キャスクとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > キャスクの意味・解説 

キャスク

英語:cask

原子力発電において、原子炉から取り出された使用済み核燃料収納し、輸送するための容器使用済み核燃料初め核燃料プールに移され、最低1年間貯蔵経てある程度温度低下したのちにキャスクに移される。使用済み核燃料原子力発電所から使用済燃料中間貯蔵施設再処理工場などに輸送される際には、キャスクに収納された状態で輸送される。

キャスクは金属製ののような形状をしており、上部密閉可能な二重の設けられている。キャスクは内部使用済み核燃料漏洩させないとともに使用済み核燃料から放出される放射線遮蔽するように設計されている。また、キャスクには、内部発生する熱を適切に外に逃がし、臨界が起こることを防ぐ機能求められる。キャスクの構造規格としては、日本機械学会作成した「使用済燃料貯蔵施設規格金属キャスク構造規格」が用いられている。

キャスクは内部充填されている「湿式キャスク」と、充填されていない乾式キャスク」に分類され、国内では湿式のものがより一般的である。なお、キャスクにはコンクリート製のものもあり、米国カナダなどでは運用されているが、日本では2007年設計および検査基準定められたものの、実用には供されていない

キャスクは落下加熱浸漬などの試験合格したもののみが用いられるが、2013年11月現在、福島第一原子力発電所4号機行われることが予定されている使用済み核燃料取り出し作業では、32メートルの高さからキャスクが落下するおそれがあるとされており、その高さでの落下試験実績がないことが懸念されている。

キャスク

読み方きゃすく
英語表記cask

放射性物質輸送容器の名称。輸送物の内容によってそれぞれ技術基準定められ、放射能の弱い方から順にL型、IP型、A型B型大きく種類分類できる。
それぞれ必要に応じ放射線遮へい機能密封機能冷却機能及び構造強度備えており、国際基準に基づいた信頼性実証試験の後、型式承認が行われている。
このうち使用済燃料のキャスクは大きく各種型式があり、直径約2.5m、長さ約6mの円筒形で100tを超える容器も使われている。
MOX燃料輸送容器
キャスク




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「キャスク」の関連用語

キャスクのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キャスクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
福井原子力環境監視センター福井原子力環境監視センター
Copyright (C)2001-2018 FERMC(福井県原子力環境監視センター) All rights reserved.

©2018 Weblio RSS