隕石とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > 隕石 > 隕石の意味・解説 

いん‐せき〔ヰン‐〕【×隕石】

読み方:いんせき

宇宙空間珪素(けいそ)などでできた小天体が、惑星衛星落下したもの。成分比により石質隕石石鉄隕石隕鉄分類される隕星ほしいし

隕石の画像 隕石の画像
隕石による米・バリンジャークレーター撮影Steve Jurvetson https://goo.gl/AdjSbt
隕石の画像

隕石

読み方:インセキ(inseki)

流星大気中で燃え尽きないで地球上落ちてきたもの


隕石(いんせき)

宇宙うちゅう)から地球(ちきゅう)に落ちてきた石のことです。隕石は、約46年前地球太陽系ができたときの材料で、地球太陽系どのようにして生まれたかを知る手掛(てが)かりになります南極発見された隕石は「南極隕石なんきょくいんせき)」と呼ばれます

隕石

作者J.T.リロイ

収載図書サラ、いつわりの祈り
出版社アーティストハウス
刊行年月2005.5
シリーズ名BOOK PLUS


隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/05 20:07 UTC 版)

隕石(いんせき、: meteorite)とは、惑星間空間に存在する固体物質が地球などの惑星の表面に落下してきたもののこと[1][2]


注釈

  1. ^ 「『最寄りの郵便局の名前』と『町などの人口の多い場所の名前』が隕石の名前に用いられる」という説は誤解である。
  2. ^ そもそもとして、誰の所有権が発生してようと無かろうと他人土地に無断で立ち入ることは違法である。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 平凡社『世界大百科事典』1988年版 vol.2, p.42 「隕石」。武田弘 + 村田定男 執筆
  2. ^ a b c d 培風館『物理学辞典』1992、 p.108 「隕石」
  3. ^ リチャード・ノートン著、江口あとか訳 『隕石コレクター 鉱物学、岩石学、天文学が解き明かす「宇宙からの石」』 築地書館 2007年 4ページ
  4. ^ 渡部潤一他編 『シリーズ現代の天文学9 太陽系と惑星』 p.140, p.163-164、日本評論社、2008年、ISBN 978-4-535-60729-3
  5. ^ ヨシュア記(口語訳)#10:11
  6. ^ Brown and Patterson, J. Geol. 56, 87, 1948.
  7. ^ “宝くじより高い? 隕石に当たって死亡する確率”. ナショナルジオグラフィック. (2016年2月15日). https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/021200052/ 2020年2月16日閲覧。 
  8. ^ “「隕石で死亡」190年ぶり不運 インド南部、宇宙ごみの可能性も”. サンケイビズ. (2016年2月11日). http://www.sankeibiz.jp/express/news/160211/exd1602110000001-n2.htm 2020年2月16日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f “ロシア隕石落下の衝撃”. 東京海上日動リスクコンサルティング. (2013年4月3日). http://www.tokiorisk.co.jp/risk_info/up_file/201304031.pdf 2016年2月10日閲覧。 
  10. ^ 国立科学博物館 南丹隕石
  11. ^ エンシスハイム隕石画像 (JPG)
  12. ^ a b c d GUIDELINES FOR METEORITE NOMENCLATURE”. THE METEORITICAL SOCIETY. pp. 4-6. 2020年6月23日閲覧。
  13. ^ 火球の一部「習志野隕石」は誰のもの? 千葉のマンションで発見、億で取引事例も 弁護士ドットコム 2020年7月24日閲覧
  14. ^ 日本天文史料〈下〉. 原書房. (1935年, 1978年 復刻) 
  15. ^ 上海税関、虚偽申告の隕石850キロ超を押収”. AFP (2019年9月8日). 2019年9月28日閲覧。



隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/27 01:14 UTC 版)

メテオド」の記事における「隕石」の解説

30年前流星群となって地球飛来し人類文明壊滅状態陥れた。現在も世界各地巨大隕石地表突き刺さっている。何らかの原因で隕石付近中心としてデブリ呼ばれる動植物異常発生し、地球生態系狂わせた

※この「隕石」の解説は、「メテオド」の解説の一部です。
「隕石」を含む「メテオド」の記事については、「メテオド」の概要を参照ください。


隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 04:03 UTC 版)

天文現象の年表」の記事における「隕石」の解説

主な隕石落下記録1895年3月4日 - 愛媛県に隕石が落下

※この「隕石」の解説は、「天文現象の年表」の解説の一部です。
「隕石」を含む「天文現象の年表」の記事については、「天文現象の年表」の概要を参照ください。


隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 08:39 UTC 版)

火星の生命」の記事における「隕石」の解説

火星からの隕石の沈着物が火星過去生物痕跡証明しているか否か解釈について議論があるが、生物学者関心惹きつけてきた。アメリカ航空宇宙局NASA)は少なくとも57個の火星隕石カタログ所持しており、入手できる唯一の火星物理的なサンプルとして非常に貴重である研究により、少なくとも3個に過去火星の生命痕跡認められ火星生命がいるという推測大きくなった。得られ科学的な事実信頼できるものであるが、その解釈様々であるこれまで誤解を招く報道発表等は幾度もあったが、科学的事実自体致命的な誤り指摘されたことは一度もない過去数十年間で、地球地質学的サンプル過去生物痕跡認め7つ基準確立されている。その基準は、 サンプル地質学的な状況過去生命共存しうるものか サンプル年代と層の位置過去生命共存しうるものか サンプル中には細胞コロニー証拠含まれているか 化学的鉱物学的な平衡を持つ生体鉱物証拠がある生物特異的な安定同位体組成パターンの証拠がある有機的な生物指標化合物存在するサンプル生来の特徴存在するか というものである地質学的なサンプル過去生物痕跡合意されるためには、以上の基準全て満たす必要がある

※この「隕石」の解説は、「火星の生命」の解説の一部です。
「隕石」を含む「火星の生命」の記事については、「火星の生命」の概要を参照ください。


隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 07:17 UTC 版)

ルヴマ州」の記事における「隕石」の解説

1899年10月24日にペラミホ近郊に隕石が落下した。このペラミホ隕石はユークライト(Eucrite)に分類される

※この「隕石」の解説は、「ルヴマ州」の解説の一部です。
「隕石」を含む「ルヴマ州」の記事については、「ルヴマ州」の概要を参照ください。


隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/08 15:50 UTC 版)

コロニーな生活」の記事における「隕石」の解説

不定期に隕石が発生し何もせずに放置する落ちた地点土地消滅する施設住民がいれば土地と共に消滅するこれらの被害回避するには、1km以上移動した上で位置登録ミサイル設置ならびに発射設定による迎撃、避石針設置による落下位置誘導という処置が必要となる。 位置登録では隕石を回避しミサイル迎撃では隕石が上空消滅するため、フィールド上に被害出ない。避石針での位置誘導隕石の落下伴うため、土地消滅する一定割合で「アイテム隕石」と呼ばれる隕石が降ってくることがある。この隕石は、落下際に人口応じたアイテム1つ手に入る。しかし、位置登録ミサイル迎撃をしてしまうと隕石が消滅するため、アイテム取得できないアイテム隕石が土地落ちた場合も、通常の隕石と同じように土地消滅するアイテム入手したい場合は、回避迎撃せずにアイテム隕石をフィールド内に落とさなければならず、設置した施設住民守りたい場合には避石針および土地犠牲にする必要がある2枚目以降のフィールド人口8001人以上の場合巨大隕石発生することがある迎撃にはミサイル3つ必要で迎撃失敗する最悪の場合落下地点中心として上下左右合計5マス十字型)の土地がなくなる。また、巨大アイテム隕石も存在しフィールド上に落とすと巨大隕石同様、土地がなくなるがアイテム最大3つ入手可能ミサイル迎撃数により入手できるアイテム減少する

※この「隕石」の解説は、「コロニーな生活」の解説の一部です。
「隕石」を含む「コロニーな生活」の記事については、「コロニーな生活」の概要を参照ください。


隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 00:12 UTC 版)

津波」の記事における「隕石」の解説

巨大隕石海に落下すれば津波起こと考えられる衝突津波)。歴史時代には明確に証明された衝突津波はないが、メキシコ湾カリブ海沿岸各地には、約6550万年前の天体衝突時に発生した津波津波堆積物残っており、津波高は約300 m推測されている。

※この「隕石」の解説は、「津波」の解説の一部です。
「隕石」を含む「津波」の記事については、「津波」の概要を参照ください。


隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 16:37 UTC 版)

マシュランボー」の記事における「隕石」の解説

本編から300年前地球衝突した強大なエネルギー秘めた隕石。その衝突の際の打撃及びそれに伴う地軸の傾きによる環境崩壊により人類急速に減ってしまい、さらに人類生み出した人工生命体マトリクサー反乱によりヤクモ除いて人類滅亡してしまう。

※この「隕石」の解説は、「マシュランボー」の解説の一部です。
「隕石」を含む「マシュランボー」の記事については、「マシュランボー」の概要を参照ください。


隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/19 01:23 UTC 版)

ギャラクシーウォーズ」の記事における「隕石」の解説

UFOミサイルの発射台の間を右往左往しており、画面の端まで行くと、一段下がって反対方向へ動く、いわゆる牛耕式動きをする。左下まで行きつく左上から再度現れる

※この「隕石」の解説は、「ギャラクシーウォーズ」の解説の一部です。
「隕石」を含む「ギャラクシーウォーズ」の記事については、「ギャラクシーウォーズ」の概要を参照ください。


隕石(いんせき)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 10:14 UTC 版)

火の鳥 鳳凰編 我王の冒険」の記事における「隕石(いんせき)」の解説

斜めに落ちてきて地面転がる黒い球状の隕石。動きメカマルムシに似ているが、スピードはかなり速い。ただし、我王追いかけるようなことはしない

※この「隕石(いんせき)」の解説は、「火の鳥 鳳凰編 我王の冒険」の解説の一部です。
「隕石(いんせき)」を含む「火の鳥 鳳凰編 我王の冒険」の記事については、「火の鳥 鳳凰編 我王の冒険」の概要を参照ください。


隕石(いんせき)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 10:14 UTC 版)

火の鳥 鳳凰編 我王の冒険」の記事における「隕石(いんせき)」の解説

来世ステージ2登場ザコキャラの隕石とは全く異なる、青い大型の隕石。

※この「隕石(いんせき)」の解説は、「火の鳥 鳳凰編 我王の冒険」の解説の一部です。
「隕石(いんせき)」を含む「火の鳥 鳳凰編 我王の冒険」の記事については、「火の鳥 鳳凰編 我王の冒険」の概要を参照ください。


隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 08:09 UTC 版)

南極大陸」の記事における「隕石」の解説

詳細は「南極隕石を参照 南極大陸発見される隕石群は、初期太陽系構成した物質を知る上で非常に重要である。そのほとんどは小惑星起源のものであり、中には惑星から飛来しと考えられるものもある。最初の隕石発見1912年遡る1969年には日本調査隊9個の隕石を発見したこれらの隕石の大部分は100万年間にわたって氷の上に降り注いだもので、その上に雪が積もって埋まり、やがて何世紀もの期間をかけて移動する氷床山地などとぶつかる所に溜まる。それが風食作用等で表面浮き上がり発見される南極大陸発見される隕石は、他の地域見つかるものよりも保存状態良好であるこのような大規模な収集は、太陽系における隕石の種類や、小惑星彗星との関係に対する理解を深める新しいタイプ珍しい隕石も発見された。この中には衝撃によって月や火星から飛び出し飛来したものもあった。これらのうち、特に南極隕石探査英語版)にて発見されアラン・ヒルズ84001などは、火星微生物存在したかどうか論争喚起した。隕石は宇宙空間浴びた宇宙線履歴を残すため、地球落下してからの経過時間実験室分析明らかにできる。この経過時間、すなわち地球上存在した時代解析は、南極氷床環境を知る上で有効な情報になる可能性秘めている2006年オハイオ州立大学研究チームは、NASAGRACE衛星用いて行った重力測定結果から、大きさ約480kmのウィルクスランドクレーター英語版)を発見した。これは、約2億5000万年前に形成されと考えられる

※この「隕石」の解説は、「南極大陸」の解説の一部です。
「隕石」を含む「南極大陸」の記事については、「南極大陸」の概要を参照ください。


隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 17:25 UTC 版)

泉田純」の記事における「隕石」の解説

コーナーポストからの、立っている相手へのヘッドバット

※この「隕石」の解説は、「泉田純」の解説の一部です。
「隕石」を含む「泉田純」の記事については、「泉田純」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「隕石」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

隕石

出典:『Wiktionary』 (2021/12/08 23:17 UTC 版)

この単語漢字
いん
表外漢字
せき
第一学年
音読み 漢音

発音

名詞

(いんせき)

  1. (天文学, 岩石学) 流星大気中で燃え尽きないで地上落下してきたもの。

類義語

関連語

翻訳


「隕石」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



隕石と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「隕石」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



隕石のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2023.
環境省環境省
Copyright © 2023 Kankyosho All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの隕石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメテオド (改訂履歴)、天文現象の年表 (改訂履歴)、火星の生命 (改訂履歴)、ルヴマ州 (改訂履歴)、コロニーな生活 (改訂履歴)、津波 (改訂履歴)、マシュランボー (改訂履歴)、ギャラクシーウォーズ (改訂履歴)、火の鳥 鳳凰編 我王の冒険 (改訂履歴)、南極大陸 (改訂履歴)、泉田純 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの隕石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS