献金とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > > 献金の意味・解説 

けん‐きん【献金】

読み方:けんきん

[名](スル)ある目的役立ててもらうように、金銭献上すること。また、その金銭。「仏塔建立のために—する」「政治—」


けんきん 【献金】

キリスト教で、恩恵感謝して神へささげる金銭をいうが、古代には農産物家畜戦利品などの十分の一を神に献ずる風があり、ユダヤ教ではこれが十分一献金として制度化された。のちキリスト教も、これを引き継いだ宗教改革時に廃止されたが、純宗教的献金として教会内に復活した維持献金・礼拝献金・臨時献金などがある。→ 寄付

献金

一般教会での挙式料のこと。挙式事業として行ってない場合牧師(神父)と演奏者への謝礼施設使用料祭壇装花代などの実費含めた挙式料は、献金として寄付をする形式をとる。寄付なので金額気持ち次第だが、目安分からない場合は教会事前に相談して

献金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/07 03:51 UTC 版)

献金(けんきん)とはある目的に使ってもらうために金銭を差し出すこと。また、その金銭そのものをさすこともある。




「献金」の続きの解説一覧

献金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/09 06:40 UTC 版)

太平記 (インテック)」の記事における「献金」の解説

味方となっている大名から政治献金が来る。

※この「献金」の解説は、「太平記 (インテック)」の解説の一部です。
「献金」を含む「太平記 (インテック)」の記事については、「太平記 (インテック)」の概要を参照ください。


献金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/12 01:42 UTC 版)

子羊の群れキリスト教会」の記事における「献金」の解説

十分の一の献金は推奨するが、神の祝福約束として推奨するであって決して強制ではない。

※この「献金」の解説は、「子羊の群れキリスト教会」の解説の一部です。
「献金」を含む「子羊の群れキリスト教会」の記事については、「子羊の群れキリスト教会」の概要を参照ください。


献金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 02:37 UTC 版)

キリスト教福音宣教会」の記事における「献金」の解説

脱会者によると、2006年当時第一週の献金が韓国人女性幹部送金され残り教会運営費に充てられていたという。1997年には1人10万円の献金が求められ、献金が多額であれば信仰心の厚い信者認められるため、多額の寄付をする者もおり、教祖住宅購入費用数千万円を提供した信者もいたという。

※この「献金」の解説は、「キリスト教福音宣教会」の解説の一部です。
「献金」を含む「キリスト教福音宣教会」の記事については、「キリスト教福音宣教会」の概要を参照ください。


献金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 03:09 UTC 版)

西島英利」の記事における「献金」の解説

日本共産党機関紙しんぶん赤旗に、2004年日本医師連盟から西島英利後援会1億5835万円巨額な献金があったと報じられた。

※この「献金」の解説は、「西島英利」の解説の一部です。
「献金」を含む「西島英利」の記事については、「西島英利」の概要を参照ください。


献金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/25 03:50 UTC 版)

塩崎恭久」の記事における「献金」の解説

日本共産党機関紙しんぶん赤旗』に、以下のように報じられ消費者金融業界政治団体全国貸金業政治連盟」(全政連)からパーティー券購入などにより資金提供を受けていた。 塩崎資金管理団体「廿一世紀問題懇話会」は、20102012年に、「塩崎恭久明日を語る会」といった政治資金パーティーを年4、5開催し、「製薬産業政治連盟」から2010年2011年250万円分、2012年180万円分のパーティー券購入による資金提供受けたまた、塩崎支部長務める「自民党愛媛県第1選挙区支部」は、選挙区内の松山市などの病院薬局などから、2010年には6社72万円2011年には8社96万円2012年には7社100万円の献金を受けた。さらに日本政治連盟全国美容政治連盟日本薬剤師連盟の3政治団体から2010年350万円2011年330万円2012年210万円の献金があった。

※この「献金」の解説は、「塩崎恭久」の解説の一部です。
「献金」を含む「塩崎恭久」の記事については、「塩崎恭久」の概要を参照ください。


献金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 07:25 UTC 版)

中曽根康弘」の記事における「献金」の解説

ジャパンライフ 首相在任中中曽根5つ政治団体に、ジャパンライフから計1000万円の献金が行われていたことを、日本共産党藤田スミ追及している。中曽根は「善意政治資金として受け付けたということでございまして……」と答弁している。元会長山口隆祥中曽根同郷である。

※この「献金」の解説は、「中曽根康弘」の解説の一部です。
「献金」を含む「中曽根康弘」の記事については、「中曽根康弘」の概要を参照ください。


献金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 08:28 UTC 版)

中山泰秀」の記事における「献金」の解説

2009年1月自民党大阪府第4選挙区支部など自らが代表を務め3つの政治団体が、暴力団関わりがあるとされて公共事業から排除され企業から政治献金受け取っていたことが報じられた。中山は「マスコミ報道によって、暴力団関わりがあることを知った」とコメントした同時に、この企業大阪府警察本部OB当時2名在籍していたこと、大阪府本庁舎及び大阪市福島区所在し大阪市外郭団体運営を行う中央卸売り市場警備ビルメンテナンス請け負っていた事実が判明したマスコミ取材に対し中山は「調べると大阪府警OB在籍し官庁である大阪府大阪市自らが発注行っていた先の企業が、暴力団関係企業だと知る由もないこのような警察や行政すら当時把握出来ていない情報を、私たちが一体どのように把握すればよいのか、大い疑問を抱く」と回答している。

※この「献金」の解説は、「中山泰秀」の解説の一部です。
「献金」を含む「中山泰秀」の記事については、「中山泰秀」の概要を参照ください。


献金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 22:06 UTC 版)

世界平和統一家庭連合」の記事における「献金」の解説

ジャーナリスト米本和宏は、統一教会に関する社会的に非難されしかるべき問題として、信者に対する高額でエンドレスな献金」要請上げている。販売活動募金活動目的は、文鮮明への献金である。文鮮明一家贅沢な暮らしをしていることは長男の嫁暴露本などで明らかにされているが、最盛期2000億円に上った献金すべてを文一家が使い切れるわけでもなく、献金は、金銭に限らずすべてを神に返し地上天国出現目指す万物復帰」と関連している。ただしこれはあくまで宗教における象徴的な概念であり、世界統一教会信者の中で、献金に追われているのは日本の信者だけである。日本だけが献金に追われていることについては、文鮮明によって日本が「エバ国家」(罪深き国)とされたことに関連しているが、なぜ日本エバ国家であるか明確に説明されていない日本文鮮明生まれた朝鮮半島支配していたことへの感情との関連や、1970年代日本高度成長期ただ中で、多額の献金が期待できる考えられたのではないかとも指摘されている。 10分の3献金 - 赤旗社会部は、ある組織では月に2回、収入10分の1の献金が奨励され来た述べている。 臨時の献金 - 赤旗社会部は、霊感商法批判を受けてから、韓国大統領選挙アメリカ大統領選挙口実にしてよく指示されるようになった述べている。 巨大プロジェクトによる資金集め国際ハイウェイ構想 - 「東洋と西洋諸国高速道路で連絡し地上天国実現促進する」という「国際ハイウェイ構想」を提唱、「国際ハイウェイ建設事業団」を結成第一段階として日本韓国中国南アジア中近東経由してソ連に至る高速道路建設するとし、その一部として日韓トンネル建設する日韓トンネル研究会結成佐賀県鎮西町(現唐津市鎮西町)に調査斜坑掘削を始め巨大プロジェクト売り物に技術者学者資金集めしており1980年代信者達が多額の献金をしたと言われているが、実際には日韓トンネル調査斜坑掘削400m掘った以外に具体化動きはない。関係者100年たっても完成しないだろうと公言しているという。 パンダ・モータース - 1988年から盧泰愚大統領北方外交呼応して中華人民共和国に「パンダ・モータース」(パンダ自動車)という自動車会社作るとして信者に献金が要請された。広東省恵州市15,000,000坪の土地借りて10億ドル以上を投資し年間30台の自動車作る計画で、家や土地まで担保に入れて借金する信者まで出したが、この計画成功しなかった。一方で計画進めていた朴普煕広東省長の伝手北朝鮮進出するきっかけとなる敬允と出会う教会ノルマ課し高額な本の販売 - ただし教団は「『聖本』も『天聖経』も商品ではない」とし、「贈呈にあたっては、献金のみが考慮されているものではありません。」と述べている。2000年文鮮明既存説教集7冊の合本、『文鮮明御言葉集、「成約時代理想天国」』と題する本(文鮮明サイン一冊ごとに番号付いている)を『聖本』と名づけ30,000,000献金した者にその本贈り与えるとされ、2,800教会一冊ノルマ課せられた という .(PDF)。

※この「献金」の解説は、「世界平和統一家庭連合」の解説の一部です。
「献金」を含む「世界平和統一家庭連合」の記事については、「世界平和統一家庭連合」の概要を参照ください。


献金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 00:41 UTC 版)

山岡賢次」の記事における「献金」の解説

2011年平成23年9月8日山岡資金管理団体と代表を務め民主党栃木県第4区総支部が、ネットワークビジネス推進連盟マルチ商法業者2社から2005年からの4年間で計254万円政治献金受領していたことが判明山岡会見で「合法的に運営されているビジネス認識しているが、誤解受けないように(現在は献金を)受け取らないようにした」と述べた

※この「献金」の解説は、「山岡賢次」の解説の一部です。
「献金」を含む「山岡賢次」の記事については、「山岡賢次」の概要を参照ください。


献金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/19 04:36 UTC 版)

赤沢亮正」の記事における「献金」の解説

トラック業者業界団体である道路運送経営研究会から献金を受けている。

※この「献金」の解説は、「赤沢亮正」の解説の一部です。
「献金」を含む「赤沢亮正」の記事については、「赤沢亮正」の概要を参照ください。


献金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 06:48 UTC 版)

市川一朗」の記事における「献金」の解説

日本共産党機関紙しんぶん赤旗に、消費者金融業界政治団体全国貸金業政治連盟」(全政連)からパーティー券購入などにより資金提供を受けていると報道された。

※この「献金」の解説は、「市川一朗」の解説の一部です。
「献金」を含む「市川一朗」の記事については、「市川一朗」の概要を参照ください。


献金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 14:36 UTC 版)

望月義夫」の記事における「献金」の解説

日本共産党機関紙しんぶん赤旗報道によれば、国の補助金を受けていた総合物流会社鈴与グループからの献金が、企業・団体献金51%を占めていた。 道路特定財源一般財源化に反対している道路運送経営研究会から献金を受けている。 日本共産党機関紙しんぶん赤旗報道によれば年金共済金の運用失敗使途不明等の理由により国税庁から改善勧告出されていた全国小売酒販組合中央会政治団体から、計20万円の献金を受領していた。

※この「献金」の解説は、「望月義夫」の解説の一部です。
「献金」を含む「望月義夫」の記事については、「望月義夫」の概要を参照ください。


献金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 15:28 UTC 版)

椎名一保」の記事における「献金」の解説

2003年~2005年間に日本新聞販売協会から献金を受けている。

※この「献金」の解説は、「椎名一保」の解説の一部です。
「献金」を含む「椎名一保」の記事については、「椎名一保」の概要を参照ください。


献金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 14:37 UTC 版)

渡辺具能」の記事における「献金」の解説

道路特定財源資金源とする道路運送経営研究会道路特定財源一般財源化に反対している)から献金を受けている。 九州新幹線建設受注企業から1995年2001年で約1億3700万円51社から)を超える献金を受けている(平成15年2003年2月27日衆議院予算委員会第八分科会において判明)。 また全国港湾工事受注企業から1997年2002年で約21億円を超える献金を自民党泉信也参院議員運輸省出身とともに受けていたことが判明している(しんぶん赤旗 2004年11月市民オンブズマン福岡

※この「献金」の解説は、「渡辺具能」の解説の一部です。
「献金」を含む「渡辺具能」の記事については、「渡辺具能」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「献金」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

献金

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 00:14 UTC 版)

発音(?)

け↗んきん

名詞

けんきん

  1. ある目的役立ててもらうために金銭差し出すこと。また、その金銭

動詞

活用

サ行変格活用
献金-する

「献金」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



献金と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



献金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウエディングパークウエディングパーク
© copyright 2022 WeddingPark, Ltd.
ウエディングパークウエディングパーク 結婚用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの献金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの太平記 (インテック) (改訂履歴)、子羊の群れキリスト教会 (改訂履歴)、キリスト教福音宣教会 (改訂履歴)、西島英利 (改訂履歴)、塩崎恭久 (改訂履歴)、中曽根康弘 (改訂履歴)、中山泰秀 (改訂履歴)、世界平和統一家庭連合 (改訂履歴)、山岡賢次 (改訂履歴)、赤沢亮正 (改訂履歴)、市川一朗 (改訂履歴)、望月義夫 (改訂履歴)、椎名一保 (改訂履歴)、渡辺具能 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの献金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS