合宿とは? わかりやすく解説

がっ‐しゅく【合宿】

読み方:がっしゅく

[名](スル)

練習研修など一つ目的のもとに多くの人が同じ宿舎で生活をともにすること。また、その宿舎。「強化―」

複数の人が同じ場所に寝泊まりすること。


合宿

読み方:アイヤド(aiyado)

相客に同じ。

別名 相宿


合宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/30 17:02 UTC 版)

合宿(がっしゅく)は、同じ目的の学習訓練研修などを1ヶ所(または複数)の宿舎等に宿泊しながら一定の期間行うこと。




「合宿」の続きの解説一覧

合宿(7月・12月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 09:29 UTC 版)

実況パワフルプロ野球14」の記事における「合宿(7月12月)」の解説

事前にマネージャーから提案受け入れると発生する

※この「合宿(7月・12月)」の解説は、「実況パワフルプロ野球14」の解説の一部です。
「合宿(7月・12月)」を含む「実況パワフルプロ野球14」の記事については、「実況パワフルプロ野球14」の概要を参照ください。


合宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 07:55 UTC 版)

超速スピナー」の記事における「合宿」の解説

強化合宿兼ねつつ、メンバーを「ふるい」にかけるための合宿。合宿にあたってメンバー全員に「ハイパードラゴン量産型」を配るが、試作型所有していた瞬一はこれを拒否黒岩無理やり試作型回収しようとしたが、才羽博士の意味深な会話の後、許可されるサバイバル登山 10人のメンバーランダムに選ばれたペアになり5組別れサバイバル生活を行いながら合宿地頂上ゴールヨーヨー用いて目指す。瞬一は北条院とのペアとなった第一関門トロッコ事故発生。瞬一・北条ペア乗るトロッコ油圧ブレーキ故障している、コントロールルームからの非常停止信号受け付けない、瞬一・北条ペアトロッコが通るレール何者かの手によって一部撤去されしまっているなど、不自然なまでに立て続けアクシデント起こるが、二人辛うじて難関クリアして行くポルックス対決 メンバー山頂施設までは1人脱落者もなくクリアした。ここでハイパードラゴン量産型が一旦全て回収されると共に各々似せたロボット姿を現す使用ヨーヨードラゴン限定したのは組み込んだ「ドラゴンチップ」により各メンバー能力や癖をコピーするめでありコピーしたロボット・ポルックスと対決をして「己の限界を超える」ためである明かされる対決ルールベーシックレベルからTHP-Jプロスピナーレベルダブルハンド部門までの52トリック先に全てこなした方が勝ちという単純なものだが、本人とまったく同じ能力を持つ上にスタミナ概念がないポルックス相手には、ペースアップしても引き離せないどころ疲れようが後に引けない地獄耐久レース強いられることになる。北条院はサバイバルトロッコ事故により痛めた左腕痛み顔をしかめるが、JCC痛み止め打ってまで自分と勝負臨んだ一のことを思い出し自分限界を超えるべく力を振り絞る途中、瞬一のヨーヨーストリングス千切れポルックスの頭にヨーヨーがぶつかるというアクシデント発生するぶつけられポルックス黙々とトリックをこなし続けていたので単に瞬一がタイムロスをしただけに見えたが、これが原因で瞬一ポルックス暴走を始める。しかも瞬一ポルックスが他9体のポルックス統括する司令機のため、他のポルックスにまで暴走伝染しコピー元の能力値設定無視したスピードトリック実行し始める。メンバー必死に食い下がり、それを感知したポルックスがさらにペースアップし…と繰り返した結果、全トリック終了時点で瞬一・北条院・霧崎小暮・安濃慈の5人が「己の限界を超えてポルックス勝利すると共にその5人のポルックスオーバーヒートにより損傷していた。 一方コントロールルームでは、ポルックス暴走を始め時点で黒岩本性を現すヨーヨー仕込んであったドラゴン・チップの破損危惧しオペレーター拳銃突きつけてポルックス停止命じる。停止間に合わポルックス一部故障してしまったが、黒岩最初からポルックス技術を盗むためにもぐりこんだスパイであることを暴露しポルックス奪って去っていった。

※この「合宿」の解説は、「超速スピナー」の解説の一部です。
「合宿」を含む「超速スピナー」の記事については、「超速スピナー」の概要を参照ください。


合宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 03:00 UTC 版)

日本格闘競技連盟」の記事における「合宿」の解説

日本格闘競技連盟では、味の素ナショナルトレーニングセンターで合強化合宿行っている第一回:2010年3月19日21日 第二回:2010年12月3日5日

※この「合宿」の解説は、「日本格闘競技連盟」の解説の一部です。
「合宿」を含む「日本格闘競技連盟」の記事については、「日本格闘競技連盟」の概要を参照ください。


合宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 14:42 UTC 版)

ミスターのいいじゃないか!運動」の記事における「合宿」の解説

「合宿」とは、番組初期に「企画目的を達成する」ために、当時まだ若く元気だった鈴井主導による徹夜いとわない強行スケジュールのことである。前述の経緯により、水曜どうでしょう歴史後半から、初期にあった「ミスターの合宿」がなくなったちなみに似たような言葉としてレギュラー中期アメリカ合衆国横断北米大陸 3750マイル〜」では「会議」企画遂行順調でない時の番組スタッフに対する鈴井説教)が出ている。 後に鈴井は「ヨーロッパ21カ国完全制覇」のDVD副音声の中で実績目立った芸もない自分たちが視聴者見せられるのは『頑張っている姿』だけだからできるだけその姿見せたい思った」と語っている。

※この「合宿」の解説は、「ミスターのいいじゃないか!運動」の解説の一部です。
「合宿」を含む「ミスターのいいじゃないか!運動」の記事については、「ミスターのいいじゃないか!運動」の概要を参照ください。


合宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/02 15:32 UTC 版)

多磨学院」の記事における「合宿」の解説

合宿は日曜日利用するほか、3年生主体として夏休み前半中心に連日所有山荘行われた。特に八ヶ岳山荘ができてからは、2泊3日八ヶ岳中1日休み、1泊2日奥多摩中1日休み、2泊3日八ヶ岳というような、鬼のような合宿が組まれることもあった。山荘には布団はなく、塾生各自My寝袋持参しその中で寝た。また食事朝食昼食基本的にカップラーメン固形燃料自炊)、夕食各自米を持ち寄り講師まとめて炊いたうえでレトルトカレー固形燃料あたためて食べるという、過酷な環境であった

※この「合宿」の解説は、「多磨学院」の解説の一部です。
「合宿」を含む「多磨学院」の記事については、「多磨学院」の概要を参照ください。


合宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 05:59 UTC 版)

早稲田アカデミー」の記事における「合宿」の解説

日本一夏期合宿」と銘打ち、毎年8月志賀高原小4、小5、小6、中1中3)と苗場(小6、中2高2高3)で夏期合宿を行っていた。2020年以降は、夏期集中特訓と名称を変え拠点校舎や都心部貸し会議室にて行っている

※この「合宿」の解説は、「早稲田アカデミー」の解説の一部です。
「合宿」を含む「早稲田アカデミー」の記事については、「早稲田アカデミー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「合宿」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「合宿」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「合宿」の関連用語

合宿のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



合宿のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの合宿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの実況パワフルプロ野球14 (改訂履歴)、超速スピナー (改訂履歴)、日本格闘競技連盟 (改訂履歴)、ミスターのいいじゃないか!運動 (改訂履歴)、多磨学院 (改訂履歴)、早稲田アカデミー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS