調子とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 調子 > 調子の意味・解説 

ちょう‐し〔テウ‐〕【調子】

音の高低のぐあい。また、音の速さのぐあい。リズム拍子。「カラオケの調子が合わない」「足で調子をとる

言葉表現のぐあい。音声強弱や、文章などの言い回し口調語調。「意気込んだ調子で話す」「激しい調子で非難する」

動作進行勢い。「調子が出る」「調子を落とす」

活動するものの状態・ぐあい。「からだの調子をくずす」「エンジンの調子を見る」

音楽で、主音の高さによって決まる音階種類雅楽壱越(いちこつ)調・盤渉(ばんしき)調など。

弦楽器調弦法。箏(そう)の平調子三味線本調子など。

雅楽で、舞楽一種前奏曲。各楽器順次演奏に加わり、同一旋律追いかけて奏する

具合(ぐあい)[用法]


ちょう‐し テウ‥ 【調子】

〔名〕

[一] 音楽用いる語。

音律高低

申楽談儀(1430)祝言音曲能々心を静め、調子を音取(ねと)りて謡ひ出べし」

音階主音の高さによる種類壱越(いちこつ)調・平調(ひょうじょう)など。

(10C終)二一八「笛は横笛いみじうをかし。〈略〉まして聞き知りたるてうしなどは、いみじうめでたし

舞楽管弦最初に奏する一種の曲。拍子はなく、笙(しょう)から始めて順次楽器が加わる。同一旋律追いかけて奏し、不協和音楽である。音取(ねとり)②よりも大規模な曲。

源氏100114頃)乙女楽の舟ども漕ぎまひて、調子ども奏する程の山風のひびきおもしろく、吹きあはせたるに」

琵琶・箏・三味線などの調弦法のこと。箏の平調子三味線本調子など。

清原国賢書写本荘子抄(1530)八「調とは、調子をひいて見て、緒をしめつゆるめつ、ことぢをのけつよせつする也」

[二] 音声表現物事の状態のぐあい。

言葉や声いいまわし音声による表現のぐあい。語調口調語呂

両足院本山谷抄(1500頃)八「いとどだに睡たい時分がででぴうちを云ぞ。其のてうしが南に啼も北に啼も同物ぞ」

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「大に軽蔑せる調子で」

物事の進む勢い勢いに乗ること。はずみ。

御伽草子物くさ太郎室町末)「『いづくにて候ぞ』と問いければ、てうしのことばをかけ、それをふくせんその内に、逃げばやと思召

身体考え気分などのぐあい、状態。気持。きげん。

洒落本富賀川拝見(1782)尾竹屋の段「つひにねへいいてうしだねへ」

④ ある場面情況などを支配している雰囲気。人の言動などのほか、絵画写真などの画面についてもいう。調子合。タッチ。〔現代日用新語辞典1920)〕

(5) 相場情勢

俳諧芭蕉門古人真蹟1789)「大ぶり蛸引あぐる花の陰〈配力〉 米の調子のたるむ二月〈木白〉」


調子

読み方:チョウシ(choushi)

所在 京都府長岡京市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

調子

読み方
調子ちょうし

調子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 05:43 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「調子」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「調子」を含むページの一覧/「調子」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「調子」が役に立つかも知れません。


調子

出典:『Wiktionary』 (2017/07/28 18:41 UTC 版)

名詞

調 ちょうし

  1. (物理学) 発音体振動数多少によって生ず音の高低
  2. (音楽)
    1. 音楽用い音の高さ
    2. 楽器調音法
    3. 音階調
    4. 音楽旋律調べリズム
  3. 絵画における色調異称
  4. (言語学) 言語音高低
  5. はずみ、いきおい
  6. ぐあい、ほどあい
  7. 字句言い回し口調
  8. 雅楽曲の一つ管絃又は舞楽奏する際、最初に楽器の状態を整えるために奏する曲。初め次に篳篥がこれに和し、終えて笛を奏し、最後に絃楽器奏する。曲体は各調において皆異なっている。

類義語

語義1

語義2-1

語義4

成句

翻訳

語義2-1

語義4

語義6




調子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「調子」の関連用語

調子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



調子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2021 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの調子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの調子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS