地球の出とは? わかりやすく解説

地球の出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 03:11 UTC 版)

地球の出: Earthrise)は、アポロ8号ミッション中の1968年に宇宙飛行士ウィリアム・アンダースが撮影した地球の写真のことである。「史上最も影響力のあった環境写真」として知られ、アースデイをはじめ様々な環境運動のアイコンとなった[1]


  1. ^ a b c Paul Dickson (2009). A Dictionary of the Space Age. The Johns Hopkins University Press  p.65
  2. ^ The Earthrise Photograph
  3. ^ APOD: 24 December 2005 - Earthrise
  4. ^ Australian Broadcasting Corporation
  5. ^ Poole, Robert. Earthrise: How Man First Saw the Earth. New Haven, CT, USA: Yale University Press. ISBN 0-300-13766-4 
  6. ^ NASA audio tape encoded in MP3
  7. ^ PBS "American Experience"
  8. ^ 1/250th of a second at f/11
  9. ^ Borman, Frank. Countdown: An Autobiography. New York, NY, USA: Morrow (Silver Arrow Books). ISBN 0-688-07929-6  p.212
  10. ^ Ibid. p.193
  11. ^ 100 Photographs that Changed the World by Life - The Digital Journalist
  12. ^ Wilford, John Noble (2009年7月14日). “On Hand for Space History, as Superpowers Spar”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2009/07/14/science/space/14mission.html?pagewanted=all 2011年4月24日閲覧。 
  13. ^ John D. H. Downing (2010). Encyclopedia of Social Movement Media. Sage Publications  p.176
  14. ^ KAGUYA (SELENE)Image Taking of "Full Earth-Rise" by HDTV April 11, 2008 (JST), Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA),Japan Broadcasting Corporation (NHK)


「地球の出」の続きの解説一覧

地球の出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 02:43 UTC 版)

アポロ8号」の記事における「地球の出」の解説

詳細は「地球の出」を参照 軌道四周目に月の裏側から出てきたとき、飛行士たちは「地球の出」を目撃したことを報告してきた。この現象1966年8月23日NASAルナ・オービター1号が月を周回しているときに写真で撮影されたことはあったが、人類としてこれを目撃するのは彼らが初めであったボーマンは月の地平線向こうから地球昇ってきたとき思わ興奮して他の二人呼びかけ白黒カメラ写真撮ったそのあとアンダース急いで撮った写真は『地球の出』と呼ばれ後にライフ』誌の「世界を変えた100枚の写真の中の一つとして取り上げられた。地球と月自転公転同期しているため、地球の出は通常月の表面からは見ることできない目撃することができるのは月の周回軌道上か、もしくは地球から見て月の「へり」に当たる部分で、秤動 (ひょうどう) と呼ばれる現象起こって地球が月の地平線上をわずかに上下するような限られた部分だけである。 アンダース写真撮り続け、またラヴェル宇宙船操縦引き継いだので、ボーマンはやっと休息することができた。騒がし船内縮こまって眠るのは相変わら困難だったが、彼は軌道を二周するわずかに睡眠をとった。その間にもときどき目を覚まして宇宙船の状態について質問したが、仲間ミス犯した聞いたとき完全に目が覚めた。彼らは質問内容理解できなくなり、あるいは逆に質問に対する答えくり返すよう求めるようになっていた。ボーマン全員がこの三日間ろくに寝ていなかったため、きわめて疲労していることに気づいた彼はアンダースラヴェルに対し残り飛行計画月面観測関わるものを中止し睡眠をとるよう命じたアンダース最初は「大丈夫だと言って拒否したが、ボーマン譲らなかった。最終的にカメラ自動セットして月面写真撮り続けるのであれば休息してもよい」と言ってようやく同意したが、このとき二度目テレビ中継時間迫っていた。地上ではきわめて多くの人々期待して待っていることが分かっていたので、念頭に置いておくようにとボーマン言った次の二周で、ボーマン舵を取っている間にやっとアンダースラヴェルは眠ることができた。その後アポロ計画では、複数飛行士同時に睡眠をとるような状況になることは避けようになった

※この「地球の出」の解説は、「アポロ8号」の解説の一部です。
「地球の出」を含む「アポロ8号」の記事については、「アポロ8号」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「地球の出」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「地球の出」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

地球の出のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地球の出のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球の出 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアポロ8号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS