コンクールとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > コンクールの意味・解説 

コンクール【(フランス)concours】

読み方:こんくーる

競技競争

音楽絵画映画などで、技の優劣を競う会。「写真―」


コンクール

作者甲木暁

収載図書白鳥の伝説
出版社日本図刊行
刊行年月1999.6


コンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 06:25 UTC 版)

コンクール: concours)は、特定のテーマを指定して参加者を募り、作品のできばえや技能・演技などの優劣を競う催し[1]。競技会。競演会。英語系の表現: contest コンテストとほぼ同義。


  1. ^ 精選版 日本国語大辞典


「コンクール」の続きの解説一覧

コンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 16:36 UTC 版)

日本初の一覧」の記事における「コンクール」の解説

国際コンクール参加および入選 - 井上園子1933年):ウィーン国際音楽コンクールピアノ部門入選国際コンクール受賞者 - 原智恵子1937年):ショパン国際ピアノコンクール入選・特別聴衆賞。 国際コンクール最高位獲得 - 田中希代子1952年ジュネーヴ国際音楽コンクールピアノ部門1位無し2位特賞日本初国際コンクール正規入賞でもある国際コンクール優勝 - 高野耀子1954年):ヴィオッティ国際音楽コンクールピアノ部門

※この「コンクール」の解説は、「日本初の一覧」の解説の一部です。
「コンクール」を含む「日本初の一覧」の記事については、「日本初の一覧」の概要を参照ください。


コンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/07 10:13 UTC 版)

末延麻裕子」の記事における「コンクール」の解説

1998年日本クラシック音楽コンクール全国大会小学の部で最高位

※この「コンクール」の解説は、「末延麻裕子」の解説の一部です。
「コンクール」を含む「末延麻裕子」の記事については、「末延麻裕子」の概要を参照ください。


コンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 13:52 UTC 版)

ジャパン・ケーキ・ショー東京」の記事における「コンクール」の解説

コンクールには部門存在し各部門パティシエショコラティエなどの専門家や、製菓学校などの学生らが出品日本国内のみならず海外からの出品もある。部門11種類存在する。 マジパンデコレーション部門ケーキデコレーション部分全てマジパン作成するマジパン以外の素材使用認められない。 バタークリームデコレーション部門生クリームコーティングする部分バタークリームデコレーションする。生クリーム比較してパイピングがしやすく繊細なデコレーションが可能。 大型工芸菓子部門 小型工芸菓子部門 チョコレート工芸菓子部門 シュガークラフト工芸菓子部門砂糖使った工芸菓子。 グラン・ガトー部門1年ごとに「プティ・ガトー部門」と交替実施シュー生地パイ生地スポンジ生地用い比較大きサイズのもの。(プティ・ガトーがサイズ小さいもの) コンフィズリークッキー部門 ジュニア部ピエスモンテ部門 ディスプレイ部門

※この「コンクール」の解説は、「ジャパン・ケーキ・ショー東京」の解説の一部です。
「コンクール」を含む「ジャパン・ケーキ・ショー東京」の記事については、「ジャパン・ケーキ・ショー東京」の概要を参照ください。


コンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 00:05 UTC 版)

暗譜」の記事における「コンクール」の解説

音楽コンクールにおいて、演奏上に関す指定中に暗譜演奏」という項目が多々見られる。ただし、ソロ適用される場合がほとんどであり、アンサンブル大編成の演奏では適用されないことが多い。演奏者の曲に対する理解力深さ演奏技術正確さ計る上で狙いである。

※この「コンクール」の解説は、「暗譜」の解説の一部です。
「コンクール」を含む「暗譜」の記事については、「暗譜」の概要を参照ください。


コンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 04:11 UTC 版)

大阪桐蔭高等学校吹奏楽部」の記事における「コンクール」の解説

全日本吹奏楽連盟主催の「全日本吹奏楽コンクール」、公益財団法人日本音楽教育文化振興会主催の「管楽合奏コンテスト」、日本高等学校吹奏楽連盟主催の「全日本高等学校吹奏楽大会 in 横浜」等のコンクールに参加している。全日本吹奏楽連盟主催の「吹奏楽コンクール」のみ人数制限55人)があるため,コンクールメンバーに選ばれた部員のみで参加しているが、それ以外のコンクールには全部員で参加している。 コンクールでは基本的にオーケストラ吹奏楽編曲版を演奏することが多いが、2021年の「第69回全日本吹奏楽コンクール」では、高昌帥作曲の「吹奏楽のための協奏曲」を演奏し、「金賞」を受賞している。日本管楽合奏コンテストおいても本楽曲を演奏し、「最優秀グランプリ文部科学大臣賞/観客投票最多賞」を受賞している。

※この「コンクール」の解説は、「大阪桐蔭高等学校吹奏楽部」の解説の一部です。
「コンクール」を含む「大阪桐蔭高等学校吹奏楽部」の記事については、「大阪桐蔭高等学校吹奏楽部」の概要を参照ください。


コンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/17 16:14 UTC 版)

村元絵美」の記事における「コンクール」の解説

ピティナ・ピアノコンペティション グランミューズ部門A1カテゴリー北海道予選優秀賞東日本地区本選1位全国決勝大会第3位東京国芸術協会新人演奏会にて審査員特別賞受賞アジア国際音楽コンクール第2位入賞ウィーンにて入賞者コンサート出演万里の長城国際音楽コンクール1位及び中国大阪総領事受賞。 コンコルソ・ムジカ・アルテピアノソロ部門優秀大賞デュオ部門金賞受賞イタリア国際フェスティバルにて演奏

※この「コンクール」の解説は、「村元絵美」の解説の一部です。
「コンクール」を含む「村元絵美」の記事については、「村元絵美」の概要を参照ください。


コンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/26 06:06 UTC 版)

ガウデアムス国際音楽週間」の記事における「コンクール」の解説

音楽週間また、世界で最も競争率の高い作曲コンクールとしても有名で当初は35歳下の作曲家対象第3位までを入賞とするシステムであったが、30代レヴェル選抜苦しんだのかこのコンクール自体打ち切ってしまう。 現行制度になるのは1984年からで、2019年まで世界中応募当時30歳下の作曲家応募作3人審査員によって審査した審査員によってその年傾向が年毎に変わるのも大きな特徴である。審査員「長」を持たないことも大きな特徴で、すべての審査員同格である。 ガウデアムス財団この他にも春に行われるガウデアムス国際現代音楽演奏コンクール擁していたが、これは閉会した2020年からまた応募作年齢制限35歳までに戻した

※この「コンクール」の解説は、「ガウデアムス国際音楽週間」の解説の一部です。
「コンクール」を含む「ガウデアムス国際音楽週間」の記事については、「ガウデアムス国際音楽週間」の概要を参照ください。


コンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 14:37 UTC 版)

江藤俊哉」の記事における「コンクール」の解説

1996年本人在住地である小平市本人の名を冠した江藤俊哉ヴァイオリンコンクール」を開始し2004年以降隔年開催されている。本人も名誉審査委員長務めた

※この「コンクール」の解説は、「江藤俊哉」の解説の一部です。
「コンクール」を含む「江藤俊哉」の記事については、「江藤俊哉」の概要を参照ください。


コンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 06:05 UTC 版)

ベヒシュタイン」の記事における「コンクール」の解説

2006年第1回ベヒシュタイン国際ピアノコンクールドイツ開催された。

※この「コンクール」の解説は、「ベヒシュタイン」の解説の一部です。
「コンクール」を含む「ベヒシュタイン」の記事については、「ベヒシュタイン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コンクール」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「コンクール」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンクール」の関連用語

コンクールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンクールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンクール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本初の一覧 (改訂履歴)、末延麻裕子 (改訂履歴)、ジャパン・ケーキ・ショー東京 (改訂履歴)、暗譜 (改訂履歴)、大阪桐蔭高等学校吹奏楽部 (改訂履歴)、村元絵美 (改訂履歴)、ガウデアムス国際音楽週間 (改訂履歴)、江藤俊哉 (改訂履歴)、ベヒシュタイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS