呼称とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 文法 > > 呼称の意味・解説 

こ しょう [0] 【呼称】

( 名 ) スル
名前をつけて呼ぶこと。また,その呼び名称呼


名前

(呼称 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/21 00:51 UTC 版)

名前(なまえ、: όνομα: nomen: name)とは、人物に与えられた言葉のことで、対象を呼んだりする際に使われる。名称、あるいは単にとも言う。名前をつけることを「名付ける」「命名(めいめい)する」という。名前として使われる言葉を名詞という。


  1. ^ 世界大百科事典 第2版『人名』。
  2. ^ お寺ネット 戒名相場と付け方宗派によって異なる。
[ヘルプ]
  1. ^ 「姓」の字義は文字通りで「女性から産まれた」の意、すなわち血族を意味する。
  2. ^ 「宗」の字義は、屋内においた祖先に捧げるための台の上に置かれた生贄を表す。
  3. ^ 「氏」の字義は、小刀の意味で、同じ食事を分かつ同族を意味する。
  4. ^ 土地という財産を相続することが重要になった中世では、荘園の所在地や土地名を苗字にして個人に始まる一族の所有を主張した。このため親兄弟とも苗字が異なるということは頻繁に起き、特殊な事情を除いて親子では名字が同じという現代の名字の感性とはかなり異なり、家系のつながりを知るのに難しさを生じることがある。さらに一個人も荘園を移動することでまた苗字が変わるため、一層複雑になる。
  5. ^ このことは特に日本おける住所表記の慣習にも現れている。海外では住所を表すのに一般に道路名が使われるが、日本では一定の領域の土地名が使われる。これは日本での徴税制度と深く関係する。田租は、「誰から」ではなく、「何処から」徴税したのかを重視した。したがって、災害が発生したり分家が行われたりなどで元の土地を離れて新しい土地に移ると、その新しい土地からの納税のために土地が誰のものかを主張する必要があった。
  6. ^ 英語では洗礼名(: christian name , Holly)と同義。
  7. ^ このため「なのりな」とも。
  8. ^ 現代でもそのような場合に苗字だけで(もしくは「〜さん」をつけることがある)ても個人が特定できるため実名を使わない。また苗字や名前を使わず、ただ「先生」「社長」「お父さん」「お兄さん」などで個人を特定して呼ぶことがある。
  9. ^ 「德川次郎三郎源朝臣家康」とも表記される。
  10. ^ 「東照大権現」は神号。「安国院」は院号で「殿」は尊称。「崇譽」は浄土宗での道号で必ず「誉」が附く。「道和」は名号、「大居士」は位号。[2]
  11. ^ 「大相國」は朝廷の最高官位である太政大臣の唐名



呼称

出典:『Wiktionary』 (2011/05/12 12:08 UTC 版)

名詞

こしょう

  1. 名前名付けて呼ぶ事。その呼び名
  2. 体操におけるかけ声。





呼称と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「呼称」の関連用語

1
100% |||||

2
92% |||||

3
74% |||||


5
74% |||||

6
74% |||||

7
74% |||||

8
74% |||||

9
74% |||||

10
74% |||||

呼称のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

発表会

スジイバラノリ

虹ヶ浜海水浴場

小型ポンプ車

高津川

U-4

ビルマニシキヘビ

アルファルファ





呼称のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの名前 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの呼称 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS