ジョハリの窓とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人事労務用語 > ジョハリの窓の意味・解説 

ジョハリの窓

「ジョハリの窓」とは、他者との関係から自己への気づきを促し、コミュニケーション円滑進め方模索するためのツールとして提唱された心理学モデルのことです。自分対す理解四つ領域分けそれぞれを“窓”――“開かれた窓”“気づかない窓”“隠された窓”“閉ざされた窓”――にたとえて考察することから、発案者である米国二人心理学者ジョセフ・ルフトとハリー・インガムの名前をとって「ジョハリの窓」と名づけられました。

ジョハリの窓

・ジョハリの窓とは、自分どのように公開し、隠蔽するか、コミュニケーションにおける自己の公開コミュニケーション円滑勧め方を考えるために提案されたモデル
・米心理学者ジョセフ・ルフトとハリー・インガムが発表した「対人関係における気づきのグラフモデル」のこと。
・ジョハリの窓には、「公開された自己 」(open self)、「隠された自己」がある (hidden self) 、「自分は気がついていないものの、他人からは見られている自己 」(blind self) 、「誰からもまだ知られていない自己 」(unknown self) があるとしている。
・これらを4つの面として捉え図解し、誰からもまだ知られていない自己の面が小さくなれば、それはフィードバックされているという事であるし、公開された自己大きくなれば、それは自己開示進んでいるととる事が出来る。

関連ページ
人材育成

ジョハリの窓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/17 23:44 UTC 版)

ジョハリの窓(ジョハリのまど、英語: Johari window)とは自分をどのように公開ないし隠蔽するかという、コミュニケーションにおける自己の公開とコミュニケーションの円滑な進め方を考えるために提案された考え方。




「ジョハリの窓」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ジョハリの窓」の関連用語

ジョハリの窓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ジョハリの窓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2019 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2019 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジョハリの窓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS