カモメとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > カモメ > カモメの意味・解説 

かもめ


かもめ


かもめ【×鴎】

読み方:かもめ

チドリ目カモメ科全長45センチ。背が灰色のほかは白くくちばし・足が黄色ユーラシア北アメリカ北部分布日本には冬鳥として海岸や港に渡来する

チドリ目カモメ科鳥のうちアジサシ以外の総称海岸・川・湖などにすみ、翼は長めで先がとがり、飛翔力がある体色はほとんどが白や灰色動物死体などさまざまなものを餌とする。ウミネコ・ユリカモメ・セグロカモメなどを含む。ごめ。

[補説] 作品名別項。→かもめ

鴎の画像

カモメ

カモメ
カモメ


読み方:カモメ(kamome

カモメ科渡り鳥

学名 Larus canus


読み方:カモメ(kamome

作者 石榑千亦

初出 大正10年

ジャンル 歌集


読み方:カモメ(kamome

作者 太宰治

初出 昭和15年

ジャンル 小説


カモメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/25 04:40 UTC 版)

カモメ(鴎[4]Larus canus)は、鳥綱チドリ目カモメ科カモメ属に分類される鳥類。


  1. ^ a b c d BirdLife Inte. 2019. Larus canus (amended version of 2018 assessment). The IUCN Red List of Threatened Species 2019: e.T22694308A155576460. doi:10.2305/IUCN.UK.2018-2.RLTS.T22694308A155576460.en, Downloaded on 04 October 2020.
  2. ^ a b Noddies, gulls, terns, auks, Gill, F & D Donsker (Eds). 2020. IOC World Bird List (v10.2). doi:10.14344/IOC.ML.10.2, (Downloaded 04 October 2020)
  3. ^ a b c 日本鳥学会「カモメ」『日本鳥類目録 改訂第7版』日本鳥学会(目録編集委員会)編、日本鳥学会、2012年、167-168頁
  4. ^ a b c 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社、2008年、106頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版、2000年、280-281頁。
  6. ^ a b c d e f g h i 高野伸二 『フィールドガイド 日本の野鳥 増補改訂版』、日本野鳥の会、2007年、88-89頁。
  7. ^ a b c d e f g 中村登流監修 『原色ワイド図鑑4 鳥』、学習研究社、1984年、79、183頁。
  8. ^ a b c d e f g h i j 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、304頁。
  9. ^ a b 『小学館の図鑑NEO 鳥』、小学館、2002年、64頁。


「カモメ」の続きの解説一覧

カモメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/24 02:58 UTC 版)

豊平川」の記事における「カモメ」の解説

1995年平成7年)頃より、札幌市中心部付近オオセグロカモメ生息観測されている。前述の増加により餌が増えたこと、高層ビル屋上などが本来の生息地である海辺断崖などと似ており繁殖適した環境であることが要因考えられている。

※この「カモメ」の解説は、「豊平川」の解説の一部です。
「カモメ」を含む「豊平川」の記事については、「豊平川」の概要を参照ください。


カモメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 14:16 UTC 版)

ピングー」の記事における「カモメ」の解説

ストーリーによく登場しピングーに糞を落としたり奪ったりする。

※この「カモメ」の解説は、「ピングー」の解説の一部です。
「カモメ」を含む「ピングー」の記事については、「ピングー」の概要を参照ください。


カモメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 15:02 UTC 版)

マリオカートアドバンス」の記事における「カモメ」の解説

「プクプクアイランド」に登場接触した際のデメリットはなく、ただ飛んで逃げていくのみ。

※この「カモメ」の解説は、「マリオカートアドバンス」の解説の一部です。
「カモメ」を含む「マリオカートアドバンス」の記事については、「マリオカートアドバンス」の概要を参照ください。


カモメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 17:54 UTC 版)

荒野のコトブキ飛行隊」の記事における「カモメ」の解説

ツバメ実姉で、パロット社より特別秘書として市長の下で働いていたが、ウタカ命令で、その美貌利用して市長懐柔し、傀儡としてパロット社に都合の良いように便宜図らせていた。ツバメ同様ウタカ慕っており、そのためツバメとの姉妹仲は最低である。のちにエル市長籠絡され、ウタカ指令市長口封じ画策するカナリア自警団活躍失敗した

※この「カモメ」の解説は、「荒野のコトブキ飛行隊」の解説の一部です。
「カモメ」を含む「荒野のコトブキ飛行隊」の記事については、「荒野のコトブキ飛行隊」の概要を参照ください。


カモメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 22:28 UTC 版)

ワリオランド2 盗まれた財宝」の記事における「カモメ」の解説

かもめ。足場として利用できるが、乗ると、画面奥へ逃げ出してしまう。

※この「カモメ」の解説は、「ワリオランド2 盗まれた財宝」の解説の一部です。
「カモメ」を含む「ワリオランド2 盗まれた財宝」の記事については、「ワリオランド2 盗まれた財宝」の概要を参照ください。


カモメ(Gull)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/12 04:13 UTC 版)

ファインディング・ニモ」の記事における「カモメ(Gull)」の解説

シドニー港たむろする海鳥たち。見かけによらず貪欲でセリフは皆「チョウダイ」(原語は“Mine.”=俺の日本語字幕では“エサ”)のみ。

※この「カモメ(Gull)」の解説は、「ファインディング・ニモ」の解説の一部です。
「カモメ(Gull)」を含む「ファインディング・ニモ」の記事については、「ファインディング・ニモ」の概要を参照ください。


カモメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 21:16 UTC 版)

ソウナンですか?」の記事における「カモメ」の解説

Case.85に登場チドリ目カモメ科カモメ属の渡り鳥。ほまれと素潜り漁を行っている際に、崖に作られたカモメの巣をアスカ発見、カモメの卵は癖が強いが栄養はあるとの事で、ロッククライミングで崖を登って入手する事になる。ほまれは途中で落ちるもアスカ登り切ったが、卵は既に孵っており、親鳥に啄ばまれる結果終わった。なお、作中では単にカモメとしか言われていないが、殆どのカモメは冬に渡来するため、作中のカモメはウミネコと思われる(ウミネコ産卵期4~5月であり、卵が孵化していた作中描写一致する)。

※この「カモメ」の解説は、「ソウナンですか?」の解説の一部です。
「カモメ」を含む「ソウナンですか?」の記事については、「ソウナンですか?」の概要を参照ください。


カモメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 09:05 UTC 版)

スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!」の記事における「カモメ」の解説

カイル同じくバーガー・ビアード船に乗っていた雄のカモメ。

※この「カモメ」の解説は、「スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!」の解説の一部です。
「カモメ」を含む「スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!」の記事については、「スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カモメ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

カモメ

出典:『Wiktionary』 (2021/07/25 12:33 UTC 版)

名詞

かもめ

  1. チドリ目カモメ科カモメ属に属す鳥の一種学名Larus canus

翻訳


「カモメ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



カモメと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カモメ」の関連用語

1
100% |||||


3
100% |||||


5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

カモメのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カモメのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オーエンオーエン
Copyright (C) 2002-2022 Oen Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカモメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの豊平川 (改訂履歴)、ピングー (改訂履歴)、マリオカートアドバンス (改訂履歴)、荒野のコトブキ飛行隊 (改訂履歴)、ワリオランド2 盗まれた財宝 (改訂履歴)、ファインディング・ニモ (改訂履歴)、ソウナンですか? (改訂履歴)、スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカモメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS