和人とは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 体言 > 代名詞 > 代名詞(人) > 和人の意味・解説 

わ‐ひと【我人/和人】

[代]二人称人代名詞相手に向かって親愛気持ち、または軽んじる気持ちをこめて用いる。「わひとども」の形で複数相手に向かっていうことが多いが、単数相手にもいう。そなた。おまえ。

「さて―どもは、砥浪山(となみやま)のいくさに追ひ落とされ」〈平家一一


わ‐じん【×倭人/和人】

昔、中国人などが日本人を呼んだ称。


和人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/02 05:52 UTC 版)

和人(わじん)は、アイヌ以外の日本人または大和民族が自分たちをアイヌと区別するために用いた自称である[1][2]。和人は、アイヌの側からは「シサム」「シャモ」「シサムウタラ」(「隣人」の意)と呼ばれた[3]。類義語は、倭人




  1. ^ 「和人」表現は、近代以降主として北海道内で歴史用語として使用され、満州事変以降の戦時期には「大和民族」と表現されるようになり、敗戦後は「和人」表現に戻っている(海保嶺夫『エゾの歴史』講談社学術文庫 p143)
  2. ^ さて「和人」とは「アイヌ以外の日本人」のことをさすといわれます。ですが、在日の人たちや、沖縄の人、帰化した外国人の二世などのことを「和人」とは言わないような気がするので、やはり「民族としての日本人(大和民族?)」のことを指すのではないか、と思われます。(『アイヌ』にまつわるQ&A
  3. ^ 百科事典マイペディア,コトバンク
  4. ^ こうした和人の用例は1790年代以降にみられはじめ、1799年(寛政11年)蝦夷地幕領化以降、幕府文書にも登場。アイヌ内国民化のもとで、民族としての日本人とアイヌを区別するのに都合がよいため通用したものと思われる。(『岩波日本史辞典』「和人」項)


「和人」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「和人」の関連用語

和人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



和人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの和人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS