バリアフリーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > フリー > バリアフリーの意味・解説 

バリア‐フリー【barrier-free】

障害者高齢者の生活に不便な障害取り除こうとい考え方。道や床の段差をなくしたり、階段かわりにゆるやかな坂道を作ったり、電卓電話ボタンなどに触ればわかる印をつけたりするのがその例。


バリア‐フリー

〔名〕 (形動) (英 barrier-free老齢者、障害者妊婦、子どもなどの生活弱者不都合障害がないこと。だれもが安全で快適に生活できる環境、状態であること。また、そのさま。道や床などの段差をなくしたり、階段をなくしてゆるやかなスロープにして手すりをつけるなどは、そのような環境実現のための事例であるが、物理的なものに限らず文化情報制度人々意識についても同じことがいえる。


バリアフリー(ばりあふりー)

高齢者身体障害者が不便を感じないで生活できるようにすることである。例えドア段差車椅子の人にとって通行妨げになるので、あらかじめ設計段階スロープをつけるなど工夫する。

バリア・フリーは直訳で「妨げになるものをなくす」という意味である。とりわけこれから日本高齢化社会迎えるわけであるから、バリアフリーの意義大きくなっていく。

社会インフラの面では、2000年通常国会で、交通バリア・フリー法成立した。

同法では、駅などの公共交通機関新設する際、エレベーターなどの設置義務付け、階段上り下りしなくてもよいようにする。また既設駅でも、1日5000人以上の高齢者身障者利用があるものについては、順次バリアフリー化していく。

その他、新規運行バスについて、昇降口を低くして乗り降り楽にする、などが盛り込まれている。

バリアフリーが進んだ街は、高齢者身障者だけでなく妊婦幼児連れている人などにとっても歩きやすいなど、広く一般メリットがある。

(2000.07.07更新


バリアフリー Barrier free

障害のある人社会生活をしていく上で障壁バリア)となるものを除去するという意味で、昭和49年1974年)に国連障害者生活環境専門家会議が「バリアフリーデザイン」という報告書出したころから、この言葉使用されるようになりました。
もともとは建築用語として登場し、建物内の段差解消物理的障壁除去という意味合いが強いものの、より広く障害のある人社会参加を困難にしている社会的制度的、心理的なすべての障壁除去という意味でも用いられています。

一般的に4つバリアがあるといわれています。
物理的バリア
制度的なバリア
文化情報面でのバリア
意識上のバリア

バリアフリー(デザイン)

高齢者身体障害者など社会生活弱者行動妨げ物的心理的障害取り除くこと。バリアフリーデザインはその障害となる物を除去し、生活しやすいよう設計すること。例として床面凸凹無くしたり、力のいらないドア開閉装置が挙げられる。

バリアフリー〈barrier free〉

高齢者障害者などが不自由なく暮らせるように、障壁取り除いた状態のこと。住宅でいうバリアフリー設計の例としては、車いすが行き来しやすいだけの幅を通路開口などで確保すること、敷居などの段差をなくすこと、廊下などにも手すり設置することなどが挙げられる。高齢化社会にともない最近増えている。

バリアフリー

【英】:barrierfree

バリア障壁あるいは障害物の意で,バリアフリーは障害物のない状態。街角や駅などのターミナル,あるいは住宅公園等で高齢者身障者が安心して利用できる施設をつくろうという試み公園等では階段床面段差解消し,車椅子に乗ったまま遊べる遊具視覚障害者運動できるような施設整備求められている。2000年には「交通バリアフリー法」が成立し,駅や空港バスターミナル等を改造する場合エレベーターエスカレータースロープ手すり等を整備することが義務づけられた。既存駅のバリアフリー化は努力義務とされている。

バリアフリー

障害のある人社会生活しやすいように、物理的社会的心理的な障壁バリア)、または情報面・制度面等の障壁取り除くことをいいます。


バリアフリー barrier-free

全体 ★★★☆ 60歳以上 ★★★☆

凡例

障壁なし

高齢化に対応し,周辺道路拡幅するなどして,駅からマンションまでをバリアフリー障壁なしにする。

意味説明

体の不自由な人でも支障なく活動できるような生活環境

その他の言い換え語例

無障壁 段差なし 障壁除去

バリアフリー化 = 無障壁化 障壁除去


バリアフリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 17:55 UTC 版)

バリアフリー: Barrier-free)は、対象者である障がい者を含む高齢者等が、社会生活に参加する上で生活の支障となる物理的な障害や、精神的な障壁を取り除くための施策、若しくは具体的に障害を取り除いた事物および状態を指す用語。


  1. ^ a b c d ユニバーサルデザインの考え方の整理について”. 府中市. 2021年11月8日閲覧。
  2. ^ 神奈川県立生命の星・地球博物館、博物館検討シリーズ(II)―生命の星・地球博物館開館三周年記念論集―ユニバーサル・ミュージアムをめざして―視覚障害者と博物館―、博物館のより良きバリアフリー施策を目指して、閲覧2017年9月6日
  3. ^ 「障害者に関する世界行動計画」についての国連総会決議”. 一般財団法人全日本ろうあ連盟. 2013年11月4日閲覧。
  4. ^ 障害者に関する世界行動計画と国連障害者の10年”. エンパワメント研究所. 2013年11月4日閲覧。
  5. ^ 障害のある人を理解し、配慮のある接し方をするためのガイドブック
  6. ^ a b c d e f g h 和平好弘. “ヨーロッパにおける交通のバリアフリー”. 2021年11月8日閲覧。
  7. ^ 車イス乗車 また大もめ バス35台が運休 乗客ら実力排除も『朝日新聞』1977年(昭和52年)4月13日朝刊、13版、23面
  8. ^ 人にやさしいまちづくり事業”. 国土交通省. 2013年11月4日閲覧。
  9. ^ 事業の目的”. 国土交通省. 2013年11月4日閲覧。
  10. ^ 内閣府<言語バリアフリー化調査事業>”. 内閣府 (2012年3月7日). 2013年11月4日閲覧。
  11. ^ 復興へ付け替え横行 省益優先 予算奪い合い”. 東京新聞. 2012年10月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月4日閲覧。


「バリアフリー」の続きの解説一覧

バリアフリー

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 08:20 UTC 版)

語源

発音

名詞

バリア フリー

  1. 障がい者高齢者日常生活不便障害取り除くこと。

類義語




バリアフリーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バリアフリー」の関連用語

バリアフリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バリアフリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2022 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2022 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2022 All rights reserved
あったかタウンあったかタウン
(c) copyright2022 kaigo-service.all rights reserved
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバリアフリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのバリアフリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS