ESGとは?

ESG

読み方:イーエスジー
別名:環境・社会・ガバナンス別名:環境・社会・企業統治別名:Environment, Social, Governance別名:Environmental, Social, Governance別名:Environmental, Social and Governance別名:Environmental, Social and corporate Governance

企業持続的成長できるか否か判断する指標として用いられる、Environment環境) Social社会)、Governanceガバナンス)の3要素総称。主に投資における指標として参照される。
environment」は環境への配慮地球環境問題対す取り組み指し、「social」は社会的課題解決に向けた取り組みを指す。「governance」は顧客株主従業員といったステークホルダー対すCSR企業の社会的責任)のあり方を指す。
ESGの諸要素は、それ自体利益直結するものとは言いがたいが、ESGに十分に配慮して事業活動推進している企業は、長期的持続的成長発展してゆくことが期待できると見なすことができる。そのため、ESGは、リスク少な安定した投資企業見分ける手がかりとして使える
ESGは2000年代半ば国連提唱され、以後欧米などを中心に広まりつつある。2012年には東京証券取引所東証市場第一部銘柄対称とするESGの調査実施いわゆるESG投資」に適した優良企業選定している。
関連サイト:経営の持続的な成長が見込まれる指標「ESG」 - 東京証券取引所 +YOU

ESG

「ESG」とは、Environment環境)、Social社会)、Governance企業統治)の三つ言葉頭文字をとったものです。この三つ要素着目して企業分析し、優れた経営をしている企業投資する「ESG投資」が、近年株式市場注目集めています。具体的には、“E”はエネルギー使用量や二酸化炭素CO2排出量の削減など環境面への配慮を意味し、“S”のカテゴリーには、ダイバーシティワークライフバランスへの取り組みが含まれます。そして“G”にあてはまるのは、資本効率への意識の高さや情報開示充実などの要素です。ESG投資チェックポイントには、たとえば、女性社員育成登用を進めているか、社外取締役を置くなど経営透明性高めているかといった人事部門に直結するテーマ多く含まれています。

ESG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/17 07:06 UTC 版)

ESG (イー・エスー・ジー) は、1980年代前半アメリカニューヨークでの活躍でしられるバンドヒップホップディスコポストパンクダンス・パンクなどの音楽に影響を与えた。


  1. ^ [1] "TrouserPress.com."


「ESG」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ESG」の関連用語

ESGのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ESGのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2018 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのESG (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS