コンディションとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 状態 > コンディションの意味・解説 

コンディション【condition】

読み方:こんでぃしょん

状態。調子。「からだの—を整える」「グラウンド—」「ベスト—」

条件。「勉強をするのには最悪の—だ」

「コンディション」に似た言葉

条件

(コンディション から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/30 22:24 UTC 版)

条件(じょうけん)とは、法律行為の効力の発生・消滅を、将来の発生が不確定な事実にかからせる付款またはその事実である。条件が実現することを条件の成就という。


  1. ^ a b c 川井健著 『民法概論1 民法総則 第4版』 有斐閣、2008年3月、295頁
  2. ^ 内田貴著 『民法Ⅰ 第4版 総則・物権総論』 東京大学出版会、2008年4月、300頁
  3. ^ 川井健著 『民法概論1 民法総則 第4版』 有斐閣、2008年3月、302頁
  4. ^ a b c d 内田貴著 『民法Ⅰ 第4版 総則・物権総論』 東京大学出版会、2008年4月、303頁
  5. ^ 川井健著 『民法概論1 民法総則 第4版』 有斐閣、2008年3月、303頁
  6. ^ 川井健著 『民法概論1 民法総則 第4版』 有斐閣、2008年3月、304頁
  7. ^ 川井健著 『民法概論1 民法総則 第4版』 有斐閣、2008年3月、297頁
  8. ^ 我妻栄著『新訂 民法総則』409~410頁、岩波書店、1965年
  9. ^ a b 川井健著 『民法概論1 民法総則 第4版』 有斐閣、2008年3月、296頁
  10. ^ 遠藤浩・川井健・原島重義・広中俊雄・水本浩・山本進一著 『民法1 民法総則 第4版増補改訂2版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、2002年5月、228頁
  11. ^ 遠藤浩・川井健・原島重義・広中俊雄・水本浩・山本進一著 『民法1 民法総則 第4版増補改訂2版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、2002年5月、237頁
  12. ^ 川井健著 『民法概論1 民法総則 第4版』 有斐閣、2008年3月、298-299頁
  13. ^ 民法(債権関係)改正がリース契約等に及ぼす影響 (PDF)”. 公益社団法人リース事業協会. 2020年6月14日閲覧。


「条件」の続きの解説一覧

コンディション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/17 08:14 UTC 版)

Hattrick」の記事における「コンディション」の解説

選手のコンディションが高いほど、より良いプレーをする。例えば、悲惨なコンディションの優秀な選手よりも、良好なコンディションの平均的な選手の方が良いパフォーマンスを見せる。

※この「コンディション」の解説は、「Hattrick」の解説の一部です。
「コンディション」を含む「Hattrick」の記事については、「Hattrick」の概要を参照ください。


コンディション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 08:43 UTC 版)

2006 FIFAワールドカップ日本代表」の記事における「コンディション」の解説

日本代表気温30度近いJヴィレッジ調整してからドイツ入りしたが、5月末のドイツは冬のように寒くそこから30度を超える高温になっていったため、急激な環境変化影響を受けた

※この「コンディション」の解説は、「2006 FIFAワールドカップ日本代表」の解説の一部です。
「コンディション」を含む「2006 FIFAワールドカップ日本代表」の記事については、「2006 FIFAワールドカップ日本代表」の概要を参照ください。


コンディション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 03:35 UTC 版)

バイオハザードシリーズ」の記事における「コンディション」の解説

プレイヤー現在の体力や状態を表す。心電図のような形式表示され(『4』以降のシリーズでは廃止されていたが『RE:2』では復活している。)、以下のパターンがある。『アウトブレイク』ではこれに加えウィルス感染を示すウィルスゲージ表示される詳しくはバイオハザード アウトブレイクを参照Fine 体力100 - 75%の状態。心電図の色は緑。行動する上で特に問題の無いレベルCaution(黄) 体力74 - 50%の状態。心電図の色は黄色行動支障出ないが、状況によって回復必要とするレベルCautionオレンジ体力49 - 25%の状態。心電図の色はオレンジ回復必要なレベルプレイヤーこの状態だと、敵によっては即死攻撃を行う。 Danger 体力24 - 1%の状態。心電図色は赤歩行速度極端に遅くなり、早急の回復必要とするレベルPoisonを受けている状態。心電図の色は紫。この状態になると体力徐々に減っていくブルーハーブ解毒剤による解毒必要とする作品によっては解毒血清必要とする特殊な毒も存在するBleed 出血している状態。心電図の色は体力準ずるDanger態と同様移動極端に遅くなり、歩くたびに体力減っていく一定時間経過するか、止血剤使えば治る

※この「コンディション」の解説は、「バイオハザードシリーズ」の解説の一部です。
「コンディション」を含む「バイオハザードシリーズ」の記事については、「バイオハザードシリーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コンディション」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「コンディション」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



コンディションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

コンディションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンディションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの条件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのHattrick (改訂履歴)、2006 FIFAワールドカップ日本代表 (改訂履歴)、バイオハザードシリーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS