ふっかつとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 生命保険用語 > ふっかつの意味・解説 

ふっ かつ ふくくわつ [0] 【復活】

( 名 ) スル
生きかえること。よみがえること。蘇生
衰えたもの・廃止したものを再び用い,盛んにすること。 「対抗試合を-する」
ユダヤ教キリスト教で,一度死んだ者が再びよみがえるという信仰。特に,キリスト教で,イエス-キリストの復活をいい,教理核心をなす。

ふっかつ ふくくわつ 【復活】 〔原題 ロシア Voskresenie〕

レフ=トルストイ長編小説1899年刊。殺人罪に問われた娼婦カチューシャが,かつて自分犯した娘であることを知った公爵ネフリュードフの改心救援活動を描き,帝政ロシア腐敗した現実告発する。


復活 (ふっかつ)

保険契約失効した場合でも所定の手続きを行えば保険契約効力をもとに戻すことが出来る。これを復活という。
ただし、復活するには失効してから3年以内告知書と未払込保険料支払行い保険会社承諾を得ることが必要になる。
※復活の取扱は各保険会社、各商品によって異なりますので、ご加入保険会社にお問合せください

ふっかつ 【復活】

死者霊肉一体が再生・復活するとの信仰古くからある。これは、生命霊肉一体にみ、その永続という希求根底となって生まれた、と考えられる。したがって、人間本質を霊にだけみるインドギリシア宗教では、復活は中心的教義とはならないが、古代エジプトの宗教ユダヤ教ゾロアスター教キリスト教イスラム教などでは、中心的信仰地位を保っている。(東京大学出版会宗教学辞典』)


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ふっかつ」の関連用語

ふっかつのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ふっかつのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
保険の窓口インズウェブ保険の窓口インズウェブ
Copyright(c) 1999-2019 SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS