二人称とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 文法 > > 二人称の意味・解説 

に‐にんしょう【二人称】

読み方:ににんしょう

文法人称の一。話し手書き手に対して聞き手読み手)をさし示すもの。日本語では、「あなた」あなたがた」「きみ」「きみたち」など。第二人称対称


二人称

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/23 08:01 UTC 版)

二人称(ににんしょう)とは、人称の一つで、受け手(聞き手や読み手)を指す。対称とも呼ぶ。一般にの区別がある。


  1. ^ 「您们」は普通話の原型の北京語にあるが、その使い方はごく限られている。


「二人称」の続きの解説一覧

二人称

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 05:10 UTC 版)

江州弁」の記事における「二人称」の解説

一般的なのは「おまえ/おまい」と「あんた」で、前者男性後者女性盛んに用いる。丁寧なものとして「あんたさん」や「おまはん」または「おまん」がある。このほか「てまえ/てまい」「われ」「おのれ/おどれ」「わごりょ」などがあり、いずれも下品な表現とされる。「てまえ/てまい」「われ」「おのれ/おどれ」は一人称からの転で、「われら」は「わんら/わんだ(大津市真野)」、「おのれら」は「おのんら/おんら」などとも。「わごりょ」は古語由来するもので、地域によって「わごら/わごん/わごんら/わごんじょ/わんじょ」など様々な語形がある。各地特殊なものとして、「おれ(米原市甲津原)」「そち(高島市朽木雲洞谷長浜市西浅井町長浜市旧びわ町)」「そなた(米原市米原町彦根市高島市朽木雲洞谷)」などがある。

※この「二人称」の解説は、「江州弁」の解説の一部です。
「二人称」を含む「江州弁」の記事については、「江州弁」の概要を参照ください。


二人称

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 01:52 UTC 版)

英語の人称代名詞」の記事における「二人称」の解説

元々、英語の二人称単数代名詞thouであった以下に、現在でも時々用いられる古風な二人称代名詞を示す人称数性主格対格再帰2単数-thou /ðaʊ/ thee /ði/ thyself /ðaɪˈsɛlf/ 複数-ye /ji/ you /ju/ yourselves /jʊɹˈsɛlvz/ 複数では、対格主格にも使われるようになり、ye消えた。またフランス語のtu/vousと同様に、複数形youを単数敬称としても用いた英語ではこの敬称普通になり、親称thou消えた。 しかし数の区別ができないのは不便なので、方言俗語では二人称複数代名詞新たに作られた主なものに、主にアメリカ西部のyou guys /ˈjugaɪz/、アメリカ南部および黒人英語のy'all /yɔl/(you allの短縮形)、スコットランドアイルランドのyouse /juz/ などがある。この内アメリカではyou guysが最も普通と考えられており、ホワイトハウス使われたこともある。名詞guyガイ・フォークス由来し男性しか指さないが、you guys女性だけの集団を指すことができ、文法化進んでいる他にyou boys、you girls、you folksなども聞かれるが、これらは対象boysgirlsfolksでなければならない

※この「二人称」の解説は、「英語の人称代名詞」の解説の一部です。
「二人称」を含む「英語の人称代名詞」の記事については、「英語の人称代名詞」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「二人称」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

二人称

出典:『Wiktionary』 (2021/06/26 02:06 UTC 版)

名詞

ににんしょう

  1. あなた」・「きみ」など、会話相手方指し示す人称対称

関連語

翻訳


「二人称」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



二人称と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

二人称のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



二人称のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの二人称 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの江州弁 (改訂履歴)、英語の人称代名詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの二人称 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS