タタール語とは? わかりやすく解説

タタール語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 07:33 UTC 版)

タタール語(タタールご)は、ロシア連邦に属するタタールスタン共和国公用語。特にカザン・タタール語とも呼ばれる。タタールスタン共和国の外にも、ウクライナトルコ中国など広い範囲に話者が分布している。ロシア連邦内の話者は約530万人(2002年)。




「タタール語」の続きの解説一覧

タタール語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 04:34 UTC 版)

タタール語の表記として稀にキリル文字使われるが、JCUKEN配列配列異なることから、YÖUKEN呼ばれるまた、カルムイク語トルクメン語おいても同様の配列使われる

※この「タタール語」の解説は、「ロシア語キー配列」の解説の一部です。» 「ロシア語キー配列」の概要を見る


タタール語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/25 06:21 UTC 版)

タタール語はロシア連邦タタールスタン共和国公用語で、タタール人使われているテュルク諸語属する。伝統的にアラビア文字使っていたが、20世紀になってラテン文字次にキリル文字使われ21世紀になってラテン文字に戻る決定をしたが、ロシア連邦新し規定キリル文字戻された。 タタール語のクリャシェン方言聖書は、上に述べたように、19世紀末行われた最近聖書翻訳研究所現代語のタタール語聖書発行している。 Translation3:16IBT Modern translation Чөнки Аллаһы дөньяны шулкадәр яратты ки, Улына иман китерүче беркем һәлак булмасын өчен, бәлки мәңгелек тормыш алсын өчен, Үзенең бердәнбер Улын бирде.

※この「タタール語」の解説は、「ロシアの諸言語訳聖書」の解説の一部です。» 「ロシアの諸言語訳聖書」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

タタール語

出典:『Wiktionary』 (2018/09/19 05:36 UTC 版)

名詞

タタール語

  1. ロシア連邦属すタタールスタン主要な居住地とするタタール人用いテュルク諸語属する言語。


訳語




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

タタール語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



タタール語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタタール語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのロシア語キー配列 (改訂履歴)、ロシアの諸言語訳聖書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのタタール語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS