日本維新の会_(2016-)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本維新の会_(2016-)の意味・解説 

日本維新の会 (2016-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/16 15:27 UTC 版)

日本維新の会(にっぽんいしんのかい、: Japan Innovation Party [17][注 2])は、日本の政党2015年11月におおさか維新の会(おおさかいしんのかい、: Initiatives from Osaka)として結成された[6]2016年8月23日に現在の党名に改名[16]略称維新[18]




注釈

  1. ^ 教育無償化、統治機構改革、憲法裁判所の設置のため。[9]
  2. ^ 公式ウェブサイトでは、フッターの著作権表示で Nippon Ishin (Japan Innovation Party) と表記されている。
  3. ^ 前身である日本維新の会 (2012-2014)維新の党(おおさか維新の会分裂まで)、おおさか維新の会も党本部は大阪市にあった。
  4. ^ 松野の代表任期は元々9月末までと定まっており、9月中に代表選を行う予定であったが、分党交渉中であったため延期になっていた。

出典

  1. ^ a b c “政治資金規正法に基づく政治団体の届出” (PDF) (プレスリリース), 総務省, (2015年11月2日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000384139.pdf 2015年12月9日閲覧。 
  2. ^ a b c “地方公共団体の議会の議員及び長の所属党派別人員調等(令和元年12月31日現在)” (プレスリリース), 総務省, (2020年3月31日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000678891.pdf 
  3. ^ Gregory W. Noble (2019年7月13日). “Abe sails toward another electoral victory” (英語). East Asia Forum. 2019年9月7日閲覧。 “... The Japanese Communist Party, two small centre-right regional groupings — Tokyoites First Party and Osaka-based Japan Innovation Party (Ishin) ...”
  4. ^ Ben McGrath (2019年7月12日). “Japanese PM pushes constitutional revision ahead of upper house election” (英語). World Socialist Web Site (International Committee of the Fourth International). https://www.wsws.org/en/articles/2019/07/12/japa-j12.html 2019年9月7日閲覧. "... but right-wing parties like Nippon Ishin no Kai could give Abe and the LDP the numbers they need." 
  5. ^ デジタル大辞泉 コトバンク 2018年7月17日閲覧
  6. ^ a b c d e 矢野武. 日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク. 2018年9月3日閲覧。
  7. ^ 看板なし!節操なし!地方組織なし! 「三重苦」の希望の党の断末魔が聞こえる 産経新聞 2017年12月14日
  8. ^ “定義なき保守バブル 有権者の解釈多様”. 西日本新聞. (2017年10月16日). オリジナルの2019年5月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190521185847/https://www.nishinippon.co.jp/item/n/366091/ 2019年8月28日閲覧。  「各党が掲げる『理念』」の表を参照。
  9. ^ a b c 日本維新の会 憲法改正への取り組み
  10. ^ a b c d e f g h i 日本維新の会 綱領・基本方針
  11. ^ a b 日本維新の会 身を切る改革
  12. ^ a b 日本維新の会 徹底した行革
  13. ^ 機関紙 日本維新 Vol.05 - 松井一郎. 機関紙 日本維新. (2016年9月8日) 2019年3月15日閲覧。
  14. ^ “平成29年分政党交付金の交付決定” (プレスリリース), 総務省, (2018年4月2日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000540733.pdf 2018年4月2日閲覧。 
  15. ^ 日本に定着するか、政党のカラー”. nikkei.com. 日本経済新聞社 (2017年10月21日). 2019年7月27日閲覧。
  16. ^ a b “政治資金規正法に基づく政治団体の届出事項の異動の届出” (プレスリリース), 総務省, (2016年8月24日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000435897.pdf 
  17. ^ “LDP、CDP、JCP…名は体を表さない?興味深い各党の英語表記”. スポーツニッポン. (2017年10月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/18/kiji/20171018s00041000042000c.html 
  18. ^ “「おおさか」も略称「維新」…届け出受理”. 読売新聞(YOMIURI ONLINE). (2015年11月5日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151104-OYT1T50123.html 2015年11月5日閲覧。 
    ラジオでは音が被るため『平仮名おおさか維新』と呼称。[リンク切れ]
  19. ^ “おおさか維新、党名変更を正式決定 名称は今後協議”. 産経新聞. (2016年7月12日). https://www.sankei.com/west/news/160712/wst1607120088-n1.html 
  20. ^ 日本維新の会、政権との「是々非々」確認(2016年8月24日 日経新聞)
  21. ^ 産経ニュース2016年10月7日「ゆ」党からついに「よ」党!? 日本維新の会が憲法改正論議の旗振り役を買って出た 衆院選に向け民進党との違いアピール
  22. ^ “橋下氏、野党再編に冷や水 維新、分裂の可能性も”. 朝日新聞. (2015年6月16日). http://www.asahi.com/articles/ASH6H4SF7H6HUTFK00D.html 2015年10月31日閲覧。 
  23. ^ “橋下新党構想―あまりに勝手な分裂劇”. 朝日新聞. (2015年9月1日). http://www.asahi.com/articles/ASH80368LH80USPT005.html 2015年10月31日閲覧。 
  24. ^ “橋下・松井両氏の離党届を受理 維新の党”. 朝日新聞. (2015年8月28日). http://www.asahi.com/articles/ASH8X5DCDH8XPTIL01F.html 2015年10月31日閲覧。 
  25. ^ “橋下氏、10月に新党結成 政界復帰含み、維新大阪系12人中心”. 産経新聞. (2015年8月30日). https://www.sankei.com/politics/news/150830/plt1508300009-n1.html 
  26. ^ “おおさか〝新党組〟164人、除籍に不服申し立て 「維新の党は無政府状態」と批判”. 産経WEST. (2015年10月22日). http://www.sankei.com/west/news/151022/wst1510220040-n1.html 2015年10月31日閲覧。 
  27. ^ “維新除籍で対抗措置?片山氏、対立議員の会派離脱届け出”. 朝日新聞. (2015年10月17日). http://www.asahi.com/articles/ASHBJ5VL5HBJUTFK00T.html 2015年10月31日閲覧。 
  28. ^ “維新の党参院会派、小野氏ら残留組5氏「追放」”. 読売新聞. (2015年10月21日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151021-OYT1T50103.html 2015年10月31日閲覧。 
  29. ^ “維新の党混迷 いつまで泥仕合を続けるのか”. 読売新聞. (2015年10月27日). http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20151026-OYT1T50126.html 2015年10月31日閲覧。 
  30. ^ “維新大阪系、「解党」決定 執行部は反発”. 日本経済新聞. (2015年10月24日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASFK24H28_U5A021C1000000 2015年10月31日閲覧。 
  31. ^ a b “【維新分裂】「円満解散」の松野氏、捨て身覚悟も新党は民主の“英断”頼み”. 産経新聞. (2015年12月8日). https://www.sankei.com/politics/news/151208/plt1512080041-n1.html 
  32. ^ “おおさか維新新代表に松井氏 橋下氏は法律政策顧問へ”. 毎日新聞. (2015年12月12日). http://mainichi.jp/articles/20151213/k00/00m/010/042000c 2015年12月13日閲覧。 
  33. ^ “おおさか維新に馬場氏ら3議員正式入党”. 産経新聞. (2015年12月25日). http://www.sankei.com/smp/politics/news/151225/plt1512250031-s.html 
  34. ^ “おおさか維新、京都3区補選に新人擁立へ”. 読売新聞. (2016年3月10日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20160310-OYT1T50198.html 
  35. ^ “京都3区補選 民進 泉健太氏が当選”. NHK. (2016年4月24日). オリジナルの2016年4月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160424111427/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160424/k10010496751000.html 
  36. ^ 古い政治を壊す。新しい政治を創る。|おおさか維新の会 2016参議院選挙
  37. ^ “渡辺喜美氏の比例擁立決定 参院選、おおさか維新”. 産経ニュース. (2016年5月14日). http://www.sankei.com/politics/news/160514/plt1605140026-n1.html 
  38. ^ “おおさか維新、田中康夫氏の擁立検討 参院東京選挙区”. 朝日新聞. (2016年6月1日). http://www.asahi.com/articles/ASJ613HNVJ61PTIL00K.html 
  39. ^ “【参院選】おおさか維新健闘 社民は党首落選で崖っぷち…中小政党の明暗くっきり”. 産経新聞. (2016年7月11日). http://www.sankei.com/politics/news/160711/plt1607110080-n1.html 
  40. ^ “維新、生活保護受給者のパチンコ・競馬・競輪・toto禁止法案提出 独自法案は今国会で計101本”. 産経新聞. (2016年12月12日). https://www.sankei.com/politics/news/161212/plt1612120026-n1.html 
  41. ^ “【東京都知事選】お維新の松井代表、鳥越氏「改憲」発言を批判 「知事の仕事は憲法改正ではない」 都知事選はノータッチ”. 産経新聞. (2016年7月13日). http://www.sankei.com/west/news/160713/wst1607130082-n1.html 
  42. ^ “おおさか維新:党名、「日本維新の会」に戻す案が有力”. 毎日新聞. (2016年7月12日). http://mainichi.jp/articles/20160712/k00/00e/010/164000c 
  43. ^ “「おおさか」外し新名称に=副代表に渡辺喜美氏-お維新”. 時事通信. (2016年7月12日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016071200836&g=pol 
  44. ^ “おおさか維新、党名変更…「日本維新の会」軸に”. 読売新聞. (2016年7月12日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160712-OYT1T50115.html 
  45. ^ “「日本維新の会」が最多 党名変更アンケートで地方議員ら”. 産経新聞. (2016年8月19日). http://www.sankei.com/west/news/160819/wst1608190013-n1.html 
  46. ^ “「日本維新の会」への党名変更決定 おおさか維新の会臨時党大会 2年ぶりの復活”. 産経新聞. (2016年8月23日). http://www.sankei.com/west/news/160823/wst1608230062-n1.html 
  47. ^ “おおさか維新:「日本維新の会」に党名変更 臨時党大会”. 毎日新聞. (2016年8月23日). http://mainichi.jp/articles/20160824/k00/00m/010/017000c 
  48. ^ “【日本維新の会復活】新ロゴマークはほぼ変わらず!…橋下氏姿なく、「にっぽん」へ脱皮できるか”. 産経新聞. (2016年8月24日). http://www.sankei.com/west/news/160824/wst1608240012-n1.html 
  49. ^ 維新 馬場幹事長 都議選で協力せず小池知事の都政改革には協力 NHK 2017年1月31日
  50. ^ 長谷川豊氏 炎上で収入「0円」に 次期衆院選、日本維新の会から立候補正式表明デイリースポーツ 2017年2月6日
  51. ^ “維新、「政権交代」「憲法改正」の方針採択 都議選見据え東京で党大会”. 産経新聞. (2017年3月25日). https://www.sankei.com/politics/news/170325/plt1703250017-n1.html 
  52. ^ 維新、党勢拡大を明記 党大会で活動方針決定日本経済新聞 2017年3月25日
  53. ^ “【維新vs渡辺喜美氏】維新が渡辺喜美副代表を除名”. 産経新聞. (2017年6月22日). https://www.sankei.com/politics/news/170622/plt1706220039-n1.html 
  54. ^ “【都議選投開票】維新やっと1議席 「自民vs都民ファ」の構図に埋没”. 産経新聞. (2017年7月2日). https://www.sankei.com/west/news/170703/wst1707030012-n1.html 
  55. ^ 衆院選 希望・維新、すみ分け合意 東京・大阪、地方分権を推進”. 毎日新聞 (2017年10月1日). 2017年10月1日閲覧。
  56. ^ 「地元大阪で競り負けた」 橋下氏不在の初の衆院選「全国への発信難しかった」産経新聞 2017年10月23日
  57. ^ 橋下氏不在補えず…「何で希望と組んだんや」罵声浴びた候補 維新低調に「崩壊の始まり」指摘も”. 産経新聞 (2017年10月24日). 2018年1月22日閲覧。
  58. ^ 橋下氏、当選の維新議員に反発 「お前が勝てたのは…」朝日新聞 2017年10月26日
  59. ^ 維新・丸山穂高議員が離党届「もはや耐えられない」 橋下徹氏のツイッター批判に産経新聞2017年10月31日付
  60. ^ 維新・丸山穂高氏、離党届を提出…橋下氏と確執読売新聞2017年10月31日付
  61. ^ “丸山氏の「立法事務費」を受給 離党届保留”. 毎日新聞. (2018年12月20日). https://mainichi.jp/articles/20171220/k00/00m/010/187000c 2018年1月9日閲覧。 
  62. ^ “丸山穂高氏、離党届取り下げ”. 毎日新聞. (2018年1月9日). https://mainichi.jp/articles/20180110/k00/00m/010/166000c 2018年1月9日閲覧。 
  63. ^ 維新・松井一郎代表、苦境の中のかじ取り 来月、代表選の可否議決 続投の公算大も…産経新聞 2017年10月28日
  64. ^ 維新・松井氏の代表続投決定 賛成多数で代表選行わず”. 朝日新聞 (2017年11月25日). 2017年11月25日閲覧。
  65. ^ a b 維新、希望が参院統一会派 野党第三会派に”. 産経新聞 (2019年1月23日). 2019年1月23日閲覧。
  66. ^ 大地と維新が北海道議選と札幌市議選で選挙協力”. 毎日新聞 (2019年3月18日). 2019年4月18日閲覧。
  67. ^ 「河村さん戦ってちょうよ、じゃないの」名古屋市議選で減税日本の躍進に”. 毎日新聞 (2019年4月8日). 2019年4月18日閲覧。
  68. ^ 維新、大阪市議会は過半数届かず 府知事・市長選は勝利”. 朝日新聞 (2019年4月8日). 2019年4月18日閲覧。
  69. ^ 維新、道府県議選で関西以外全敗 地域政党に戻る危機感”. 朝日新聞 (2019年4月11日). 2019年4月18日閲覧。
  70. ^ 維新、丸山衆院議員の除名決定 - 時事ドットコム 2019年5月14日
  71. ^ 丸山穂高氏の糾弾決議可決 衆院「自ら進退判断を」 - 日本経済新聞 2019年6月30日閲覧。
  72. ^ “堺市長選、維新・永藤氏が出馬表明 「希望持てる堺を」”. 日本経済新聞. (2019年5月7日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO44486170X00C19A5AC8Z00 2019年6月10日閲覧。 
  73. ^ “堺市長選、永藤氏が当選 大阪ダブル選に続き維新連勝”. 日本経済新聞. (2019年6月9日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO45882530Z00C19A6AM1000 2019年6月9日閲覧。 
  74. ^ “鈴木宗男氏、維新から参院比例出馬へ”. 時事ドットコム. (2019年6月20日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062001144&g=pol 2019年6月22日閲覧。 
  75. ^ “「減税」から「維新」に 届け出政党を変更 参院愛知”. 産経新聞. (2019年6月24日). https://www.sankei.com/west/news/190624/wst1906240028-n1.html 2019年7月5日閲覧。 
  76. ^ 2019 参議院選挙朝日新聞
  77. ^ “維新議員団、あすから訪韓 下地幹郎団長に聞く 訪韓の狙いは?日韓関係の展望は?”. 琉球新報. (2019年9月2日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-982039.html 2019年9月5日閲覧。 
  78. ^ “河村氏が韓国首相と会談 元徴用工問題など議論”. 日本経済新聞. (2019年9月3日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO49333500T00C19A9EAF000 2019年9月5日閲覧。 
  79. ^ “日本維新の会議員、韓国の国会議員らと会談”. MBS NEWS. (2019年9月5日). https://www.mbs.jp/news/zenkokunews/20190905/3769267.shtml 2019年9月5日閲覧。 
  80. ^ “【独自】「衆院5議員側に500万円」…IR汚職 中国企業側がメモ”. 読売新聞. (2020年1月3日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20200103-OYT1T50047/ 2020年1月6日閲覧。 
  81. ^ “維新・下地議員、現金受領認める IR中国企業顧問から”. 朝日新聞. (2020年1月6日). https://www.asahi.com/articles/ASN163RGRN16TPOB003.html 2020年1月6日閲覧。 
  82. ^ 維新、現金受領の下地議員を除名処分 議員辞職も勧告へ - 毎日新聞 2020年1月8日
  83. ^ “沖縄の県議2氏、維新離党へ 新政策集団設立めざす 下地幹郎氏の合流も検討か”. 沖縄タイムス. (2020年1月19日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/523831 2020年2月6日閲覧。 
  84. ^ “「朝日もひどい」橋下氏、またツイッターでめった切り “元祖”も「典型的な口だけ男」と切り捨て”. 産経WEST. (2015年11月28日). http://www.sankei.com/west/news/151128/wst1511280025-n1.html 2015年12月7日閲覧。 
  85. ^ “維新「円満解散」で合意=分裂の混乱収束-執行部・大阪系”. 時事通信. (2015年12月8日). http://www.jiji.com/jc/zci?g=pol&k=201512/2015120800424&pa=f 2015年12月8日閲覧。 
  86. ^ 馬場伸幸幹事長Twitter 2016年3月23日
  87. ^ “浜田氏、お維会派入り”. 産経ニュース. (2016年4月29日). http://www.sankei.com/politics/news/160429/plt1604290008-n1.html 2016年6月1日閲覧。 
  88. ^ http://www.nara-np.co.jp/20170707085754.html
  89. ^ https://seijiyama.jp/area/card/3624/6gc6ge/M?S=lcqdt3mhmb3k
  90. ^ 当落線上、攻防激化 - 奈良市議選 終盤情勢
  91. ^ 「維新」で当選に憤慨 落選の「維新」
  92. ^ 「同情票集めたかった」…同名の地域政党設立「公認」名乗って当選、奈良・松下幸治市議を直撃
  93. ^ “「責任野党」掲げ改憲案 おおさか維新が党大会”. 産経新聞. (2016年3月26日). https://www.sankei.com/politics/news/160326/plt1603260016-n1.html 
  94. ^ “「おおさか維新の会」憲法改正原案公開のお知らせ” (プレスリリース), おおさか維新の会, (2016年3月26日), https://o-ishin.jp/news/2016/03/26/223.html 2016年3月28日閲覧。 
  95. ^ “おおさか維新が憲法改正原案了承 「議論すらしないのは職務放棄」と民進党を牽制”. 産経新聞. (2016年3月24日). https://www.sankei.com/politics/news/160324/plt1603240040-n1.html 2016年3月28日閲覧。 
  96. ^ おおさか維新の会2016参院選マニフェスト (PDF)”. おおさか維新の会. 2016年6月26日閲覧。
  97. ^ “【IR法成立】IR法成立を受け、臨時国会が事実上閉会”. 産経新聞. (2016年12月15日). https://www.sankei.com/politics/news/161215/plt1612150031-n1.html 
  98. ^ “【ビジネスの裏側】大阪万博誘致の主導権は改憲目指す政府に? 振り回される関西財界に妙案はあるか”. 産経新聞. (2016年11月7日). https://www.sankei.com/west/news/161107/wst1611070005-n1.html 
  99. ^ G20開催都市は大阪に 招致の舞台ウラ神経戦 - デイリー新潮 2019年6月30日閲覧。
  100. ^ ローソンの関西2400店舗に吉村大阪府知事の顔写真入りポスター! - エキサイトニュース 2019年6月30日閲覧。
  101. ^ “入管法改正案が衆院通過 参院へ送付”. 日本経済新聞. (2018年11月27日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO38257970X21C18A1000000 2019年12月8日閲覧。 
  102. ^ “日米貿易協定承認案、参院で可決 異例のスピード発効へ”. 朝日新聞. (2019年12月4日). https://www.asahi.com/articles/ASMD432N2MD4ULFA001.html 2019年12月8日閲覧。 
  103. ^ a b c d e f g “党規約” (プレスリリース), おおさか維新の会, (2015年10月31日), https://o-ishin.jp/about/agreement/ 
  104. ^ “おおさか維新規約:常任役員「大阪」限定 他地域は非常任”. 毎日新聞. (2015年10月31日). http://mainichi.jp/select/news/20151031k0000e010265000c.html 2015年11月3日閲覧。 
  105. ^ 役員・議員|日本維新の会
  106. ^ a b “維新、国会議員団副代表に下地幹郎氏”. 産経新聞. (2019年2月1日). https://www.sankei.com/politics/news/190201/plt1902010004-n1.html 2019年2月1日閲覧。 
  107. ^ 維新の会メンバー
  108. ^ 都道府県総支部|党について|日本維新の会
  109. ^ “一般党員募集 日本維新の会公式ホームページ” 
  110. ^ “【維新分裂】菅官房長官、おおさか維新の「是々非々」対応を評価 「責任ある野党の判断だ」”. 産経新聞. (2015年12月21日). http://www.sankei.com/politics/news/151221/plt1512210011-n1.html 
  111. ^ “公務員給与上げ 民・維賛成、おおさか維新は反対”. 日本経済新聞. (2016年1月13日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASFS13H2Y_T10C16A1PP8000 
  112. ^ “【衆院選挙制度改革】選挙区を「0増6減」、関連法成立”. 産経新聞. (2016年5月20日). https://www.sankei.com/politics/news/160520/plt1605200008-n1.html 
  113. ^ “安倍内閣不信任決議案を否決”. 産経新聞. (2016年5月31日). https://www.sankei.com/politics/news/160531/plt1605310048-n1.html 
  114. ^ “大阪都構想反対の「自共共闘」、自民・官邸で反応割れる”. 日本経済新聞. (2015年5月11日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASFS11H49_R10C15A5PP8000 
  115. ^ “大阪ダブル選、対維新で異例の「自共」共闘”. 日本経済新聞. (2015年10月20日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASFS20H50_Q5A021C1PP8000 
  116. ^ “<参院選>沖縄選挙区 伊波洋一氏が当選 島尻安伊子氏に10万票差【動画あり】”. 沖縄タイムス. (2016年7月11日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/54209 2019年6月22日閲覧。 
  117. ^ “維新沖縄県連が島尻氏推薦、衆院3区補選”. 産経新聞. (2019年4月8日). https://www.sankei.com/politics/news/190408/plt1904080044-n1.html 2019年6月22日閲覧。 
  118. ^ “自民党:選挙制度で改憲検討…参院選公約に明記”. 毎日新聞. (2016年6月3日). http://mainichi.jp/articles/20160603/k00/00e/010/254000c 
  119. ^ “改憲、自民じわり言及 合区解消など「入り口に」 参院選”. 朝日新聞. (2016年7月7日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12446186.html 
  120. ^ “野党5会派が参院予算委員長解任決議案提出「良識の府の権威失墜」”. 毎日新聞. (2019年6月20日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190620/k00/00m/010/120000c 2019年6月22日閲覧。 
  121. ^ “維新、参院に麻生氏「戒告決議案」提出 問責決議案には反対”. 産経新聞. (2019年6月20日). https://www.sankei.com/politics/news/190620/plt1906200023-n1.html 2019年6月22日閲覧。 
  122. ^ “大阪維新の会、安倍元首相に合流要請”. J-CASTニュース. (2012年8月16日). http://www.j-cast.com/2012/08/16143007.html 
  123. ^ “安倍首相と橋下氏が会談 憲法改正などで意見交換か 菅長官と松井代表も同席”. 産経新聞. (2015年12月19日). http://www.sankei.com/politics/news/151219/plt1512190014-n1.html 
  124. ^ “安倍首相、おおさか維新の会前代表・橋下 徹氏らと意見交換”. FNNNEWS. (2016年7月31日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00331969.html 
  125. ^ “おおさか維新 公明議席の府内4小選挙区で候補を擁立せず”. 毎日新聞. (2016年4月13日). http://mainichi.jp/senkyo/articles/20160414/k00/00m/010/129000c 
  126. ^ “「ふざけるなよお前ら」足立議員がまた民進党に暴言”. テレビ朝日. (2016年4月21日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000073140.html 
  127. ^ “【足立康史氏の発言詳報】「『民進党はあほ』がダメで、なぜ『日本死ね』はいいの?」 おおさか維新の“最終兵器”に再び委員会騒然 「政界引退」にも言及”. 産経新聞. (2016年4月21日). http://www.sankei.com/politics/news/160421/plt1604210024-n1.html 
  128. ^ “あほ発言のおおさか維新・足立氏に党が厳重注意 「今国会中はおとなしくしてもらう」”. 産経新聞. (2016年4月22日). http://www.sankei.com/politics/news/160422/plt1604220037-n1.html 
  129. ^ “参院選:民主とおおさか維新競合「邪魔だ」”. 毎日新聞. (2015年12月16日). http://mainichi.jp/senkyo/articles/20151217/k00/00m/010/012000c 
  130. ^ 唐突「三都物語」 小池・松井氏意見食い違い今も”. 毎日新聞 (2017年9月30日). 2018年1月22日閲覧。
  131. ^ 維新・馬場幹事長、「希望との連立」に言及”. 産経新聞 (2017年9月30日). 2018年1月22日閲覧。
  132. ^ 維新幹部が民進・希望の統一会派構想を批判 「先祖返り」「数合わせは本末転倒」”. 産経新聞 (2018年1月12日). 2018年1月22日閲覧。
  133. ^ 統一会派:希望の玉木代表「分党も」 参院から反対論”. 毎日新聞 (2018年1月15日). 2018年7月6日閲覧。
  134. ^ 働き方改革関連法案:自公維希、修正合意 「高プロ」同意撤回可能”. 毎日新聞 (2018年5月21日). 2018年7月6日閲覧。
  135. ^ 自公維希の4党 国民投票法改正案提出 立憲民主などは拒否 「与野党合意原則」崩す”. 産経新聞 (2018年6月27日). 2018年7月6日閲覧。
  136. ^ 参院:維新、希望との統一会派協議”. 毎日新聞 (2018年10月3日). 2018年10月19日閲覧。
  137. ^ 維新・馬場氏が国民民主にエール「この路線で頑張って」”. 朝日新聞 (2018年6月6日). 2018年7月6日閲覧。
  138. ^ “橋下氏「酢豚のパイナップルと共産党、大っ嫌い!」”. 産経新聞. (2013年9月12日). http://www.sankei.com/west/news/130912/wst1309120005-n1.html 
  139. ^ “大阪)吹田市長に自公推薦の後藤氏”. 朝日新聞. (2015年4月27日). http://www.asahi.com/articles/ASH4S7K51H4SPTIL034.html 
  140. ^ a b “NHK受信料「国会議員払わないなら…大阪市も払わない」松井大阪市長”. 産経新聞. (2019年7月30日). https://www.sankei.com/west/news/190730/wst1907300031-n1.html 2019年12月2日閲覧。 
  141. ^ “維新・馬場氏「N国は受信料を払った上で問題提起を」”. 朝日新聞. (2019年7月31日). https://www.asahi.com/articles/ASM705K75M70UTFK00Q.html 2019年12月2日閲覧。 
  142. ^ “戦争発言の丸山氏、N国入党 立花氏と合意 「毒と毒」”. 朝日新聞. (2019年7月29日). https://www.asahi.com/articles/ASM7Y4K1QM7YUTFK00N.html 2019年12月2日閲覧。 
  143. ^ “次世代、平沼党首が離党 病気で入院中 自民復党目指す”. 産経新聞. (2015年9月25日). https://www.sankei.com/politics/news/150925/plt1509250025-n1.html 2019年9月1日閲覧。 
  144. ^ “関係修復へのラブコール? 次世代がダブル選で大阪維新候補の「支持」決定”. 産経新聞. (2015年11月4日). https://www.sankei.com/politics/news/151104/plt1511040019-n1.html 2019年9月1日閲覧。 
  145. ^ “埋没危機の次世代・元気会・改革…第三極で統一会派模索も おおさか維新は慎重姿勢崩さず”. 産経新聞. (2015年12月2日). https://www.sankei.com/politics/news/151202/plt1512020003-n1.html 2019年9月1日閲覧。 
  146. ^ “自民・こころ、参院で統一会派結成”. 日本経済新聞. (2017年1月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS16H2Y_W7A110C1PP8000/ 2019年9月1日閲覧。 
  147. ^ “自民、堺市長選で現職を推薦 「反維新包囲網」築く”. 朝日新聞. (2017年8月25日). https://www.asahi.com/articles/ASK8T56JFK8TPTIL029.html 2019年9月1日閲覧。 
  148. ^ “減税日本、維新への合流断念 河村氏「残念」”. 日本経済新聞. (2012年11月21日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASDE21001_R21C12A1EB1000 2012年11月21日閲覧。 
  149. ^ “おおさか維新と減税日本 参院選前の“合流断念” 河村たかし・名古屋市長「おおさか維新は名乗れない」”. 産経新聞. (2016年5月18日). http://www.sankei.com/west/news/160518/wst1605180107-n1.html 
  150. ^ “「減税日本」の河村たかし・名古屋市長「第三極結集を」 おおさか維新との合流に前向き”. 産経新聞. (2016年7月25日). http://www.sankei.com/west/news/160725/wst1607250040-n1.html 
  151. ^ “河村市長、希望公認で2人擁立 愛知1、3区”. 日本経済新聞. (2017年10月4日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO21841320T01C17A0CN8000 2017年11月3日閲覧。 
  152. ^ “そうぞう、維新に合流 沖縄県総支部、議員20人の勢力に”. 琉球新報. (2015年3月20日). http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-240603.html 
  153. ^ “鈴木宗男氏、維新から参院比例出馬へ”. 時事ドットコム. (2019年6月20日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062001144&g=pol 2019年6月22日閲覧。 
  154. ^ “音喜多都議:新会派を結成 維新議員と合流 /東京”. 毎日新聞. (2018年11月14日). https://mainichi.jp/articles/20181114/ddl/k13/010/025000c 2019年6月22日閲覧。 
  155. ^ “維新公認発表の11日、河村たかし氏ら地域政党のトップ集結へ”. 産経新聞. (2019年6月9日). https://www.sankei.com/politics/news/190608/plt1906080020-n1.html 2019年6月22日閲覧。 


「日本維新の会 (2016-)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本維新の会_(2016-)」の関連用語

日本維新の会_(2016-)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本維新の会_(2016-)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本維新の会 (2016-) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS