国家元首とは? わかりやすく解説

元首

(国家元首 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/25 07:27 UTC 版)

絶対君主制の元首


注釈

  1. ^ 委任契約の命令的性格については議論があり、全権委任と解する立場も可能である(独裁政)。現代では憲法に基づく命令委任と解することが多い。国会議員についてはむしろ純粋代表と解釈し、命令的委任と解することを否定するものが見られる。第五共和制フランス憲法27条1項「命令的委任はすべて無効である」ドイツ連邦共和国基本法38条「……議員は、国民全体の代表者であって、委任及び指示に拘束されず、かつ自己の良心にのみ従う」[5]
  2. ^ リヒテンシュタイン家は、ハプスブルク家の重臣として家産を蓄積した。つまり、公国とは無関係なので、「国民の財産を取り返す」というようなことができない。また、第二次世界大戦時、大権によって選挙を停止し、ナチズムの台頭を阻止した。そのため、今でも大権の行使が正当化されている。このような経緯で、象徴・儀礼的存在にとどまらず、強大な政治的権限を有している。そのため、ヨーロッパ最後の絶対君主制と言われる。
  3. ^ 米国では教書、韓国では議案提出権の形で立法素案が提示される。大統領は拒否権を持つため教書、議案に極端に反する立法はすべて拒否される。
  4. ^ いわゆる「社会主義国」の場合も一人の人物に権力が集中していることがあるが、その場合、その人物が国家元首だからではなく一党独裁制を敷く共産主義政党の党首だからという場合が大半であり、国家元首自体には権限が殆どない場合が多い。例えば、中華人民共和国では、国家主席の地位にある人物が、外交・内政での強大な権力を行使している場合があるが、これはその人物が中国共産党の最高職である総書記をも兼任しているためである。国家主席は党中央委員会の決定を追認しているに過ぎず、実質的な権限を有さない。主席と総書記が別の人物である場合も当然にあり得る。
  5. ^ 書記長と国家主席が兼任になった例としてホー・チ・ミン(1956年11月1日 ‐ 1960年9月10日)、チュオン・チン(1986年7月10日 ‐ 1986年12月18日)、グエン・フー・チョン(2018年10月23日 ‐ 2021年4月5日)がある。
  6. ^ 六四天安門事件の際に戒厳令を発令した軍事委員会副主席楊尚昆
  7. ^ ソビエト連邦の最高会議幹部会議長、東ドイツ国家評議会議長ハンガリー人民共和国国民議会幹部会議長、国家主席廃止時における中華人民共和国の全国人民代表大会常務委員会委員長やベトナムの国家評議会議長など。
  8. ^ このうち、国家の代表(事実上の国家元首)としての肩書きは「朝鮮民主主義人民共和国国防委員会委員長」となっていた。2000年6月の南北首脳会談や2002年9月の日朝首脳会談ではこの肩書きを使用している。
  9. ^ フィデル・カストロ2008年2月24日に人民権力全国会議で国家評議会議長を退任したが、閣僚評議会議長の辞表や退任表明などは一切行っていない。これは憲法の規定により国家評議会議長が閣僚評議会議長を兼ねることになっているため、国家評議会議長を退任すれば閣僚評議会議長も自動的に退任となるからである。
  10. ^ 2013年に退位したベネディクト16世のように、本人の意思で退位することは出来る。

出典

  1. ^ 国家元首の英訳”. eow.alc.co.jp. アルク. 2023年12月19日閲覧。
  2. ^ 第2版, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “元首(げんしゅ)とは? 意味や使い方”. コトバンク. DIGITALIO. 2023年12月19日閲覧。 ①国の首長、②国際法上、外部に対して一国を代表する資格を持つ国家機関、精選版日本国語大辞典
  3. ^ 「元首概念を対外的に国家を代表する権能により規定するのは、一種の論理の逆転といわざるを得ないであろう。」渡辺 亘 (2023年3月). “元首概念の再検討―その比較憲法的考察(法政治研究第9号)”. 関西法政治研究会. pp. 123. 2024年4月21日閲覧。
  4. ^ 「元首は元来、統治権を総攬し、行政権の首長であると同時に、対外的代表権をも君主を、国家有機体説を背景に、国家の頭になぞらえるところに成立したといわれるが、やがて国家有機体説とは無関係に、行政権の首長として対外的代表権をもつ存在を元首と称するようになり、さらにはもっぱら対外的代表権に着眼して元首がいわれるようになった」佐藤幸治『憲法(第三版)』青林書院1995年、P24。
  5. ^ [1]
  6. ^ 字通, 精選版 日本国語大辞典,デジタル大辞泉,ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,改訂新版 世界大百科事典,日本大百科全書(ニッポニカ),百科事典マイペディア,普及版. “元首(げんしゅ)とは? 意味や使い方”. コトバンク. 2023年12月30日閲覧。 “ある国においてどの地位にある者が元首の資格をもつかは通常憲法で定められている。”
  7. ^ リヒテンシュタイン公国”. 外務省. 2023年12月5日閲覧。
  8. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ). “リヒテンシュタイン(国)(りひてんしゅたいん)とは? 意味や使い方”. コトバンク. 2023年12月5日閲覧。
  9. ^ 連邦予算の8割を拠出、連邦最高評議会もアブダビとドバイの同意なしに決定をくだすことはできない仕組みになっている
  10. ^ 各国憲法集(11) スウェーデン憲法【第2版】”. 国立国会図書館. p. 4. 2023年12月2日閲覧。 “1974 年の統治法の特色としては、国王の権限が大幅に制限されたことを挙げることができる。王制をとる他の北欧諸国では、憲法の条文上、国王に対し、国政に関する権限をある程度付与している。例えば、大臣の任命、法律の裁可、条約の締結などである。しかし、それらの国では、実際においてはその権限の行使を形式的なものとして運用している。一方、スウェーデン憲法の場合には、こうした形式的権限も廃し、条文上においても国王の権限は限定的なものとなっている。国王に首相の任命権はなく、首相選出手続において重要な役割を担うのは国会議長である(統治法第 6 章第 4 条及び第 6 条)。また、国王は、法律を裁可する権限も持たない。国王は、元首としての地位を有するが(統治法第 1 章第 5 条)、条約の締結権は政府に帰属する(統治法第 10 章第 1 条)。統治法上、国王に認められた権限は、首相から国の状況について報告を受けること、外交諮問委員会(後述第Ⅱ章第 2 節(1)参照)又は統治法が規定する特定の場合(第 10 章第 12 条、第 5 章第 3 条及び第 6 章第 6 条)に大臣会議(konselj)を主宰することである。”
  11. ^ 『象徴君主制憲法の現代的展開--象徴的国家元首論の観点から見た日本とスウェーデンとの比較考察』下條芳明 憲法研究(38)2006 pp,29 - 58
  12. ^ 『イギリスにおける象徴君主制の成立』浜林正夫 社会思想史研究1991 北樹出版pp,p6 - 17
  13. ^ デジタル大辞泉. “半大統領制(ハンダイトウリョウセイ)とは? 意味や使い方”. コトバンク. 2023年12月5日閲覧。
  14. ^ デジタル大辞泉. “半大統領制(ハンダイトウリョウセイ)とは? 意味や使い方”. コトバンク. 2023年11月30日閲覧。
  15. ^ 外務省 各国元首一覧
  16. ^ Inc, NetAdvance Inc NetAdvance. “満州国|日本大百科全書・世界大百科事典|ジャパンナレッジ”. JapanKnowledge. 2023年11月7日閲覧。
  17. ^ 増田, 知子、Masuda, Tomoko「日本と「満州国」の立憲制 - 一九三四~一九三七年」『名古屋大学法政論集』2007年4月25日、207頁。 
  18. ^ 1988年(昭和63年)10月11日の参議院内閣委員会における内閣法制局第一部長答弁
  19. ^ 1990年(平成2年)5月14日の参議院予算委員会における内閣法制局長官答弁。もっとも、「天皇は国の象徴であり、さらにはごく一部では…外交関係において国を代表する面」もあるという限定された意味における「元首」であるとする。「第118回国会参議院予算委員会会議録第6号” (PDF). 2022年7月17日閲覧。」4頁。
  20. ^ 2001年6月6日第151回国会参議院憲法調査会阪田雅裕内閣法制局第一部長答弁
  21. ^ a b 天皇陛下がバッハ会長と競技場に入場、行進する選手団に拍手送る : 東京オリンピック2020速報 : オリンピック・パラリンピック”. 読売新聞オンライン (2021年7月23日). 2021年7月23日閲覧。
  22. ^ 昭和29年6月30日総理府令第40号
  23. ^ 自衛隊法施行規則第39条 隊員となった者は、次の宣誓文を記載した宣誓書署名押印して服務の宣誓を行わなければならない。学生、予備自衛官等又は非常勤の隊員が隊員となったときも同様とする。宣誓 私は、我が国の平和と独立を守る自衛隊の使命を自覚し、日本国憲法 及び法令を遵守し、一致団結、厳正な規律を保持し、常に徳操を養い、人格を尊重し、心身を鍛え、技能を磨き、政治的活動に関与せず、強い責任感をもつて専心職務の遂行に当たり、事に臨んでは危険を顧みず、身をもつて責務の完遂に務め、もつて国民の負託にこたえることを誓います。
  24. ^ 宣誓内容の詳細については「職員の服務の宣誓に関する政令」で規定されている。
  25. ^ 宣誓内容の詳細については各自治体条例により制定されている。
  26. ^ オリンピック憲章第5章56



国家元首

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/01 14:22 UTC 版)

国際・開発研究大学院」の記事における「国家元首」の解説

ミシュリン・カルミー=レイ (Licence '68) — 元スイス連邦大統領。 クルト・フルグラー ('48) — 元スイス連邦大統領連邦参事会メンバーアルファ・ウマル・コナレ — 元マリ共和国大統領

※この「国家元首」の解説は、「国際・開発研究大学院」の解説の一部です。
「国家元首」を含む「国際・開発研究大学院」の記事については、「国際・開発研究大学院」の概要を参照ください。


国家元首

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/24 01:48 UTC 版)

主席」の記事における「国家元首」の解説

国家主席」も参照 中華人民共和国主席大統領訳されることも多い) 朝鮮人民共和国主席1945年廃止朝鮮民主主義人民共和国主席1998年憲法改正廃止ベトナム社会主義共和国主席大統領訳されることも多い) なお、ベトナム国1949年 - 1955年)の元首であるQuc Trưởng国長)が主席あるいは首席訳される例もある。 ラオス人民民主共和国主席大統領訳されることも多い) キューバ共和国主席大統領訳されることも多い) フランス国主席1940年 - 1944年)(元首訳されることも多い) 国務会議主席 (国家評議会議長訳される場合もある)

※この「国家元首」の解説は、「主席」の解説の一部です。
「国家元首」を含む「主席」の記事については、「主席」の概要を参照ください。


国家元首

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 10:06 UTC 版)

ボスニア・ヘルツェゴビナ」の記事における「国家元首」の解説

詳細は「ボスニア・ヘルツェゴビナの大統領評議会」を参照 デイトン合意以降ボスニア・ヘルツェゴビナ政治国際的監視の下に置かれている。民族間の均衡を保つため、3つの主要民族から1名ずつ選ばれ代表者によって構成される大統領評議会による集団指導体制がとられている。大統領評議会議長は8ヶ月ごとに輪番交代し議長事実上の国家元首となる。

※この「国家元首」の解説は、「ボスニア・ヘルツェゴビナ」の解説の一部です。
「国家元首」を含む「ボスニア・ヘルツェゴビナ」の記事については、「ボスニア・ヘルツェゴビナ」の概要を参照ください。


国家元首

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 05:00 UTC 版)

宇宙戦艦ヤマト2199の登場人物」の記事における「国家元首」の解説

アベルト・デスラー 総統。 「デスラー#リメイクアニメ」および「#主役級キャラクター」を参照 レドフ・ヒス デスラー政権崩壊後臨時首班となる。その後内務省長官(『2202』)を経て、『2205』では民主政府首相となる。 「#政府ガミラス)」および「ヒス#宇宙戦艦ヤマト2199」を参照

※この「国家元首」の解説は、「宇宙戦艦ヤマト2199の登場人物」の解説の一部です。
「国家元首」を含む「宇宙戦艦ヤマト2199の登場人物」の記事については、「宇宙戦艦ヤマト2199の登場人物」の概要を参照ください。


国家元首(ガトランティス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 05:00 UTC 版)

宇宙戦艦ヤマト2199の登場人物」の記事における「国家元首(ガトランティス)」の解説

ズォーダー 声 - 手塚秀彰 / デザイン - 結城信輝 / 登場作品 - 『2202』『ヤマトという時代大帝。 『2202』第1話から登場ガトランティスの長。なお、『2199』や『星巡る方舟』では名前や「大帝」の敬称のみが登場している。ズォーダー戦闘用人工生命としての型式名であり、同じタイプとしては、先代にはガイレーン、次世代にはミル、他にガトランティス反乱時に殺され幼生体がいる。世代交代時にすべての記憶受け継ぐということもあり、過去回想シーンズォーダー今世代のズォーダーであるとは限らない

※この「国家元首(ガトランティス)」の解説は、「宇宙戦艦ヤマト2199の登場人物」の解説の一部です。
「国家元首(ガトランティス)」を含む「宇宙戦艦ヤマト2199の登場人物」の記事については、「宇宙戦艦ヤマト2199の登場人物」の概要を参照ください。


国家元首

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/11 04:16 UTC 版)

カナダ政府」の記事における「国家元首」の解説

カナダの国家元首は、カナダ国王(現在は女性であるため英語ではQueen of Canada」)であるエリザベス2世Queen Elizabeth II)であり、行政権立法権司法権源泉となっており、カナダ憲法下記のように記載されている。 「カナダにおける行政執り行う政府権力は、国王女王)に引き続き留まることをここに宣言する(the Executive Government and Authority of and over Canada is hereby declared to continue and be vested in the Queen)」 但し、カナダにおける統治権独占的に国王留保されているわけではなく1689年権利の章典決定されイギリス議院内閣制が後にカナダにも引き継がれている。それでもなお国王女王)はカナダの国家元首とされる。 現在、国王女王)が国外居住していることもあり、現実には国王女王自身が行政権立法権司法権直接的に行使することはなく、国王女王)は権力行使する代理人として総督Governor General)を任命している。総督首相進言によって選出されるが、この「進言」はほぼ確実に聞き入れられるため形式的なものとなっている。総督には任期はなく、「陛下の仰せのままに(at Her Majesty's Pleasure)」任じられているが、現実的には約5年ごとに新し総督任命されている。

※この「国家元首」の解説は、「カナダ政府」の解説の一部です。
「国家元首」を含む「カナダ政府」の記事については、「カナダ政府」の概要を参照ください。


国家元首

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 03:56 UTC 版)

査証」の記事における「国家元首」の解説

外国の国家元首は、国際慣例によりパスポートなしで入国認めるため、査証不要

※この「国家元首」の解説は、「査証」の解説の一部です。
「国家元首」を含む「査証」の記事については、「査証」の概要を参照ください。


国家元首

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/09 14:30 UTC 版)

タイの政治」の記事における「国家元首」の解説

国王は国家元首であり、日本明治憲法3条同様の神聖不可侵定められ上で宗教擁護者規定されているが、明治憲法違って仏教徒であることが義務付けられる。またタイ王国軍総帥地位にある。現在の国王チャクリー王朝10代目ワチラーロンコーンラーマ10世在位2016年12月1日 - )である。タイ憲法立憲革命当時日本大日本帝国憲法明治憲法)を参考としており、特に国王制と立法府に関しては、大日本帝国憲法制度21世紀に至るまでほぼそのままの形で維持されている。 「日泰関係#第一次世界大戦以後」および「大日本帝国憲法#制定までの経緯」も参照大日本帝国憲法第3条#この条文背景」および「立憲革命 (タイ)#結果」も参照 民主化勢力軍政衝突した際に国王調停行った例として、1973年血の日曜日事件と、1992年暗黒の5月事件挙げられる国王の諮問機関として枢密院がある。国王枢密院議長1名および18名以下の枢密顧問官任意に選ぶことができる。枢密顧問官王族元首相退役軍人、元最高裁判所長官、元官僚などから選ばれることや、国王からの諮問に対して提言する任務有していることなどから、国政影響力を持つ存在と言える

※この「国家元首」の解説は、「タイの政治」の解説の一部です。
「国家元首」を含む「タイの政治」の記事については、「タイの政治」の概要を参照ください。


国家元首

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 14:36 UTC 版)

イスラエルの政治」の記事における「国家元首」の解説

詳細は「イスラエルの大統領」を参照 国家元首は大統領であり、クネセト選出する任期7年で3選は禁止されている。大統領権限儀礼的なものであり、国政実質的権限抑えられている。

※この「国家元首」の解説は、「イスラエルの政治」の解説の一部です。
「国家元首」を含む「イスラエルの政治」の記事については、「イスラエルの政治」の概要を参照ください。


国家元首

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 07:47 UTC 版)

イギリスの政治」の記事における「国家元首」の解説

詳細は「イギリスの君主」を参照 イギリスの憲法構成する慣習法憲法的習律、以下単に慣習法)の一つ、「国王女王)は君臨すれども統治せずThe King reigns, but does not govern)」の原則により、連合王国国王女王)は、実務上の権力有しない名目上イギリス三権立法権行政権司法権)の源とされるのは国王であるが、実際に議会立法権)、内閣行政権)、裁判所司法権)がそれぞれの統治権力を分け合っている。 本来は庶民院貴族院議員かどうか関わらずイギリス国民であれば誰でも首相に選べるになっていたが、近代以降慣習法従い庶民院第一党党首首相に任命する。さらに、国王議会可決した法案裁可承認)する役割を持つが、名目上裁可しない権限拒否権)も持っている。しかし、慣習法に基づき裁可拒否することはなく、儀礼的に裁可する実際に裁可拒否行使が行われたのは、1708年アンによるスコットランド民兵法に対してのものが最後である。 首相内閣)は、議院内閣制に基づき議会庶民院)の解散行える。名目上国王個人的指示によっても解散できるになっていたが、慣習法により、現在は行使されることはない。その他の権能国王大権呼ばれ、他の大臣の任命宣戦布告などがあるが、これらの権能慣習法により、首相および内閣により行使される今日では国王本質的に慣習法民意により権力行使制限され儀礼的な役割を果たす留まるウォルター・バジョットによれば国王は「首相相談を受ける権利」、「首相に助言する権利」、「首相に警告する権利」の3つの基本的な権利のみ行使するとされる。これは首相毎週国王非公開面会をし(日本で言う内奏)、アドバイスなどを受ける時の事を指す。国王在位期間長くなるほど経験知識積み重ねられ面会による首相へアドバイス重要度は増す。これらの制限から「国王は君臨すれども統治せず」という原則忠実に従っていると言える。 以上のように、実質的にイギリスの政治の長は首相であり、議院内閣制に基づき首相下院庶民院)における多数派政党党首下院庶民院議員がなる。1724年即位したジョージ1世時に初め首相設置された。初代首相ロバート・ウォルポールで、1721年ホイッグ党代表者として就任したジョージ1世ドイツ出身であり、英語を解さなかったため、代理として政治を行う人物として設置された。 このように立法権優位議院内閣制や、複数政党制二院制など、今日世界中国家採用されている民主主義の諸制度は、イギリス誕生したのである。 公式には、イギリス主権者は「議会における国王」とされている。

※この「国家元首」の解説は、「イギリスの政治」の解説の一部です。
「国家元首」を含む「イギリスの政治」の記事については、「イギリスの政治」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「国家元首」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

国家元首

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 13:18 UTC 版)

名詞

国家元首 (こっかげんしゅ)

  1. 行政国政
  2. 対外的な国家代表

関連語

翻訳


「国家元首」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国家元首」の関連用語

国家元首のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国家元首のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの元首 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの国際・開発研究大学院 (改訂履歴)、主席 (改訂履歴)、ボスニア・ヘルツェゴビナ (改訂履歴)、宇宙戦艦ヤマト2199の登場人物 (改訂履歴)、カナダ政府 (改訂履歴)、査証 (改訂履歴)、タイの政治 (改訂履歴)、イスラエルの政治 (改訂履歴)、イギリスの政治 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの国家元首 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS