合流とは?

ごう‐りゅう〔ガフリウ〕【合流】

[名](スル)

二つ上の川流れが合わさって一つになること。「河口近くで合流する」

別々に行動していた人・集団党派などが一つになること。「本隊に合流する」


合流

作者フリオ・コルタサル

収載図書すべての火は火
出版社水声社
刊行年月1993.6
シリーズ名叢書アンデスの風


合流

読み方:ゴウリュウ(gouryuu)

所在 北海道十勝郡浦幌町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

流路形状

(合流 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/28 05:46 UTC 版)

流路形状(りゅうろけいじょう)は、河川の部分的な流路(川筋)の地形の総称である。これに対し水系は流路を同じくする河川全体を一体的にとらえて体系化する概念・分類法である。主要流路(本川、本流)、分岐する流路(派川、分流)合流する流路(支川・支流)などに加え、なども含めた、流路を部分的に共有する河川全体の体系を水系と呼び、これらの水系が水を集める範囲(分水界の内側)を流域と呼ぶ。






「流路形状」の続きの解説一覧

合流

出典:『Wiktionary』 (2020/03/27 18:07 UTC 版)

この単語漢字
ごう
第二学年
りゅう
第三学年

発音

ご↗ーりゅー

名詞

ごうりゅう

  1. 地理学二つ以上流れが合わさって一つになること。
  2. 系統異なる組織集団などが一つになること。

動詞

合流-する 動詞活用日本語活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
合流

する する すれ せよ
しろ
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 合流しない 未然形 + ない
否定 合流せず 未然形 + ず
自発受身
可能・尊敬
合流される 未然形 + れる
丁寧 合流します 連用形 + ます
過去・完了・状態 合流した 連用形 + た
言い切り 合流する 終止形のみ
名詞 合流すること 連体形 + こと
仮定条件 合流すれば 仮定形 + ば
命令 合流せよ
合流しろ
命令形のみ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「合流」の関連用語

合流のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



合流のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの流路形状 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの合流 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS