軍資金とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 財政 > 資金 > 軍資金の意味・解説 

ぐんし‐きん【軍資金】

読み方:ぐんしきん

軍事必要な資金軍資

何かを行うのに必要な資金


軍事費

(軍資金 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 11:22 UTC 版)

軍事費(ぐんじひ、: Military budget)または国防費(こくぼうひ、Defense budget)とは、軍隊や時には準軍事組織を含む国や地方単位での人件費安全保障に関わる兵器など資材の調達・維持経費、それらを使って訓練や実際の作戦を行う経費、軍事政策軍事作戦に関する各種の費用の総計である。世界全体の軍事費は2016年で約1兆6860億ドルと推計されている。トップのアメリカは約6110億ドルで世界全体の36%を占め、中国(約2150億ドル)、ロシア(約692億ドル)などが続く。日本は461億ドルで8位[1][2]


注釈

  1. ^ つまり生産性がゼロである
  2. ^ エコノミスト」のハーストはこの点を取り上げてあらゆる軍備は浪費であると論じた。同時に世界的かつ恒久的な平和が実現されるまでは軍備は絶対に必要であるとも論じた。またアダム・スミスも軍事費の必要性は国家にとって防衛の必要から普遍的にあると論じた。

参照

  1. ^ World military spending: Increases in the USA and Europe, decreases in oil-exporting countries”. ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)ホームページ. 2017年4月29日閲覧。
  2. ^ 世界の軍事費185兆円 アジア4.6%増 領有権問題で緊張続く「読売新聞」朝刊2017年4月25日
  3. ^ 中国の国防費 (PDF)”. 防衛省資料. 2018年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月29日閲覧。
  4. ^ http://www.epochtimes.jp/2016/04/25504.html
  5. ^ 京都新聞2020年2月16日朝刊
  6. ^ 世界の19年軍事費は4%増”. 共同通信 (2020年2月15日). 2020年2月20日閲覧。
  7. ^ “NATO国防費負担増/独仏、2%目標「幻想」/財政事情が影響”. 毎日新聞朝刊. (2017年2月22日). https://mainichi.jp/articles/20170222/ddm/007/030/166000c 
  8. ^ http://www.news.com.au/world/asia/north-korea-spends-whopping-22-per-cent-of-gdp-on-military-despite-blackouts-and-starving-population/news-story/c09c12d43700f28d389997ee733286d2
  9. ^ Frank Harris (editor) (February 1898). Saturday Review Magazine 
  10. ^ Terror attacks drive public support for higher military spending A. Tovey, The Daily Telegraph, 18 Jul 2016



軍資金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/18 09:43 UTC 版)

悪代官 (ゲーム)」の記事における「軍資金」の解説

ステージ中で、罠の設置用心棒雇用ために使うためのお金コンティニューをしたり、新たにステージを始め度に全回復する。『3』では前述の通り倒され用心棒落とした小判を拾うことで、その時点で軍資金がわずかに充当される。

※この「軍資金」の解説は、「悪代官 (ゲーム)」の解説の一部です。
「軍資金」を含む「悪代官 (ゲーム)」の記事については、「悪代官 (ゲーム)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「軍資金」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「軍資金」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



軍資金と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

軍資金のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



軍資金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの軍事費 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの悪代官 (ゲーム) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS