称とは?

しょう【称】

よびな。呼称。「コハダコノシロ若魚の称だ」

ほまれ。名声評判。「幻の名酒の称がある」


しょう【称〔稱〕】

常用漢字] [音]ショウ(呉)(漢) [訓]たたえる となえる はかる

ほめあげるたたえる。「称賛称美称揚

となえる。呼ぶ。呼び名。「称呼称号称名(しょうみょう)/愛称仮称改称敬称古称呼称公称詐称自称総称通称人称美称併称・名称・略称」

はかりで量る。「称量

左右がつりあう。「相称対称

名のり]あぐ・かみ・な・のり・みつ・よし


しょう【称】

〔名〕

① よびな。

史記抄(1477)三「公は官の称ぞ」

社会百面相(1902)〈内田魯庵附録正義廉直無能の称として冷笑侮蔑せらるるにあらずや」

② ほまれ。名声

随筆山中人饒舌(1813)下「近儒以六法称者」


とな・ゆ【唱・称】

〔他ヤ下二〕 (ハ行下二段活用の「となふ」から転じて室町時代頃から用いられた語。多く場合終止形は「となゆる」の形をとる) =となえる(唱)

どちりなきりしたん一六〇〇年版)(1600)二「一には、みぎの大ゆびにてくるすの文をひたひと、くちとむねにとなゆるなり」


となえ となへ 【唱・称】

〔名〕 (動詞となえる(唱)」の連用形名詞化

① 声を立てて読むこと。また、神などに祈ること。

羅葡日辞書(1595)「Carmen〈略〉マジュツヲ ヲコナウ tonaye(トナエ)」

呼び名称号。名称。

天草本平家(1592)読誦の人に対して書す「イチニンニ アマタノ ナ、クヮンイ ノ tonaye(トナエ) アル コト

評判

評判記色道大鏡(1678)一一傾城の名は、風流なるをもて第一とす。となへてはこはしきもあれど、往古来りたるは又しかり」


とな・える となへる 【唱・称】

〔他ア下一(ハ下一)〕 [文]とな・ふ 〔他ハ下二

① 声を立てて読む。誦す。うたう。うたいだす

書紀720神代上(兼方本訓)「時に陰(め)神、先づ唱(トナヘ)て曰(のたま)はく、憙哉(あなうれしゑや)、可美少男(うましをとこ)に遇ひぬ」

二度本金112425)雑下「阿彌陀仏ととなふる声をにてや苦しき海をこぎ離るらん〈源俊頼〉」

② 高く呼ぶ。叫ぶ。

名語記(1275)五「興々の音をとなへて、国中興複の義ありき」

③ 人に先立って言う。首唱する。唱導する。

制度通1724)叙「儒者聖人之道。以倡当世。世之人謂儒者之道」

主張する。いいはる

死霊‐二章(194648)〈埴谷雄高〉「わしが訊いているのは、わしの話に異論となえる理由についてじゃよ」

(5) 名づけていう。呼ぶ。称する

交隣須知(18C中か)三「馬上才 ハ上ノ ゲイハ アマタ コサリマスレドモ スベテ キョクバト トナエマスル」

(6) 相場取引高値をつける。

[補注]室町時代ごろからヤ行にも活用した。→となゆ(唱)


たた・える たたへる 【称・讚】

〔他ア下一(ハ下一)〕 [文]たた・ふ 〔他ハ下二

① ほめていう。ほめる。

書紀720推古元年四月岩崎平安中期訓)「其の名を称(タタヘ)て、上つ宮の廐戸の豊聰耳太子と謂す」

名づけていう。称する

読本南総里見八犬伝(1814‐42)八「武蔵豊嶋郡大塚なる、大石左衛門尉憲儀主〈略〉に妻(めあは)せられて、大塚殿と称(タタ)へたり」


しょう‐・す【称】

〔他サ変〕 ⇒しょうする(称)


しょう‐・する【称】

〔他サ変〕 [文]しょう・す 〔他サ変〕 (「しょうずる」とも)

人前公然と言う。唱える名づけて言う。名のる。

和漢朗詠(1018頃)下「晉の騎兵参軍王子猷 栽ゑて此の君称す藤原篤茂〉」

今昔1120頃か)五「皆、各(おのおの)心を一にして仏の御名を称し」

他人の手前はそのように偽って言う。

高野平家13C前)四「或は神慮にあひはばかり或は綸言と称(セウ)するによて」

③ ほめる。たたえる

台記康治二年(1143五月五日清慎公者、彼時摂政、以賢名称」

中華若木詩抄(1520頃)上「天下英雄と称ぜらるるほどの者は」


たた・う たたふ 【称】

〔他ハ下二〕 ⇒たたえる(称)


出典:『Wiktionary』 (2021/10/24 01:07 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. ショウ呼び名

動詞

  1. ショウ)~と名乗る、~と呼ぶ。表向きと言う

活用

熟語


出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 09:58 UTC 版)

発音(?)

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



称と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「称」の関連用語

称のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



称のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS