ガバナンスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > ガバナンス > ガバナンスの意味・解説 

ガバナンス

英語:governance


ガバナンスは「統治」を意味する英語由来表現とりわけビジネス分野では「管理体制構築し、企業内部統治して、企業運営上のあらゆるリスクを減らす」といった意味合いを含む表現として用いられる。「企業ガバナンス」と呼ばれることも多い。

管理強化したり、効率的管理を行うことを、ガバナンスを効かせる、またはガバナンスを強化すると表現することが多い。

ガバナンスは主に企業ガバナンスの意味で使われ、社員企業そのものコンプライアンス違反するような事案発生させないよう管理体制マネジメントするものである

ガバナンスを強化することで、企業内部行われる不正な行為を未然に防いだり、万が一発生した際の被害最小限抑えたりすることができる。企業利益経営陣への忖度介入させず、公正な判断下すために、社外監査役を置くなどしてガバナンスを強化している企業も多い。

日本金融庁東京証券取引所などによってガバナンスコードが策定され、企業はこれを指針としてガバナンス体制構築する

ガバナンスが強化されることで、企業信頼度上がるので、取引先など利害関係者利益守ることができる。結果的に、収益拡大したりグローバル競争力を得ることができるなど、中長期的な成長見込める

ガバナンスと似た言葉に「ガバメント」がある。ガバメントは「政治」や「政府」を意味する。ガバナンス(governance)もガバメントgovernment)も、共に動詞 govern語根に持つ関連表現である。

ガバナンス

英語:governance

基本的には「治める(こと)」「統治する(こと)」を意味する語。適切に組織管理し、運営意思決定する、といった意味で用いられる。「コーポレートガバナンス」(企業統治)という言い方で用いられることが多い。

教育分野では、大学をはじめとする高等教育機関における運営意思決定を指す意味で用いられ、「大学ガバナンス」のように呼ばれる大学運営あり方体制どうするか、という脈絡要するに「コーポレートガバナンス」に近い意味合いで用いられるといえる

近年では大学ガバナンスのあり方抜本的に見直す「大学ガバナンス改革」の議論が盛んである。

ガバナンス

英語:governance

「治めること」「統治すること」という意味で用いられる英語由来外来語。「コーポレートガバナンス」(企業統治のような語として用いられるのが主な使い方といえる

政府企業などの組織において、内部統制する仕組みを指す言葉派生した言葉としては「コーポレート・ガバナンス」があり、企業における不正行為経営陣暴走を防ぐために、業務内容会計などを監視することを意味する。また、コーポレート・ガバナンスから派生した言葉で、企業のIT活用を、経営陣取締役会などが監視することを「ITガバナンス」と表現する。

ガバナンス(governance)は主に「統治」「管理」「支配」などと和訳される。少なからず権力ある地位にある者が組織をうまく取り仕切り良好な状態を保つ」という意味合いを含む。ただし、上から下へ一方的支配というニュアンスよりは、組織社会所属する当事者たちが意思決定携わる自治」のニュアンスが強い。コーポレートガバナンスという語もこの意味合い前提とする使い方されているといえる

ガバナンスはガバメントgovernment)と対比される概念として扱われる。ガバメント行政組織によって行われる統治という意味合い色濃い

ガバナンス【governance】

統治日本では、多くコーポレートガバナンス企業統治)の意味で使われる。


ガバナンス

一般的に組織における意思決定執行監督関わる機構のことをいう。企業場合コーポレート・ガバナンス企業効率的かつ健全な活動を可能にするシステムをいう。

具体的には、企業経営監視するために必要な経営管理機構非効率不健全な行為をする経営者課すべき制裁、あるいは企業の社会的責任を果たすためのデスクロージャー制度確立等が要請される。

ガバナンス governance

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

統治

意味説明

組織が自らをうまく統治すること

その他の言い換え語例

企業統治 統治能力


ガバナンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 01:45 UTC 版)

ガバナンス(governance)とは、統治のあらゆるプロセスをいう。政府企業などの組織のほか、領土ITシステム権力などにも用いられる広い概念であることが分かる[1]。ガバナンスにおいては、関係者がその相互作用意思決定により、社会規範や制度を形成し、強化し、あるいは再構成していく。 その起源は、ギリシャ語にあり、同根であるガバメントすなわち政府と比較すると、公的な組織ではなく、関係者の相互作用を意味する点が異なる。




「ガバナンス」の続きの解説一覧

ガバナンス

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 12:35 UTC 版)

異表記・別形

名詞

ガバナンス

  1. 統治管理

語源

英語 "governance (en)" の音写

熟語


「ガバナンス」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ガバナンスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ガバナンス」に関係したコラム

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガバナンス」の関連用語

ガバナンスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ガバナンスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
公益法人協会公益法人協会
Copyright (C) 2022 公益法人協会 All rights reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガバナンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのガバナンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS