ドイツ帝国とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 地域・地名 > 国家・自治体 > 国名 > 帝国 > ドイツ帝国の意味・解説 

ドイツ‐ていこく【ドイツ帝国】


ドイツ帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 09:32 UTC 版)

ドイツ帝国(ドイツていこく、ドイツ語: Deutsches Kaiserreich)は、1871年1月18日から1918年11月9日までドイツ国において存続した、プロイセン国王ドイツ皇帝に戴く体制を指す歴史的名称である。帝政ドイツ(ていせいドイツ)とも呼ばれる。


注釈

  1. ^ 海軍省は除く
  2. ^ 加えディスコント・ゲゼルシャフトが1873年の設立を主導したゲルゼンキルヒェン鉱業キルドルフ系)は、フランス=ベルギー企業のシャルル・デティリューCharles Détillieux よりアルマ炭鉱とラインエルベ炭鉱を事業基盤として購入した。このときルール炭田は権利関係が複雑で合理化を阻害していた。

出典

  1. ^ a b Daniel R. Headric The Invisible Weapon: Telecommunications and International Politics, 1851-1945, Oxford University Press, 1991, Chapter 8.
  2. ^ a b c d e Actuarial Society of America, Transactions, vol.23, Nos.67-68, W.N.Bagley and J.N.Laird, "Life Reinsurance", pp.27-28.
  3. ^ 数値について。The Economist, 1907/10/26, p.1839; 1907/11/2, p.1907, p.1886; 1907/11/9, p.1945; 1907/11/16, p.2001; 1907/11/23, p.2054; 1907/11/30, p.2106; 1907/12/7, p.2149; 1907/12/14, p.2215; 1907/12/21, p.2269; 1907/12/28, p.2318; 1908/1/4, p.35; The times, 1907/10/23-31; 1907/11; 1907/12; 1908/1/1.
  4. ^ Leopold Joseph, The Evolution of German Banking, London, Charles & Edwin Layton, 1913, chapter 3.
  5. ^ H. A. Giebel Die Finanzierung der Kaliindustrie, Volkswirtschaftliche Abhandlungen der badischen Hochschulen, Heft 4. 1912. pp.89-91.
  6. ^ Vgl. Riesser Die deutsche Grossbanken und ihre Konzentration im Zusammenhang mit der Entwicklung der Gesamtwirtschaft in Deutschland, 1912, p.663.
  7. ^ Gerd Hohorst, Jürgen Kocka, Gerhard A. Ritter: Sozialgeschichtliches Arbeitsbuch Bd. 2: Materialien zur Statistik des Kaiserreichs 1870–1914. München 1978, S. 66.


「ドイツ帝国」の続きの解説一覧

ドイツ帝国(1871年-1918年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 09:27 UTC 版)

ドイツの政党別の国会議員数」の記事における「ドイツ帝国(1871年-1918年)」の解説

ドイツ帝国(ドイツ国)の帝国議会における議員数。 選挙年月日定数第1党第2党第3第4党首1871年選挙 1871年3月 382 国民自由党125 中央党63 ドイツ保守党57 ドイツ進歩党46 オットー・フォン・ビスマルク 1874年選挙 1874年1月 397 国民自由党155 中央党91 ドイツ進歩党49 帝国党33 1877年選挙 1877年1月 397 国民自由党128 中央党93 ドイツ保守党40 帝国党38 1878年選挙 1878年7月 397 国民自由党99 中央党94 ドイツ保守党59 帝国党57 1881年選挙 1881年10月 397 中央党100 ドイツ進歩党60 ドイツ保守党50 国民自由党47 1884年選挙 1884年10月 397 中央党99 ドイツ保守党78 ドイツ自由思想家党67 国民自由党51 1887年選挙 1887年2月 397 国民自由党99 中央党98 ドイツ保守党80 ドイツ自由思想家党32 1890年選挙 1890年2月 397 中央党106 ドイツ保守党73 ドイツ自由思想家党66 国民自由党42 レオ・フォン・カプリヴィ 1893年選挙 1893年6月 397 中央党96 ドイツ保守党72 国民自由党53 ドイツ社会民主党44 1898年選挙 1898年6月 397 中央党102 ドイツ社会民主党56 ドイツ保守党56 国民自由党46 クロートヴィヒ・カール・ヴィクトール 1903年選挙 1903年6月 397 中央党100 ドイツ社会民主党81 ドイツ保守党54 国民自由党51 ベルンハルト・フォン・ビューロー 1907年選挙 1907年1月 397 中央党105 ドイツ保守党60 国民自由党54 ドイツ社会民主党43 1912年選挙 1912年1月 397 ドイツ社会民主党110 中央党91 国民自由党45 ドイツ保守党43 テオバルト・フォン・ベートマン・ホルヴェーク

※この「ドイツ帝国(1871年-1918年)」の解説は、「ドイツの政党別の国会議員数」の解説の一部です。
「ドイツ帝国(1871年-1918年)」を含む「ドイツの政党別の国会議員数」の記事については、「ドイツの政党別の国会議員数」の概要を参照ください。


ドイツ帝国(〜1918年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:19 UTC 版)

反ユダヤ主義」の記事における「ドイツ帝国(〜1918年)」の解説

ドイツ民族宗派対立真のキリスト教によって統一される考えた平和主義者軍人モーリッツ・フォン・エギィディは、高利貸し根性物質主義ユダヤ人ドイツ優位にたったことにはドイツ人にも責任があるとし、ドイツ人純化されればユダヤ人衰弱していくと述べたマルクス主義ダーウイン主義人類学者ルートヴィヒ・ヴォルトマンはカントマルクスダーウィン総合目指し人類最前線に立つドイツ人=アーリア人の美を称賛イタリア・ルネサンス指導者ローマ人でなくゲルマン民族ゴート族ランゴバルド族の子孫であり、偉大な教皇フランス革命フランスにおけるアーリア性の勃興であるとした。ヴォルトマンはまたラプージュ信奉者でもあり、北方人種にとってモンゴル人黒人アルプス人、セム人との混血有害であるが、闘争的なゲルマン人相互に破壊しあうと悲観したヴォルトマン農村貴族財産分割し優れた人種農民分配することを提唱し労働者階級の保護訴えたモッセは、ヴォルトマン反ユダヤ主義ではなかったとする東洋学者アドルフ・ヴァールムンクは、自然を略奪する砂漠の民ユダヤ人セム人覇権めざして放浪し神聖視する森の民アーリア人という若い民をもて遊ぶとした。 1912年ユダヤ系ドイツ語学者モーリツ・ゴルトシュタインは「ユダヤ人ドイツの文化活動掌握しつつある」「ユダヤ人はある一国民の精神的財産の管理となった」として「愚かで妬み深いゲルマン系キリスト教徒」も敵であるが「最悪のといえば見てみぬふりをしているユダヤ人だ。[…]ユダヤ人贋物類型体現してひどく目立っている彼らこそ、その地位から引きずり下ろし黙らせて、徐々に根絶やしにしていかねばならない」と主張したゴルトシュタインがこれを書いたのは、ドイツの大学ユダヤ人との決闘拒むという習慣が、ユダヤ人名誉心なき被造物であるという前提もとづいていることに刺激されてのことであったゴルトシュタイン文章は、1935年ゲッベルス国民啓蒙・宣伝省ユダヤ問題研究所機関誌ドイツのユダヤ人」に「ドイツ文化管財人としてのユダヤ人」と改題されて転載された。 1911年モロッコ事件フランスモロッコ支配確立すると、世論ドイツ海軍失望しホルヴェーク首相意向もあって、海上覇権よりも陸上覇権目標とされるようになり、1912年結成されドイツ国協会陸軍増強プロパガンダ推進し1913年陸軍増強法案可決したこの他未来兵士育成するための青年ドイツ同盟会員75ドイツ在郷軍人協会会員300万となった。軍備拡張結果1875年ドイツ陸軍兵力43万人だったのが1913年には80以上となり、ドイツ海軍1897年に17000人だったのが1914年には約8万人まで増大したまた、ドイツ国内では、戦争経済的利益のための戦争としてではなくドイツの戦争倫理的に正当な聖戦」ととらえる主張増えていった。 1908年に全ドイツ連盟代表となったハインリヒ・クラス(クラース)はチェンバレン名誉毀損裁判弁護人をつとめ、ユダヤ人近代物質主義担い手ゲルマン精神の敵であり、ユダヤ人移民制限されるべきであるし、またドイツ生まれユダヤ人文化活動制限されるきとしたクラスユダヤ人土地所有してならず、税金二重に徴収されるべきで、ユダヤ人文芸活動禁止すべき、ユダヤ人記者を雇う新聞ダビデの星表示すべきだと主張とした。クラスは「(雑種民族などの)ドイツの名をけがす存在居すわりつづけるよりも、恐怖の中の最後名誉ある最後の方がずっとよい」とし、人類政治的道徳的衛生的に改革して人種の純粋性を保持するには思い切った政策必要でありそのために社会民主主義ユダヤ人戦いユダヤ人から市民権剥奪しなければならないいかなる犠牲大きすぎることはない」と論じたクラス外国にいるドイツ人祖国へ復帰させ、ユダヤ人パレスチナ追放しドニエプル川西側併合などを主張し第一次世界大戦中クラス独裁政府樹立計画したクラース国家人民党党首フーゲンベルク親友であった。全ドイツ主義者はその後ナチス吸収されたため、クラースヒトラー成り上がり者として攻撃した優生学者オイゲン・フィッシャー(Eugen Fischer)は1913年一貫した人種政策なければヨーロッパ民族消滅する告げた。また神経科学者昆虫学者アウグスト・フォレルは、日本ドイツの孤児両国育てることを観察してアーリア人種モンゴル人種比較研究提唱したドイツ民族自由党党員作家アルトゥル・ディンターは小説『血に背きし罪』(1917)で、ユダヤ人という「悪魔的人種滅ぼし人民解放するまでけっしてその戦闘やめないであろう。この災い満ちた人種から最終的に解放されるまで、われわれドイツ民族は神から託され使命を果たすことができないであろうと書いた。また、アーリア女性金持ちユダヤ人によって陵辱され、その後その女性がアーリア人男性結婚しても、生まれてきた子どもはユダヤ人の姿をしていたという話も描きディンター過去に受胎した精子以後受胎にも現れるとする感応遺伝説をもとに雑種の雄交わった純血の雌は永久に穢されるとみなした。この小説100万ベストセラーとなった作家ウィルヘルム・シュターペルスは著書反ユダヤ主義』で「ユダヤ人の頭を叩き割れそうすれば将来明るくなろう。サーベルからユダヤ人の血がほとばしればわれらの国旗誇り高く風になびこう」と書いた 社会学者マックス・ヴェーバーは『古代ユダヤ教』(1917)で、ユダヤ人パーリア(Paria)民族賎民)すなわち、インドにおけるような「儀礼的に形式上あるいは事実上社会的環境世界から遮断されているような客人民族であったとし、ユダヤ民族経済倫理は「パーリア資本主義」を生み出した論じたパーリアという用語には、ゲットー状況という貶下の意味だけでなく、預言者苦難に耐えるというイスラエルの苦難神義論含意されているパーリアという用語に反ユダヤ主義的な軽侮の意味かぎつける一部ユダヤ系学者については、神経過敏誇張とする批判もある。またヴェーバーヴェルハウゼン影響で捕囚後のエズラ記』『ネヘミヤ記以降のパリサイ派ラビ・ユダヤ教体制を「後期ユダヤ教」ととらえ、第二イザヤ書エレミヤ書預言者精神のような古代イスラエル宗教とを区別した汎ゲルマン主義を掲げる全ドイツ連盟一時は加入していたヴェーバーであったが、全ドイツ連盟ドイツ祖国党などの急進的ナショナリズム批判するうになるとともにドイツ国家を敵視する平和主義批判した。またヴェーバーは、第一次世界大戦イギリスフランス黒人グルカ族など「アフリカアジア野蛮人盗賊与太者」を兵士として徴用したことは、文化国家ドイツ荒廃させようとする卑劣な行為であると批判した

※この「ドイツ帝国(〜1918年)」の解説は、「反ユダヤ主義」の解説の一部です。
「ドイツ帝国(〜1918年)」を含む「反ユダヤ主義」の記事については、「反ユダヤ主義」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ドイツ帝国」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ドイツ帝国」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ドイツ帝国と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ドイツ帝国のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ドイツ帝国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドイツ帝国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドイツの政党別の国会議員数 (改訂履歴)、反ユダヤ主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS