家柄とは? わかりやすく解説

いえ‐がら〔いへ‐〕【家柄】

読み方:いえがら

先祖から受け継いでいる家の格式。その家に対する社会的評価を伴う。

格式の高い家。名家

親戚にも―の家(うち)が沢山ある」〈秋声新世帯


家柄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/09 17:15 UTC 版)

家柄(いえがら)とは、先祖からの家すじを意味する。家格と同義とされることもある。




「家柄」の続きの解説一覧

家柄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 06:17 UTC 版)

藤田嗣治」の記事における「家柄」の解説

1886年明治19年)、東京市牛込区現在の東京都新宿区新小川町医者の家に4人兄弟の末っ子として生まれた。父・藤田嗣章(つぐあきら)(1854 - 1941年)は、大学東校東京大学医学部前身)で医学学んだ後、軍医として台湾朝鮮などの外地衛生行政に携り、森鷗外後任として最高位陸軍軍医総監中将相当)にまで昇進した人物祖父藤田嗣服は元田中藩士曽祖母江戸時代文人画家春木南湖血筋である。兄の嗣雄(1885 - 1967)は朝鮮総督府陸軍省在職した法制学者上智大学教授で、陸軍大将児玉源太郎四女結婚また、義兄姉たちの夫)に、父の元部下でのちに陸軍軍医総監となった中村緑野中原中也名づけ親)、芦原甫養子・信之(医師)がいる。小山内薫は嗣治の従兄舞踊評論家蘆原英了建築家蘆原義信は甥にあたる。又、遠い親戚千葉雄大がいる[要出典]。

※この「家柄」の解説は、「藤田嗣治」の解説の一部です。
「家柄」を含む「藤田嗣治」の記事については、「藤田嗣治」の概要を参照ください。


家柄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/20 03:27 UTC 版)

知念績弘」の記事における「家柄」の解説

琉球王朝時代から続く紅型三宗家(知念家、城間家、沢岻家)のうちの一つである。 三宗家の中で沢岻家が最も古く知念家はその沢岻に次ぐ名家。祖は唐紙知念であり、彼が1766年中国から唐紙型の新技法や印金紙等を伝えたとされている知念家は初め紺屋(染め物屋)であった後に紅型型付(かたちき)も兼業するようになった唐紙知念には3人息子がおり、長男知念績高長男知念筑登之親雲上)。績高が紅型継がず三線世界へ進んだことで、 次男三男紺屋紅型)を継いでおり、現在も次男知念筑登之親雲上(チクドゥンペーチン)の筋、知念紅型研究所及び知念紅型工房両家繋げている。 知念績弘次男知念筑登之親雲上次男筋の家系「上儀保知念5代目にあたる次男知念筑登之親雲上長男筋である「下儀保知念」は知念紅型研究所知念貞男や知念冬馬家系で、これは知念家の家譜位牌聞き取り調査したことで判明している。 なお、知念家は数百年前から唐紙紺屋営んで来ているが、長男知念筑登之親雲上である知念績高から数えての何代目という数え方しており知念績高より以前先祖については何代存在していたのかは殆ど不明である

※この「家柄」の解説は、「知念績弘」の解説の一部です。
「家柄」を含む「知念績弘」の記事については、「知念績弘」の概要を参照ください。


家柄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 04:46 UTC 版)

ハットフィールド家とマッコイ家の争い」の記事における「家柄」の解説

タグ・フォーク川を隔ててハットフィールド家はウェストバージニア州側に、そしてマッコイ家はケンタッキー州側に住んでいた。どちらの一家タグ渓谷最初に定住した先駆者達の一部である双方製造業密造酒販売携わっていた。またどちらも南北戦争時は、南部連邦支持者ゲリラ活動従事していたことが明らとなっている。ハットフィールド家はその性分から「悪魔」とも呼ばれたウィリアム・アンダーソン "デビル・アンス" ハットフィールド1839年生-1921年没)が率いており、マッコイ家はランドルフ "オル・ラヌル(ランドール)" マッコイ1825年生-1914年没)によって率いられていた。 一家どちらも富んだ土地立派な社会的地位獲得していた。ハットフィールド家はマッコイ家よりも裕福であり、政治上良き縁故もあったが、両一家共に申し分のない財産所有していた。

※この「家柄」の解説は、「ハットフィールド家とマッコイ家の争い」の解説の一部です。
「家柄」を含む「ハットフィールド家とマッコイ家の争い」の記事については、「ハットフィールド家とマッコイ家の争い」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「家柄」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

家柄

出典:『Wiktionary』 (2018/03/25 12:34 UTC 版)

名詞

いえがら

  1. から続く家の格式
  2. 高い家。名家

関連語


「家柄」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「家柄」の関連用語

家柄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



家柄のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家柄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの藤田嗣治 (改訂履歴)、知念績弘 (改訂履歴)、ハットフィールド家とマッコイ家の争い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの家柄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS