同数とは? わかりやすく解説

どう‐すう【同数】

読み方:どうすう

数が同じであること。同一の数。


等濃

(同数 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/25 01:13 UTC 版)

数学において二つの集合 A, B濃度が等しいとは、それらの間の一対一対応全単射)が存在すること、すなわち A から B への写像 f: AB が存在して B の各 y に対してちょうど一つづつの xAf(x) = yを満たすときに言う[1]。濃度が等しいことは、それら集合に属する元の数が同じであることと解釈することができる[2]。このように集合の濃度が等しいとき、それら集合は同数[3] (equi­numerous), 対等[4]もしくは同等[5]:194 (equi­pollent)[注釈 1] あるいは等濃 (equi­potent, equicardinality[6]) であるなどと言う[注釈 2]


注釈

  1. ^ 初等幾何学における有向線分の equipollence英語版(同方向同長)と混同してはならない。有向線分の equipollence を同値関係とする同値類は幾何学的ベクトルである。
  2. ^ 字義としては、接頭辞 "equi-" は「同じ」「等しい」ことを意味する。"-noumerous", "-numerosity" は「数(の)」、"-pollent", "-pollency" は「勢力(の)」「強さ(の)」の意、また "potency" は「冪」("power") の意で "cardinality" (「濃度」) の別名である。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Suppes, Patrick (1972) [originally published by D. van Nostrand Company in 1960]. Axiomatic Set Theory. Dover. ISBN 0486616304 
  2. ^ Enderton, Herbert (1977). Elements of Set Theory. Academic Press Inc.. ISBN 0-12-238440-7 
  3. ^ ベルマン 2016, p. 357, 定義 7.1.1.
  4. ^ 松坂 1968, p. 61.
  5. ^ 瀬山士郎 (2013), 数学記号を読む辞典, 技術評論社, ISBN 9784774160672 
  6. ^ cardinaity - PlanetMath.(英語)
  7. ^ a b c d Jech, Thomas J. (2008) [Originally published by North–Holland in 1973]. The Axiom of Choice. Dover. ISBN 978-0-486-46624-8 
  8. ^ Tiles, Mary (2004) [Originally published by Basil Blackwell Ltd. in 1989]. The Philosophy of Set Theory: An Historical Introduction to Cantor's Paradise. Dover. ISBN 978-0486435206 
  9. ^ Herrlich, Horst (2006). Axiom of Choice. Lecture Notes in Mathematics 1876. Springer-Verlag. ISBN 978-3540309895 



「同数」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「同数」に関係したコラム

  • 株式分析の騰落レシオとは

    株式分析の騰落レシオは、その日の値上がりした銘柄数と、値下がりした銘柄数から株式相場の強弱を調べるテクニカル指標です。騰落レシオの計算方法は、過去25日間の値上がりした銘柄数を過去25日間の値下がりし...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「同数」の関連用語

同数のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



同数のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの等濃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS