復活とは?

ふっ‐かつ〔フククワツ〕【復活】

[名](スル)

死んだものが生き返ること。よみがえること。蘇生(そせい)。

いったん廃止したものなどを再びもとの状態に戻すこと。また、消失したものが、再びもとの状態に戻ること。「旧制度が復活する」

キリスト教で、十字架上で死んだイエス=キリストがよみがえったことをいい、キリスト教の最も中心的信仰内容イエスの復活は罪と死に対す勝利であり、神の愛による人類救い完成という意味をもつ。

[補説] 作品別項。→復活


ふっかつ〔フククワツ〕【復活】

[一]原題、(ロシア)Voskresenieレフ=トルストイ長編小説1899年発表。かつて自分誘惑した娘カチューシャ無実の罪に問われているのを知ったネフリュードフ公爵が、良心の呵責(かしゃく)から救出活動奔走し、精神的復活を果たす過程のなかに、社会の不正・腐敗対す批判織り込む

[二]原題、(ドイツ)Auferstehungマーラー交響曲第2番標題ハ短調。全5楽章1894年作曲1903年改訂。第4、第5楽章ソプラノアルト独唱、および混声合唱が加わる。名称は第5楽章で歌われる賛歌歌詞用いられた、フリードリヒ=クロプシュトックによる同名の詩に由来する。


ふっ‐かつ フククヮツ 【復活】

1⃣ 〔名〕

生き返ること。よみがえること。蘇生

各人心宮内の秘宮(1892)〈北村透谷〉「古代の〈略〉理想的精神を復活(フククヮツ)せしめ」〔晉書‐顔含伝〕

② いったん廃止停止していたもの、または破壊されたものなどがもとどおりになること。もとの状態にもどること。再興復興

東京年中行事(1911)〈若月紫蘭二月暦「京雛なんど云ふ古雅なものが、多少復活(フククヮツ)したと云ふ気味が有る

キリスト教で、イエス‐キリストがその死後生き返ったとする信仰。いったん死んだ人が再び生き返るとする信仰

基督信徒の慰(1893)〈内村鑑三〉一「宗教の助あり、復活の望みあり」

2⃣ (原題ロシア Voskrjesjenije) 長編小説トルストイ作。一八九九成立。若い貴族ネフリュードフが、かつて自分誘惑した娘カチューシャ無実女囚となっているのに出会い悔恨良心自覚によって彼女を救おうとし、みずからも精神的に復活するまでを描く。


復活 (ふっかつ)

保険契約失効した場合でも所定の手続きを行えば保険契約効力をもとに戻すことが出来る。これを復活という。
ただし、復活するには失効してから3年以内告知書と未払込保険料支払行い保険会社承諾を得ることが必要になる。
※復活の取扱は各保険会社、各商品によって異なりますので、ご加入保険会社にお問合せください

ふっかつ 【復活】

死者霊肉一体が再生・復活するとの信仰古くからある。これは、生命霊肉一体にみ、その永続という希求根底となって生まれた、と考えられる。したがって、人間本質を霊にだけみるインドギリシア宗教では、復活は中心的教義とはならないが、古代エジプトの宗教ユダヤ教ゾロアスター教キリスト教イスラム教などでは、中心的信仰地位を保っている。(東京大学出版会宗教学辞典』)

復活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/09 06:48 UTC 版)

復活(ふっかつ)




「復活」の続きの解説一覧

復活

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 18:27 UTC 版)

名詞

ふっかつ

  1. 生き返ること。
  2. 廃止消失したもの再び元の状態戻ること。

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
復活-する



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「復活」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「復活」の関連用語

復活のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



復活のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
保険の窓口インズウェブ保険の窓口インズウェブ
Copyright(c) 1999-2021 SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの復活 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの復活 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS