落下とは? わかりやすく解説

らっ‐か〔ラク‐〕【落下】

読み方:らっか

[名](スル)高い所から落ちること。「看板道路に―した」


落下

作者小笠原賢二

収載図書小笠原賢二小説集
出版社響文社
刊行年月2006.9


落下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 09:13 UTC 版)

落下(らっか)とは、地球と物体が引き合って近づいていく様子を地上でみたとき、あたかも物体に一定方向の一様な力が働いて落ちていくかのように見える現象である。




「落下」の続きの解説一覧

落下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/10 14:43 UTC 版)

タギシュ・レイク隕石」の記事における「落下」の解説

タギシュ・レイク隕石破片は、上空50-30kmで放出エネルギーが1.7キロトンとも推定される流星爆発起こし地表落下したユーコン準州南部ブリティッシュコロンビア州北部火球目撃されその後500近いの隕石破片氷結した湖面から回収された。落下範囲には、更に多くの破片があったと考えられている。この火球後に残った流星痕や、アメリカ合衆国国防総省人工衛星データから、隕石軌道割り出された。高高度での火球爆発は、人工衛星光学赤外線センサーだけでなく地震計作動させた。 落下地点周辺の火球目撃者中には火球発生後空気硫黄匂い混じっていた、と証言する者もいた。速報では、ミサイル誤爆であるとする情報流れた2013年チェリャビンスク隕石でもみられたような流星痕塵の雲2つ分かれた様子が、タギシュ・レイクの火球でも撮影された。これは、キノコ雲可視化されるような上昇気流が、流星軌道真ん中急速に入り込んだためと考えられる

※この「落下」の解説は、「タギシュ・レイク隕石」の解説の一部です。
「落下」を含む「タギシュ・レイク隕石」の記事については、「タギシュ・レイク隕石」の概要を参照ください。


落下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 09:30 UTC 版)

黄砂」の記事における「落下」の解説

こういった過程経て粒の大きな砂から落下していく。北京では粒子直径がおよそ4 - 20μm発生後3、4日経って到達する日本では4μm前後という調査結果がある。韓国気象庁解説では、上空舞い上がって運ばれる黄砂は、3割発生地に、2割が発生地周辺地域に、5割が日本・韓国太平洋などの遠方運ばれて落下・沈着するという。 そして、より近い発生地からの黄砂のほうが飛来頻度が高い。たとえば、朝鮮半島観測される黄砂多く西方黄土高原ゴビ砂漠などで発生したもので、タクラマカン砂漠発生したものはまれである朝鮮半島タクラマカン砂漠は5,000キロ以上離れており、長距離運搬される条件整ったときにしか砂塵到達しないまた、韓国到達する黄砂の「発生から飛来までの経過日数」と「飛来時に黄砂分布する平均高度」を調べた韓国気象庁資料では、タクラマカン砂漠経過日数4 - 8日・高4 - 8キロ中国北部乾燥地帯3 - 5日・1 - 5キロ黄土高原2 - 4日1 - 4キロ中国東北部1 - 3日1 - 3キロなどとなっている。 黄砂年間発生量年間2億 - 3億トン推定され対す降下量は北京春に1か月間に1km2 あたり10 - 20トン程度日本1年間に1km2あたり1 - 5トン推定されている。ただしその量は、発生地毎回天候左右される。なお、1998 - 2000年データでは北京乾性降下物乾いたばいじん)のうち8割が黄砂を含む土壌性の粒子であったまた、日本における黄砂含めたばいじんの総降下量は国内平均1年間に1km2あたり40トン程度1989年)とされ、黄砂その1程度にあたる

※この「落下」の解説は、「黄砂」の解説の一部です。
「落下」を含む「黄砂」の記事については、「黄砂」の概要を参照ください。


落下(ダルファ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 08:42 UTC 版)

まじもじるるも」の記事における「落下(ダルファ)」の解説

空中物体落下させる魔法作中では上空を飛ぶ無人飛行船墜落させた。

※この「落下(ダルファ)」の解説は、「まじもじるるも」の解説の一部です。
「落下(ダルファ)」を含む「まじもじるるも」の記事については、「まじもじるるも」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「落下」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

落下

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 00:26 UTC 版)

この単語漢字
らく > らっ
第三学年

第一学年
音読み 音読み

発音

ら↘っか
ら↗っか

名詞

(らっか)

  1. 高いから下落ちること。

動詞

活用


「落下」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「落下」の関連用語

落下のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



落下のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの落下 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのタギシュ・レイク隕石 (改訂履歴)、黄砂 (改訂履歴)、まじもじるるも (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの落下 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS