リヒテンシュタインとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 地域・地名 > 国家・自治体 > 国名 > 内陸国 > リヒテンシュタインの意味・解説 

リヒテンシュタイン 【Liechtenstein】


リヒテンシュタイン


リヒテンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/13 06:47 UTC 版)

リヒテンシュタイン公国(リヒテンシュタインこうこく、: Fürstentum Liechtenstein)、通称リヒテンシュタインは、西ヨーロッパ立憲君主制国家[6]スイスオーストリアに囲まれた国であり、ミニ国家の一つである。首都はファドゥーツ欧州自由貿易連合(EFTA)加盟国。


注釈

  1. ^ 外務省 - OECD有害税制プロジェクト(非協力的タックス・ヘイブン・リストの公表) - 3. 上記2. の国・地域のうち、2005年末までの透明性の確保及び実効的税務情報交換の実施を約束せず、2002年4月18日に発表された「非協力的タックス・ヘイブン・リスト」には掲載された国である[1]

出典

  1. ^ a b UNdata”. 国連. 2021年11月11日閲覧。
  2. ^ National Accounts Main Aggregates Database, 2017, (Select all countries, "GDP, Per Capita GDP - US Dollars", and 2016 to generate table), United Nations Statistics Division. Accessed on 17 Jan 2019.
  3. ^ CIA (2019年). “CIA World Factbook Country Comparison :: GDP (purchasing power parity)”. 2020年5月16日閲覧。
  4. ^ CIA (2019年). “CIA World Factbook Country Comparison :: GDP - per capita (PPP)”. 2020年5月16日閲覧。
  5. ^ 2009年のデータである。
  6. ^ 国連の分類でリヒテンシュタイン公国は西ヨーロッパの国 「一覧表:UN,Geographic Regions,Western Europe」「地図:国連の分類によるヨーロッパの区分け」
  7. ^ a b 国名表記について 日本リヒテンシュタイン協会公式サイト
  8. ^ 日本国外務省リヒテンシュタイン公国基礎データ
  9. ^ a b 佐藤雪野 2017, p. 65.
  10. ^ a b c 佐藤雪野 2017, p. 59.
  11. ^ a b 今野元 2021, p. 102.
  12. ^ a b c d e f g 佐藤雪野 2017, p. 60.
  13. ^ 今野元 2021, p. 102-103.
  14. ^ 今野元 2021, p. 103.
  15. ^ 佐藤雪野 2017, p. 60-61.
  16. ^ 今野元 2021, p. 103-104.
  17. ^ a b c 今野元 2021, p. 105.
  18. ^ a b c 今野元 2021, p. 106.
  19. ^ a b c 今野元 2021, p. 107.
  20. ^ a b 今野元 2021, p. 108.
  21. ^ the-history-of-the-princely-houseリヒテンシュタイン侯家 公式サイト
  22. ^ 『地球の歩き方 2016〜17 スイス』ダイヤモンド・ビッグ社、2016年、263頁。ISBN 978-4-478-04886-3 
  23. ^ a b c 佐藤雪野 2017, p. 62.
  24. ^ a b c 藤田憲資 2020, p. 34.
  25. ^ 植田健嗣『ミニ国家「リヒテンシュタイン侯国」』(1999年 郁文堂)P131
  26. ^ 佐藤雪野 2017, p. 66.
  27. ^ Liechtenstein and the Czech Republic establish diplomatic relations” (PDF) (英語). Stabsstelle für Kommunikation und Öffentlichkeitsarbeit (2009年7月12日). 2011年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月18日閲覧。
  28. ^ Liechtenstein and the Slovak Republic establish diplomatic relations” (PDF) (英語). Stabsstelle für Kommunikation und Öffentlichkeitsarbeit (2009年12月9日). 2011年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月10日閲覧。
  29. ^ a b SibillaBondolfi (2022年7月2日). “スイスとリヒテンシュタインの微妙な関係”. swissinfo.ch. 2022年7月16日閲覧。
  30. ^ In May 2009, the Committee on Fiscal Affairs decided to remove all three remaining jurisdictions (Andorra, the Principality of Liechtenstein and the Principality of Monaco) from the list of uncooperative tax havens in the light of their commitments to implement the OECD standards of transparency and effective exchange of information and the timetable they set for the implementation. As a result, no jurisdiction is currently listed as an unco-operative tax haven by the Committee on Fiscal Affairs. [2]
  31. ^ 植田健嗣『ミニ国家「リヒテンシュタイン侯国」』(1999年 郁文堂)P171
  32. ^ Liechtenstein Country Report, Second and Third Periodic Report under Article 16 of the International Covenant on Economic, Social and Cultural Rights of 16 December 1966.
  33. ^ リヒテンシュタイン 安全対策基礎データ”. 外務省. 2021年12月19日閲覧。
  34. ^ a b c 「リヒテンシュタインの魅力」『儲かる!! 世界の歩き方 お金を生む海外投資術 「オフショアの旅」編』ゴマブックス、2014年。 
  35. ^ 青木ゆり子「カスクノーフル」『世界の郷土料理事典: 全世界各国・300地域料理の作り方を通して知る歴史、文化、宗教の食規定』誠文堂新光社、2020年、121頁。ISBN 978-4416620175 



リヒテンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 06:50 UTC 版)

シェンゲン圏」の記事における「リヒテンシュタイン」の解説

リヒテンシュタインは2008年2月28日欧州連合との間でシェンゲン関連協同文書署名し2011年12月19日付け正式にシェンゲン圏一員となった当初2009年11月1日シェンゲン圏に加わることを計画していたが、スイス政府同意を待つために保留されていた。また、スイスとは異なり、リヒテンシュタインは欧州経済領域参加している。 1923年以来、リヒテンシュタインはスイスとの国境開放してきたが、スイス2008年12月12日シェンゲン圏入りたさいにリヒテンシュタイン・スイス間の国境シェンゲン圏とその域外との境界となり、国境検査実施が必要となったスイスにとってリヒテンシュタインとの国境開放しておくことは大きな課題となっていた。それは一部欧州連合加盟国シェンゲン圏拡大をリヒテンシュタインに不正問題解決を迫る圧力として利用しようとしていたことが背景にあった。 リヒテンシュタインがシェンゲン圏正式に加わるまでの間も、リヒテンシュタイン・スイス間の国境では暫定措置適用され国境開放継続されていた。オーストリア・リヒテンシュタインの国境検査所にはスイス税関当局から人員配置された。 リヒテンシュタインには空港がなく、政府はリヒテンシュタインがスイスとの国境開放していることからシェンゲン圏にとって入域の不安をもたらすとがないように、非シェンゲン圏からのヘリコプターなどに対してバルザースヘリポートでの発着禁止している。

※この「リヒテンシュタイン」の解説は、「シェンゲン圏」の解説の一部です。
「リヒテンシュタイン」を含む「シェンゲン圏」の記事については、「シェンゲン圏」の概要を参照ください。


リヒテンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 01:52 UTC 版)

欧州連合の拡大」の記事における「リヒテンシュタイン」の解説

リヒテンシュタインはノルウェーアイスランド同様、EEA参加している。リヒテンシュタインの加盟スイス加盟前提となると考えられており、仮にリヒテンシュタインがEU加盟する最小加盟国となり、欧州議会議員選挙制度欧州連合理事会での特定多数決制度大幅な改定が必要となる。

※この「リヒテンシュタイン」の解説は、「欧州連合の拡大」の解説の一部です。
「リヒテンシュタイン」を含む「欧州連合の拡大」の記事については、「欧州連合の拡大」の概要を参照ください。


リヒテンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/16 21:03 UTC 版)

侵略犯罪」の記事における「リヒテンシュタイン」の解説

規程再検討会議の議長国であり「侵略犯罪に関する国際刑事裁判所ローマ規程改正」の初の締約国となったリヒテンシュタインは、改正批准際し次の声明発表した抄訳 再検討会議において、締約国らは、「できる限り早期に、侵略犯罪に関する裁判所管轄権行使すること」への決意表明した2016年末までに発効必要な30締約国による批准確保し裁判所管轄権行使するために、我が国侵略予防に関する地球規模問題研究所(仮訳)(Global Institute for the Prevention of Aggression)と協働して改正条項への批准積極的に推進する。このプロジェクトには、ワークショップ開催リソース資料収集並びに侵略犯罪に関するカンパラ改正条項批准及び履行状況を示す専用サイト将来的構築等が含まれる予定である。 — 国際連合リヒテンシュタイン公国政府代表部

※この「リヒテンシュタイン」の解説は、「侵略犯罪」の解説の一部です。
「リヒテンシュタイン」を含む「侵略犯罪」の記事については、「侵略犯罪」の概要を参照ください。


リヒテンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 22:40 UTC 版)

ヨーロッパにおける2019年コロナウイルス感染症の流行状況」の記事における「リヒテンシュタイン」の解説

2020年3月3日ファドゥーツ国立病院隔離中の若者1人ウイルスの陽性反応出た当該人物スイス感染者接触したことがあると見られる

※この「リヒテンシュタイン」の解説は、「ヨーロッパにおける2019年コロナウイルス感染症の流行状況」の解説の一部です。
「リヒテンシュタイン」を含む「ヨーロッパにおける2019年コロナウイルス感染症の流行状況」の記事については、「ヨーロッパにおける2019年コロナウイルス感染症の流行状況」の概要を参照ください。


リヒテンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 23:17 UTC 版)

国際空港の一覧」の記事における「リヒテンシュタイン」の解説

空港なし。スイスチューリッヒ空港最も近い

※この「リヒテンシュタイン」の解説は、「国際空港の一覧」の解説の一部です。
「リヒテンシュタイン」を含む「国際空港の一覧」の記事については、「国際空港の一覧」の概要を参照ください。


リヒテンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 02:20 UTC 版)

夫婦別姓」の記事における「リヒテンシュタイン」の解説

同氏別氏複合氏から選択可。別氏場合の子の氏は親が決定

※この「リヒテンシュタイン」の解説は、「夫婦別姓」の解説の一部です。
「リヒテンシュタイン」を含む「夫婦別姓」の記事については、「夫婦別姓」の概要を参照ください。


リヒテンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 01:30 UTC 版)

プロギムナジウム」の記事における「リヒテンシュタイン」の解説

リヒテンシュタインでは、理論上学齢12歳から16歳までの4学年対象とした前期中等教育機関ウンターギムナジウムまたは「Sekundarstufe I 」と呼んでいる。ちなみに理論上学齢16歳から20歳までの4学年対象とした後期中等教育機関をオーバーギムナジウム (Obergymnasium ) または「Sekundarstufe II 」と呼ぶ。

※この「リヒテンシュタイン」の解説は、「プロギムナジウム」の解説の一部です。
「リヒテンシュタイン」を含む「プロギムナジウム」の記事については、「プロギムナジウム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「リヒテンシュタイン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

リヒテンシュタイン

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 00:57 UTC 版)

固有名詞

リヒテンシュタイン

  1. 西ヨーロッパの国。正式名称リヒテンシュタイン公国首都ファドゥーツ

翻訳


「リヒテンシュタイン」の例文・使い方・用例・文例

  • リヒテンシュタインまたはその住人の、あるいは、リヒテンシュタインまたはその住人に関する
  • リヒテンシュタイン城
  • リヒテンシュタインの首都最大の都市
  • リヒテンシュタインの出身者、または、居住者
  • リヒテンシュタインの首都
  • リヒテンシュタインという国
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



リヒテンシュタインと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リヒテンシュタイン」の関連用語

リヒテンシュタインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リヒテンシュタインのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリヒテンシュタイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシェンゲン圏 (改訂履歴)、欧州連合の拡大 (改訂履歴)、侵略犯罪 (改訂履歴)、ヨーロッパにおける2019年コロナウイルス感染症の流行状況 (改訂履歴)、国際空港の一覧 (改訂履歴)、夫婦別姓 (改訂履歴)、プロギムナジウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのリヒテンシュタイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS