持続可能性とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 持続可能性の意味・解説 

じぞくかのう‐せい〔ヂゾクカノウ‐〕【持続可能性】


サステナビリティ

別名:持続可能性,サスティナビリティサステイナビリティ
【英】sustainability

サステナビリティとは、何かの物事について、現在から将来わたってそれを持続することが可能である、という概念である。

サステナビリティの定義として現在一般的に用いられている表現は、「将来世代ニーズ満たす能力を損なうことなく、今日世代ニーズ満たす」というものである。これは、国際連合の「環境開発に関する世界委員会」(WCED)から1987年発行された報告書において言及されている。

サステナビリティは、WCEDにおいては地球環境資源開発における概念として提唱されたが、近年ビジネスシーンにおいても考慮されることが多い。経営戦略商品の提供などにおいてサステナビリティを確保することは、企業の社会的責任CSR)の観点からも近年重要視されつつある。

産業・技術のほかの用語一覧
企業活動:  リアルタイムコラボレーション  SCM  SWEBOK  サステナビリティ  在庫回転期間  在庫回転日数  シャドーIT

持続可能性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/09 09:47 UTC 版)

持続可能性(じぞくかのうせい、: sustainability)とは、一般的には、システムやプロセスが持続できることをいうが、環境学的には、生物的なシステムがその多様性と生産性を期限なく継続できる能力のことを指し、さらに、組織原理としては、持続可能な発展を意味する。すなわち、人間活動、特に文明の利器を用いた活動が、将来にわたって持続できるかどうかを表す概念であり、エコロジー、経済、政治、文化の4つの分野を含むものとされる。経済社会など人間活動全般に用いられるが、特に環境問題エネルギー問題について使用される。この概念は「ブルントラント報告」(国連環境と開発に関する世界委員会、1987年)[1]で提起された。 以上から転じて、企業の社会的責任(CSR)との関係で、企業がその活動を持続できるかどうかという意味で論じられることもあるが、これは、本来の用法とは異なる[2]






「持続可能性」の続きの解説一覧

持続可能性

出典:『Wiktionary』 (2017/10/15 06:50 UTC 版)

名詞

持続可能 じぞくかのうせい

  1. 環境資源将来渡り持続できること。

発音

じ↗ぞくかのーせー

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「持続可能性」の関連用語

持続可能性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



持続可能性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサステナビリティの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの持続可能性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの持続可能性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS