メラビアンの法則とは?

メラビアンの法則

アメリカUCLA大学心理学者アルバート・メラビアン1971年提唱した概念

人物第一印象初めて会った時の3~5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ていると言う概念

・メラビアンが提唱する概念において、初対面人物認識する割合は、「見た目表情/しぐさ/視線等」の視覚情報55% 、「声の質/話す速さ/声の大きさ口調等」の聴覚情報38%、「言葉そのものの意味/話の内容等。」の言語情報が7%と言われている。

関連ページ
意思伝達力育成プログラム

メラビアンの法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/02 02:38 UTC 版)

メラビアンの法則(メラビアンのほうそく)とは、矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかを判断するアルバート・メラビアンが行った実験についての俗流解釈である。


  1. ^ 竹内一郎『人は見た目が9割』新潮社、2005年、18頁。ISBN 978-4106101373
  2. ^ イースト・プレス 2004年 ISBN 978-4872574609、文庫版は筑摩書房 2007年 ISBN 978-4480423566
  3. ^ ネット版 http://pmazzarino.web.fc2.com/lesson9.html


「メラビアンの法則」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メラビアンの法則」の関連用語

メラビアンの法則のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



メラビアンの法則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2020 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメラビアンの法則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS