ルワンダとは?

ルワンダ 【Rwanda】

アフリカ東部内陸共和国。もと王国であったが、一九世紀末よりドイツ領・ベルギー委任統治領経て一九六二年に独立首都キガリ国内村落部にもカトリック浸透しており、住民の約半数キリスト教徒で、他に少数イスラム教徒がおり、首都にはモスクもある。

ルワンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/17 01:16 UTC 版)

ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、東アフリカに位置する共和制国家内陸国であり、西にコンゴ民主共和国、北にウガンダ、東にタンザニア、南にブルンジ国境を接する。首都キガリで、イギリス連邦加盟国のひとつ。




  1. ^ a b c d e World Economic Outlook Database, October 2014” (英語). IMF (2014年10月). 2014年10月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h CIA World Factbook "Rwanda" 2010年2月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 服部正也『『ルワンダ中央銀行総裁日記』』中公新書、2009年。ISBN 978-4-12-190290-0
  4. ^ a b c 饗場和彦 (2006年1月). “「ルワンダにおける1994年のジェノサイド」 (PDF)”. 『徳島大学社会科学研究』第19号. 徳島大学. 2015年5月16日閲覧。
  5. ^ ゴーレイヴィッチ 2003a, pp. 198-213。但し、ゴーレイヴィッチの虐殺の描写の精確さやフツ民衆とジェノシデールの同一視、RPFに関する記述については、武内からの批判がある(武内 2003)。
  6. ^ Prunier 2009, p. 24
  7. ^ a b “大虐殺乗り越え「アフリカのシンガポール」へ、ルワンダの首都キガリ”. AFP (フランス通信社). (2010年8月25日). http://www.afpbb.com/articles/-/2750558?pid=6107226 2013年11月17日閲覧。 
  8. ^ NHKスペシャル|アフリカンドリーム 第1回 “悲劇の国”が奇跡を起こす”. 東京: 日本放送協会 (2010年4月4日). 2010年4月23日閲覧。
  9. ^ “BOOM TOWN: KIGALI’S CHINESE INVESTMENT”. African Sentinel. (2014年1月10日). http://www.africansentinel.net/Boom-Town-Kigali-s-Chinese.html 2018年10月21日閲覧。 
  10. ^ “China is building Rwanda’s gigantic ‘Vision City’, Modi just gifted them cows”. the print. (2018年7月27日). https://theprint.in/opinion/china-is-building-rwandas-gigantic-vision-city-modi-just-gifted-them-cows/89151/ 2018年10月21日閲覧。 
  11. ^ “Chinese firms help transform business district landscape in Rwanda”. New Times. (2018年7月23日). https://www.newtimes.co.rw/news/chinese-firms-help-transform-business-district-landscape-rwanda 2018年10月21日閲覧。 
  12. ^ The Largest Free Trade Deal in Nearly a Quarter-Century Seeks to Make Africa a Single Market”. フォーチュン (2019年5月25日). 2019年7月13日閲覧。
  13. ^ Paul Kagame: Rwanda's redeemer or ruthless dictator?”. デイリー・テレグラフ. 2016年6月24日閲覧。
  14. ^ Rwanda: Kagame Free to Rule Till 2034”. AllAfrica.com. 2016年6月24日閲覧。
  15. ^ a b ルワンダ カガメ大統領に聞く「IT誘致し中所得国へ」ファーウェイなど先行 日本勢の投資に期待日本経済新聞』朝刊2019年1月11日(国際2面)2019年1月14日閲覧。
  16. ^ (2008年9月19日産経ニュース)http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/080919/mds0809190806000-n1.htm
  17. ^ 「ジェノサイド再考」p259-261 鶴田綾 名古屋大学出版会 2018年12月10日初版第1刷
  18. ^ 「ジェノサイド再考」p251 鶴田綾 名古屋大学出版会 2018年12月10日初版第1刷
  19. ^ 「ジェノサイド再考」p254 鶴田綾 名古屋大学出版会 2018年12月10日初版第1刷
  20. ^ 「仏とルワンダが国交回復」 AFP/時事 2009年11月30日閲覧。
  21. ^ 「ルワンダ進出 中印が熱視線/両国首脳訪問で投資追い風/内陸国の経済成長に期待」『日経産業新聞』2018年11月21日(グローバル面)。
  22. ^ “Rwandan troops trained by Chinese military mark 25th anniversary of liberation”. サウスチャイナ・モーニングポスト. (2019年7月7日). https://www.scmp.com/news/china/diplomacy/article/3017597/rwandan-troops-trained-chinese-military-mark-25th-anniversary 2019年7月13日閲覧。 
  23. ^ 「東部・南部アフリカ」(ベラン世界地理体系10)p63 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2019年6月10日初版第1刷
  24. ^ 武内進一「コンゴ民主共和国、ルワンダ、ブルンジの土地政策史」『アフリカ土地政策史』武内進一編著、アジア経済研究所、2015年11月13日、185頁。
  25. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p321 二宮書店 平成28年1月10日発行
  26. ^ 「東部・南部アフリカ」(ベラン世界地理体系10)p66 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2019年6月10日初版第1刷
  27. ^ 武内進一「コンゴ民主共和国、ルワンダ、ブルンジの土地政策史」『アフリカ土地政策史』武内進一編著、アジア経済研究所、2015年11月13日、184-185頁。
  28. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p321 二宮書店 平成28年1月10日発行
  29. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p321 二宮書店 平成28年1月10日発行
  30. ^ 「ジェノサイド再考」p250-252 鶴田綾 名古屋大学出版会 2018年12月10日初版第1刷
  31. ^ ルワンダ共和国・ルワンダ開発庁と業務協力覚書を締結みずほ情報総研(2018年5月30日)2018年12月6日閲覧。
  32. ^ 2009年6月8日(月)『しんぶん赤旗http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-06-08/2009060801_03_1.html
  33. ^ Rules on birth registration and children's surnames, Ministry of Home Affairs and Immigration, February 2013.


「ルワンダ」の続きの解説一覧

ルワンダ




ルワンダと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ルワンダ」の関連用語

ルワンダのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ルワンダのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルワンダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのルワンダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS