社会保障とは?

しゃ かいほしょう -くわい -しやう [4]社会保障

国家国民の生活を保障する制度日本では社会保険公的扶助社会福祉公衆衛生などがある。
「社会保障」に似た言葉


社会保障(しゃかいほしょう)

社会保障に関わる用語

個々人では対応しきれない生活上の危険をカバーするために、国などの公的機関社会保険料などを財源として行うサービスのこと。社会保障には公的扶助社会保険社会福祉公衆衛生の4種類がある。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

社会保障

国民傷病老齢死亡、その他生上のさまざまな困難に直面した場合に、国や公共団体現金サービス給付して、国民の生活を保障し、社会安定をはかるための制度
社会保障という言葉1935年アメリカ社会保障法始まります。
日本では憲法25条でこの言葉が用いられて以来一般的に使われるようになりました。社会保障はいずれの国でもナショナル・ミニマム国家国民保障すべき最低限度の生活水準)の保障目的として展開されてきましたが、最近その時代の文化的社会的水準即した国民生活の安定重視する方向へと変わってきています。社会保障の仕組みは国によって異なっていますが、一般的にその制度体系は、社会保険公的扶助社会福祉および社会手当からなっています。また、その機能面からみると、(1)老齢退職障害死亡傷病失業等による所得喪失中断減少などに対して生活費保障する所得保障、(2)病気やけが、出産などに対す医療サービス病気予防、リハビリテーション・サービスなどを提供する医療保障、(3)障害者老人児童など日常生活維持援助を必要としている人びとに対してサービス提供するケア保障日常生活支援)があります

社会保障

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/23 15:49 UTC 版)

社会保障(しゃかいほしょう、: Social security schemes)は、個人的リスクである、病気けが出産障害死亡老化失業などの生活上の問題について貧困を予防し、貧困者を救い、生活を安定させるために国家または社会所得移転によって所得を保障し、医療介護などの社会的サービス(Social benefits)を給付する制度を指す[3]。社会保障という言葉は社会福祉と同義で使われることも多いが、公的には、社会福祉の他に公衆衛生をも含む、より広い概念である。


  1. ^ OECDSocial Expenditure - Aggregated data(社会的支出 - 集計データ) (Report). OECD.State. (2015). https://stats.oecd.org/Index.aspx?DataSetCode=SOCX_AGG#. 
  2. ^ OECD Social Expenditure Statistics (Report). OECD. (2012). doi:10.1787/socx-data-en. http://www.oecd.org/els/soc/expenditure.htm. 
  3. ^ glossary of statical terms -SOCIAL SECURITY SCHEMES”. OECD. 2015年3月1日閲覧。
  4. ^ a b OECD Social Expenditure Statistics (Report). OECD. (2011). doi:10.1787/socx-data-en. http://www.oecd.org/els/soc/expenditure.htm. 
  5. ^ a b c d e f g h i j k 片山 信子 (2008-10). “社会保障財政の国際比較 : 給付水準と財源構造” (日本語). レファレンス (国立国会図書館調査及び立法考査局) 58 (10): 73-103. doi:10.11501/999641. NAID 40016298909. http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/287276/www.ndl.go.jp/jp/data/publication/refer/200810_693/069304.pdf. 
  6. ^ OECD (2019年). “Social Expenditure - Aggregated data(社会的支出 - 集計データ)”. OECD.State. 2019年6月5日閲覧。
  7. ^ 2016年の値である。
  8. ^ a b c 2015年の値である。
  9. ^ a b c 2017年の値である。
  10. ^ 一人当たりの支出とGDP比は2017年の値であり、GNI比とNNI比は2016年の値である。
  11. ^ 一人当たりの支出とGNI比・NNI比は2017年の値であり、と政府支出は2016年の値である。
  12. ^ 一人当たりの支出以外は2016年の値である。
  13. ^ 一人当たりの支出は2017年の値であり、GNI比・NNI比と政府支出は2016年の値である。
  14. ^ GDP比以外は2014年の値である。
  15. ^ 政府支出以外は2016年の値である。
  16. ^ 一人当たりの支出・GNI比・NNI比は2016年の値である。
  17. ^ glossary of statical terms -SOCIAL SECURITY FUNDS - SNA”. OECD. 2015年3月1日閲覧。
  18. ^ glossary of statical terms -SOCIAL INSURANCE SCHEMES”. OECD. 2015年3月1日閲覧。
  19. ^ OECD 2014, pp. 29-30.
  20. ^ Eurostat (2018-05) (Excel). Social protection statistics - financing Figure 4: Social protection receipts by sector of origin, 2015(社会保護統計 - 資金調達 図4:2015年の拠出セクター別社会保護費の比率) (Report). 欧州連合. https://ec.europa.eu/eurostat/statistics-explained/index.php?title=Social_protection_statistics_-_financing#Sectors_of_origin_of_social_protection_receipts 2019年6月5日閲覧。. 
  21. ^ 日本経済新聞社編 『やさしい経済学』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、179-180頁。
  22. ^ 松井和子「イタリアの医療制度改革」『海外社会保障情報』第85巻、国立社会保障・人口問題研究所、1988年12月。
  23. ^ 厚生労働省, 国立社会保障・人口問題研究所 (2018年8月31日). “平成28年度社会保障費用統計 第8表 社会保障給付費の部門別推移(1950~2016年度) (Excel,DB)”. 政府統計の総合窓口(e-Stat). 2019年6月6日閲覧。
  24. ^ 厚生労働省, 国立社会保障・人口問題研究所 (2018年8月31日). “平成28年度社会保障費用統計 第10表 社会保障給付費の部門別推移(対国民所得比)(1951~2016年度) (Excel,DB)”. 政府統計の総合窓口(e-Stat). 2019年6月6日閲覧。
  25. ^ a b c 内閣官房; 内閣府; 財務省; 厚生労働省 (2018-05-21) (PDF). 「2040年を見据えた社会保障の将来見通し(議論の素材)」等について (Report). https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/0000207399.pdf 2019年6月6日閲覧。. 
  26. ^ 2018年度の医療・介護サービスの足元の年齢階級別の受療率等(入院・外来の受療率、サービスごとの利用率)を基に機械的に将来の患者数や利用者数を計算。また、サービスごとの単価は足元の単価に一定の伸び率を乗じて計算。単価に乗じる伸び率は、医療は、経済成長率 × 1/3 + 1.9% - 0.1%、介護は、賃金上昇率と物価上昇率を65:35で加重平均。(社会保障・税一体改革の試算の仮定をそのまま使用。)
  27. ^ 小児科 医師不足を加速させている小児医療費無料化政策に強く抗議し 条例の撤廃を求める・・・:医療経営財務協会ホームページ
  28. ^ a b c d <1960~70年代> キーワード:「“老人医療費無料化”がもたらしたもの」NHK
  29. ^ a b c d e 池田信夫 (2017年2月17日). “高校無償化で「バラマキ教育」の競争が始まる” (日本語). livedoor NEWS. JBpress(日本ビジネスプレス). http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49208 2019年6月6日閲覧。 
  30. ^ a b c d 柏市議会議員 上橋泉 柏市政研究会 http://www16.plala.or.jp/kamihasi-izumi/kouki_kourei.htm
  31. ^ a b c d e 呉 世榮 (2005-03). “老人医療無料化制度の形成と国民医療費” (日本語). 佛教大学大学院紀要 (京都市: 佛教大学大学院) 33: 223-236. ISSN 13442422. NAID 110006472576. https://archives.bukkyo-u.ac.jp/repository/baker/rid_DO003300006449. 
  32. ^ もう失敗できない」都知事の間違えない選び方 明大教授・元都副知事 青山佾
  33. ^ a b c 土肥 一忠 (2010年7月5日). “正々堂々と消費税導入を掲げて選挙に負けた男 あまりにも軽くなった政治家の言葉” (日本語). JBpress(日本ビジネスプレス). http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3871 
  34. ^ “佐藤優氏 消費税導入で日本の社会民主主義の矛盾が露わに” (日本語). NEWSポストセブン. SAPIO2017年6月号: pp. 2. (2017年5月11日). https://www.news-postseven.com/archives/20170511_530363.html?PAGE=2 2019年6月6日閲覧。 
  35. ^ 鄭子真 (2009-09). “中曽根内閣と消費税:導入失敗の過程” (日本語). 国際公共政策研究 (大阪府豊中市: 大阪大学大学院国際公共政策研究科) 14 (1): 191-205. ISSN 13428101. http://hdl.handle.net/11094/11471. 
  36. ^ 鎌倉治子 (2018-03-15). “諸外国の付加価値税(2018年版)” (日本語). 基本情報シリーズ (国立国会図書館調査及び立法考査局) 24: 6. doi:10.11501/11056198. ISBN 9784875828112. http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_11056198_po_201803ma.pdf?contentNo=1&alternativeNo= 2019年6月6日閲覧。. 
  37. ^ 2008.
  38. ^ 第131回国会概観 参議院
  39. ^ a b 消費税5%への決定 村山富市 元総理大臣 2010年9月1日 日本記者クラブ
  40. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171114-00196208-toyo-bus_all&p=2
  41. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171114-00196208-toyo-bus_all&p=1
  42. ^ 財務省 (2019-04-23) (PDF). 資料 社会保障について (Report). https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia310423/01.pdf 2019年6月6日閲覧。. 


「社会保障」の続きの解説一覧



社会保障と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「社会保障」の関連用語

社会保障のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



社会保障のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2020 Houterasu All rights reserved.
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2020 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社会保障 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS