生き物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 生き物の意味・解説 

いき‐もの【生き物】

読み方:いきもの

生きているもの。特に、動物生物(せいぶつ)。「—をかわいがる」

生命あるかのように、生き生きとして、絶え変化するもの。「言葉は—だ」


生物

(生き物 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/18 04:42 UTC 版)

生物(せいぶつ、: lifeorganismliving being: OrganismusLebewesen[1][2])は、無生物と区別される属性、つまり「生命」を備えているもの[3]。そしてその「生命」は生物の本質的属性として生命観によって抽象されるものであり、その定義はなかなか難しいものとなっている[3]生き物(いきもの)とも。


注釈

  1. ^ 木星型惑星だけでなく。

出典

  1. ^ a b 世界大百科事典 2007, p. 413.
  2. ^ 岩波生物学辞典 1979, p. 651.
  3. ^ a b c d e f g h i 日本大百科全書』【生物】
  4. ^ 高井 2018, p. 148-149.
  5. ^ 小林 2013, p. 11-12.
  6. ^ a b 亀井 2015, p. 23.
  7. ^ 亀井 2015, p. 4.
  8. ^ 山下修一(編著) 『植物ウイルス ―病原ウイルスの性状―』悠書館、2011年6月10日、v頁。ISBN 978-4-903487-47-2 
  9. ^ マルグリスetシュヴァルツ 1995, p. 24.
  10. ^ 神谷茂, 錫谷達夫 編 『標準微生物学』中込治(監修)(第13版第1刷)、医学書院、2018年3月15日、322頁。ISBN 978-4-260-03456-2 
  11. ^ 岩波生物学辞典 1979, p. 81.
  12. ^ マルグリスetシュヴァルツ 1995, p. 15.
  13. ^ 岩波生物学辞典 1979, p. 1087.
  14. ^ 相見 2019, p. 120.
  15. ^ キャンベル 2007, p. 596-597.
  16. ^ T. Cavalier-Smith (1993). “Kingdom protozoa and its 18 phyla”. Microbiology and Molecular Biology Reviews 57 (4): 953-994. doi:10.1128/mr.57.4.953-994.1993. 
  17. ^ マルグリスetシュヴァルツ 1995, p. 7.
  18. ^ C. R. Woese; O. Kandler; M. L. Wheelis (1990). “Towards a natural system of organisms: proposal for the domains Archaea, Bacteria, and Eucarya”. Proc Natl Acad Sci U S A 87 (12): 4576–9. doi:10.1073/pnas.87.12.4576. 
  19. ^ [1]
  20. ^ 東北大学総合学術博物館、ストロマトライト
  21. ^ 地層科学研究所、酸素を生み出す石-太古から生き続けるストロマトライトの話-
  22. ^ 阿部豊、田近英一「大気の進化」『天気』第54巻第1号、日本気象学会、2007年、 7-8頁。
  23. ^ 川上 2003, p. 37.
  24. ^ ガイア仮説”. eic.or.jp. 一般財団法人環境イノベーション情報機構 (2009年10月14日). 2012年7月30日閲覧。
  25. ^ a b 亀井 2015, p. 3.
  26. ^ 分子細胞生物学 2019, p. 5-6.
  27. ^ 分子細胞生物学 2019, p. 6-7.
  28. ^ 亀井 2015, p. 206.
  29. ^ 浜田祥太郎 (2018年7月26日). “火星、氷床の下に大量の水? 「生命生き残れる環境」”. asahi.com. 2021年6月26日閲覧。
  30. ^ W. von Bloh (2007). “The Habitability of Super -Earths in Gliese 581”. Astronomy and Astrophysics 476 (3): 1365–1371. doi:10.1051/0004-6361:20077939. 
  31. ^ Norman R. Pace (2001). “The universal nature of biochemistry”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 98 (3): 805–808. doi:10.1073/pnas.98.3.805. 



生き物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/09 16:13 UTC 版)

花冠の竜の姫君」の記事における「生き物」の解説

おとぎの国らしく多数不思議な生き物が存在する花冠竜(フラワードラゴン) 名の通り頭上に花などの冠を生やす竜族種類として、チューリップのような花を咲かせている「紅花竜」、星を咲かせている「三ツ星竜」、個体数絶対的に少ない「金色花冠竜」などがいる。竜たちは薔薇色花月呼ばれる繁殖期に、月の湖の底花粉隠れて伴侶選る儀式行っている森の都残党の竜狩人と共に暗躍した商人の暴挙により、近年は更に「金色花冠竜」の数が減り薔薇色花月にも姿を見せなくなっている。エスター王らの保護により、竜達の復活期待されている。 翼猫(ウィングキャット) 翼をもった巨大な高地の都では騎竜の代わりに翼猫移動手段とする。高地の都は人に慣れているが、もとは獰猛な肉食獣ギリアドン蛇 むかでのように長い体躯のような毒の牙持ち、「わんわんわん」とのように啼く凶悪な弱点口の中と9つ目の関節にある神経中枢。かつてギリアドン蛇ご神体あがめるギリアドン教なるもの存在した角魚(つのうお) 皺の寄った甲殻を持つ凶暴な魚類ギリアドン蛇数少ない天敵眠眠蛙みんみんがえる) 花柄皮膚を持つ。その詩は魔を退けるという。星の民(クリサ)に住まう星の都守護神ビアンダンは巨大な眠眠蛙である。ビアンダンが本気で鳴けば、黄金花ライトルーアを全滅させてしまうほどの超音波となり、人間にも害が及ぶギリアドン蛇数少ない天敵ワニザール人 踊子水地帯(ワニザール)に住む、ワニそっくりだ二足歩行原住民族。常に踊っている巨大マリモ玉船(グリンボー)に乗り河川移動する。なおグリンボーには野生種人工種があり、野生種乗りこなしが困難と言われる

※この「生き物」の解説は、「花冠の竜の姫君」の解説の一部です。
「生き物」を含む「花冠の竜の姫君」の記事については、「花冠の竜の姫君」の概要を参照ください。


生き物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 15:48 UTC 版)

鹿の王」の記事における「生き物」の解説

ピュイカ飛鹿) 鹿。断崖を下るなど山では馬よりも行動しやすい。 山犬(オッサム) 謎の山犬の牙にかかった人間謎の病にかかり死んでしまう。 土葬した動物死骸掘り起こして食べ習性がある。

※この「生き物」の解説は、「鹿の王」の解説の一部です。
「生き物」を含む「鹿の王」の記事については、「鹿の王」の概要を参照ください。


生き物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 23:37 UTC 版)

旅のサルーボ」の記事における「生き物」の解説

【烏賊】 “トリゾク”と読む。バケダーノの空に生息する巨大な生物凧揚げ要領で釣る事が出来る。バケダーノ村の住人烏賊漁師が多い。透明になり擬態が可能。眼球にはレンズ水晶体)がある。 【家畜鳥】 バケダーノ生息する人より大きく丸い飛べそうな翼は無い。 【トキガエル】が所有する。デがウ族シャーマンから貰った物。 この不味い油を舐めると、時が遅く感じて素早く動けるうになる。しかし精神肉体消耗激しい。 【ミチガエル】が所有する。この油はホレ薬になる。デが知らない女性使おうとした。 【オレサマガエル】 この油を舐める自信がもてる。 【シタガエル】 この油を舐める暗示掛り易くなる【トビガエル】 この油を舐める五感が鋭くなる【シズマリガエル】 ドとデが捕まえた赤ちゃんの時(オタマジャクシではない)は親の背中埋まっている成長すると人を捕食する体格獰猛さを持つ。擬似卵は潰すとプチプチして気持ちいいため、夢中になって食べられる事もある。 この油を舐めると凄い沈静作用があり、しかも気配存在感まで消える。 【パーティの木】 百年一度花をつける珍しい木。その夜には大勢の人が集まり御祭り催される種子発光するため、女性好まれ人の手を渡ることで遠くへ分布範囲拡げる性質を持つ。

※この「生き物」の解説は、「旅のサルーボ」の解説の一部です。
「生き物」を含む「旅のサルーボ」の記事については、「旅のサルーボ」の概要を参照ください。


生き物(生命体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 09:01 UTC 版)

霊魂論」の記事における「生き物(生命体)」の解説

プシュケーは生き物の機能として捉えることが可能であり生物発展段階に応じてプシュケー発展している。これは栄養感覚欲求運動思考などを備えており、植物栄養感覚能力備えている動物はさらに快苦を区別して快楽追及する欲求能力備えている

※この「生き物(生命体)」の解説は、「霊魂論」の解説の一部です。
「生き物(生命体)」を含む「霊魂論」の記事については、「霊魂論」の概要を参照ください。


生き物(ペガサス、鳥、蝶など)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/25 03:25 UTC 版)

ドラえもんのひみつ道具 (1979年のテレビアニメ は-ほ)」の記事における「生き物(ペガサスなど)」の解説

ペガサス子供二人乗せて空を飛ぶ事が出来る。降った時は木の下雨宿りしてた為、濡れずに済んだ

※この「生き物(ペガサス、鳥、蝶など)」の解説は、「ドラえもんのひみつ道具 (1979年のテレビアニメ は-ほ)」の解説の一部です。
「生き物(ペガサス、鳥、蝶など)」を含む「ドラえもんのひみつ道具 (1979年のテレビアニメ は-ほ)」の記事については、「ドラえもんのひみつ道具 (1979年のテレビアニメ は-ほ)」の概要を参照ください。


生き物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/30 05:45 UTC 版)

ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング」の記事における「生き物」の解説

生き物に関し内容お絵かきする。

※この「生き物」の解説は、「ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング」の解説の一部です。
「生き物」を含む「ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング」の記事については、「ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング」の概要を参照ください。


生き物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 02:07 UTC 版)

日南町」の記事における「生き物」の解説

福万来ホタルヒメボタルゲンジボタル同時かつ大規模に見られる全国でも珍しホタル観賞地。見頃6月下旬7月上旬には『福万来ホタル乃国』という名目地元住民おもてなしを行う。 オオサンショウウオ特別天然記念物

※この「生き物」の解説は、「日南町」の解説の一部です。
「生き物」を含む「日南町」の記事については、「日南町」の概要を参照ください。


生き物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 19:20 UTC 版)

Memories Offシリーズの用語」の記事における「生き物」の解説

ニンニンネコピョン 略称ニンネコ。唯笑が命名したで、智也によれば品種アメリカンショートヘア。唯笑がかわいがっており、後に智也自宅で飼うことになった名前の由来発見当時妊娠中妊婦ならぬ妊)だったためだが、智也当初忍者猫」かと思い、『After Rain』で同様の誤解をした小夜美に説明面倒なのでそのまま押し通した。 『infinity』にキーホルダーという形でカメオ出演している。その続編の『Ever17』には「ニンネコ音頭'17」なる謎の歌が出てくる。 カメ吉 澄空学園プール飼われているというウミガメ智也と信が世話をしていたが、やがて海へと帰った。というのは唯笑をだますための嘘で、実在の動物ではない。 『それから』では、落ち込んだ縁が竜宮城に連れて行ってもらおうとしていた。 町田中尉 澄空学園生物室で愛玩用として飼われているネズミ階級中尉である理由は、ネズミ鳴き声が「チュウ」だかららしい。 智也尻尾骨格標本を結ぶことで、ひとりでに標本が動く仕掛け作って唯笑を驚かそうとしたが、中尉寝ていたため失敗した。 『ゆびきりの記憶 ふたりの風流庵』では、校門近くに墓が建てられているカクテキ 小夜美の飼っているジャンガリアンハムスター利口で気がいいナムル 小夜美の飼っているロボロフスキーハムスターおとなし性格トモヤ 信が飼っている。信がかおると海岸散策してる最中拾った捨て犬名前の由来智也から。 人によって呼び方変わりその後の作品登場するたびにケンショーゴ→イッシューと歴代主人公の名前をつけられる。扉に至っては何の関係もない「ジョン」と呼んでいる。 ナマチュー 初出は『2ndアペンドストーリーの「メモオフ警告劇場一期一会」。ナマコほたるが付けた名前である。ナマコ漢字で書くと「海鼠」であり、ネズミチュー鳴くから、という発想。 『想君』では渋谷大型ビジョンに「KIDパークランドにて世界初ナマチュー赤ちゃん誕生」というニュース流れる。 『それから』では夜のペットとして名前のみ登場する。いったい何の動物なのかは、最後まで秘密のままだった。 アカテガニ カニ一種。信は夏の海群が若い男女比喩として海に産卵に来るこのカニ引き合いに出した。しかし人の話を聞かない響によって、彼の名前が「アカテガニ通りということされてしまった食用ではないが、『Aftar Rain』での信はこのカニ調理して弁当したことがあるメリッサ 沢家飼っている三毛猫シュガー 寿奈飼っているトモヤの子どもである。

※この「生き物」の解説は、「Memories Offシリーズの用語」の解説の一部です。
「生き物」を含む「Memories Offシリーズの用語」の記事については、「Memories Offシリーズの用語」の概要を参照ください。


生き物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/01 02:50 UTC 版)

十勝エコロジーパーク」の記事における「生き物」の解説

公園内では様々な動植物確認でき、季節により生息している生物異なっている。春に芝生セイヨウタンポポ咲きキタキツネの子育て始まり、夏にはミヤマクワガタハルニレ樹液集まる。秋に千代田堰堤千代田分流堰でサケマス遡上最盛期迎え、冬になると越冬のためタンチョウオジロワシオオワシ訪れる。また、河畔林ではヤナギケショウヤナギなどのがある。

※この「生き物」の解説は、「十勝エコロジーパーク」の解説の一部です。
「生き物」を含む「十勝エコロジーパーク」の記事については、「十勝エコロジーパーク」の概要を参照ください。


生き物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/11 15:15 UTC 版)

岡山県自然保護センター」の記事における「生き物」の解説

自然保護センター里山アカマツ林中心で、アカマツクロマツ広葉樹雑木林)で占められるセンター建設当初植林は、ポット苗による常緑樹植栽であり、主に九州産のシイやシラカシ・アラカシを中心に部分的にコナラ・ヒサカキ・ヤブムラサキを植樹していた。しかし、センター周辺の地域では、シイシラカシの自然分布は無いため、やがてそれらは枯死し減り代わりにアカマツ点々と侵入している。これについて波田善夫岡山理科大学学長)は、「まばらなアカマツ生育する林相になる」と予想している。 両生類 - 湿生植物園小池草原などで、トノサマガエルアカハライモリカスミサンショウウオ など。 爬虫類 - 水生植物園のクサガメをはじめとして、カナヘビニホントカゲアオダイショウシマヘビマムシヤマカガシシロマダラなど。 鳥類 - 夏鳥キビタキオオルリなど。留鳥メジロウグイスなど。冬鳥ジョウビタキシロハラルリビタキなどや、“田尻大池”にカルガモマガモなど。センター内繁殖確認されたものは、カイツブリコゲラセグロセキレイヒヨドリモズウグイスエナガシジュウカラメジロホオジロなど。 哺乳類 - シカイノシシなど大型哺乳類は、糞、ぬた場食害跡などの痕跡確認されている。ネズミ類イタチ類、ノウサギなどの小型の哺乳類キツネ痕跡生息確認されている。 昆虫類 - 原っぱ昆虫などに見られる昆虫類は、草原昆虫バッタコオロギなど、水辺昆虫ヘイケボタルミズスマシゲンゴロウ類など、森林昆虫カブトムシクワガタムシジャノメチョウなど。谷間見られる昆虫類は、夏のハッチョウトンボに代表されるトンボ仲間で、岡山県内に生息する94種のトンボのうち、約3分の2にあたる62種が記録されている(2013年4月現在)。 魚類 - ドジョウ、ナガレホトケドジョウ、メダカカワムツモツゴドンコトウヨシノボリなど。 底生動物 - 昆虫細流源流部にナミウズムシ同じく細流源流部にヨコエビ、池にスジエビモクズガニ貝類カワネジガイオオタニシヒメモノアラガイドブシジミなど。 植物 - 植物多種見られるサギソウトキソウサワギキョウササユリミツガシワリュウキンカヒシモドキビッチュウフウロオグラセンノウミズアオイアケボノソウ などがしられる。 きのこ - 多種キノコ見られ主な観察シーズン梅雨の頃と秋となる。自然保護センター里山は元々は“マツタケ山”とされており、“シロ”が残る。

※この「生き物」の解説は、「岡山県自然保護センター」の解説の一部です。
「生き物」を含む「岡山県自然保護センター」の記事については、「岡山県自然保護センター」の概要を参照ください。


生き物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 08:43 UTC 版)

ハゲ (曖昧さ回避)」の記事における「生き物」の解説

カワハギ皮剥ぎの別称。カワハギ科魚の総称として使われる

※この「生き物」の解説は、「ハゲ (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「生き物」を含む「ハゲ (曖昧さ回避)」の記事については、「ハゲ (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「生き物」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

生き物

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 11:06 UTC 版)

和語の漢字表記

いきもの

  1. いきものを参照

「生き物」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

生き物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生き物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの花冠の竜の姫君 (改訂履歴)、鹿の王 (改訂履歴)、旅のサルーボ (改訂履歴)、霊魂論 (改訂履歴)、ドラえもんのひみつ道具 (1979年のテレビアニメ は-ほ) (改訂履歴)、ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング (改訂履歴)、日南町 (改訂履歴)、Memories Offシリーズの用語 (改訂履歴)、十勝エコロジーパーク (改訂履歴)、岡山県自然保護センター (改訂履歴)、ハゲ (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの生き物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS