高齢化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 高齢化の意味・解説 

高齢化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

高齢化

人口平均年齢 1はその全構成員平均年齢であり、中位数年齢 2人口同数二つグループ分け年齢である。総人口の中で老人割合増加する時、これを人口の高齢化 3という。若い人口割合増加する場合は、人口若年化 4である。年老いた人口 5では老人割合高く若い人口 6では若い人や子供の割合が高い。上記の高齢化は、人口予測用いられる技法、すなわち将来生存者数を決めるために年齢別生存確率(431-6)を適用して人口加齢 7させる方法混同してならない


高齢化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/20 20:53 UTC 版)

高齢化(こうれいか、Population ageing)とは、出生率の低下と平均寿命の上昇によって起こる平均年齢の上昇のこと。平均寿命の上昇による高齢化は、当初先進国高所得国に多く見られたが、近年ではほとんどの開発途上国にも散見される。現在の高齢人口は人類史上最多[1]老齢化ともいう。


注釈

  1. ^ 初出は1986年に発表された内田満著の「シルバー・デモクラシー」(有斐閣)と考えられる。
  2. ^ 代表的な例としては、山野車輪の『「若者奴隷」時代-“若肉老食(パラサイトシルバー)”社会の到来』(晋遊舎2010年 ISBN 4863910703)において、2010年現在の若者の不遇な現状は全て「強者である高齢者」のせいだと主張されている[要ページ番号]

出典

  1. ^ World Population Ageing: 1950-2050”. United Nations Population Division. 2022年7月29日閲覧。
  2. ^ 大和総研 『最新版 入門の入門 経済のしくみ-見る・読む・わかる』 日本実業出版社・第4版、2002年、77頁。
  3. ^ 松原聡 『日本の経済 (図解雑学シリーズ)』 ナツメ社、2000年、176頁。
  4. ^ ステートメント | 国際連合(国連) 日本政府代表部”. www.un.emb-japan.go.jp. 2022年6月27日閲覧。
  5. ^ Population ages 65 and above (% of total population) - United Kingdom | Data”. data.worldbank.org. 2022年6月30日閲覧。
  6. ^ Kudo, Shogo; Mutisya, Emmanuel; Nagao, Masafumi (2015-12). “Population Aging: An Emerging Research Agenda for Sustainable Development” (英語). Social Sciences 4 (4): 940–966. doi:10.3390/socsci4040940. ISSN 2076-0760. https://www.mdpi.com/2076-0760/4/4/940. 
  7. ^ a b 国際連合人口部 2015, p. 18.
  8. ^ 生産年齢人口が急激に減る中国、「不動産価格が維持できるわけない」=中国メディア”. 2018年5月22日閲覧。
  9. ^ 平成17年国勢調査 最終報告書「日本の人口」統計表(時系列表,都道府県一覧表)”. 総務省. 2011年4月3日閲覧。 20.年齢(3区分)別割合及び年齢構成指数-全国,都道府県(大正9年-平成17年) その3 65歳以上人口の割合(%) を参照。
  10. ^ 人口推計(平成21年10月1日現在)年齢別人口 (PDF)”. 総務省. 2011年4月3日閲覧。表5. 年齢3区分別人口の推移(昭和25年-平成21年)を参照。
  11. ^ 高齢者の人口”. 総務省 統計局. 2018年9月18日閲覧。
  12. ^ 「日本を上回るスピードで悪化中」韓国の少子高齢化の知られざる実態「世界でもっとも老いた国」になるPRESIDENT Online 2020年10月13日


「高齢化」の続きの解説一覧

高齢化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 05:50 UTC 版)

東京一極集中」の記事における「高齢化」の解説

2045年東京圏著しく高齢化が進む。全国5歳以上人口占め東京圏割合は、2015年の5.6%から2045年には9.1%に上昇し高齢者3人1人東京圏住んでいることになり、75歳以上も4.2%から9.1%となる。この間関西圏名古屋圏はほぼ横ばいであるため高齢者東京一極集中」が進むということである。これだけ東京圏高齢者集めるのだから、この頃地方高齢者激減する人口減少陥り東京圏が高齢化していく中で都心3区も単に若い世代ばかりを集めわけにはいかない2045年5歳以上を見ると、中央区2015年6・1%から3.3%に上昇し2015年に比べ伸び幅にするなら千代田区1.86倍、中央区1.95倍、港区1.99倍である。75歳以上も千代田区1.87倍、中央区1.94倍、港区2.07倍と倍増する2045年には都区部23区)の人口減少はっきりしてくる。この時点における東京都ピーク時に比べ人口減少率はわずか2%ほどなのだが、それでも全国的に人口減少することにつれて東京圏への流入数減りその影響を受ける形で23区でも人口減少拡大し始める。2035年までは江戸川葛飾足立3区だけが減っていたが、2045年になると荒川区1.4%減)と中野区(0.8%減)も2015年水準維持できなくなり人口減少区に加わる。2020年段階ですでに人口減少見舞われていた足立区は2.6%減、江戸川区葛飾区は9.0%減まで減少幅が拡大する人口減らない区も、現状と同じとは いかない都心3区同じく高齢化率高まる区が増えるのである23区高齢化率ランキングしてみると、最も数値大きくなるのが練馬区で4.9%。杉並区(2.9%)や世田谷区8.2%)も住民3人1人高齢者となる。 年齢75歳以上に引き上げて住民占め割合弾き出してみると、練馬は20.6%、杉並18.2%、世田谷18.0%となり、若者の街のイメージ強くまた副都心分類される渋谷区65歳以上の割合は5.9%に上昇し75歳以上45.8%で6人に1人該当するうになる社人研の「日本の世帯数将来推計都道府県別推計)」(2019年によれば2040年における東京都高齢世帯占めひとり暮らしは45.8%で全国トップとなる。実数にすれば1162000世帯2015年793000世帯)だ。東京圏1都3県)の75歳以上のひとり暮らしは61.2%増の1461000世帯達し2045年にはさらに大きな数字となる。65歳人口占めひとり暮らし割合計算し直して東京都は29.2%で、ほぼ3人1人占め75歳以上も18.2%に及ぶ。2045年になると高齢者増える一方で20 - 64歳人口2015年に比べ東京都が10.1%減、神奈川県22.2%減、埼玉県22.9%減、千葉県24.1%減となり生産年齢人口激減著しい。 高齢化率檜原村9.0%、奥多摩町8.0%をはじめ福生市4.5%)、青梅市1.5%)、多摩市(0.7%)では4割を超え多摩地区1位人口を誇る八王子市2位町田市も8.6%に上昇するなど、30%台後というところも少なくない80歳上で見ても、稲城市が2.37倍、多摩市2・12倍、町田市三鷹市が1.95倍、八王子市1・92倍など、多摩地区では2倍前後水準となるところが少なくない23区おいても練馬区は2.22倍と稲城市に次ぐ伸びである。こうした事情多摩地区だけではなくサラリーマンなどの中産階級郊外住宅求めて移り住ん神奈川県埼玉県千葉県内の通勤可能エリア自治体2045年の姿からも同じような変化見て取れる都心へのアクセス良好な埼玉県戸田市(5.8%増)、千葉県流山市(1.7%増)、埼玉県吉川市(2.6%増)では2015年比で1割を超す人口増加となる一方で、5.3%減となる千葉県鋸南町や15.1%減の埼玉県東秩父村など、9市町村では2015年半分以下水準となる。東京圏にあって地方などからの流入少なくなり、自然減穴埋めできない市町村人口減っていく一方、高齢化についても多摩地区と同じ流れをたどる。80歳以上だけを取り上げても、2015年に比べ埼玉県伊奈町は2.72倍、千葉県白井市2.67倍、千葉県印西市2.62倍、千葉県浦安市2.61倍、埼玉県戸田市2.60倍となる。これを実数で見ると、政令指定都市を除く都市だけでも、千葉県船橋市66704人、埼玉県川口市6163人、千葉県松戸市5万9520人、千葉県市川市5万9331人、神奈川県藤沢市5万4076人など、東京圏ベッドタウン高齢者激増するところが目立つようになる

※この「高齢化」の解説は、「東京一極集中」の解説の一部です。
「高齢化」を含む「東京一極集中」の記事については、「東京一極集中」の概要を参照ください。


高齢化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 07:02 UTC 版)

大韓民国の少子化」の記事における「高齢化」の解説

高齢化は、年少人口増加停滞または年少人口減少し同時に平均寿命延びることによって、相対的に総人口占め高齢者割合上昇する現象である。国際連合は、高齢化率65歳以上を高齢者と定義)が7%を超えると「高齢化社会」、14%を超えると「高齢社会」、21%を超えると「超高齢社会」であると定義している。日本は「高齢化社会」から「高齢社会」への移行かかった年数24年で、当時は世界で最も速く移行したであった。しかし、韓国2000年に「高齢化社会」に突入すると、わずか18年後の2018年には高齢化率14%を超え、高齢化の速度日本抜いたその後高齢化率の上昇は加速しており、極度の低出生率と平均寿命伸びによって2065年高齢化率47%に達し日本38%)などを大きく上回り世界1位になる予測された。

※この「高齢化」の解説は、「大韓民国の少子化」の解説の一部です。
「高齢化」を含む「大韓民国の少子化」の記事については、「大韓民国の少子化」の概要を参照ください。


高齢化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/27 15:12 UTC 版)

さつきが丘団地」の記事における「高齢化」の解説

東京ベッドタウンとして発展してきたが、近年住民の高齢化が目立つ。 2016年平成28年現在ではさつきが丘1丁目及び2丁目人口8666人に対し65歳以上の人口は2833人であり、高齢者占め割合は実に約33%となっている。

※この「高齢化」の解説は、「さつきが丘団地」の解説の一部です。
「高齢化」を含む「さつきが丘団地」の記事については、「さつきが丘団地」の概要を参照ください。


高齢化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 04:27 UTC 版)

高齢者」の記事における「高齢化」の解説

詳細は「高齢化社会を参照 ある国・地域において、65歳上が人口の7%以上を超える高齢化社会14%を超える高齢社会21%を超える超高齢社会呼ばれる日本では1935年では4.7%で最低であったが、2007年では21.5%となり、超高齢社会となった日本では2050年代までは世界1位だが、2060年以降は世界2位以下になる。

※この「高齢化」の解説は、「高齢者」の解説の一部です。
「高齢化」を含む「高齢者」の記事については、「高齢者」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「高齢化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「高齢化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高齢化」の関連用語

高齢化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



高齢化のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高齢化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの東京一極集中 (改訂履歴)、大韓民国の少子化 (改訂履歴)、さつきが丘団地 (改訂履歴)、高齢者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS