地球上とは? わかりやすく解説

地球上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 09:30 UTC 版)

ガイア・ギア」の記事における「地球上」の解説

自然保護監視地区 地球連邦政府設置した極めて特殊な環境保護区実験地区。「自然の環境は人に何を与えるのか?」その命題を知るために、地球連邦政府このような実験地区を地球上にいくつも用意している。スペース・コロニーのような人工的な環境は人を鍛えるのか退廃追い込むのか、まだ分かっておらず、それはスペースコロニーまで含めた全人類の問題であったそのためには比較資料となる逆のケース温存しておかなければならず、このような実験区作られた。 アフランシの生まれ育った太平洋上の南の島もその一つ指定された実験区だった。彼がその島で育ったのはメタトロン組織によって仕組まれたことだった。 いかにも「自然」に見える自然環境管理された不自然な環境だった。木造に見える島の家も、材料全て強化プラスチックで、腐食せず古くならない。また宇宙世紀2世紀過ぎているこの時代に、十数世紀昔の時代のままの生活を送る島に普通の人間住めるわけはなく、そこには作為があった。島に住んでいるのはすべて意図的に集められ許されて住んでいる人々であった。 島から出るホンコンへの定期便にはインド人ベトナム人中国人といったアジア人だけでなく、白人もいれば黒人中東人々もいて、それこそが、この地区が地球上の実験地域されているという証拠であった地球 旧世紀人類人口120を超えれば滅びと言われていたが、スペース・コロニーのおかげで200を超えた現在も人類地球圏に住んでいられる大気汚染され切っており、南洋保護区にある島でも8等星まで見える夜は珍しかった一般的には地球人類生んだ故郷として、その環境再生させるためにそのままにしておくべき聖域だと考えられている。 人類変質しており、スペースコロニー育ち人間地球へ興味関心失いその本物の自然に触れて気持ちが良いとは感じない。 それでも人類地球誕生した以上、地球移住は人の本能くすぐる部分があり、マハはそれを餌にして協力者募っている。そして強発動して人の選別をして適当な数人間による地球管理考えているヌーボ・パリパリ東方十数キロ位置するかつてのパリコロニー落としによって壊滅し、現在は湖となってパリ湖と呼ばれている。 ホンコン 宇宙行きシャトル打ち上げられるため、世界中から人々が集ま大都市地球宇宙とをつなぐ港町として『聖域化』しておりそのような都市他にも地球上にいくつかある。 宇宙世紀入っても、旧世紀時代香り残した香港」はそのまま残っていた。 世界中から種々様々な人が集まった人種のるつぼホンコン過ごしたことのある白人ミランダ・ハウアジア人に対する無意識の偏見認めた際、アフランシは「スペース・コロニー移民時代歪められすぎた土地だから止むを得ない」と擁護している。 街の中心部から一歩離れると、地球残された他の都市同様に様々な言語飛び交うスラム化していた。 ヨーロッパ地区 地球不法滞在者が最も多い場所と言われている。少しずつだが森林再生しているものの、旧世紀のような都市生活インフラシステム修復されていない。 現在、反地球連邦政府活動家巣窟となっている。 白人発祥の地のため、連邦政府による白人移民計画の目的となっている。

※この「地球上」の解説は、「ガイア・ギア」の解説の一部です。
「地球上」を含む「ガイア・ギア」の記事については、「ガイア・ギア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「地球上」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「地球上」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地球上」の関連用語

地球上のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地球上のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガイア・ギア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS