家格とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 格式 > 家格の意味・解説 

か かく [0] 【家格】

家の格式家柄。 「 -が高い」

家格

読み方:カカクkakaku

家の格式家柄


家格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/17 14:13 UTC 版)

家格(かかく)とは、歴史において、ある氏族家系が得た又は与えられた格式・評価をいう用語。


  1. ^ 大名はまた、その知行地や藩庁の規模に応じて、国主 - 準国主 - 城主 - 城主格 - 無城の5階級に格付けされた。( → 詳細は「城主大名」項を参照)
  2. ^ 旗本はまた、その知行所の規模や役職に応じて、高家交代寄合寄合、小普請組に格付された。
  3. ^ 一例として、藩主が代々固定化していた仙台藩の場合、「一門」から「平士」まで9段階もの家格に分けられており(この平士の下に足軽がいる)、平士以上の武士は、屋敷以外の知行地を与えられ、年貢を得ていた。参考・『東北歴史博物館 展示案内』 東北歴史博物館 (第2刷)2000年 p.67
  4. ^ 弘文堂『歴史学事典』第10巻「家格」(執筆者:福田アジオ)


「家格」の続きの解説一覧



家格と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「家格」の関連用語

家格のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



家格のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家格 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS