生き物とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 生き物の意味・解説 

いき‐もの【生き物】

生きているもの。特に、動物生物(せいぶつ)。「生き物をかわいがる」

生命あるかのように、生き生きとして、絶えず変化するもの。「言葉は生き物だ」


生物

(生き物 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 06:25 UTC 版)

生物(せいぶつ)または生き物(いきもの)とは、動物菌類植物藻類などの原生生物古細菌細菌などを総称した呼び方である。多くの場合ウイルスを含めないが、立場によっては含めることもある。




  1. ^ 木村資生著 『生物進化を考える』 岩波書店 《岩波新書(新赤版)19 》 1988年 2ページ
  2. ^ 「生命の起源はどこまでわかったか 深海と宇宙から迫る」p148-149 高井研編 岩波書店 2018年3月15日第1刷発行
  3. ^ 「生命の起源 宇宙・地球における化学進化」p11-p12 小林憲正 講談社 2013年5月20日第1刷発行
  4. ^ 「ひとりでマスターする生化学」p23 亀井碩哉 講談社 2015年9月24日第1刷発行
  5. ^ 「ひとりでマスターする生化学」p4 亀井碩哉 講談社 2015年9月24日第1刷発行
  6. ^ The Pharmaceutical Society of Japanより引用 https://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9
  7. ^ 「生命の起源はどこまでわかったか 深海と宇宙から迫る」p46-47 高井研編 岩波書店 2018年3月15日第1刷発行
  8. ^ 「ひとりでマスターする生化学」p3 亀井碩哉 講談社 2015年9月24日第1刷発行
  9. ^ 「ひとりでマスターする生化学」p3 亀井碩哉 講談社 2015年9月24日第1刷発行
  10. ^ 「ひとりでマスターする生化学」p206 亀井碩哉 講談社 2015年9月24日第1刷発行
  11. ^ 「ひとりでマスターする生化学」p23 亀井碩哉 講談社 2015年9月24日第1刷発行


「生物」の続きの解説一覧

生き物

出典:『Wiktionary』 (2018/11/06 06:07 UTC 版)

漢字混じり表記

いきもの

  1. いきもの」を参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生き物」の関連用語

生き物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生き物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの生き物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS