト」の解説の一部です。
「血縁」を含む「エドムンド・ランドルト」の記事については、「エドムンド・ランドルト」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 09:52 UTC 版)

ディミトリ・バスク」の記事における「血縁」の解説

1997年アテネ世界選手権男子400mハードル金メダリストステファン・ディアガナ2003年パリ世界選手権男子400m銀メダリストマルク・ラキーユ従兄弟にあたる

※この「血縁」の解説は、「ディミトリ・バスク」の解説の一部です。
「血縁」を含む「ディミトリ・バスク」の記事については、「ディミトリ・バスク」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 23:00 UTC 版)

朝香孚彦」の記事における「血縁」の解説

父母朝香宮鳩彦王 - 允子内親王 兄弟紀久子女王 - 孚彦王 - 正彦王 - 湛子女王 妻:千賀子伯爵藤堂高紹の5女、1921年 - 1952年)第1王女鈴木久子1941年 - 2009年) 第1王子誠彦王1943年 - )子に明彦 (1972年11月7日 - ) がいる。 第2王女坂本美仍子(1945年 - ) 明治天皇(1852-1912)在位1867-1912 大正天皇(1879-1926)在位1912-1926 竹田宮恒久王(1882-1919) 昌子内親王(1888-1940) 北白川宮成久王(1887-1923) 房子内親王(1890-1974) 朝香宮鳩彦王(1887-1981) 允子内親王(1891-1933) 東久邇宮稔彦王(1887-1990) 聡子内親王(1896-1978) 昭和天皇(1901-1989)在位1926-1989 昭和天皇(1901-1989)在位1926-1989 竹田恒徳(1909-1992) 永久王(1910-1940) 朝香孚彦(1912-1994) 盛厚王(1916-1969) 成子内親王(1925-1961) 上皇明仁)(1933-)在位1989-2019 竹田恒正(1940-) 北白川道久(1937-2018) 朝香誠彦(1943-) 東久邇信彦(1945-2019) 今上天皇徳仁)(1960-)在位2019- 竹田家 (男系断絶) 朝香家久邇

※この「血縁」の解説は、「朝香孚彦」の解説の一部です。
「血縁」を含む「朝香孚彦」の記事については、「朝香孚彦」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 19:23 UTC 版)

東伏見宮依仁親王」の記事における「血縁」の解説

父母伏見宮邦家親王 - 妃鷹司景子 - (実母女房伊丹吉子 兄弟晃親王 - 嘉言親王 - 譲仁親王 - 朝彦親王 - 男子 - 貞教親王 - 男子 - 彰仁親王 - 能久親王 - 男子 - 男子 - 博経親王 - 智成親王 - 貞愛親王 - 清棲家教 - 載仁親王 - 依仁親王女子省略) 妻:山内八重子侯爵山内豊信三女。のち離婚し秋元興朝継室後妻岩倉周子公爵岩倉具定長女久邇宮邦彦王第三王子邦英王は、1919年大正8年)より東伏見宮邸で養育され親王薨去際は御沙汰によって葬儀喪主務めていた。事実上邦英王は、養子に近い存在であったといえるその後東伏見宮祭祀受継ぎ、東伏見家名賜り臣籍降下し、伯爵東伏見邦英となる。邦英王後に京都青蓮院門跡門主となり、東伏見慈洽号した

※この「血縁」の解説は、「東伏見宮依仁親王」の解説の一部です。
「血縁」を含む「東伏見宮依仁親王」の記事については、「東伏見宮依仁親王」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 13:42 UTC 版)

久邇宮邦彦王」の記事における「血縁」の解説

薩摩藩最後の藩主だった島津忠義公爵八女俔子結婚し3男3女をもうける。第一王女良子女王昭和天皇皇后となったことから邦彦王明仁上皇母方の祖父に当たる。 父:久邇宮朝彦親王 母:泉万喜子兄弟男子 - 邦憲王 - 邦彦王 - 守正王 - 多嘉王 - 暢王 - 男子 - 鳩彦王 - 稔彦王 姉妹女子 - 智当宮 - 栄子女王 - 安子女王 - 飛呂子女王 - 絢子女王 - 素子女王 - 懐子女王 - 篶子女王 - 純子女王 妻:島津俔子第1王子朝融王 (19011959)→ 第3久邇宮朝融王 第2王子邦久王 (1902–1935)→ 久邇邦久侯爵 第1王女良子女王 (1903–2000)→ 香淳皇后昭和天皇后) 第2王女信子女王 (19041945)→ 三条西信子三条西正伯爵室) 第3王女智子女王 (1906–1989)→ 大谷智子真宗大谷派東本願寺24世法大谷光暢伯爵室) 第3王子邦英王 (1910–2014)→ 東伏見邦英伯爵天台宗青蓮院門跡48門主 明仁系譜 16. 121天皇孝明天皇 8. 122天皇明治天皇 17. 中山慶子 4. 123天皇大正天皇 18. 柳原光愛 9. 柳原愛子 19. 長谷川歌野 2. 124天皇昭和天皇 20. 九条尚忠 10. 九条道孝 21. 菅山 5. 九条節子 22. 野間頼興 11. 野間幾子 1. 125天皇明仁 24. 伏見宮邦家親王 12. 久邇宮朝彦親王 25. 鳥居小路信子 6. 久邇宮邦彦王 26. 泉亭俊益 13. 泉萬喜子 3. 久邇宮良子女王 28. 島津久光島津斉興五男) 14. 島津忠義 29. 島津千百子 7. 島津俔子 30. 山崎拾 15. 山崎寿満子

※この「血縁」の解説は、「久邇宮邦彦王」の解説の一部です。
「血縁」を含む「久邇宮邦彦王」の記事については、「久邇宮邦彦王」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 04:19 UTC 版)

伏見博英」の記事における「血縁」の解説

父:伏見宮博恭王 母:徳川経子公爵徳川慶喜九女) 兄弟博義王 - 恭子女王 - 博忠王 - 博信王 - 敦子女王 - 知子女王 - 博英王 養子:博孝(兄・博信王次男) 妻:柳沢豊子(1916年 - 1939年伯爵柳沢保承三女)子:元子堂本泰三夫人) 子:誓寬(俗名和子京都得浄明院住職) 子:順子夭折後妻黒田定子男爵黒田長和長女)子:佳子伏見和夫夫人。夫・和夫義兄・博孝の養嗣子となり、伏見家を相続)孫:毛利文孝(旧豊後国佐伯藩主家毛利氏第15代当主再従姉香淳皇后

※この「血縁」の解説は、「伏見博英」の解説の一部です。
「血縁」を含む「伏見博英」の記事については、「伏見博英」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:40 UTC 版)

立花美年子」の記事における「血縁」の解説

父母北白川宮成久王 - 妃房子内親王 兄弟永久王 - 立花美年子 - 東園佐和子 - 徳川多恵子 夫・種勝と間に2男1女がいる。

※この「血縁」の解説は、「立花美年子」の解説の一部です。
「血縁」を含む「立花美年子」の記事については、「立花美年子」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:40 UTC 版)

朝融王妃知子女王」の記事における「血縁」の解説

父:伏見宮博恭王 母:徳川経子徳川慶喜9女) 兄弟博義王 - 恭子女王 - 博忠王 - 博信王 - 敦子女王 - 知子女王 - 博英王 夫:久邇宮朝融王 子:第1王女正子女王1926年 - ) - 龍田徳彦伯爵降嫁。後離婚第2王女朝子女王1927年 - 1964年) - 島津齊視男爵結婚。 第1王子邦昭王1929年 - ) 第3王女通子女王1933年 - ) - 酒井省吾結婚第4王女英子女王1937年 - ) - 木下雄三結婚第2王子:朝建王1940年 - ) - 西村俊一長女櫻子結婚。 第5王女典子女王1941年 - ) - 古河潤之助男爵結婚第3王子:朝宏王(1944年 - ) - 宮澤吉弘長女澄子結婚

※この「血縁」の解説は、「朝融王妃知子女王」の解説の一部です。
「血縁」を含む「朝融王妃知子女王」の記事については、「朝融王妃知子女王」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 04:17 UTC 版)

山階芳麿」の記事における「血縁」の解説

父:山階宮菊麿王 母:実母:範子、継母常子 兄弟:(同母武彦王 - 芳麿 - 安子 - (異母弟藤麿 - 麿 - 茂麿 寿賀子夫人との間に子供無く侯爵浅野長武と妹:安子次男(芳麿からすれば甥)の山階芳正を養子迎えた鳥類学者黒田長久義理従兄弟にあたる

※この「血縁」の解説は、「山階芳麿」の解説の一部です。
「血縁」を含む「山階芳麿」の記事については、「山階芳麿」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:39 UTC 版)

恒憲王妃敏子」の記事における「血縁」の解説

夫:賀陽宮恒憲王 子:第1王子邦寿王1922年 - 1986年) - 賀陽政治経済研究所長。 第1王女美智子女王1923年 - 2009年) - 徳大寺斉定降嫁後に離婚第2王子治憲王1926年 - 2011年) - 外務省国連局長、在イスラエル・デンマーク・ブラジル大使交流協会顧問第3王子章憲王1929年 - 1994年) - 第一勧業銀行第4王子文憲王1931年 - 2021年) - 髙島屋勤務。 第5王子宗憲王1935年 - 2017年) - 味の素勤務大日本居合道連盟会長。 第6王子健憲王1942年 - 2017年

※この「血縁」の解説は、「恒憲王妃敏子」の解説の一部です。
「血縁」を含む「恒憲王妃敏子」の記事については、「恒憲王妃敏子」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 09:00 UTC 版)

ボードゥアン7世 (フランドル伯)」の記事における「血縁」の解説

フランドル伯ロベール2世とクレマンス・ド・ブルゴーニュの息子である。母方叔父ローマ教皇カリストゥス2世カスティーリャ王ライムンド・デ・ボルゴーニャがおり、ライムンド息子カスティーリャ王アルフォンソ7世をはじめサヴォイア伯アメデーオ3世モンフェラート侯グリエルモ5世従兄弟にあたる

※この「血縁」の解説は、「ボードゥアン7世 (フランドル伯)」の解説の一部です。
「血縁」を含む「ボードゥアン7世 (フランドル伯)」の記事については、「ボードゥアン7世 (フランドル伯)」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 04:18 UTC 版)

博義王」の記事における「血縁」の解説

父:伏見宮博恭王 母:徳川経子徳川慶喜9女) 兄弟博義王 - 恭子女王 - 博忠王 - 博信王 - 敦子女王 - 知子女王 - 博英王 妻:一条朝子公爵一条実輝子女) 子:第1王女光子女王(みつこじょおう1929年7月28日 - 1987年) - 尾崎行良と結婚 第1王子伏見宮博明王(ひろあきおう、1932年1月26日 - ) 第2王女令子女王(よしこじょおう1933年2月14日 - 1937年10月25日第3王女章子女王(あやこじょおう1934年2月11日 - ) - 草刈廣と結婚 第125代天皇明仁再従甥香淳皇后再従妹高松宮妃喜久子従妹にあたる

※この「血縁」の解説は、「博義王」の解説の一部です。
「血縁」を含む「博義王」の記事については、「博義王」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 09:48 UTC 版)

賀陽治憲」の記事における「血縁」の解説

父:賀陽宮恒憲王 母:恒憲王妃敏子 兄弟邦寿王 - 美智子女王 - 治憲王 - 章憲王 - 文憲王 - 宗憲王 - 健憲王 妻:松田朝子松田正之男爵有馬頼萬三男)の一女。母は蜂須賀正韶二女笛子

※この「血縁」の解説は、「賀陽治憲」の解説の一部です。
「血縁」を含む「賀陽治憲」の記事については、「賀陽治憲」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/31 14:46 UTC 版)

アドナン・カショギ」の記事における「血縁」の解説

1997年ダイアナ妃と共にパリで事故死したドディ・アルファイドは甥にあたるまた、2018年トルコサウジアラビア総領事館内で殺害されたジャーナリストジャマル・カショギ父系親族にあたる

※この「血縁」の解説は、「アドナン・カショギ」の解説の一部です。
「血縁」を含む「アドナン・カショギ」の記事については、「アドナン・カショギ」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 08:47 UTC 版)

中野栄治」の記事における「血縁」の解説

父は地方大井ヤシマナシヨナルなどを管理し宮浦正行育てた調教師中野要。1968年1969年韓国開かれたアジア国際親善競馬には騎手として参加し1969年にはメイン大統領杯優勝朴正煕大統領から賞を授与された。1969年5月26日付の『京郷新聞』には写真付き結果報じられ現役時代変わらない騎乗ぶりで逃げ切った記されている。要は中野2歳時に中津から大井移籍しているが、日本統治時代京城でも騎乗していたとされ、競馬における日韓交流架け橋的な存在であった息子調教助手で、「サークル内でも高身長かなりのイケメンと言われている。 従兄に元大井騎手で、現在は大衆演劇劇団一座俳優である下川勝彦現在の芸名水城新吾)。

※この「血縁」の解説は、「中野栄治」の解説の一部です。
「血縁」を含む「中野栄治」の記事については、「中野栄治」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 16:22 UTC 版)

久邇宮朝彦親王」の記事における「血縁」の解説

朝彦親王は父の邦家親王と同様相当な精力家であり[独自研究?]、若年時には神社巫女孕ませるなどの逸話を持つ[要出典]。還俗してからも子を多く作った両親 父:伏見宮邦家親王 母:(正妻)妃鷹司景子 - (実母女房鳥居小路信子 兄弟女子省略山階宮晃親王 聖護院宮嘉言親王 曼殊院宮譲仁入道親王 久邇宮朝彦親王 伏見宮貞教親王 小松宮彰仁親王 北白川宮能久親王 華頂宮博経親王 北白川宮智成親王 伏見宮貞愛親王 清棲家教 閑院宮載仁親王 東伏見宮依仁親王 妻子 女泉亭靜枝第1王女:智當宮(ちとのみや、諡は眞實行院、1864年 - 1866年) 第1王子武智宮(むちのみや、諡は淨寶珠院1865年2月 - 12月第2王子賀陽宮邦憲王1867年 - 1909年 初代賀陽宮) 第5王子多嘉王1875年 - 1937年) 第6王子:暢王(のぶおう、1877年 - 1878年女房泉萬喜子第2王女栄子女王(さかこ、子爵東園基愛夫人1868年 - 1949年第3王女安喜子女王(あきこ、侯爵池田詮政夫人1870年 - 1920年第4王女飛呂子女王(ひろこじょおう1871年 - 1889年) 第5王女絢子女王(あやこ、子爵竹内惟忠夫人1872年 - 1946年第3王子久邇宮邦彦王1873年 - 1929年 第2代久邇宮 第125代天皇明仁外祖父) 第6王女素子女王(もとこ、子爵仙石政敬夫人1877年 - 1918年) 第7王女懐子女王(やすこじょおう1879年 - 1880年) 第8王女:篶子女王(すずこ、伯爵壬生基義夫人1879年 - 1947年) 第7王子:(1882年女房原田光枝子第4王子梨本宮守正王1874年 - 1951年 第3梨本宮女房寺尾宇多子第9王女純子女王(あつこ、子爵織田秀實夫人1885年 - 1912年第9王子東久邇宮稔彦王1887年 - 1990年 初代東久邇宮女房角田須賀子第8王子朝香宮鳩彦王1887年 - 1981年 初代朝香宮

※この「血縁」の解説は、「久邇宮朝彦親王」の解説の一部です。
「血縁」を含む「久邇宮朝彦親王」の記事については、「久邇宮朝彦親王」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/14 03:50 UTC 版)

ヘンリー・パーシー (第4代ノーサンバランド伯)」の記事における「血縁」の解説

父の従兄弟姉妹には、エドワード4世ブルゴーニュ公マーガレットクラレンス公ジョージリチャード3世といったヨーク派主導者多数いたが、父はランカスター派忠誠誓っていた。 パーシー自身のになるとエリザベス・オブ・ヨークエドワード5世リチャード・オブ・シュルーズベリーリール副伯アーサーエドワード4世庶子)、マーガレット・ポールウォリック伯エドワードエドワード・オブ・ミドルハムらのヨーク朝王位に近い面々が「又従兄弟姉妹」となる。彼は父と道をたがえて、パーシー家唯一ヨーク派与することになる。 ちなみに王族ではないがバッキンガム公ヘンリー・スタフォードとも又従兄弟にあたり1490年スタフォード息子エドワードパーシーの娘エレノア結婚している。ただし、スタフォードパーシーは既に死亡している。

※この「血縁」の解説は、「ヘンリー・パーシー (第4代ノーサンバランド伯)」の解説の一部です。
「血縁」を含む「ヘンリー・パーシー (第4代ノーサンバランド伯)」の記事については、「ヘンリー・パーシー (第4代ノーサンバランド伯)」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 05:50 UTC 版)

藤島正健」の記事における「血縁」の解説

母・藤島茂登子は、矢嶋直明・鶴子夫妻長女で、妹に横井つせ子(横井小楠の妻)・徳富久子徳富一敬の妻)・竹崎順子矢嶋楫子がいた。したがって、藤島正健徳富蘇峰徳冨蘆花兄弟とは、母方従兄弟同士であった酒田正敏坂野潤治他編『徳富蘇峰関係文書山川出版社近代日本史選書7-21985年刊には、神奈川県二宮町徳富蘇峰記念館が所蔵する徳富蘇峰藤島正健書簡83通が収録されている。 長女雪子佐佐木信綱嫁いだ従っ佐佐木治綱外孫佐佐木幸綱曾孫ということになる。

※この「血縁」の解説は、「藤島正健」の解説の一部です。
「血縁」を含む「藤島正健」の記事については、「藤島正健」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/12 14:54 UTC 版)

ユスタ・グラタ・ホノリア」の記事における「血縁」の解説

父はコンスタンティウス3世、母は西ローマ帝国最初の皇帝ホノリウス異母妹ガッラ・プラキディア異父兄テオドシウス夭折。父は西ゴート王・アタウルフ)、同父母弟に西ローマ皇帝ウァレンティニアヌス3世がいる。故にホノリウスホノリア伯父にあたる母方の祖父母は、テオドシウス1世ガッラウァレンティニアヌス1世の娘)。つまり、ホノリアウァレンティニアヌス1世曾孫である。 ローマ皇帝であるグラティアヌスウァレンティニアヌス2世ホノリア祖母ガッラ兄達である(グラティアヌス異母兄ウァレンティニアヌス2世同母兄)。

※この「血縁」の解説は、「ユスタ・グラタ・ホノリア」の解説の一部です。
「血縁」を含む「ユスタ・グラタ・ホノリア」の記事については、「ユスタ・グラタ・ホノリア」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 00:00 UTC 版)

吉田牧場 (北海道)」の記事における「血縁」の解説

日本最大競走馬管理組織社台グループ経営する吉田一族と縁戚である。グループ創業者吉田善哉祖父吉田善太郎権太郎の兄に当たり善太郎吉田牧場創業に際して権太郎支援した善太郎息子善助善哉の父)が社台牧場創業したことは、権太郎影響強かったとされる。また「エーシン」(栄進堂所有馬名義競走馬多数供給しているアメリカのウィンチェスターファームは、重雄の実子である吉田直哉創業したものである

※この「血縁」の解説は、「吉田牧場 (北海道)」の解説の一部です。
「血縁」を含む「吉田牧場 (北海道)」の記事については、「吉田牧場 (北海道)」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/23 14:46 UTC 版)

山辺皇女」の記事における「血縁」の解説

父:天智天皇 母:蘇我常陸娘(父:蘇我赤兄) 夫:大津皇子粟津王 子粟津王は豊原氏のとされるが、その系図には矛盾点多く信憑性は薄いとの見方有力である。

※この「血縁」の解説は、「山辺皇女」の解説の一部です。
「血縁」を含む「山辺皇女」の記事については、「山辺皇女」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 02:53 UTC 版)

石川嘉延」の記事における「血縁」の解説

政治家である片山虎之助は、東京大学、および、自治省での先輩にあたる石川三重県庁出向した当時片山課長職として三重県庁出向していた。また、石川三重県庁出向中に片山義妹片山妻の妹)と結婚した

※この「血縁」の解説は、「石川嘉延」の解説の一部です。
「血縁」を含む「石川嘉延」の記事については、「石川嘉延」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/23 01:06 UTC 版)

小宅女王」の記事における「血縁」の解説

父:三原王天武天皇の孫) 母:不明 兄弟姉妹和気王丹波王、山口王長津王小倉王石浦王弓削女王 表 話 編 歴 斎宮大来皇女 託基皇女 泉皇女 田形皇女 多紀内親王 智努女王 円方女王 久勢女王 井上内親王女王 小宅女王 安倍内親王 酒人内親王 浄庭女王 朝原内親王 布勢内親王 大原内親王 仁子内親王 氏子内親王 宜子女王 久子内親王 晏子内親王 恬子内親王 識子内親王 掲子内親王 繁子内親王 元子女王 柔子内親王 雅子内親王 斉子内親王 徽子女王 英子内親王 悦子女王 楽子内親王 輔子内親王 隆子女王 規子内親王 済子女王 恭子女王 当子内親王 嫥子女王 良子内親王 嘉子内親王 敬子女王 俊子内親王 淳子女王 媞子内親王 善子内親王 恂子内親王 守子女王 妍子内親王 喜子内親王 亮子内親王 好子内親王 休子内親王 惇子内親王 功子内親王 潔子内親王 粛子内親王 凞子内親王 利子内親王 昱子内親王 曦子内親王 愷子内親王 弉子内親王 懽子内親王 祥子内親王 この項目は、日本の歴史関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:日本/P:歴史/P:歴史学/PJ日本史)。

※この「血縁」の解説は、「小宅女王」の解説の一部です。
「血縁」を含む「小宅女王」の記事については、「小宅女王」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 23:48 UTC 版)

劉禅」の記事における「血縁」の解説

兄弟 劉永甘陵王) 母は不明 劉理安平王) 母は不明 劉封劉備養子、副軍将軍) その他、数人の兄や2人姉妹がいた。 妻 敬哀皇后(姓は張氏、張飛長女張皇后張飛次女王貴人敬哀皇后侍女劉璿の母) 李昭儀中国語版) 子 劉璿 皇太子237年)、264年死去 劉瑤 安定王237年劉琮 西河王(252年)、262年死去 劉瓚 新平王(256年劉諶 北地王(259年)、263年死去 劉恂 新興王(259年)、晋の安楽公271年)、永嘉の乱死亡? 劉璩 上党王(259年この他何人か女子がおり、一人諸葛亮の子諸葛瞻嫁ぎ一人費禕の子の費恭に嫁ぎもう一人関興の子関統嫁いだ従孫 劉玄劉永の孫)

※この「血縁」の解説は、「劉禅」の解説の一部です。
「血縁」を含む「劉禅」の記事については、「劉禅」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 01:42 UTC 版)

葛城茂麿」の記事における「血縁」の解説

父:山階宮菊麿王 母:常子 兄弟:(異母武彦王 - 芳麿 - 安子 - (同母藤麿 - 麿 - 茂麿 妻:敏子細川護立長女死別中島昭吉中島知久平甥)と再婚長男:茂久(1934年9月7日-2000年4月14日) 二男:茂敬(1936-)子に宏彦(1971-)がいる。 長女由子(1940年3月24日-1949年3月6日) 二女伸子(1941-)

※この「血縁」の解説は、「葛城茂麿」の解説の一部です。
「血縁」を含む「葛城茂麿」の記事については、「葛城茂麿」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 09:29 UTC 版)

賀陽宮恒憲王」の記事における「血縁」の解説

父:賀陽宮邦憲王 母:邦憲王妃好子 兄弟由紀子女王 - 恒憲王 - 佐紀子女王 妻:九条敏子九条道実の5女) 子:第1王子邦寿王1922年 - 1986年) - 陸士55期。賀陽政治経済研究所長。 第1王女美智子女王1923年 - 2009年) - 徳大寺斉定降嫁後に離婚第2王子治憲王1926年 - 2011年) - 海兵75期外務省国連局長、在イスラエル・デンマーク・ブラジル大使外務省研修所長、交流協会顧問第3王子章憲王1929年 - 1994年)- 第一勧業銀行勤務第4王子文憲王1931年 - 2021年) - 髙島屋勤務。 第5王子宗憲王1935年 - 2017年) - 味の素勤務大日本居合道連盟会長。 第6王子健憲王1942年 - 2017年) - 日本交通公社勤務第3王子章憲王の子である賀陽正憲第126代天皇徳仁学友であり、民間企業勤務の後国家公務員となった

※この「血縁」の解説は、「賀陽宮恒憲王」の解説の一部です。
「血縁」を含む「賀陽宮恒憲王」の記事については、「賀陽宮恒憲王」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 14:53 UTC 版)

矢崎光圀」の記事における「血縁」の解説

俳優矢崎滋は、矢崎光圀の甥である。両人の顔は瓜二つであったといわれる

※この「血縁」の解説は、「矢崎光圀」の解説の一部です。
「血縁」を含む「矢崎光圀」の記事については、「矢崎光圀」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 19:37 UTC 版)

久邇邦昭」の記事における「血縁」の解説

祖父久邇宮邦彦王伏見宮博恭王であり、曽祖父には徳川慶喜伏見宮貞愛親王久邇宮朝彦親王島津忠義がいる。香淳皇后叔母第125代天皇明仁上皇)は従弟第126代天皇徳仁今上天皇)は従甥にあたる。娘の久邇晃子は、かつて今上の妃候補一人に挙げられたこともある。今上と晃子は再従兄弟にあたる。 父:久邇宮朝融王 母:朝融王妃知子女王 兄弟正子 - 朝子 - 邦昭 - 通子 - 英子 - 朝建- 典子 - 朝宏 妻:弘世正子(ひろせただこ、弘世現の3女) 子女:朝尊(1959年 - ) - 伊勢神宮大宮司(2022年7月5日 - )、元メタルワン監査役 邦晴(1961年 - ) 晃子(1963年 - ) - 学習院大学文学部卒業後東京大学医学部経て精神科医となる

※この「血縁」の解説は、「久邇邦昭」の解説の一部です。
「血縁」を含む「久邇邦昭」の記事については、「久邇邦昭」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 14:48 UTC 版)

山階宮菊麿王」の記事における「血縁」の解説

菊麿王公爵九条道孝の娘・範子を妃としたが、彼女が1901年明治34年)に薨去すると、後に島津忠義の娘常子再婚する。範子妃との間に二男一女がおり、常子妃との間に三男第一王子武彦王は山階宮継承し第二王子芳麿王第三王子藤麿王第四王子萩麿王第五王子茂麿王それぞれ山階筑波鹿島葛城の姓を賜り臣籍降下した。また、王女安子女王侯爵浅野長武降嫁する。 父:山階宮晃親王 母:中条千枝子 妻:前妻九条範子、後妻島津常子 子:(前妻武彦王 - 芳麿王 - 安子女王 - (後妻藤麿王 - 萩麿王 - 茂麿王

※この「血縁」の解説は、「山階宮菊麿王」の解説の一部です。
「血縁」を含む「山階宮菊麿王」の記事については、「山階宮菊麿王」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 14:24 UTC 版)

大島貞薫」の記事における「血縁」の解説

父:貞利(小出氏家臣大島家当主本人大島貞薫 妻:教子長男:貞敏(大村益次郎江戸在中時代門下生後に大阪控訴院検事長関西大学創立関与次男:貞恭(別名に恭次郎、恭二郎父と共に勤めた京都兵学校では教授助役原田一道にも学ぶ。後に陸軍少将三男:貞益(別名に益三郎保護貿易論者の経済学者で「日本のリスト」と呼ばれた) 弟:黒沢貞備(新左右衛門黒沢家養子行き文久二年の文久遣欧使節では主君京極高郎(能登守)に同行してヨーロッパ視察

※この「血縁」の解説は、「大島貞薫」の解説の一部です。
「血縁」を含む「大島貞薫」の記事については、「大島貞薫」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 16:37 UTC 版)

華頂宮博経親王」の記事における「血縁」の解説

親王伯爵南部利剛長女郁子を妃とし、博厚親王儲ける。 父母伏見宮邦家親王 - 妃鷹司景子 - (実母堀内信兄弟晃親王 - 嘉言親王 - 譲仁親王 - 朝彦親王 - 男子 - 貞教親王 - 男子 - 彰仁親王 - 能久親王 - 男子 - 男子 - 博経親王 - 智成親王 - 貞愛親王 - 清棲家教 - 載仁親王 - 依仁親王女子省略) 妻:南部郁子 子:第一王子華頂宮博厚親王(母:妃郁子

※この「血縁」の解説は、「華頂宮博経親王」の解説の一部です。
「血縁」を含む「華頂宮博経親王」の記事については、「華頂宮博経親王」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 18:52 UTC 版)

木下英子」の記事における「血縁」の解説

父:久邇宮朝融王 母:朝融王妃知子女王 兄弟正子女王 - 朝子女王 - 邦昭王 - 通子女王 - 英子女王 - 久邇朝建 - 典子女王 - 朝宏王 夫:木下雄三 叔母香淳皇后 従兄明仁 従甥今上天皇 この項目は、まだ閲覧者調べものの参照としては役立たない人物関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:人物伝/PJ:人物伝)。 英子女王 (久邇宮)に関するカテゴリ: 日本の女王 (皇族) 久邇宮 戦前日本女性皇族

※この「血縁」の解説は、「木下英子」の解説の一部です。
「血縁」を含む「木下英子」の記事については、「木下英子」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 09:35 UTC 版)

トラジャ族」の記事における「血縁」の解説

家族は、トラジャ族社会における準拠集団であり、政治的な単位とも見做すことが出来るそれぞれの村落はひとつの同属組織(en)であり、トンコナン呼ばれる伝統的な形式家屋居住している。それぞれのトンコナンには名称がつけられ、それはそのまま村落の名前になっている。親族首長村落纏める役を担う。親族関係強めるために、遠縁(4親等以外)間の結婚日常的に行われる3親等以内結婚忌避されるが、貴族階級では財産の拡散を防ぐためにしばしば見られる親族関係相互主義(en)である。彼らは耕作互いに助け合い水牛共有し負債皆で負う。 トラジャ人は父系母系両方家系属する。この両系所属インドネシアではトラジャ族だけに見られる風俗である。従って、子供父母双方親族属し財産負債両方から引き継ぐことになる。子供への命名は、通常亡くなった叔父叔母など親族から受け継がれ両親兄弟の名が参照されることも多い。 州県制施行される以前トラジャ族それぞれ自治権有していた。そして、他の村々との対立など単独で処し難い問題生じた際には、複数連合を組む場合もあった。家族間の関係は、血縁、結婚先祖伝来の家屋共有することで確認され合い水牛豚の交換繋がり強めた。ただし、このような関係は必ずしも政治的または文化的な活動としてだけではなく支配階層反映した結果として行われた。この階層葬儀において、ヤシ酒(en) を注ぐ役、死体供物を包む役、席次使われる皿の種類供されえる肉片種類にまで及ぶ。

※この「血縁」の解説は、「トラジャ族」の解説の一部です。
「血縁」を含む「トラジャ族」の記事については、「トラジャ族」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 13:39 UTC 版)

多嘉王」の記事における「血縁」の解説

王は1907年明治40年)に子爵水無瀬忠輔の娘静子成婚し3男3女を儲けるが、第1王女子女王、第2王女珖子女王、第1王子賀彦王はいずれ早世した。前述の通り多嘉王宮家創設していないため、成人した二人の息子何れも臣籍降下して伯爵叙せられている。 父:久邇宮朝彦親王 母:泉亭靜枝子 兄弟男子 - 邦憲王 - 邦彦王 - 守正王 - 多嘉王 - 暢王 - 男子 - 鳩彦王 - 稔彦王 兄弟女子- 智當宮 - 栄子女王 - 安子女王 - 飛呂子女王 - 絢子女王 - 素子女王 - 懐子女王 - 篶子女王 - 純子女王 妻:水無瀬静子 子:第1王女:発子女王(1911年 - 1915年6月26日) 第1王子:賀彦王(1912年 - 1918年6月18日第2王女珖子女王1913年12月5日 - 1918年6月27日第3王女恭仁子女王1917年 - 2002年7月6日) - 伊勢神宮大宮司二条弼基公爵降嫁第2王子家彦王1920年 - ) - 1942年10月5日宇治姓を賜り伯爵叙爵第3王子徳彦王1922年 - 2007年 2月7日) - 1943年6月7日龍田姓を賜り伯爵叙爵戦後梨本姓となる。

※この「血縁」の解説は、「多嘉王」の解説の一部です。
「血縁」を含む「多嘉王」の記事については、「多嘉王」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 17:09 UTC 版)

大谷智子」の記事における「血縁」の解説

父:久邇宮邦彦王 母:邦彦王妃俔子 兄弟朝融王 - 邦久王 - 良子女王 - 信子女王 - 智子女王 - 邦英王 夫:大谷光暢 子:大谷光紹法名興如浄土真宗東本願寺派第二十五世法主) 大谷暢順法名:経如。大谷本願寺派第二十五代法主本願寺文化興隆財団理事長大谷暢顯法名淨如真宗大谷派第二十五代門首大谷暢道(のち大谷光道改名法名:秀如。嵯峨本願寺第二十五代法主大賀美都子日本オペラ協会創立者総監督大賀寛夫人

※この「血縁」の解説は、「大谷智子」の解説の一部です。
「血縁」を含む「大谷智子」の記事については、「大谷智子」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 23:46 UTC 版)

閑院宮春仁王」の記事における「血縁」の解説

閑院宮載仁親王第2王子で母は公爵三条実美の娘智恵子陸軍中将侯爵四条隆謌の孫で明治神宮宮司海軍大佐公爵一条実輝四女直子を妃とするが、後、離婚また、直子の姉朝子伏見宮博義王嫁いでいる。 東山天皇皇子典仁親王初代とし享保3年1718年)から続く閑院宮第7代となるが、子は無く閑院宮家断絶した父母閑院宮載仁親王 - 妃智恵子 兄弟篤仁王夭折) - 恭子女王子爵安藤信昭夫人) - 茂子女王侯爵黒田長礼夫人) - 季子女王夭折) - 春仁王 - 寛子女王夭折)- 華子女王侯爵華頂博信夫人後に日本工業倶楽部嘱託戸田豊太郎夫人) 妻:一条直子離婚

※この「血縁」の解説は、「閑院宮春仁王」の解説の一部です。
「血縁」を含む「閑院宮春仁王」の記事については、「閑院宮春仁王」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 10:07 UTC 版)

明日香皇女」の記事における「血縁」の解説

父:天智天皇 母:阿倍橘娘(父:阿倍内麻呂同母妹:新田部皇女天武天皇妃) 伯母小足媛 従兄弟有間皇子 ^ 上田正昭津田秀夫永原慶二藤井松一藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂2009年 37頁。

※この「血縁」の解説は、「明日香皇女」の解説の一部です。
「血縁」を含む「明日香皇女」の記事については、「明日香皇女」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 09:41 UTC 版)

華頂博信」の記事における「血縁」の解説

父:伏見宮博恭王 母:徳川経子徳川慶喜の九女) 兄弟博義王 - 浅野恭子 - 博忠王 - 博信王 - 敦子女王 - 知子女王 - 博英王 妻:華子閑院宮載仁親王第5王女、後離婚旧皇族離婚第1号となる)閑院宮載仁親王は博信の大叔父祖父伏見宮貞愛親王の弟)にあたる子女華頂博道 伏見博孝 - 伏見博英養子となる。 松岡治子 - 松岡震三(松岡洋右三男住友金属工業専務)妻。 日本映画製作者連盟事務局長つとめている華頂尚隆は孫にあたる

※この「血縁」の解説は、「華頂博信」の解説の一部です。
「血縁」を含む「華頂博信」の記事については、「華頂博信」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 20:06 UTC 版)

久邇邦久」の記事における「血縁」の解説

初め公爵島津忠済の女量子結婚後に離婚し子爵松浦靖二女董子と再婚した。妻の董子は邦久との間に子がなかったことから邦久逝去の後久邇家を離れる久邇家は、伯爵三条西公正と妹・信子女王二男実英(実栄と改名)が養子となり跡を継いだ。実栄はその後田口茂の長女操と結婚した。 父:久邇宮邦彦王 母:島津俔子 兄弟朝融王 - 邦久王 - 良子女王香淳皇后) - 信子女王三条西信子) - 智子女王 - 邦英王 妻:島津量子 - 松浦董子 子:無し継嗣は邦久の2歳下の三条西信子二男久邇実栄)

※この「血縁」の解説は、「久邇邦久」の解説の一部です。
「血縁」を含む「久邇邦久」の記事については、「久邇邦久」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 23:48 UTC 版)

朝香宮鳩彦王」の記事における「血縁」の解説

父:久邇宮朝彦親王 母:角田須賀兄弟男子 - 賀陽宮邦憲王 - 久邇宮邦彦王 - 梨本宮守正王 - 多嘉王 - 暢王 - 男子 - 鳩彦王 - 東久邇宮稔彦王 兄弟女子- 智當宮 - 栄子女王 - 安子女王 - 飛呂子女王 - 絢子女王 - 素子女王 - 懐子女王 - 篶子女王 - 純子女王 妻:允子内親王1891年 - 1933年)第1王女:紀久子(きくこ)女王1911年 - 1989年) - 鍋島直泰夫人 第1王子:孚彦(たかひこ)王(1912年 - 1994年第2王子正彦(ただひこ)王(1914年 - 1944年) - 臣籍降下音羽侯爵家創設音羽正彦名乗る第2王女:湛子(きよこ)女王1919年 - 2019年) - 大給義龍夫人 明治天皇(1852-1912)在位1867-1912 大正天皇(1879-1926)在位1912-1926 竹田宮恒久王(1882-1919) 昌子内親王(1888-1940) 北白川宮成久王(1887-1923) 房子内親王(1890-1974) 朝香宮鳩彦王(1887-1981) 允子内親王(1891-1933) 東久邇宮稔彦王(1887-1990) 聡子内親王(1896-1978) 昭和天皇(1901-1989)在位1926-1989 昭和天皇(1901-1989)在位1926-1989 竹田恒徳(1909-1992) 永久王(1910-1940) 朝香孚彦(1912-1994) 盛厚王(1916-1969) 成子内親王(1925-1961) 上皇明仁)(1933-)在位1989-2019 竹田恒正(1940-) 北白川道久(1937-2018) 朝香誠彦(1943-) 東久邇信彦(1945-2019) 今上天皇徳仁)(1960-)在位2019- 竹田家 (男系断絶) 朝香家久邇

※この「血縁」の解説は、「朝香宮鳩彦王」の解説の一部です。
「血縁」を含む「朝香宮鳩彦王」の記事については、「朝香宮鳩彦王」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:09 UTC 版)

城之内邦雄」の記事における「血縁」の解説

歌手城之内早苗大叔父。また俳優の地井武男義理の兄弟(城之内の兄と地井の姉が夫婦)。

※この「血縁」の解説は、「城之内邦雄」の解説の一部です。
「血縁」を含む「城之内邦雄」の記事については、「城之内邦雄」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 08:59 UTC 版)

陶侃」の記事における「血縁」の解説

子は16人おり、陶洪・陶瞻・陶夏・陶琦・陶旗・陶斌・陶称・陶範・陶岱の9人が記録に残る。甥に陶臻・陶輿がいる。詩人陶淵明曾孫とされる

※この「血縁」の解説は、「陶侃」の解説の一部です。
「血縁」を含む「陶侃」の記事については、「陶侃」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 05:23 UTC 版)

伏見宮貞愛親王」の記事における「血縁」の解説

父母伏見宮邦家親王 - 妃鷹司景子 兄弟晃親王 - 嘉言親王 - 譲仁親王 - 朝彦親王 - 男子 - 貞教親王 - 男子 - 彰仁親王 - 能久親王 - 男子 - 男子 - 博経親王 - 智成親王 - 貞愛親王 - 清棲家教 - 載仁親王 - 依仁親王女子省略) 妻:利子女王有栖川宮幟仁親王王女) - 女房河野千代子 - 女房增山奈越子 子:第1王子博恭王(ひろやすおう、1875年 - 1946年)(母:女房河野千代子第2王子邦芳王(くにかおう、1880年 - 1933年)(母:妃利子女王第3王子:昭徳王(あきのりおう、1881年 - 1883年)(母:妃利子女王) 第1王女禎子女王(さちこじょおう1885年 - 1966年)(母:女房增山奈越子) - 侯爵山内豊景夫人

※この「血縁」の解説は、「伏見宮貞愛親王」の解説の一部です。
「血縁」を含む「伏見宮貞愛親王」の記事については、「伏見宮貞愛親王」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 05:20 UTC 版)

ロン・ウィーズリー」の記事における「血縁」の解説

ロン生まれたウィーズリー家は純血魔法使い一族でも最も古く著名な一族のひとつだった。父は純血魔法使いアーサー・ウィーズリー、母は純血魔女モリー・ウィーズリーであり、ロン純血魔法使いである。兄妹は、兄が5人、妹が1人いる。ロンはのちにマグル生まれ魔女ハーマイオニー結婚しウィーズリー家からロンジニー系譜純血一族ではなくなる。 ビル・ウィーズリー(長兄) チャーリー・ウィーズリー(次兄) パーシー・ウィーズリー(三兄) フレッドとジョージ・ウィーズリー(四・五兄) ジニー・ウィーズリー(妹) 家族のなかでは年齢が低いため、モリーフレッドジョージ幼く扱われることがある一方で長兄ビルに対しては「どんなときでもきちんと扱ってくれた」と言い家族のなかでとくに信頼している。また1巻の手紙のやりとりでは、次兄チャーリーロン可愛がっている様子描かれる。妹であるジニー恋愛については、過保護な面があるこのほか、セプティマス・ウィーズリー(祖父)、セドレーラ・ウィーズリー(祖母)、ビリウス(おじ)、ギデオン・プルウェット(叔父)、フェービアン・プルウェット(叔父)、ミュリエル・プルウェット(大叔母)などの親族がいる。

※この「血縁」の解説は、「ロン・ウィーズリー」の解説の一部です。
「血縁」を含む「ロン・ウィーズリー」の記事については、「ロン・ウィーズリー」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 14:19 UTC 版)

北白川宮能久親王」の記事における「血縁」の解説

能久親王は、1877年ベルリンドイツ貴族のベルタ・フォン・テッタゥ(Bertha von Tettau男爵夫人結婚したが日本で認められず、明治11年1878年)に旧土佐藩15藩主山内容堂長女光子結婚した7年後光子妃の病気理由離婚、その翌年伯爵伊達宗徳次女富子をいったん公爵島津久光養女とした上で後室迎えている。この富子妃との間に儲けた第三王子成久王北白川宮継承した親王このほかにも家女房外妾など計5名の側室都合10人の庶子産ませており、そのうちの8人が成人している。第四王子輝久王臣籍降下して侯爵小松輝久となった親王薨去後その後胤と認定され五男の芳之と六男の正雄それ以後北白川宮家引き取られ他の庶子と同様養育されたが、この両名皇族王としてではなく当初から華族の伯爵として処遇されている。 父:伏見宮邦家親王 嫡母邦家親王妃 景子 生母家女房 堀内信子 先室:能久親王光子離婚 後室:能久親王妃 富子第三王子北白川宮成久王(1887–1923)- 北白川宮継嗣 側室家女房幸子第一王子竹田宮恒久王(1882–1919)- 竹田宮家創設明治天皇第六皇女昌子内親王結婚 第一王女満子女王(みつこ、1885–1975)→ 伯爵甘露寺受長第三王女武子女王(たけこ、18901977)→ 子爵保科正昭室、のち香淳皇后女官長 第四王女信子女王(ことこ、1891–92)- 夭折 側室家女房 岩浪稲子 - 日本橋薬問屋の娘第二王子延久王(のぶひさ、1885–86)- 夭折 第二王女貞子女王(さだこ、1887–1964)→ 伯爵有馬頼寧第四王子輝久王18881970)→ 侯爵小松輝久 側室家女房 浮山幾牟第五王女拡子女王(ひろこ、1895–1990)→ 伯爵二荒芳徳側室外妾カネ第五男子:芳之(1889–1909)→ 伯爵二荒芳之 側室外妾 前波第六男子正雄1890–1965)→ 伯爵上野正雄 第四王子輝久王伯父小松宮彰仁親王幼少の頃より我が子同然に可愛がっており、親王たっての願いより小松宮祭祀継承財産の相続認められたこれにより明治43年1910年)に輝久王臣籍降下た際に異例の侯爵叙すとともに新たに小松」の家名下賜された。 → 詳細は「小松宮彰仁親王」項を参照

※この「血縁」の解説は、「北白川宮能久親王」の解説の一部です。
「血縁」を含む「北白川宮能久親王」の記事については、「北白川宮能久親王」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 03:29 UTC 版)

閑院宮載仁親王」の記事における「血縁」の解説

三条実美次女智恵子妃との間に2男5女を儲ける。 父母父:伏見宮邦家親王 養母鷹司景子 実母伊丹吉子 兄弟夭折した男子女子省略山階宮晃親王 聖護院宮嘉言親王 曼殊院宮譲仁入道親王 久邇宮朝彦親王 伏見宮貞教親王 小松宮彰仁親王 北白川宮能久親王 華頂宮博経親王 北白川宮智成親王 伏見宮貞愛親王 清棲家教 東伏見宮依仁親王 妻:三条智恵子 子第1王子篤仁王(あつひとおう、1894年) - 夭折。 第1王女恭子女王(ゆきこじょおう1896年 - 1992年) - 子爵安藤信昭夫人第2王女茂子女王(しげこじょおう1897年 - 1991年) - 侯爵黒田長礼夫人第3王女季子女王(すえこじょおう1898年 - 1914年) - 腎臓病により病死。 第2王子春仁王(はるひとおう、1902年 - 1988年第4王女寛子女王(ひろこじょおう1906年 - 1923年) - 関東大震災小田原閑院宮別邸倒壊し圧死。 第5王女華子女王(はなこじょおう1909年 - 2003年) - 侯爵華頂博信夫人(1926-1951)、後に戸田豊太郎夫人(1952-)。女子学習院卒。

※この「血縁」の解説は、「閑院宮載仁親王」の解説の一部です。
「血縁」を含む「閑院宮載仁親王」の記事については、「閑院宮載仁親王」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 11:33 UTC 版)

安藤幸」の記事における「血縁」の解説

父・幸田成延(利三) - 元幕臣維新後大蔵省下級属官幸田家婿養子。成延が植村正久によって受洗し影響で家族三男露伴以外全員クリスチャンになった。。 母・幸田猷 - 幸田家江戸時代まで表坊主衆(剃髪僧衣姿で江戸城内で大名などの給仕をする職)を務めた 長兄幸田成常(1858‐1925) - 米穀取引所書記経て相模紡績(のちのカネボウ社長次兄郡司成忠 - 海軍軍人探検家 三兄・幸田露伴 - 小説家 四兄・幸田成友 - 日本史学者 姉・幸田延 - ヴァイオリニスト・ピアニスト 弟・幸田修造(1882-1907) - 東京音楽学校在学中脳膜炎夭折 夫・安藤勝一郎 (1879年生) - 英文学者安藤儀兵衞二男東京帝国大学文科大学英文学科同大学院経て長崎高等商業学校教授第三高等学校教授1919年英米留学長男高木卓本名安藤煕) - 小説家ドイツ文学者芥川賞受賞辞退したことでも知られる二男安藤三男安藤馨(1914〜1997) - 富士通ファコム社長等を務めた日本のコンピュータビジネスのパイオニアインディアナ大学経営学部卒。1937年帰国後、日本ワトソン統計会計機械(日本IBM前身)の営業責任者となったが、1941年スパイ容疑逮捕親戚(姉の婚家筋)の司法大臣岩村通世助力釈放され神戸北川宗助らと統計研究所設立戦後GHQ顧問経て日本IBM常務取締役に就任、1966年富士通移り常務取締役などを務めた1983年には日本人初めての情報処理国際連合会長に就任した。 四男・安藤長女・丘淳子 - 丘浅次郎の四男・正通の妻。夫正通の母方伯父岩村通世。 孫・高木あきこ - 児童文学作家

※この「血縁」の解説は、「安藤幸」の解説の一部です。
「血縁」を含む「安藤幸」の記事については、「安藤幸」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 01:03 UTC 版)

竹田恒泰」の記事における「血縁」の解説

高祖父北白川宮能久親王 高祖父明治天皇 高祖母園祥子 高祖父三条実美 高祖父正親町実正 曾祖父竹田宮恒久王 曾祖母恒久王妃昌子内親王明治天皇第六皇女曾祖父三条公輝 祖父竹田恒徳 祖母竹田光子 父:竹田恆和 兄弟弟と妹がいる。弟・恒俊の家系は、現在1947年臣籍降下した(1947年以前臣籍降下を除く)旧宮家男系男子の中では、男系で最も傍系嫡流から遠い)の家系となっている。

※この「血縁」の解説は、「竹田恒泰」の解説の一部です。
「血縁」を含む「竹田恒泰」の記事については、「竹田恒泰」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 16:48 UTC 版)

久邇宮朝融王」の記事における「血縁」の解説

父:久邇宮邦彦王 母:島津俔子 兄弟朝融王 - 邦久王 - 良子女王香淳皇后) - 信子女王 - 智子女王 - 邦英王 妻:知子女王 子女:第1王女正子女王1926年 - ) - 1945年伯爵龍田徳彦降嫁。後離婚第2王女朝子女王1927年 - 1964年) - 島津齊視と結婚。 第1王子邦昭王1929年 - ) - 川崎汽船取締役伊勢神宮大宮司弘世現日本生命社長)の娘と結婚第3王女通子女王1933年 - ) - 酒井省吾結婚当時いわゆる"駆け落ち婚"とされた。 第4王女英子女王1937年 - ) - 木下雄三結婚第2王子:朝建王1940年 - ) - 西村俊一(元サクラクレパス社長長女櫻子結婚長女久邇桂子近衞忠大結婚長男久邇朝俊(1971年 - )。 第5王女典子女王1941年 - ) - 古河潤之助後の古河電気工業社長)と結婚第3王子:朝宏王(1944年 - ) - 宮澤吉弘長女澄子結婚

※この「血縁」の解説は、「久邇宮朝融王」の解説の一部です。
「血縁」を含む「久邇宮朝融王」の記事については、「久邇宮朝融王」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 04:24 UTC 版)

ザンディ・モガダム・メヘディ」の記事における「血縁」の解説

祖父ザンド朝創始者であるカリーム・ハーン

※この「血縁」の解説は、「ザンディ・モガダム・メヘディ」の解説の一部です。
「血縁」を含む「ザンディ・モガダム・メヘディ」の記事については、「ザンディ・モガダム・メヘディ」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/26 14:41 UTC 版)

筑波藤麿」の記事における「血縁」の解説

妻・喜代子(旧佐伯藩毛利家出身)との間に3人の子供をもうけた長男常治歴史学者科学史家)で早稲田大学教授となる。長女登喜は旧平戸藩主の伯爵松浦陞の四男松浦擇に嫁ぐ次男常遍(常秀)は勧修寺門跡勧修寺門跡藤麿生家山階宮初代晃親王この職に在った。三男和俊は宮内庁掌典。 父:山階宮菊麿王 母:前妻:範子、実母常子 兄弟:(異母武彦王 - 芳麿 - 安子 - (同母藤麿 - 麿 - 茂麿 妻:毛利喜代子(1909 - 1946) - 毛利高範の五女。女子学習院卒。敗血症急死後妻肥田貞子 - 伊東市医師肥田和三郎の三女義兄(姉の入夫)に肥田春充。 子:常治 登喜松浦陞の子・擇の妻) 常遍(常秀) 和俊

※この「血縁」の解説は、「筑波藤麿」の解説の一部です。
「血縁」を含む「筑波藤麿」の記事については、「筑波藤麿」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/30 04:54 UTC 版)

筑波常遍」の記事における「血縁」の解説

勧修寺門跡は、筑波藤麿生家山階宮初代晃親王この職に在った。母喜代子佐伯藩毛利家出身兄の常治科学史家で法政大学助教授ののち、早稲田大学教授となる。姉の登喜平戸藩出身松浦擇に嫁ぐ。弟の和俊は宮内庁掌典。 父:筑波藤麿 母:喜代子 兄弟常治 - 登喜 - 常遍(常秀) - 和俊 妻:宣子北河原公典(東大寺別当)長女) 子:康子裕子

※この「血縁」の解説は、「筑波常遍」の解説の一部です。
「血縁」を含む「筑波常遍」の記事については、「筑波常遍」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/08 02:12 UTC 版)

阿閇皇子」の記事における「血縁」の解説

ウィキクォート阿閇皇子に関する引用句集があります。 父:天智天皇 母:伊賀采女宅子娘 兄:弘文天皇 妹:阿雅皇女

※この「血縁」の解説は、「阿閇皇子」の解説の一部です。
「血縁」を含む「阿閇皇子」の記事については、「阿閇皇子」の概要を参照ください。


血縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 08:47 UTC 版)

劉璿」の記事における「血縁」の解説

祖父劉備昭烈帝祖母甘夫人 父:劉禅(懐帝) 母:王貴人 弟:劉瑤(安定王) 弟:劉琮西河王) 弟:劉瓚(新平王) 弟:劉諶北地王) 弟:劉恂(新興王) 弟:劉璩(上党王) この他何人か姉妹がおり、一人諸葛亮の子諸葛瞻嫁ぎ一人費禕の子である費恭に嫁ぎもう一人関興の子関統嫁いだ叔父劉永甘陵王) 叔父劉理安平王) 従兄弟劉胤 従兄弟:劉輯

※この「血縁」の解説は、「劉璿」の解説の一部です。
「血縁」を含む「劉璿」の記事については、「劉璿」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「血縁」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

血縁

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 08:14 UTC 版)

名詞

 けつえん、古:けちえん

  1. 親子兄弟姉妹など血の繋がりのある関係また、その人

発音(?)

け↗つえん
け↗ちえん

「血縁」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



血縁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



血縁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの血縁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの源静香 (改訂履歴)、エドムンド・ランドルト (改訂履歴)、ディミトリ・バスク (改訂履歴)、朝香孚彦 (改訂履歴)、東伏見宮依仁親王 (改訂履歴)、久邇宮邦彦王 (改訂履歴)、伏見博英 (改訂履歴)、立花美年子 (改訂履歴)、朝融王妃知子女王 (改訂履歴)、山階芳麿 (改訂履歴)、恒憲王妃敏子 (改訂履歴)、ボードゥアン7世 (フランドル伯) (改訂履歴)、博義王 (改訂履歴)、賀陽治憲 (改訂履歴)、アドナン・カショギ (改訂履歴)、中野栄治 (改訂履歴)、久邇宮朝彦親王 (改訂履歴)、ヘンリー・パーシー (第4代ノーサンバランド伯) (改訂履歴)、藤島正健 (改訂履歴)、ユスタ・グラタ・ホノリア (改訂履歴)、吉田牧場 (北海道) (改訂履歴)、山辺皇女 (改訂履歴)、石川嘉延 (改訂履歴)、小宅女王 (改訂履歴)、劉禅 (改訂履歴)、葛城茂麿 (改訂履歴)、賀陽宮恒憲王 (改訂履歴)、矢崎光圀 (改訂履歴)、久邇邦昭 (改訂履歴)、山階宮菊麿王 (改訂履歴)、大島貞薫 (改訂履歴)、華頂宮博経親王 (改訂履歴)、木下英子 (改訂履歴)、トラジャ族 (改訂履歴)、多嘉王 (改訂履歴)、大谷智子 (改訂履歴)、閑院宮春仁王 (改訂履歴)、明日香皇女 (改訂履歴)、華頂博信 (改訂履歴)、久邇邦久 (改訂履歴)、朝香宮鳩彦王 (改訂履歴)、城之内邦雄 (改訂履歴)、陶侃 (改訂履歴)、伏見宮貞愛親王 (改訂履歴)、ロン・ウィーズリー (改訂履歴)、北白川宮能久親王 (改訂履歴)、閑院宮載仁親王 (改訂履歴)、安藤幸 (改訂履歴)、竹田恒泰 (改訂履歴)、久邇宮朝融王 (改訂履歴)、ザンディ・モガダム・メヘディ (改訂履歴)、筑波藤麿 (改訂履歴)、筑波常遍 (改訂履歴)、阿閇皇子 (改訂履歴)、劉璿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの血縁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS