持続可能性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 持続可能性の意味・解説 

じぞくかのう‐せい〔ヂゾクカノウ‐〕【持続可能性】


サステナビリティ

別名:持続可能性,サスティナビリティサステイナビリティ
【英】sustainability

サステナビリティとは、何かの物事について、現在から将来にわたってそれを持続することが可能であるという概念である。

サステナビリティの定義として現在一的に用いられている表現は、「将来世代ニーズ満たす能力損なことなく今日世代ニーズ満たす」というものである。これは、国際連合の「環境開発に関する世界委員会」(WCED)から1987年発行された報告書において言及されている。

サステナビリティは、WCEDにおいては地球環境資源開発における概念として提唱されたが、近年ビジネスシーンおいても考慮されることが多い。経営戦略商品の提供などにおいてサステナビリティを確保することは、企業の社会的責任CSR)の観点から近年重要視されつつある。

産業・技術のほかの用語一覧
企業活動:  リアルタイムコラボレーション  SCM  SWEBOK  サステナビリティ  在庫回転期間  在庫回転日数  シャドーIT

持続可能性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/25 05:55 UTC 版)

持続可能性(じぞくかのうせい、: sustainabilityサステナビリティサステイナビリティ)は、将来にわたって現在の社会の機能を継続していくことができるシステムやプロセスのこと。一般的にはそういった仕組みを指すが、環境学的には生物的なシステムがその多様性生産性を期限なく継続できる能力のことを指し、さらに組織原理としては、持続可能な発展を意味する。すなわち、人間活動、特に文明の利器を用いた活動が、将来にわたって持続できるかどうかを表す概念であり、エコロジー、経済、政治、文化の4つの分野を含むものとされる。経済社会など人間活動全般に用いられるが、特に環境問題エネルギー問題について使用される。この概念は「ブルントラント報告」(国連環境と開発に関する世界委員会、1987年)[1]で提起された。以上から転じて、企業の社会的責任(CSR)との関係で、企業がその活動を持続できるかどうかという意味で論じられることもあるが、これは、本来の用法とは異なる[2]




「持続可能性」の続きの解説一覧

持続可能性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 09:13 UTC 版)

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の記事における「持続可能性」の解説

2018年5月ICOMOSによる登録勧告において、離島における構成資産となる集落景観保持に関し人口減少懸案指摘された2012年開催された「世界遺産条約採択40周年記念世界遺産持続可能な開発地域社会役割」(京都ビジョン)で世界遺産存続のためコミュニティの存在重要性確認され世界遺産維持するためには地域コミュニティの持続可能性が必要であるとされることから消滅可能性自治体名を連ねる長崎離島にとっては深刻な課題となる。

※この「持続可能性」の解説は、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の解説の一部です。
「持続可能性」を含む「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の記事については、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の概要を参照ください。


持続可能性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 02:16 UTC 版)

石見銀山」の記事における「持続可能性」の解説

2012年開催された「世界遺産条約採択40周年記念世界遺産持続可能な開発地域社会役割」(京都ビジョン)において、世界遺産存続のためコミュニティの存在重要性確認された世界遺産維持するためのコミュニティ課題は持続可能性となる。都市部世界遺産除くと人口減少によるコミュニティ自体存続低下危惧されるそうした中で石見銀山を含む大田市では、世界遺産登録後からUターンIターンによる人口増がみられ、宝島社の『田舎暮らしの本』(2015年2月号)で移住したい町の一位選ばれるなど、世界遺産登録地域におけるコミュニティ存立モデルケースとなっている。 一方でユネスコ持続可能な保全英語版)のための費用捻出方法として、世界遺産観光資源として活用するという方針遺産の商品化)を提示しているが、石見銀山では登録当初に比べ訪問者数減っており、銀山柵内宮ノ前地区にはほとんど宿泊施設がないことから観光客日帰り訪問多く滞在型観光もたらすような収益得られていない温泉津温泉街泊は除く)。また、前述のように移住者増えているものの、観光関係への就業率は低いのが実状となっている。緩衝地帯を含む世界遺産範囲内で石見銀山景観保護条例によって新たな店舗建築制限されており、土産物屋カフェを営むにも大森地区伝統家屋外観維持しつつの開業となり、そもそも物件が出ることも滅多になく、文化循環資本の循環はまだ確立していない。後述の#地震による損壊際に間歩崩落はなかったものの、立入禁止措置採られたこともありツアーキャンセル相次ぐ事態となった

※この「持続可能性」の解説は、「石見銀山」の解説の一部です。
「持続可能性」を含む「石見銀山」の記事については、「石見銀山」の概要を参照ください。


持続可能性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 05:58 UTC 版)

奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の記事における「持続可能性」の解説

持続可能な開発のための2030アジェンダにおける持続可能な開発目標(SDGs)で持続可能性の追及として「陸の豊かさを守る」「海の豊かさも守る」が掲げられユネスコ世界遺産生物圏保護区の登録・運用反映させるようになっていることから、それに見合った施策が必要となる。

※この「持続可能性」の解説は、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の解説の一部です。
「持続可能性」を含む「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の記事については、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の概要を参照ください。


持続可能性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 00:30 UTC 版)

珠江タワー」の記事における「持続可能性」の解説

建物省エネルギー考えに基づき設計され風力原動機太陽光発電上昇フロア換気設備熱放射冷房天井などが含まれる世界で最も環境に優しい建物1つとされる珠江タワーは、持続可能なデザインとして以下のことを達成している: 世界最大熱放射冷房設置オフィスビル 世界で最もエネルギー効率のよい超高層ビル 中国2020年2005年レベルと比べてGDPあたりの二酸化炭素排出量4045%減らすことを目標にしているが、タワーその実2008年高層ビル・都市居住協議会発表した報告によると、このビル持続可能なデザインによって、似たような一般建物比べエネルギー58%を節約している。建物カーボンニュートラルの状態であるといえ、ビルにマイクロタービンが備え付けられれば、付近地域電力実際に供給することができる。しかし、広州電力会社独立した施設エネルギーを売ることを認めていない。この金銭的な理由により、マイクロタービンは設計から外されたが、もしこれらがビル追加されれば、使用する電力量が減る勤務時間外には余分に発電することができる。

※この「持続可能性」の解説は、「珠江タワー」の解説の一部です。
「持続可能性」を含む「珠江タワー」の記事については、「珠江タワー」の概要を参照ください。


持続可能性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 05:58 UTC 版)

EU ビジネススクール」の記事における「持続可能性」の解説

EU ビジネススクール・モントルー校は、責任ある経営教育を行うこと、研究すること、ソートリーダーシップを育てることを国連支援するイニシアティブである「責任ある経営教育原則 (PRME)」に加盟している。 EU ビジネススクールは、企業の社会的責任および国際的労働機関認定プログラム提供しているグリーンクロスインターナショナル2014 年に持続可能性アワードEU ビジネススクールより授与された。 2012 年EU ビジネススクールは「持続可能性を持つ経営」の文学士号を立ち上げたEU ビジネススクールは "Consejo latinoamericano de Escuelas de Administración (CLADEA)"機関メンバーである。

※この「持続可能性」の解説は、「EU ビジネススクール」の解説の一部です。
「持続可能性」を含む「EU ビジネススクール」の記事については、「EU ビジネススクール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「持続可能性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

持続可能性

出典:『Wiktionary』 (2021/07/11 04:49 UTC 版)

名詞

持続可能 じぞくかのうせい

  1. 環境資源将来渡り持続できること

発音(?)

じ↗ぞくかのーせー

翻訳


「持続可能性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

持続可能性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



持続可能性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサステナビリティの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの持続可能性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 (改訂履歴)、石見銀山 (改訂履歴)、奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島 (改訂履歴)、珠江タワー (改訂履歴)、EU ビジネススクール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの持続可能性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS