放射性物質とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 物質 > 放射性物質の意味・解説 

ほうしゃせい‐ぶっしつ〔ハウシヤセイ‐〕【放射性物質】


【放射性物質】(ほうしゃせいぶっしつ)

自己の質量一部崩壊させて放射線変換する性質放射能)を持った物質総称
広義の放射性物質は自然界どこにでも存在し炭素14カリウム40等の生物必須な元素含まれるし、考古学的な年代測定の手法として物体含有する放射性物質の質量調べ事も広く行われている。
ただし、報道などでこの語を用い場合放射線によって生体短期間で死に至らしめるものだけを指す。

狭義の放射性物質は核兵器原材料として有名である
ただし、これらの物質地球発生しうる自然環境核爆発起こす事はなく、濃度などを調節して外部からエネルギー加える事で初め起爆する
これは原子炉利用する発電所大型船舶についても同様でこのような施設兵器破壊されたとしても核爆発生じ事はない
原子力での事故起こりうる最も悲惨な事態は、放射性物質が粉塵などに混ざって大気中に拡散したり、生物体内吸収されたり、紛失して知識のない民間人回収される事による放射線障害である。

特に問題なのは、何らかの用途使用され後の放射性廃棄物の処理である。
ほとんどの工業用途では、放射性物質がまだ十分な放射能維持したままの段階利用不可能になって廃棄されるので、それら廃棄物環境汚染引き起こさず廃棄する特別な処理が必要とされる
一般的な処置としては漏出ないよう固形化した上で放射線届かない地中奥深くなどに廃棄されるが、比較安全な廃棄物劣化ウラン弾などの使い捨て同然の用途転用される事もあり、湾岸戦争症候群とは別の視点から環境問題としても議論かもしている。


放射性物質

読み方ほうしゃせいぶっしつ
英語表記radioactive material

放射線放出する物質、または放射性核種を含む物質一般的に放射性物質という。
下記の法律では、核原料物質核燃料物質及び放射性同位元素という用語を定義している。
  1. 原子力基本法昭和30年
  2. 核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律昭和32年
  3. 放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律昭和32年

○「原子力基本法」の第三条
核燃料物質」とは、ウラントリウム原子核分裂過程において高エネルギー放出する物質であって政令定めものをいう
核原料物質」とは、ウラン鉱トリウム鉱その他核燃料物質原料となる物質であって政令定めものをいう

○「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律」の第二条
この法律において「放射性同位元素」とは、りん三十二、コバルト六十放射線放出する同位元素及びその化合物並びにこれらの含有物機器装備されているものを含む)で政令定めものをいう

上記の法律では、最低の放射能値と放射能濃度指定している。
●「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律
放射性同位元素数量
  1. 密封されているもの(密封線源
     1個が3.7メガベクレル(3,700000ベクレル)。ただし時計その他の機器又は装置以外の物に密封のもの(放電管煙感知器その他の機器又は装置装備されたものを除く。)であってそれらの集合したものについては、その集合したものごとに3.7メガベクレル。  濃度規定濃度については74ベクレルグラム。 ただし自然に賦存する固体状のものは、370ベクレルグラム

  2. 密封されていないもの(非密封線源
    第1群ストロンチウム90及びアルファ線放出する同位元素
    3.7キロベクレル(3,700ベクレル
    第2群物理的半減期30日を超える放射線放出する同位元素
    トリチウムベリリウム7炭素14硫黄355559を除く)
    37キロベクレル37000ベクレル
    第3物理的半減期30日下の放射線放出する同位元素
    ふっ素18クロム51ゲルマニウム71タリウム201
    370キロベクレル370000ベクレル
    第4トリチウムベリリウム7炭素14ふっ素18クロム51
    ゲルマニウム71タリウム201
    3.7メガベクレル(3,700000ベクレル

    核原料物質及び核燃料物質は、放射性同位元素であるが、この法律では定義していない。

●「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律」(使用許可要しない核燃料物質
第十五条
ウラン235ウラン238に対する比率天然混合率であるウラン及びその化合物
ウランの量300グラム以下
ウラン235ウラン238に対する比率天然混合率に達しないウラン及びその化合物
ウランの量300グラム以下
二号物質の一又は二以上を含む物質原子炉において燃料として使用できるもの。
ウランの量300グラム以下
トリウム及びその化合物
トリウムの量900グラム以下
前号物質の一又は二以上を含む物質原子炉において燃料として使用できるもの
トリウムの量900グラム以下

放射性物質

放射線を出す能力放射能といい、放射能をもっている原子放射性核種という)を含む物質一般的に放射性物質という。また、個々の核種限定しない場合は、放射性核種のことを総称して放射性物質ということもある。 放射性物質、放射線及び放射能の関係は、「電灯」が放射性物質に、電灯ら出る光線」が放射線に、そして電灯の「光を出す能力」と「その強さワット数)」が放射能にあたる放射性物質

放射性物質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 23:37 UTC 版)

放射性物質(ほうしゃせいぶっしつ、英語: radioactive substance[1][2][3])とは、放射能を持つ物質の総称である。主に、ウランプルトニウムトリウムのような核燃料物質、放射性元素もしくは放射性同位体中性子を吸収又は核反応を起こして生成された放射化物質を指す[注釈 1]


注釈

  1. ^ 放射線物質や放射能物質などの用法は誤りである。
  2. ^ IAEA では "nuclear material" を "Any source material or special fissionable material" と定義している。[5]

出典

  1. ^ 文部省日本物理学会編『学術用語集 物理学編』培風館、1990年。ISBN 4-563-02195-4
  2. ^ 原子力基本法(昭和30年法律第186号)第3条第二号
  3. ^ a b c d e 長倉三郎ほか編、『岩波理化学辞典』、岩波書店、1998年、項目「放射性物質」より。ISBN 4-00-080090-6
  4. ^ 同法第3条第3号
  5. ^ IAEA Safeguards Glossary 4.1 (PDF)


「放射性物質」の続きの解説一覧

放射性物質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/26 13:24 UTC 版)

チチタケ」の記事における「放射性物質」の解説

チチタケキノコの中でも放射性物質を取り込みやすい傾向が高いといわれる2011年3月11日東日本大震災では、栃木県隣接する福島県福島第一原子力発電所事故発生しチチタケ消費地産地深刻な放射能汚染被害及ぼした2011年9月には福島県棚倉町自生していたチチタケから、当時暫定規制値(1キログラムあたり500ベクレル)の56倍に相当する1キログラムあたり28,000ベクレル放射性セシウム検出されており、翌年2012年10月には福島から離れた青森県でも、その時点での食品衛生法基準値(1キログラムあたり100ベクレル)を上回る1キログラムあたり120ベクレル放射性セシウム検出されている。 2017年現在山形県福島県栃木県長野県規制値100 Bq/kgを超える放射性セシウム検出されている。厚生労働省や県は該当地域での採取出荷及び摂取自粛呼び掛けている。

※この「放射性物質」の解説は、「チチタケ」の解説の一部です。
「放射性物質」を含む「チチタケ」の記事については、「チチタケ」の概要を参照ください。


放射性物質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/26 13:57 UTC 版)

サクラシメジ」の記事における「放射性物質」の解説

福島第一原子力発電所以後の放射性物質検査で、青森県岩手県宮城県福島県栃木県、群馬県、埼玉県採取されサクラシメジから規制値100 Bq/kgに近い放射性セシウム検出されている(2017年現在)。厚生労働省や県は該当地域での採取出荷及び摂取自粛呼び掛けている。

※この「放射性物質」の解説は、「サクラシメジ」の解説の一部です。
「放射性物質」を含む「サクラシメジ」の記事については、「サクラシメジ」の概要を参照ください。


放射性物質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/10 18:03 UTC 版)

ハナイグチ」の記事における「放射性物質」の解説

福島第一原子力発電所事故以降の放射性物質検査で、長野県佐久市山梨県富士吉田市静岡県小山町御殿場市富士宮市富士市採取され野生のハナイグチから規制値100 Bq/kgに近い放射性セシウム検出されている(2017年現在)。厚生労働省や県は該当地域での採取出荷及び摂取自粛呼び掛けている。

※この「放射性物質」の解説は、「ハナイグチ」の解説の一部です。
「放射性物質」を含む「ハナイグチ」の記事については、「ハナイグチ」の概要を参照ください。


放射性物質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 23:56 UTC 版)

南極」の記事における「放射性物質」の解説

1950年代以降行われた核実験による放射性物質は南極でも検出される検出される放射性物質のうちトリチウム三重水素は分布に濃度差がある、しかし濃度差を生じ理由未解明である。

※この「放射性物質」の解説は、「南極」の解説の一部です。
「放射性物質」を含む「南極」の記事については、「南極」の概要を参照ください。


放射性物質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 01:41 UTC 版)

マグロ」の記事における「放射性物質」の解説

主に軟組織広く取り込まれ分布し生物濃縮により魚食性の高い魚種カツオマグロタラスズキなど)での高い濃縮を示すデータ得られているが、底生生物主な餌とする魚種カレイハタハタ甲殻類頭足類貝類)では比較濃縮度は低い。また大型の魚種ほど、濃縮度が高くなることが示唆されている。若い魚や高水温域に生息するほど、代謝良く排出量多くなるため蓄積量少ないと考えられている。体内に取込まれる経路は、餌がほとんどであるが、を通じて直接取り込まれる経路もあり、それぞれの経路比率についてのデータ不足している

※この「放射性物質」の解説は、「マグロ」の解説の一部です。
「放射性物質」を含む「マグロ」の記事については、「マグロ」の概要を参照ください。


放射性物質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 08:31 UTC 版)

日本の喫煙」の記事における「放射性物質」の解説

元来喫煙影響する放射性物質については「被曝#喫煙による被曝を参照 平成23年2011年3月11日東日本大震災により発生した福島第一原子力発電所事故東日本広域低濃度から高濃度放射能汚染至り東日本広域葉たばこ畑もまた放射能汚染された日本たばこ産業 (JT) によると福島県1175戸の葉たばこ農家平成23年2011年)産葉たばこ生産断念したJT平成23年2011年8月中旬から購買前の黄色種バーレー種在来種それぞれの乾燥済み葉たばこの放射性物質検査実施した黄色種検査対象茨城県栃木県千葉県静岡県産は、当時JT設定していた放射性物質の自社暫定基準値放射性セシウム: 500Bq/kg、放射性ヨウ素: 2000Bq/kg」を超過しなかった。バーレー種在来種検査対象宮城県茨城県栃木県群馬県産もまた、当時JT設定していた放射性物質の自社暫定基準値放射性セシウム: 500Bq/kg、放射性ヨウ素: 2000Bq/kg」を超過しなかった。 平成24年2012年3月JT放射性セシウム自社基準値引き下げ、「100Bq/kg」に設定した。これは厚生労働省医薬食品局食品安全基準審査課が同時期発表した一般食品適応する放射性セシウムの新基準に合わせたものである。既に買取済みの新基準 (100Bq/kg) 超過分廃棄され厳重な検査継続されるJT新たな基準値を超えることが懸念される福島県葉たばこ農家128戸に平成24年産(2012年産)葉たばこ売買契約解除方針伝えたJT紙巻たばこ黄色種西日本中心品種紙巻たばこ主原料)、バーレー種東日本中心品種香り引き立てる)、在来種東日本中心品種、喫味がやわらか)がブレンドされ、さらに外国産葉たばこブレンドされるため、放射性セシウム検出葉たばこ単独で使用されるわけではない平成24年2012年)の現段階ではJT販売している紙巻たばこ使用している平成23年2011年)産の葉たばこ沖縄県産、九州産のみである。葉たばこ熟成期間等を要するめであり、たばこ煙の微量放射性セシウム喫煙者本人が吸煙、他人受動喫煙により吸煙、周辺空間へ拡散吸殻への残存等が起きるのは、平成23年2011年3月から数年経たのちである。葉たばこ含まれるセシウム沸点640°Cから670°C)が金属セシウムならばたばこ(紙巻たばこ葉巻たばこ)の燃焼熱沸点になり、水酸化セシウム沸点およそ990°C)または塩化セシウム沸点およそ1300°Cであれば、たばこの燃焼熱沸点ならない原子力事故耕作中止した福島県を除く東北5県、関東4県、静岡県合計9県の平成23年産(2011年産)の葉たばこ生産量合計8852000kgである。内訳は青森県2994000kg、岩手県2699000kg、秋田県919000kg、山形県255000kg、宮城県157000kg、栃木県198000kg、茨城県1041000kg、千葉県526000kg、群馬県2000kg、静岡県61000kgである。(関東地方では東京都・神奈川県埼玉県は全く生産していないため除外。)

※この「放射性物質」の解説は、「日本の喫煙」の解説の一部です。
「放射性物質」を含む「日本の喫煙」の記事については、「日本の喫煙」の概要を参照ください。


放射性物質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 16:36 UTC 版)

放射」の記事における「放射性物質」の解説

ウランプルトニウムのような放射性物質(原因となる原子単体では放射性核種)は、原子核崩壊するときに放射線を出す(放射能)。

※この「放射性物質」の解説は、「放射」の解説の一部です。
「放射性物質」を含む「放射」の記事については、「放射」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「放射性物質」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

放射性物質

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 10:53 UTC 版)

名詞

放射性 物質ほうしゃせいぶっしつ

  1. 放射能を持つ物質

発音(?)

ほ↗ーしゃせーぶ↘っしつ

「放射性物質」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



放射性物質と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「放射性物質」の関連用語

放射性物質のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



放射性物質のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
福井原子力環境監視センター福井原子力環境監視センター
Copyright (C)2001-2022 FERMC(福井県原子力環境監視センター) All rights reserved.
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2022 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの放射性物質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのチチタケ (改訂履歴)、サクラシメジ (改訂履歴)、ハナイグチ (改訂履歴)、南極 (改訂履歴)、マグロ (改訂履歴)、日本の喫煙 (改訂履歴)、放射 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの放射性物質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS