経済安全保障とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 保障 > 経済安全保障の意味・解説 

けいざい‐あんぜんほしょう〔‐アンゼンホシヤウ〕【経済安全保障】

読み方:けいざいあんぜんほしょう

経済的手段によって安全保障実現目指すこと。国民生命財産に対する脅威取り除き経済社会生活安定維持するために、エネルギー・資源食料などの安定供給確保するための措置講じ望まし国際環境形成することをいう。


経済安全保障

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/22 08:04 UTC 版)

経済安全保障(けいざいあんぜんほしょう、英語: Economic security)とは、国家経済活動国民生活に対する脅威を取り除き、一国の経済体制社会生活の安定を維持するために、エネルギー資源食料などの安定供給を確保するための措置を講じることである[1]。一国の経済システムが安全に活動できる条件として、国民全体の生存に必要な最低限の生活必需品の生産量、輸出入量の規模およびそれを保障する条件、ある特定時点の生活水準の維持に必要な輸出入量の条件など、各種の水準が設けられている[2]


  1. ^ デジタル大辞泉 けいざい‐あんぜんほしょう〔‐アンゼンホシヤウ〕【経済安全保障】
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「経済セキュリティ」
  3. ^ Childstats.gov - America's Children: Key National Indicators of Well-Being 2007 - Economic Circumstances
  4. ^ Beyond 50: Summary Tables and Charts”. 2008年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月24日閲覧。
  5. ^ About DES
  6. ^ DEED History
  7. ^ a b 新たな「防衛力」 経済安全保障とは何か”. NHK政治マガジン. 日本放送協会 (2020年10月21日). 2020年11月29日閲覧。
  8. ^ Rupert, Mark (2007). International Relations Theory. Oxford: Oxford University Press 
  9. ^ Backgrounder No. 6: Economic Security Archived 2011-10-05 at the Wayback Machine.
  10. ^ 中村直貴 (2020年10月1日). “経済安全保障 -概念の再定義と一貫した政策体系の構築に向けて-”. 立法と調査 事項別索引(外交・防衛). 調査室作成資料. 参議院. 2020年11月29日閲覧。
  11. ^ “自民、経済安保推進法の制定求める 年末までに政府に提言”. Mainichi Daily News. (2020年10月16日). https://mainichi.jp/articles/20201016/k00/00m/010/192000c 2020年11月30日閲覧。 
  12. ^ “「職責の重み受け止め全力」 小林鷹之経済安保相”. 産経新聞. (2021年10月4日). https://www.sankei.com/article/20211004-FC5FLSSKPFK7TPS5J2YGIQUYRU/ 2021年10月31日閲覧。 
  13. ^ 令和3年11月19日 経済安全保障推進会議 | 令和3年 | 総理の一日 | ニュース” (日本語). 首相官邸ホームページ. 2021年11月28日閲覧。
  14. ^ 経済安全保障法制に関する有識者会議|内閣官房ホームページ”. www.cas.go.jp. 2021年11月28日閲覧。
  15. ^ 経済安保推進法案を閣議決定 重要物資の安定供給確保、罰則も”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2022年2月25日). 2022年3月9日閲覧。
  16. ^ 経済安保推進法が成立 23年から施行、供給網を強化” (日本語). 日本経済新聞 (2022年5月11日). 2022年5月16日閲覧。
  17. ^ Mankiw (2012). Principles of Economics (6 ed.). South-Western Cengage Learning. p. 547. https://archive.org/details/principleseconom00mank_831 


「経済安全保障」の続きの解説一覧

経済安全保障

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 16:42 UTC 版)

国家安全保障」の記事における「経済安全保障」の解説

経済安全保障の目的はその国家経済国民経済生活を維持改善することにある。経済とは国に住む人間の生活そのものである。故に経済力極めて重要な国力であり、また国際経済における競争力維持し経済的な自立達成することは国の存続直接関わることであると言える経済における安全を定義することは軍事における安全とその性質本質的に異なっているため難しい。市場経済本質的に不安定性内在するものであり、保護主義的な関税設定するなどの手段で市場過剰に介入することは国内産業競争力低下させる恐れがある。また市場制御するために市場の独占必要になるが、それは市場経済原理そのもの反す行為である。国外からの直接投資輸入などを断絶して自給自足目指すことも近年経済相互依存関係進んでいるため、不可能に近い故に経済安全保障政策を行う場合このような経済特性市場原理十分に把握して実行することが極めて重要である。 アメリカ合衆国通商拡大法第232条には、安全保障理由輸入制限を行うことができる規定定められており、2018年3月23日以降アメリカ輸入される鉄鋼アルミニウム製に対して追加関税措置が行われた。

※この「経済安全保障」の解説は、「国家安全保障」の解説の一部です。
「経済安全保障」を含む「国家安全保障」の記事については、「国家安全保障」の概要を参照ください。


経済安全保障

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 02:50 UTC 版)

中山展宏」の記事における「経済安全保障」の解説

ルール形成戦略議員連盟」の事務局長務め5月29日議連会長である甘利明とともに首相官邸訪問し政府経済・外交安全保障にを統合する司令塔国家経済会議日本版NEC)」の設置求め安倍総理提言書を提出した米中貿易摩擦デジタル宇宙空間覇権争い絡んでおり、司令塔生かして国家主導一元的戦略を立てる中国対抗する狙いがある。また省庁縦割り破り政治主導一元的戦略を練る重要性にも触れた安倍総理提言書を提出した際、「国家経済会議日本版NEC創設」を求めたが、次善の策として、2014年発足した国家安全保障会議日本版NSC)」の中に我が国安全保障資する戦略的外交経済政策を担う組織をまずは作るきとした2020年4月1日提言反映され経済班がNSC内に発足した内閣委員会質疑において、中国国家情報法対象である企業が、内閣官房サイバーセキュリティー関与していることについて質問をし、政府参考人から「政府機関等情報セキュリティ対策のための統一基準群、こういうものなどによりまして情報取扱いには細心の注意を払って進めているところでございます。」との回答得た知的財産技術流出問題についてルール形成戦略議員連盟議論してきており、その中で日本は、アプリや金融のシステムに限らず医療エネルギー場合によっては保安検査などの分野でも中国製品扱っているそのひとつひとつに対して検証していくことが必要だとしている。 経済安全保障上、日本なすべきこととして、「安全保障に対する考え方共有できる国や地域広げていくことが大切で、それが国民の皆さんの安心に繋がるんだと思います」と語っている。 経団連加盟する企業中心に経済安全保障に協議する新組織「国際経済外交総合戦略センター」の「第1回経済安保セミナー」が開かれた際、パネルディスカッション参加した

※この「経済安全保障」の解説は、「中山展宏」の解説の一部です。
「経済安全保障」を含む「中山展宏」の記事については、「中山展宏」の概要を参照ください。


経済安全保障

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:02 UTC 版)

高市早苗」の記事における「経済安全保障」の解説

経済安全保障として、特に中国念頭に来日する留学生技術者が、帰国時に日本の民間技術持ち帰り母国兵器技術転用を防ぐことを目的とした法案組織整備する「経済安全保障包括法」の制定目指すとした。

※この「経済安全保障」の解説は、「高市早苗」の解説の一部です。
「経済安全保障」を含む「高市早苗」の記事については、「高市早苗」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「経済安全保障」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



経済安全保障と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

経済安全保障のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



経済安全保障のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの経済安全保障 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの国家安全保障 (改訂履歴)、中山展宏 (改訂履歴)、高市早苗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS