宿泊とは? わかりやすく解説

しゅく‐はく【宿泊】

読み方:しゅくはく

[名](スル)自宅以外の所に泊まること。「親類の家に―する」「―所」


宿泊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/08 14:34 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「宿泊」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「宿泊」を含むページの一覧/「宿泊」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「宿泊」が役に立つかも知れません。

関連項目



宿泊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 14:26 UTC 版)

クロスゲート (商業施設)」の記事における「宿泊」の解説

客室数は553室。20・21階には「港町横浜」をイメージしシンプルかつモダンなデザイン取り入れたプレミアムフロア」が設けられている。詳細ホテル公式サイト内「宿泊」を参照部屋の種類 シングル(プレミアムルームもあり) ダブル セミダブル(プレミアムルームもあり) ツイン(プレミアムルームもあり) スタジオツイン トリプルエキストラベッド対応) フォースエキストラベッド対応) レディース バリアフリー

※この「宿泊」の解説は、「クロスゲート (商業施設)」の解説の一部です。
「宿泊」を含む「クロスゲート (商業施設)」の記事については、「クロスゲート (商業施設)」の概要を参照ください。


宿泊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 00:03 UTC 版)

西赤石山」の記事における「宿泊」の解説

銅山ヒュッテ東平から約1時間50分、西赤石山の手前約1時間半

※この「宿泊」の解説は、「西赤石山」の解説の一部です。
「宿泊」を含む「西赤石山」の記事については、「西赤石山」の概要を参照ください。


宿泊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 01:39 UTC 版)

クアラルンプール」の記事における「宿泊」の解説

世界各国ホテルチェーン高級ホテル市内ブキッ・ビンタンKLCC周辺集中するほか、ゴールデントライアングル呼ばれる地域などに点在する。なお、観光客ビジネス誘致のために宿泊料金アジア主要都市の中でもかなり格安に抑えられているため、観光客支出少な都市の上位ランクされる例がある。高級ホテル全館禁煙の例も少なくなく、各国から訪れイスラム教徒宿泊客が多いため、朝食などに豚肉使わない配慮されている

※この「宿泊」の解説は、「クアラルンプール」の解説の一部です。
「宿泊」を含む「クアラルンプール」の記事については、「クアラルンプール」の概要を参照ください。


宿泊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 07:06 UTC 版)

かたしな高原スキー場」の記事における「宿泊」の解説

チャイルドロッジ中腹のゲレンデサイドに立ち並ぶ独立コテージ駐車場からは雪上車送迎がある。 レストラン「スノーチャイルド」 はチャイルドロッジのフロント食事棟を兼ねている。 かたしな高原ホテルゲレンデサイドではなくアクセス路ふもとにある。

※この「宿泊」の解説は、「かたしな高原スキー場」の解説の一部です。
「宿泊」を含む「かたしな高原スキー場」の記事については、「かたしな高原スキー場」の概要を参照ください。


宿泊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 07:56 UTC 版)

二風谷」の記事における「宿泊」の解説

民宿が2軒存在する。[要出典] また、5月から10月まで、二風谷ファミリーランドで、バンガロー宿泊が可能である。[要出典]

※この「宿泊」の解説は、「二風谷」の解説の一部です。
「宿泊」を含む「二風谷」の記事については、「二風谷」の概要を参照ください。


宿泊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/07 17:38 UTC 版)

焼額山スキー場」の記事における「宿泊」の解説

焼額山スキー場直接アクセスできる唯一のホテル西武グループ運営する志賀高原プリンスホテルである。東館南館西館3棟からなりそれぞれグレード異にして客層差別化している。どの棟も、スキーシーズン限定営業となる。 隣接する奥志賀高原スキー場立地するホテルグランフェニックス奥志賀奥志賀高原ホテル、あるいは一ノ瀬地区点在するホテル・旅館からも、リフト乗り継いでアクセス容易である一ノ瀬地区スキー場宿泊施設土地所有管理する財団法人和合会との取り決めにより団体客宿泊することができかった。 志賀高原プリンスホテル東館1983年12月24日焼額山スキー場開業とともにオープンした客室数は100室。 東館付記されようになったのは、4年後に南館開業してからである東・南西の3つのの中で最もグレード高く宿泊料金も高い。客室構成ツインルーム中心で、カップル夫婦の宿泊を意識しているレストランは「メインダイニングルーム」で、西洋料理日本料理楽しめる。夜はナイタースキーを借景にして優雅な雰囲気に浸れる。 ホテルからは第1ゴンドラリフト第3高速リフト徒歩でアクセスできる。 志賀高原プリンスホテル南館東館開業から遅れること4年後の1987年12月28日オープン客室数は240室。 東館よりもグレード落ちるが、エキストラベッド利用して3名での宿泊が可能である。 場所、グレードともに西館東館中間に位置するレストランは「ダイニングルーム」で、ビュッフェスタイルとなる。以前はこのレストランからもナイタースキーを楽しスキーヤー眺めることができた。 第2ゴンドラリフト第4ロマンスリフトに徒歩でアクセスできる。 志賀高原プリンスホテル西館スキーブーム陰り見え始めた中、長野五輪開催1年後控えた1996年12月20日開業客室数は350室。 計画時はスキーブームによる宿泊ニーズ取り込むため、大型の施設となった。4名のグループ宿泊する部屋設定するなど、南館からさらに大衆的なコンセプトとなっている。 レストランは「ウエストサイド」。ビュッフェスタイル南館変わらないが、テーブル椅子等の調度品はかなり見劣りする近年では学生グループ対象とするよりも、むしろ1990年前後スキーブーム時代青春謳歌したスキーヤー達が、その後家族連れ訪れた際の受け皿となっている。 第2高速リフト一の瀬山の神第2リフト徒歩でアクセスできる。

※この「宿泊」の解説は、「焼額山スキー場」の解説の一部です。
「宿泊」を含む「焼額山スキー場」の記事については、「焼額山スキー場」の概要を参照ください。


宿泊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 21:16 UTC 版)

富士登山」の記事における「宿泊」の解説

予約制 山小屋は宿泊の予約受け付けている。予約していない定員を超えた時などに宿泊を断られることがある。ほとんどの山小屋混雑しているが、(難度の高い)御殿場ルート山小屋比較空いている宿泊料金 宿泊料金素泊まり一泊5,500円-6,500円、2食付で7,000円-8,000程度である。なお、土日休前日は1,000程度料金上乗せされることがあるルートごとに宿泊料金がほぼ統一されている。料金の支払い現金推奨されクレジットカード、その他カード使用できない寝室 基本的に男女相部屋大部屋である。一人辺りスペース狭く混雑時はさらに圧迫される個室備えた山小屋わずかにある。 食事 一般的に簡素で夕食レトルトカレー朝食炊き込みご飯おにぎり弁当麺類などである。一方おかわりができる山小屋や、レトルトではない食事の出る山小屋もある。

※この「宿泊」の解説は、「富士登山」の解説の一部です。
「宿泊」を含む「富士登山」の記事については、「富士登山」の概要を参照ください。


宿泊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 05:27 UTC 版)

前橋テルサ」の記事における「宿泊」の解説

洋室22室(ツインルーム、うち1室は特別室)、和室4室(8畳3人部屋12畳4人部屋が2室ずつ)。

※この「宿泊」の解説は、「前橋テルサ」の解説の一部です。
「宿泊」を含む「前橋テルサ」の記事については、「前橋テルサ」の概要を参照ください。


宿泊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 01:10 UTC 版)

参勤交代」の記事における「宿泊」の解説

詳細は「本陣を参照 本陣呼ばれる大名関係者専用宿泊施設宿泊する大名は宿泊中に命を狙われる可能性が最も高いので、護衛の者が常に付いており就寝時武器手放さなかった。本陣は敵に攻められても対応しすいよう構造しており就寝中小姓一晩中枕元で本を朗読し襲撃者寝込み襲われないよう用心した宿主にとっては大名一行の宿泊は大口の収入源であったが、大名側が旅の途中にトラブル巻き込まれ、宿泊を急遽キャンセルしなければならないこともあり、宿泊準備費を巡ってトラブル絶えなかったという。

※この「宿泊」の解説は、「参勤交代」の解説の一部です。
「宿泊」を含む「参勤交代」の記事については、「参勤交代」の概要を参照ください。


宿泊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/06 05:02 UTC 版)

ゼーフェルト」の記事における「宿泊」の解説

ホテル・ベルクホフはサルバドール・ダリ泊まったことで知られる

※この「宿泊」の解説は、「ゼーフェルト」の解説の一部です。
「宿泊」を含む「ゼーフェルト」の記事については、「ゼーフェルト」の概要を参照ください。


宿泊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/14 16:12 UTC 版)

寺子屋スキー場」の記事における「宿泊」の解説

寺子屋スキー場には宿泊施設はない。一の瀬地区高天ヶ原地区、または発哺温泉地区ホテル旅館利用する必要がある

※この「宿泊」の解説は、「寺子屋スキー場」の解説の一部です。
「宿泊」を含む「寺子屋スキー場」の記事については、「寺子屋スキー場」の概要を参照ください。


宿泊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:14 UTC 版)

富士スピードウェイ」の記事における「宿泊」の解説

前述のように、2022年をめどに富士スピードウェイ敷地内の西ゲート付近に富士スピードウェイホテル」が東和不動産により建設されている。また、地元小山町及び御殿場市周辺は元々避暑地富士山登山拠点であり、ビジネスホテルシティホテルリゾートホテル旅館民宿ユースホステル他にも会員制リゾートホテルをはじめとする宿泊施設多数点在するまた、周辺には山中湖河口湖箱根といった日本有数観光宿泊施設集積地あるため通常時宿泊施設確保比較簡単にできる。 しかし、富士スピードウェイ世界選手権大会全日本格式のレース開催日連休富士急ハイランドでの野外コンサート御殿場市ゴルフ場でのプロゴルフトーナメント時期は、観客関係者より早くから予約埋まるので注意が必要である。

※この「宿泊」の解説は、「富士スピードウェイ」の解説の一部です。
「宿泊」を含む「富士スピードウェイ」の記事については、「富士スピードウェイ」の概要を参照ください。


宿泊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 22:12 UTC 版)

アサマ2000パーク」の記事における「宿泊」の解説

直営高峰マウンテンロッジ(旧チドリーホテル)のほか、近隣には高峰高原ホテル高峰温泉がある。

※この「宿泊」の解説は、「アサマ2000パーク」の解説の一部です。
「宿泊」を含む「アサマ2000パーク」の記事については、「アサマ2000パーク」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「宿泊」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

宿泊

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 07:57 UTC 版)

名詞

宿 しゅくはく

  1. 自宅以外ること。まること。

発音(?)

しゅ↗くはく

類義語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
宿泊-する

翻訳


「宿泊」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宿泊」の関連用語

宿泊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宿泊のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宿泊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクロスゲート (商業施設) (改訂履歴)、西赤石山 (改訂履歴)、クアラルンプール (改訂履歴)、かたしな高原スキー場 (改訂履歴)、二風谷 (改訂履歴)、焼額山スキー場 (改訂履歴)、富士登山 (改訂履歴)、前橋テルサ (改訂履歴)、参勤交代 (改訂履歴)、ゼーフェルト (改訂履歴)、寺子屋スキー場 (改訂履歴)、富士スピードウェイ (改訂履歴)、アサマ2000パーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの宿泊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS