環境の変化とは? わかりやすく解説

環境の変化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 06:51 UTC 版)

イサーク・バーベリ」の記事における「環境の変化」の解説

1928年から1934年にかけてバーベリはしばしフランス訪問している。1925年に妻のエヴゲーニヤ、母、妹はフランス亡命しており、1929年に娘のナターリヤパリで生まれる。家族離れ離れの生活はバーベリにとって辛いものになったが、彼は作家祖国離れることは自殺行為であると考え亡命を図ることは一度も無かったロシアから数度出国したが、新生国家であるソ連への希望信頼最後まで抱き続ける。1932年9月バーベリは平和文擁護大会代議員としてフランス訪れ翌年8月まで滞在した1930年代に入るとバーベリ発表した作品の数は激減する1928年から開始され第一次五カ年計画翌年ごろから共産党文学に対する指導強め、党は「社会要求」を果たすことを作家求めバーベリも「社会要求」の達成彼自身が望む自己表現折衷試みるが、成果現れなかった。党はバーベリ多額の報酬提示して創作依頼するが、「宮殿創作はやれない」と依頼断ったことを彼の娘ナターリヤ記している1920年代後半からバーベリは「ブルジョア人道主義」「個人的な作風」を新聞・雑誌から攻撃され家族西側世界亡命したこともバーベリ立場危ういものにした。「社会要求」に応えて農業集団化ユダヤ人ソ連社会への同化讃える作品執筆に取掛かったこともあったが、失敗終わっている1930年代ソビエト文学界抑圧的な環境創作制限しバーベリソ連代表する作家一人見なさながらも政府から動向疑われていた。ヨシフ・スターリンソ連インテリゲンチャ統制下に置き、全ての作家芸術家社会主義リアリズム受容するように命じると、バーベリ公的な場に姿を現さなくなっていく。フォルマリズムに対する反対運動の中でバーベリ非生産的な作風のために公的に批判を受けるこの時他のソ連作家多く恐怖し、必死になって過去の作品スターリン希望に添う形に書き直した。しかし、バーベリ動じず自分の門徒である作家イリヤ・エレンブルグに「6か月のうちに党はフォルマリストと和解し別の活動を始めるだろう」と打ち明けている。1934年開催されソビエト連邦作家同盟最初の会議において、バーベリ自分が「沈黙の様式という新し文学様式第一人者になっていることを皮肉な調子指摘したアメリカ著述家マックス・イーストマン(英語版)は1934年刊行した自著"Artists in Uniform"内のイサーク・バーベリ沈黙」という章の中で文芸家としてのバーベリ公的な場で沈黙を守ることが多くなっていることを述べている。 バーベリ内務人民委員部NKVD長官ニコライ・エジョフの妻エヴゲーニヤ文学サロン入り浸り、彼女と不倫関係を持つようになっていた。そして、スターリンバーベリの「軽率な振る舞い彼の作品である『赤い騎兵隊』の内容不快に感じていた。

※この「環境の変化」の解説は、「イサーク・バーベリ」の解説の一部です。
「環境の変化」を含む「イサーク・バーベリ」の記事については、「イサーク・バーベリ」の概要を参照ください。


環境の変化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/27 01:21 UTC 版)

紀元前6千年紀」の記事における「環境の変化」の解説

紀元前5760年頃ピュイ=ド=ドーム山噴火現在のフランス。→ ル・ピュイ=アン=ヴレ 紀元前5600年頃北アフリカ砂漠化始まる。この結果サハラ砂漠生じエジプトへの移住人口集中がおき、文明化促進した黒海洪水説したがえば、洪水によって約1万2500立方キロメートル海水海面下内陸湖だった黒海供給され地形変形し現在の黒海形成した紀元前5500年頃 – 海面が数メートル上昇現在の海面にほぼ近づくその後温暖化で現在よりも海面が高い時期もあった。→ 完新世の気候最温暖期縄文海進 紀元前5450年頃ヘクラ山噴火

※この「環境の変化」の解説は、「紀元前6千年紀」の解説の一部です。
「環境の変化」を含む「紀元前6千年紀」の記事については、「紀元前6千年紀」の概要を参照ください。


環境の変化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 08:45 UTC 版)

紀元前10千年紀」の記事における「環境の変化」の解説

紀元前10,000年ごろ: 北アメリカ: ダイアウルフスミロドン、ジャイアントビーバー(英語版)、地上性ナマケモノ英語版)、ジャイアントコロンビアマンモス、ウーリーマンモスマストドン、ジャイアントショートフェイスベア、アメリカンチーター(英語版)、シミターキャットホモテリウム属)、アメリカンキャメル、アメリカンホース、アメリカンライオン(英語版)が絶滅したベーリング海: シベリア北アメリカを結ぶベーリング地峡水没したヨーロッパ: サバンナ住んでいたトナカイバイソン、および旧石器時代狩猟民は亜寒帯撤退し、鹿、オーロックスのような生き物中石器時代狩猟採集民残った。(1967 McEvedy) 世界: 氷河期終了により、氷河溶融により海面急に上昇し広範囲に及ぶ内陸大洪水起こった紀元前9700年ごろ: アガシー湖形成された。 紀元前9700年ごろ: ヤンガードリアス終了更新世終わり完新世始まる。旧石器時代終わり中石器時代始まる。氷層覆われいたかなりの土地が、再び住めるうになる

※この「環境の変化」の解説は、「紀元前10千年紀」の解説の一部です。
「環境の変化」を含む「紀元前10千年紀」の記事については、「紀元前10千年紀」の概要を参照ください。


環境の変化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/01 23:27 UTC 版)

紀元前7千年紀」の記事における「環境の変化」の解説

紀元前6500年頃 - ブリテン島ヨーロッパ大陸から分離、島となる。 紀元前6100年頃 - ノルウェー海で、確認されている中で最大の地すべりStoregga Slide)が起こり大津波引き起こす

※この「環境の変化」の解説は、「紀元前7千年紀」の解説の一部です。
「環境の変化」を含む「紀元前7千年紀」の記事については、「紀元前7千年紀」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「環境の変化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「環境の変化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「環境の変化」の関連用語

環境の変化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



環境の変化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイサーク・バーベリ (改訂履歴)、紀元前6千年紀 (改訂履歴)、紀元前10千年紀 (改訂履歴)、紀元前7千年紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS