生活環境とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 環境 > 生活環境の意味・解説 

せいかつ‐かんきょう〔セイクワツクワンキヤウ〕【生活環境】

読み方:せいかつかんきょう

人間日常生活直接・間接の影響を与える大気水・大地などの自然的社会的状況生物一般に対して用いることもある。


生活環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 05:55 UTC 版)

生活環境(せいかつかんきょう)とは、人間生活を行っていくうえでの周辺における物質面・精神面における環境の全体的な結びつきのことを言う。生物はそれぞれの生態系に合わせて自己の生命を維持しを存続させるために、限られた広がりを持っている。こうした活動の範囲、地物や大気や他の生物などの条件によって成り立っており、この中で互いが影響し合ったり結びつき合ったりすることで形成されている。このような中で生活を送っている者と、それと関わっている全体的な関係というのが生活環境というわけである。




「生活環境」の続きの解説一覧

生活環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 14:07 UTC 版)

ブータン難民」の記事における「生活環境」の解説

当初難民キャンプでは、栄養失調原因とする壊血病脚気といった病気や、伝染病である麻疹結核マラリアコレラなどが蔓延していたものの、1995年から2005年間に状況著しく改善された教育キャンプの中で最良のサービス1つであり、キャンプ周辺のネパール地方部における教育よりも概して良質なものであったしかしながらキャンプ2006年まで極めて過密状態にあった年齢基づ食料配給原因の栄養不良や、女性や子供に対す暴力は、難民周辺化および過激化と同様に、重大な問題であった:3132ネパール国内ブータン難民は、政治・社会運動への参加就労機会司法機関利用制限され状況下で生活を送っていた:3132デンマーク人道的活動組織Global Medical Aid英語版) はこれらの難民支援をしてきた。 上の表が示すように、2009年以降キャンプ人口減少している。このためゴールドハップ難民キャンプおよびティマイ難民キャンプベルダンギ難民キャンプ吸収された。 難民キャンプでは閉鎖合併準備進んでおり、10年以内には難民再定住事業完了する予想されている。しかしながら再定住資格がない難民再定住望まない難民10,000人前後キャンプ残留している。残留者の多くは、再定住事業により支援の輪を失ってしまった老人であり、彼らの間では鬱病薬物乱用自殺割合増加している。

※この「生活環境」の解説は、「ブータン難民」の解説の一部です。
「生活環境」を含む「ブータン難民」の記事については、「ブータン難民」の概要を参照ください。


生活環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 08:26 UTC 版)

鷹村守」の記事における「生活環境」の解説

建設企業鷹村開発社長次男として生誕上に長男は卓(すぐる)、長女京香きょうか)がおり、下に三男の渡(わたる)がいる。大企業御曹司であったが、人並み外れた身長体力腕力好戦的な性格ゆえ幼少期から喧嘩ばかりで、父の奔走なければ少年院行き免れなかった事件もあったという。兄の卓は大学ラグビー部スタンドオフとなり、プロ入り期待されていた。卓のチーム負け「卓のせいだ」と野次飛び野次を飛ばした者を含め20名を守が殴り倒す事件起こし、守は実家追放された。15歳未満だったが働いて中学卒業するその後アパート一人暮らししながら高校に通い路上喧嘩当たり前の生活を送っていたが、鴨川源二出会い鴨川ボクシングジム元で練習をはじめライセンス獲得プロボクサーとなり高3時にボクシング専念するため退学アパート部屋散らかっており、大量のごみやアダルト雑誌などが散見される。押し入れにはボクシングの試合ビデオ大量に収められており、一歩もたまに利用させて貰っている。 世界王者になった後も転居し様子はない。話題性富んだ人柄で、試合集客率も非常に高く二階級制覇ころからテレビ番組CM雑誌出演なども多くなり、高額のファイトマネーギャランティー貰っているはずなのだが、現在のところその金の使い道は謎。唯一ファイトマネー全部使って作ったとされているのが、ブライアン・ホーク戦前注文した世界王者奪取記念銅像である(後述)。世界チャンプとなってからは試合後に一人旅に出るのを趣味にしている。

※この「生活環境」の解説は、「鷹村守」の解説の一部です。
「生活環境」を含む「鷹村守」の記事については、「鷹村守」の概要を参照ください。


生活環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 09:22 UTC 版)

「生活」の記事における「生活環境」の解説

「生活環境」は社会学用語で「人間が生活を行っていく環境全体的な結びつき」をいうが、狭義には「我々の身の回りのもの状況のこと」で衣料品家庭用品化粧品といった日用品含めた居住環境をいう。

※この「生活環境」の解説は、「生活」の解説の一部です。
「生活環境」を含む「生活」の記事については、「生活」の概要を参照ください。


生活環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 03:43 UTC 版)

ヒト」の記事における「生活環境」の解説

ヒトは、環境作り替える動物であると言われる。これは、特に現代文明強く見られることで、必ずしもヒト一般に適用できるとは思えないが、しかしながら一定の住居をもつ民族は、その周囲少なからず空き地することが多い農業を行う場合は、さらに広い区域加工するまた、作物家畜など、人為的に特定の生物維持し、その天敵攻撃することも多い。その他にも、ヒト生活の場には、その住居使用する生物ツバメなど)、ヒト食物食べ残しなどを食料とする動物ゴキブリなど)、吸血性昆虫ノミなど)、雑草などさまざまな特有の生物集まっている。それらをまとめて人間生態系ということがある。 一方でヒト環境作り替えることにより、従来その環境生息していた動植物駆逐されるということ頻発している。その過程多くの動植物絶滅している。特定の動植物他の動植物駆逐し絶滅追いやる例はヒト以外でも見られるが、ヒトによって絶滅させられ動植物種類はそれらより桁外れに多い[要出典]。またヒト環境作り替えることにより、 ヒト自らにとっても生息困難な環境へと変化する場合もしばしば見られる例えチグリス川ユーフラテス川間の沖積平野は、ヒト環境作り替え最古の地域であるが、それによりヒトにとってあまり好まし環境とは言えない砂漠状態へと変化しヒト生息数減少した

※この「生活環境」の解説は、「ヒト」の解説の一部です。
「生活環境」を含む「ヒト」の記事については、「ヒト」の概要を参照ください。


生活環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 16:48 UTC 版)

西青経済開発区」の記事における「生活環境」の解説

社員寮 - 西青開発区には3km半径以内一箇所社員寮があり、ホワイトカラーブルーカラーの社員寮ロフトホテルマンション含め3.5万人従業員入居可能で進出企業社員宿泊ニーズ満足できる

※この「生活環境」の解説は、「西青経済開発区」の解説の一部です。
「生活環境」を含む「西青経済開発区」の記事については、「西青経済開発区」の概要を参照ください。


生活環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/05 01:20 UTC 版)

ナガブナ」の記事における「生活環境」の解説

湖の底層を主な生息地として生活している。

※この「生活環境」の解説は、「ナガブナ」の解説の一部です。
「生活環境」を含む「ナガブナ」の記事については、「ナガブナ」の概要を参照ください。


生活環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 07:31 UTC 版)

インドネシアにおけるLGBTの権利」の記事における「生活環境」の解説

インドネシア国民86%がムスリムであるとされるインドネシア当局による家族関連の施策や、婚姻に対する社会的圧力宗教影響もあり、同性愛基本的に容認されていないムスリム伝統主義層/現代主義を問わず同性愛に対する反発は強い。FPI (the Front of Supporters of Islam) や FBR (Betawi Council Forum) をはじめとしたイスラム原理主義グループは、イスラム価値観脅かしていることを理由LGBT人々住居職場にて攻撃する行為公然と行なっている宗教過激派人々によるLGBT人々に対する差別暴力露骨に行なわれているが、職場学校などでの友人家族による差別暴力小さいながら行なわれている。警察による妨害なども日常的に行なわれているが、被害者泣き寝入りにより事件化することは少ない。性的指向理由にした逮捕罰則頻繁しており、また刑務所における暴力被害発生しているとされるが、報復恐れて訴えられるケース多くないインドネシアムスリム国家なかでも比較穏健で寛容であるとされ、LGBT人々に対して概ね同じとされるLGBT人々メディアへの露出いくらかあり、また政府LGBTコミュニティイベント開催についても認めている。しかしながらイスラム教保守的な規範広く社会浸透している。同性愛異性装タブー存在しLGBT人々地元宗教法過激的な自警団グループからしばしば標的とされている

※この「生活環境」の解説は、「インドネシアにおけるLGBTの権利」の解説の一部です。
「生活環境」を含む「インドネシアにおけるLGBTの権利」の記事については、「インドネシアにおけるLGBTの権利」の概要を参照ください。


生活環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 00:22 UTC 版)

キリギリス」の記事における「生活環境」の解説

真夏河原草原鳴いている昆虫としてよく知られるが、山間部にも生息している。縄張りを持つため、複数個体密集して生息することは無い。 生息場所日当たりのよい草原だが、トノサマバッタなどより草丈が高い草原を好む。丈高ススキセイタカアワダチソウ茂みに潜み、「…チョッ、ギーーッチョッ」と大きな声鳴く危険を感じると、擬死により落下して落葉下に潜ろうとしたり、茂みの深い方へ深い方へ、下へ下へ素早く逃げ進んでいく性質を持つ。無闇に跳びはね上に姿を曝したりすることは少ない。とりわけメス鳴かないため居場所特定できず、採集には労苦を伴う。体色も緑とまだらもようで、鳴き声はすれども姿は見えずということが多い。こちらが近づく足音聞いて鳴くのをやめるので見つけるのはむずかしい。捕虫成功して後脚折れたり切れたりしやすく、また鋭い大あご手にかみついてくるので注意が必要このように臆病であるため、飼育下でもその環境慣れるまではケースの裏どの物陰にすぐに隠れてしまう。

※この「生活環境」の解説は、「キリギリス」の解説の一部です。
「生活環境」を含む「キリギリス」の記事については、「キリギリス」の概要を参照ください。


生活環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 06:58 UTC 版)

見島」の記事における「生活環境」の解説

南側にある本村(ほんむら)地区北東側にある宇津(うつ)地区二つ集落分かれてほぼ全島民が住んでいるが、本村北側払子(はらこ)には航空自衛隊基地見島分屯基地)があり、そこで生活している島民がいる。 過去に本村宇津それぞれ独自の生活環境が整っていたとみられるが、現在では主要な施設等はほぼ本村集中しており、宇津には廃止・休止施設いくつかそのまま残っている本村 集落のやや東寄り位置する本村港が島の玄関となる。その真向かい駐在所そこから東50mほどのところに見島火力発電所があり、その北側教育関係施設集中している。東から順に、見島小学校見島保育園見島中学校があり、同じ敷地内見島公民館見島総合センター)がある。港から北西方向に伸びる道沿いにはJA(給油施設もある)、市役所見島支所NTT郵便局食堂などがあり、近辺には他に見島診療所デイサービスセンターなどもある。山口県漁協JF山口県見島支店南に面した漁港本村港とは異なる)のすぐ際にある。本村港地形及び防波堤設計上、2つ分断され入り江成しており、漁協その間挟まれ位置に当たる2020年令和2年4月4日JA山口県が、コンビニエンスストアチェーンであるポプラフランチャイズ契約を結び、『島のよろずや ポプラ見島店』をオープンさせた。もともとJA山口県見島事業所隣接していた購買店舗佐々木商店)があったが、事業継続難しくなっていたこと、以前から島民よりJA萩市に対して生活店舗設置の要望があったことが理由であるが、JAでは単独で事業開始困難なことから、萩市JF山口県はぎ統括支店協議して支店とともにコンビニ機能食品取り扱い出来る生活店舗改装し開店こぎつけた営業時間9:30 - 19:00で、24時間営業ではない。 そのほか本村港から約1キロメートル東にごみ焼却施設完備されている宇津 宇津港は集落北東の端に位置している。すぐ隣り宇津唯一の食堂がある。 集落中心的な位置漁協JF山口県見島支店宇津支所)が建っており、売店併設している。また、宇津唯一の給油施設もここにある。 スポーツ施設北西側見島体育館南東側グラウンドゲートボール場の3施設がある。 宇津保育所宇津図書室見島診療所宇津分室などは使われていないが、建物残っている

※この「生活環境」の解説は、「見島」の解説の一部です。
「生活環境」を含む「見島」の記事については、「見島」の概要を参照ください。


生活・環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 13:13 UTC 版)

京セラ」の記事における「生活・環境」の解説

ソーラーエネルギー事業医療用製品宝飾品・キッチングッズ、ホテル運営などを手掛ける宝飾品ジュエリー - 特に合成宝石の技術知られるCRESCENT VERT(クレサンベール)ブランドを展開。 京都オパール - 合成宝石技術産業用加工させたもの。 医療用製品 - 人工関節摺動用のセラミックス材料「BIOCERAM」、人工股関節長寿命化貢献する表面処理技術Aquala」、人工股関節表面抗菌性骨伝導性及び骨固定性を付与する表面処理技術「AG-PROTEX」、人工関節デンタルインプラント等の完成品を展開。 太陽光発電事業は、京セラ東京センチュリーリース共同出資した京セラTCL ソーラー合同会社がおこなう千葉 · 山倉水上メガソーラー発電所 北海道北見メガソーラー発電所 京都伏見メガソーラー発電所 滋賀矢橋帰帆島メガソーラー発電所 岡山下山メガソーラー発電所 兵庫高岡西水上メガソーラー発電所 兵庫高岡東水メガソーラー発電所

※この「生活・環境」の解説は、「京セラ」の解説の一部です。
「生活・環境」を含む「京セラ」の記事については、「京セラ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「生活環境」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「生活環境」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



生活環境と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

生活環境のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生活環境のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生活環境 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブータン難民 (改訂履歴)、鷹村守 (改訂履歴)、生活 (改訂履歴)、ヒト (改訂履歴)、西青経済開発区 (改訂履歴)、ナガブナ (改訂履歴)、インドネシアにおけるLGBTの権利 (改訂履歴)、キリギリス (改訂履歴)、見島 (改訂履歴)、京セラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS